スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖冬


●最後にサプライズがあったが暖冬なストーブリーグ
前回、降格した時には中心選手のマイクはもちろん、レギュラーが半数近く移籍した。
今回もそれなりの流出を覚悟していたが蓋を開けてみたらレギュラーで移籍したのは新里とドゥドゥのみ。
準主力級の兵働、畑尾を入れても、J1に残留したどのシーズンオフよりも戦力流出は抑えられたかもしれない。
これだけでも強化部には賛辞を送りたいが補強に関しても
甲府の課題を埋めてくれる選手、達磨イズムを実現させられる選手を揃えられた。
CBやボランチの選手層に若干の不安はあるものの
現実的に1年目で昇格を目指せる陣容は整ったと言っても過言ではないだろう。



・GK
岡も十分にJ1でやれることを証明したので河田が移籍していたとしても大きな戦力流出にはならなかったが
残留したことで選手層としては申し分ない。
もしかしたら、レギュラー争いが一番厳しいポジションかもしれない。


・CB
実質、CBの3番手と4番手が移籍したので戦力的にはややマイナスだが
獲得した秋山とビョンはどちらもフィードに期待できる選手なので
いわゆる吉田監督の理想とする戦術に適応できそうという側面ではプラス。
サイドの選手が豊富にいるので、ルーキーながらWBに定着した小出を本来のCBで起用することや
4バックへのシステム変更も今シーズンは視野に入ってくるかもしれない。


・SB/WB
レンタルの延長に成功した高野も含めてサイドプレイヤーは全員が残留。
さらにそこに湯澤が加わったので、少し多いと言えるくらいの陣容。
多少、怪我人が出ても困ることはないだろう。


・DMF/CMF
レギュラーであった3人は残留はしたが兵働、黒木の移籍、保坂、ボザニッチの契約満了に対して
補強が窪田だけでは(昨年と同様のシステムを継続するなら)心許ない。
今までのような守備寄りの選手起用からシステムまで変更するかもしれないが
新井や山本、または新戦力の小塚や左藤をこのポジションで起用することも考えられる。



・OMF/SH
昨シーズンは攻撃的な中盤を起用してこなかったこともあって新戦力は今までの甲府にいないタイプの選手が揃った。
特に小塚は天才肌の技巧派でラストパスに定評があり、攻撃の中核を担える選手。
左藤もベストゴール賞を受賞したようなミドルが非常に印象的でキックが特徴。
あとは、7番を受け継いだ堀米。
なかなか最適なポジションが見出せない状況が続いてるが2列目の選手が増えたことで
システム変更が行われれば京都時代のように輝く可能性は高い。


・FW
ドゥドゥの変わりにジネイは果たして釣りあってるのか?という疑問を持つ人も多いだろうが
カウンターに偏っていた戦術、選手の構成を変える為の選択だったと想像する。
金園も加わったことで、ある程度はターンオーバーしながらの起用も出来るので
ブラジル人以外の選択肢があまりなかった昨年よりはプラスになっている。
怪我から復帰の森、クラブ事情で登録抹消となったバホスも試合に絡んでいきたいところ。





・堅守カウンターからより攻撃的なサッカーへ
伊藤HCに始まり、選手の補強を見る限り、戦術を変えるはっきりとした意志が伺える。
ただ、J1で培った守備の文化は絶対になくしてはならないし、今後も必要になるはずなので理想はどっちも出来ること。

最初は攻撃の改革をしていくと思うが、どこでバランスをとるか
ベストミックスを探りながら、昇格を目指すというシーズンになるだろう。

また、42試合という長丁場に加えてルヴァンカップの出場もあり
例年になく若手の出場機会が増えるのは間違いない。
昨年に果たした世代交代をさらに加速させられる良い機会。
育成という意味でも吉田監督の采配は重要なシーズンになる。









関連記事
スポンサーサイト

【2017 J1 第34節:仙台戦】降格

 
いつも以上に気合が入っていた(入りすぎていた?)ことや、アンカーに新井が入ったことで
中盤でのボール奪取からカウンターにつながるシーンが前半から多かった。

ただ、今日の試合内容こそが今季の象徴みたいで
相手が格上でも十分やれているけど、どうやって点取るのかという部分で全然確立できていない。
さらにシーズン序盤、中盤は攻守においてセットプレーでの弱さも目立ち
adタイムでの失点も多く、勝ち点を取りこぼしすぎた。


とはいえ、相手との力関係やリーグ内での立ち位置には
今後もソフトバンクがスポンサーになるなど夢のようなことが起きない限り、
守備的にやらざるを得ないこと変わらないので基本的な方向性は間違っていない。

