【2017 J1 第22節:札幌戦】逆転までは至らず

 
最初の失点がもったいなかった。
新井と岡の連携ミスや、オフサイドを取り損ねたってのもあるかもしれないが
その他にも裏に抜けられるシーンが何度かあってピンチを招いていたので
ミスがなくとも他で失点していた可能性はある。

特にラインを高く設定している割には前から中盤のプレスが弱かったのが問題で
1トップにして前線の枚数が減ったことや、ボランチやシャドーのプレスのかけ方が弱かったことも原因。



攻撃の方は札幌も引いてくるタイプのチームなのでアタッキングサードまでは比較的、楽に入れたが
そこからの展開でまあ、チャンスをつくっていた時間もあるが
単純なクロスで逃げてしまったり、足元が多かったりと、まだまだ攻撃に怖さがない。

また、復調気味のウイルソンに対してドゥドゥは相変わらず、バタバタしているというか焦ってるというか
判断もプレーの精度も良くない。
久しぶりの出場だった堀米も存在感なく、早い時間帯で疲労が見られてしまった。

リンスや河本もいるが前線の組み合わせがなかなか固定出来ていないのも悩みの種で
中盤の高野や島川のように控えの選手が下から突き上げてくるのならまだいいが
レギュラーで使ってる選手のパフォーマンスがいまいちで決めかねている状況はよろしくない。

守備から攻撃まで1人で全部やってしまうようなリマの奮闘は感激さえ覚えるが
やはり前線の選手が起爆剤になってもらわないと勝ち点もチームの士気もあがらない。

関連記事

【2017 J1 第21節:浦和戦】底は脱したがまだまだ・・・


良い勝負できたと思うがまあ柏木のシュートが上手すぎた。
ただ、後半の内容と比較すると前半がもったいなかった。
特にビルドアップの場面で相手のプレスに引っかかることが多く、中途半端な奪われ方多かった。
ああいうプレスをショートパスで掻い潜るのは甲府にとっては難題だろうが
裏に入れてそこからセカンドを奪うっていう展開にも出来ず、もやもやした展開だった。

もちろん、この暑い時期に全部が全部、裏に走りこむのは厳しいだろうが
前線や中盤の田中が走った時になかなか後ろが見てなかったり
後ろがプレスで追い込まれてる時に前線が走ってなかったりと
そこの部分でいまひとつ攻撃がやりきれない原因になっていた。

後半は浦和の足が徐々に止まったのもあるが甲府の選手の判断に迷いがなくなって
前線までスムーズにボールが運べるようになり、多くの時間で相手を押し込めるようになった。
ウイルソンとドゥドゥの関係も良くなり、ワンツーで抜け出したり、1人がスルーして1人が裏に走ったりと
2人で崩す場面が何回か見られた。

ただ、押し込めば押し込むほどカウンターから遅攻の質が求められていく状況になり
浦和の守備も集中して守っており、いくつかチャンスはつくったがゴールをとるとこまでは至らなかった。

やはり、課題としてあげたいのはサイドからのクロス。
後半かなりの数がサイドから入っていたがほとんど合ってなかったし
前線にヘディングが得意な選手もいないのでなかなか得点の気配を感じない。

もう1つ奥に侵入するなり中に入っていくような仕掛けがないと
(速いボールをいれてはいたが)単純なクロスだけでは相手も守りやすい。

前節の勝利と今節の内容で長いトンネルは脱した感じはするが
もっともっと相手が嫌がるような攻撃が出来ないと勝ち点は詰みあがっていかない。

関連記事

【2017 J1 第20節:G大阪戦】トンネル脱出

 
いやー、長かった。

真夏の試合でしかも蒸し暑い状況の試合だったのでミスが多くなるのは仕方ないとはいえ
内容的には良かったとは言い難い。

ただ、後半途中から541にしたことで中盤で相手のボールを引っ掛けやすくなり
徐々にガンバゴールに近づいていった。

最終的にはウイルソンがこじ開けた形となったがそこの判断はこの試合のキーになったと思う。

逆にウイルソンとドゥドゥの2トップはいまだに機能してるとは言い難い。

かといってウイルソンの1トップも今日結果としてかたちになったが
やはりサイドに流れる傾向が強いのでカウンターの時はそれでいいが
サイドからクロスをあげるような展開だと人数的にも誰をターゲットにするのかという点においてもなかなか難しい。

阿部翔平がマイナスに折り返したり、ストレート系のボールでいれてみたり
ドリブルで更にえぐろうとしたり、いろいろ試行錯誤していたがなかなか得点の気配がしない。

リンスも加入し、最適解を見出すのはまだまだ時間が掛かりそうだが
まずは悩めるエースの1人、ウイルソンがゴールして勝ち点3とれた事実は甲府にとって大きな大きなプラス材料。
そこは本当に良かった。



関連記事

【2017 J1 第19節:鹿島戦】中断期間を経ても流れ変わらず


541のシステム変更も大きな効果があったとは言えず、相変わらずの得点力不足を発揮。
守備も前半まではエネルギーを出して良かったがハーフタイムを挟んだ後半は鹿島の攻撃に対応できず。
特にくさびを入れた次の飛び出しに付いて行けない場面が多かった。

要所要所でしっかり決めてくる鹿島も流石だったが。

そういう意味では甲府も決定機と呼べる場面はいくつかあったが
そこで決めれないと最終的にはこういうスコアの差につながってしまう。

あとは前線の組み合わせに関しても、1トップでいくのか2トップでいくのか、1トップは果たしてウイルソンでいいのか。
そこら辺の問題に対して大きな手ごたえをつかめたとは言い難く、ネガティブな今の流れを物語っている。

これで10試合勝利なし&6試合無得点。
今年も長いトンネルに入り込みましたね・・・・。




関連記事

【2017 J1 第18節:磐田戦】今年は8試合で止まらず

後半の展開を考えるとまず前半の戦い方が間違っていましたね。

磐田の中盤3人、中村俊輔、川辺、ムサエフのビルドアップになかなか対応できず
良い様に動かされて中盤のフィルターが上手くかからなかった。

失点したことも痛いが終始磐田の流れで試合が進んだことで
体力的にも精神的にも甲府の選手はエネルギーを消費したはず。


後半はウイルソンのポジションをシャドー気味にさせて中盤の枚数を増やし
同時にシンプルにボールを動かしながら前から圧力をかけていくことで
こちらがボールを握って反撃する態勢を整えたがいかんせん得点が取れない。

かなり際どいゴール前でのシーンもあったがなかなかラストパスが合わなかったり、慌ててシュート打ったりと
点が取れていない現状(焦り)が如実にプレーにあらわれています。
前節の記事にも書いたが技術的なミスは仕方ないが判断のミスはなんとか早く修正したい。

ただ、松橋の裏へのランニングなど走った選手をしっかり使ってたのは後半良かったポイント。
甲府の場合は足元で丁寧につなごうとしてもどんどん相手のブロックから追い出されて苦しくなるだけなので
まずはロングボールでも良いので陣地を稼いでその次のセカンドボールをとることからゲームを組み立てたほうがいい。
体力的には厳しい時期に入るがリズムが悪くて相手にボールもたれるのもそれはそれで疲労が濃い。
得点力不足であることも含めて前半からリズムが悪くなってビハインドになるのは命となりかねない。



関連記事