【2018 J2 第23節:岐阜戦】プランBも


過密日程に加えて怪我人が多い中、コンバートで何とかやりくりしているし
控え選手でも戦術がしっかり叩き込まれてるからこそ、常に同じような戦い方が出来ている。
そのことによって控えメンバーで臨む事が多い、カップ戦でもしっかり勝ちあがっている。
ただ、W杯でもそうだったように1つのプランだけではどのチームにも勝つことは難しい。

短期間でそこまで要求するのは酷かもしれないが現時点で昇格という目標は高いハードルになりつつある。






今日の試合も高いインテンシティで先手をとり、得点シーン以外にもチャンスは作っていたので
2-0に出来る可能性は十分あったかもしれないが
前半からプレスを掻い潜られてボールを前進されるシーンも多く目につき
相手の連携だったり、ラストパスの精度で目立ったピンチにはならなかったが
岐阜が大分のように、甲府のプレスに対応できないチームでない事は前半のうちで分かった。

仮に2点のアドバンテージがあっても分からなかっただろうし
前半のうちに1点返されることも十分ありえる前半だった。


その中で後半は相手がラインをあげ、デュエルの部分でもエネルギーをかけてくるようになり
逆にこちらは疲労で攻撃が完結できなくなったり、ボールを奪いきれず、セカンドも回収できなくなる。
ただでさえ前半から綻びが見えていた中で一番の武器で優位がとれない状況では
最終ラインが大きなリスクを抱えることは必然。

最終ラインの対応にも問題はあったかもしれないが岐阜の選手、特に古橋のクオリティの高さは素晴らしかった。
あのような状況、展開になる前にチームとして何をしなければいけなかったのか、しっかり検証する必要がある。


ここから猛暑日が毎日のように続く季節に入る。
こちらの望むような試合になることはそうは多くないはず。
ブレずにやり続けることも大事だし、今の戦術がメインであることに異論はないが
時と場合によってはプランB的な戦い方が必要になることはきっとあるだろう。

【2018 J2 第22節:大分戦】再び完勝

 

やはり、大分とは戦術的な相性が良い。
こちらが怪我人続出でサンニチでも先発予想を外すほどの緊急事態であったが
スコアは違えど6-2で勝利したホームでの試合と同様に前半から終始甲府のペース。

1トップの堀米は中盤に降りたりハーフスペースに降りたりと偽9番的な動きが多く
最前線に居ないこともあったがショートカウンターだけで攻撃が成立してたし
しっかり中盤が追い越していく動きをしていたので十分機能していた。
相手のプレスが緩いこともあってビルドアップを捨てるようなこともないので堀米が相手と競り合うことも少なかった。

また、大分が甲府をリスペクトしてくれたのか試合開始から様子を見るような入りであったため
こちらが受身にならず、やったことのない組み合わせでもリスクなく積極的にいける状況であったことは
甲府にとっては楽な展開にさせてくれるものであった。



問題はまたもや出てしまった負傷者。
長期離脱ではないと思うがそれでも中盤の要で代えの効かない島川ではダメージは大きい。
過去例にないくらいの試合数をこなしているのでしょうがない部分もあるかもしれないが
ここまで怪我人が多いと試合をこなすだけで精一杯になるし、選手も接触を怖がるようになってしまう。
強度の高いハードワークがベースになっている今の戦術でそこがやりきれないと死活問題。
既に1トップはカバーするのが難しいくらいの状況になっているし、何とか対策を考えないといけない。



関連記事

【2018 J2 第18節:金沢戦】これを糧に

 
バホスと小塚の2ヶ月離脱というショッキングなニュースもあった影響か
流石に大幅に選手を入れ替え、控えメンバーに託しましたがものの見事に打ち破られました。

控え選手といえども今年はルヴァンカップや天皇杯で結果を残しており
ある程度は計算できると思われましたが厳しい現実を見せられました。


試合開始から相手のコンパクトな陣形とハイプレスにどうすることも出来ず
無理やり縦につけてはカウンターを受けるという展開でほとんどの時間で劣勢だった。

2失点はミスによるものだが敗戦は受け入れなければいけない内容であった。


金沢のハードワークも巣晴らしかったがボランチのところで相手のプレスを回避できなかったことが痛かった。
選手の特徴や連携面を考えれば今日の2人に左藤と島川の代役をいきなりやるのは難しかったかもしれないが
上野甲府の戦術の肝がその2人に集約されてることが良く分かる試合でもあった。

