FC2ブログ

【2019 J2 第13節:栃木戦】苦戦続く

 
またしても決定力不足に泣き、勝ち点を落とした。
栃木が5バック気味でゴール前を固める戦術をとってきたこともあって
攻めあぐねる展開はある程度、仕方がないとはいえ
試合開始直後から、ゴール前まで運べてセットプレーも沢山あったにもかかわらず
無得点で終わったことは厳しい現実としてしっかり受け入れなければいけない。

さらにこういう試合展開でワンチャンスをものにされてしまったことも敗戦の1つの要因。
流れの中ではほとんどピンチの場面がなかっただけに軽率なプレーでPKを与えてしまった。


また、采配に関しても空中戦で勝負できる佐藤をもっと早いタイミングで投入すべきだった。
ゴール前を固められてスペースがない状況でパスをつないで崩すのは厳しいし
ドリブルで打開するにも2人、3人連続で抜くくらいしないと決定機はつくれない。
実際、カウンター以外ではサイドからのクロスが多かったし、CKもよくとれていたので
ターゲットマンとしてはそこまで強くないウタカが最前線では迫力さに欠いていた。

ポゼッション率も高く、守備に終われる時間もほとんどなく
パワープレー気味の布陣を長い時間続けてもそこまでリスクにはならなかっただろう。

ここ何試合かの悪い流れを払拭する意味でもより大胆な勇気ある一手が必要だった。







関連記事

【2019 J2 第12節:千葉戦】ゴール欠乏症


前節に続いてチャンスで決めきれず、勝てる試合を落としたというのが率直な感想。



・ビルドアップと前線の組み合わせ
プレスをかけられたときにCB→WBに逃げるもののその後が続かないということが多かったが
前節あたりからCB→ボランチ→シャドーorWBというルートをダイレクトに繋いで
相手のプレスをいなすというシーンが多く見られるようになった。
前線や中盤のプレスが厳しい相手に対して苦しんできた課題のひとつが
ここにきて解決方法を見出せたように感じる。
3バックの一角に武岡ではなく小柳、ボランチに新井、小椋という
比較的守備寄りの布陣で出来たことも評価できる。

さらに前線のウタカと曽根田という息の合ったアタッカーのコンビネーションも非常によく
ウタカのシャドーなどいろんな可能性を模索してきたが
ウタカを頂点にその下に曽根田とドゥドゥがの組み合わせが
守備のリスクを出さずにより多くのチャンスを作れるだろう。

怪我人やコンディションの問題はあるだろうがしばらくはこの3人を中心に考えるべき。






関連記事

【2019 J2 第11節:愛媛戦】取りこぼし


今までのドローは負けるゲームを引き分けに持ち込んだものが多かったが
今日の試合に関しては勝ち点3を取りこぼしたと言っていい内容だっただけに悔しいゲームとなった。



・安定したビルドアップ
ウタカのシャドー起用によって中盤での安定したポゼッションが可能となり
そにれよって横谷が最終ラインからのビルドアップにより注力出来るようになった。
さらに横谷が最終ラインに落ちた時にCBがワイドのポジションを取るようになるが
そのときにSBの役割が出来る武岡を3バックの一角で起用してるメリットが出てくる。

前線も佐藤が身体を張って、しっかりターゲットの役割を果たしているし
スペースに走ることも出来るので攻撃に奥行きをつくっており
前半からチャンスをつくっていたように攻撃に関しては非常にバランスが良くなった。

課題があるとすれば右サイドで持ったときに逆サイドの荒木がフリーになっていたので
もう少しサイドチェンジを使っても良かった。
あとは、後半サイド深くを攻略した時にほぼほぼ、ウタカへのマイナスのクロスを選択していたが
ウタカのシュートがGKのセーブにあったり、相手DFにブロックされていたので
角度がなくても思い切ってシュート打っても良かった。