攻撃が課題なのは疑いようのない事実ではあるがJ2に落ちたからといって攻撃的にやっても
それがJ1で同じことが出来るとも思えない。
吉田監督の続投も決まっているし、そこまで抜本的な改革も必要とも思わない。
(そもそもレベルがあがった今のJ2で甲府がどのようなポジションに位置してるのかも分からない)

それでも、この数年甲府を支えたベテラン勢が軒並み先発から外れるなど
世代交代という面ではかなり進んだシーズンになったし、成長が見える選手もここ近年の中では多かった。
そこの手腕は率直に評価したい。
また、来年、再来年と徐々に甲府ユース出身や山梨にゆかりのある選手が増えていくことは確実な状況なので
そういった選手をJ2で鍛えられるということはポジティブに考えたい。


あとは外国人。
ドゥドゥは手術の影響でコンディション不良が長かったが
リンスとリマの存在は絶大で代えがきかない。

育成やチームの熟成を図りながら結果を出すには外国人の力は不可欠。
そこはJ2でも同じだと思うので全力で慰留に努めてもらいたい。




関連記事

【2017 J1 第33節:大宮戦】結末は最終戦へ

 
試合開始からハイプレッシャーで主導権を握ろうとするも、大宮も出足が早く
なかなかマイボールにしてもボールがつながらない立ち上がり。

また、ビルドアップのミスからショートカウンターくらうよりはリスクおかさずにクリアで逃げていたことで
ドゥドゥやリンスにおさまらない時間が多く、チーム全体を通しても緊張してるのか硬さがみられ
試合展開としてはイーブンではあったが良い流れとは言えない前半だった。

失点するリスクを排除する為にクリアで逃げるのは仕方ないかもしれないが
前線の二人がノーチャンスのようなボールがばかりでは流石に厳しい。


それでも後半は前半みられなかった裏をとるような動きも増え、徐々にゴールに迫れるようになり
セットプレーも増えていったがやはり、どうしても最後のところで見方と合わなかったり、
シュートがミートしなかったりとゴールにつながらない。


新潟が勝ってくれたおかげで甲府が勝っていれば清水と逆転出来る状況だっただけに
最後の最後まで歯がゆい、もどかしい試合になってしまった。




守ってカウンターだけ狙えば良い相手でもないし、そういう状況でもない。
極限までプレッシャーの掛かる試合でもあるのでミスが多くなるのも分かる。
ただ、それを乗り越えないと残留は勝ち取れない。






関連記事

【2017 J1 第32節:新潟戦】OGが最後まで重くのしかかる

序盤は甲府の方がサイドを起点にして良いリズムをつくってましたが
OGの失点後、新潟のハイプレスが強くなり、試合展開も一気に悪くなった。
後半、投入された橋爪の積極的な持ち出しからクロスをいれ、チャンスをつくったが最後まで中と合わず。
最後は相手も引いてスペースがない状況でリンスやドゥドゥも自由にさせてもらえず、打つ手なし。

今に始まったことではないがこういう、こちらからアクションして相手を動かさなきゃいけない状況になると
ゲームを組み立てる術もないし、かといって前からプレスをかけれるわけでもない。
結局、チームとしてどうしたらいいのか迷いが生じ、機能しなくなる。

一朝一夕でどうにかなる問題ではないがせめてあのような展開になったら
小椋や田中あたりのポジションに中盤で主体的にボールを持てる堀米を起用するなり
リスク覚悟で何かしらの変化は欲しかった。




関連記事

【2017 J1 第31節:神戸戦】どしゃ降り


劣悪なピッチコンディションの割にはドゥドゥの代わりに起用された黒木や両ワイドの大卒ルーキーが
随所に好プレーみせ、内容的にはポジティブな面も多かった。
しかし、結果は無常にも逆転負け。

ほとんどの時間、マイクを試合から消し去っていてもボックス内であのような勝負をされてしまうと防ぐ手段はない。
ただ、マイクが空中戦であのような勝負が出来たのはあの2回だけ。
チームとしてやれることはやっていたと思うがそれを両方決めた勝負強さ、そこの部分で相手が上回った。

たらればを言っても仕方がないが奇しくも今節出場停止だったポドルスキーの方が
まだ甲府としてはやりやすかっただろう。


あと、言及せずにはいられないのは新井のミスからによる失点。
他の選手はわりかしこの雨のピッチに上手く対応していたが一番ミスしちゃいけない
ポジションの選手が対応できていなかった。
得点を取った直後で時間帯も最悪。

ただ、新井はあのような判断ミスからピンチを招く場面は他の試合でも多々見られていたので
それを踏まえた起用をしている監督の責任でもある。

残り試合を考えると変えることにリスクはあるが
空中戦の弱さも含めて考慮するともう少し畑尾が重用されてもいいはずだ。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。