また、相手の2トップがこちらの3バックよりフィジカル的に優っており
単純な裏への飛び出しの処理もギリギリの対応が多くなり、相手の圧力に屈するような状況だった。
そういう点から、中盤も含めて良い距離感を保ちながらどんどん見方を追い越していくような
ダイナミズム溢れる本来の上野サッカーが体現できる試合ではなかった。


金沢の運動量が落ちたことや、ハードワークに長けた曽根田も入ったことで前線の動きも活発になり、
その中で縦の仕掛けが上手い道渕がWBにポジションを移したことも功を奏し、最後一矢報いたが
それがなぜ前半から出来なかったかのか?しっかり検証する必要がある。

7月はまだまだ連戦が続くし、天皇杯やルヴァンの試合も今後に控えており
主力の長期離脱者が多い中で今日のようにメンバーを大幅に変えることはまた訪れるはず。
昇格を目指す上では今日の敗戦は非常に厳しいものであるが次に来るチャンスで同じ轍を踏まないよう
これを教訓として、また努力していくしかない。


関連記事

【2018 J2 第21節:京都戦】またまた怪我

 

1週間あいて少しは回復に努めれただろうし、バホスとリマが復帰し
他の離脱者も徐々に練習に復帰しつつあるという情報もあった中で
7月の連戦に万全の状態で望めるかと期待してたがバホスの再離脱と小塚の負傷。

小塚は相手に巻き込まれたような接触での負傷なので致し方ない部分はあるが
バホスの負傷は復帰時期を見誤った感があるものなのでチームとして課題が残る。

バホス負傷後、1トップに入ったリンスが抜群のキープ力と仕掛けで攻撃を引率して
素晴らしいパフォーマンスを披露していたことは救いだが
ただ、ショートパスでのコンビネーションやカットインで中に進入する攻撃が多くなり
今日のように一方的に相手を押し込んで攻撃し続けるとなかなかスペースが出来ない状況では
より難度の高いプレーが要求される。
セットプレーも数多くあったことを踏まえるとクロスのターゲットになれる
ジネイや金園の復帰が待たれるところ。


あと、前半の序盤で縦パスのミスからカウンターを受ける形が多く観られたのが反省点。
サイドからのクロス対応で相手の長身FWに劣勢で危険なシーンをつくられていたことも修正が必要。

また、対戦相手の違いもあるが前線のプレスから縦の強い意識で一気に相手を攻略する戦い方ではなく
ポゼッションを増やして相手を押し込むような試合展開でどう点を取るか
もう少し攻撃の幅とディテールにこだわっていかないと今日のように相手も警戒してくる中で
そう簡単には勝たせてくれないだろう。


関連記事

【2018 J2 第20節:横浜C戦】疲労と怪我

 

横浜Cも中盤以下がしっかりハードワークしてたし、デュエルの強さがあったし
イバへの放り込みやレドミのキープというプレス回避の術があったという点は戦術的に無視できないが
ただでさえ、ハードワークが高く要求される今のサッカーで
この過密日程と怪我人の多さは非常に厳しかったといわざるを得ない。

試合開始直後から運動量も縦の推進力もなく、いつものようなダイナミズムが全くみられなかった。

また、前半何回かあった左サイドからのチャンスで決めれいればまだ可能性はあったが
山形戦のようにこの戦術では前半のうちにアドバンテージを作れないと余計に苦しい。

ここまで攻撃を引率してきた小塚も一発でゴールを陥れようと難しいプレーの選択が多く
特に後半は攻撃が単発に終わってしまっていた。


来週はミッドウィークの試合がないので少しは回復に努められるであろうが過密日程はまだまだこの先も多くあり、
この戦術である限りフィジカルへの負荷は高く、今後も怪我人が出る可能性は多いにある。
他のポジションからコンバートしたり、うまくやりくりしてはいるが
相手によってはごまかしきれない部分は当然出てくる。

補強も1つの策だが夏に入るにあたって日頃の練習メニューも一度検証すべきであろう。
戦術を落とし込む為に必要であった高い強度の練習も、あまりにも怪我人が出てしまっては本末転倒。
まだまだ試合数は残されているとはいえ、これ以上の差はなかなか厳しいものがある。
ピッチ内はもちろんだが、ピッチ外のマネジメントも今後はより重要になってくる。







関連記事