・後半のマネジメント
どこかのチャンスで2点が決まって入ればあそこまでバランスを欠く必要もなかったかもしれないし
しっかりシュートで終わって戻れる時間がつくれていればあそこまでカウンターを受けずに済んだかもしれない。
ただ、点が取れそうだったし、相手ゴール前で簡単に運べていたのもあって
中盤が間延びして行ったり着たりという展開になってしまい
相手に反撃するチャンスを多く与えてしまった。

また、交代枠に関しても理由は分からないが荒木とドゥドゥに使ってしまい
最後、疲労の濃い選手が多い状況で勝ち越しを狙わなければいけなくなったのも
マネジメントとしてはやや疑問だ。

特に1トップはバホスが構想外なのかベンチに入らなくなり
佐藤とウタカをスタートから使ってしまえば、交代カードで最前線に入る選手が見当たらない。
金園が復帰すれば解決するがそれまでこの組み合わせを継続するなら
2トップの選択など、他の選択も模索しないと
今日のようにウタカとドゥドゥを下げた上に、佐藤も横谷も疲弊していて
曽根田しか動けてない状況ではなかなか厳しいものがある






関連記事

【2019 J2 第10節:京都戦】1クール終了


PKが決まっていればもう少し楽な試合展開になったと思われるが
ここ数試合ではあまり見られなかった強度の高いハードワークもあり
前節の敗戦を払拭するようなゲームだった。


ウタカのシャドー
攻撃に関してはターゲットとなる佐藤が1トップに入ったことで
ウタカはバイタルで前を向いてプレーできることが多くなり
そこからのチャンスメイクで攻撃のかたちがつくれた。

ただ、ウタカ自信のパフォーマンスはそれほど良いというわけではなかったことと
守備のリスクを考えてか橋爪がウタカを追い越すしていくような動きをしなかったことで
攻撃がつまり後ろに戻すようなシーンも多く、そこは少しもったいなかった。

それでも佐藤の身体を張った競り合いとウタカのキープ力で前線に起点がつくれたので
積極的に仕掛けていくという姿勢はいつも以上にあり、良い流れを作っていた。









守備に関しては前からプレスをかけていく姿勢も強く、リトリートになっても
あまりウタカを戻らせずに橋爪は中盤のラインに早めに入る意識が伺え
それに伴って武岡が大外をみるようになり、一時的に4バック的な立ち位置をとるような工夫も見られた。


ただ、京都もそれがわかっていたのか宮吉が裏を狙ってきたり、小屋松が仕掛けてきたり
金久保がハーフスペースに入ってきたりとこのサイドを狙われることも多かったが
小椋に代わって起用された新井がフォローしながら、武岡も粘り強い守備で上手く防いでいた。


京都の攻撃があまり空中戦で勝負したり、スペースに蹴ってくるような仕掛けがなかったので
甲府としては狙いが絞りやすいかったことはひとつ幸いだった。




・復帰戦で結果を出した曽根田
ここ1ヶ月は怪我で離脱していたが開幕からも激しいレギュラー争いもあって先発で出た試合はわずか2試合。
出場した試合で結果を出していたものの、昨季のブレイクから考えると物足りない数字。
もともと伊藤監督はメンバーを固定しない方針ではあるがボランチ佐藤の怪我もあって
横谷がコンバートされ、バホスも試してみたがなかなかフィットしない状況。

ウタカのシャドーは選択肢として入りそうではあるが現時点で
右シャドーのポジションはレギュラー不在。

そのようなチーム状況で復帰戦ながらも途中交代で決勝点をあげた曽根田の復帰は非常に大きいだろう。




関連記事

【2019 J2 第9節:水戸戦】諸刃の剣



結果を出すことでいろいろごまかせてきたことが
ついにごまかしきれなくなったなというのが率直な印象。
試合開始早々の先制点で楽な試合展開にもちこめるはずがそれさえも全くアドバンテージにならず
すぐに主導権を握られ、最終的にひっくり返されるゲームになってしまった。


・いつまで悩ませるのか
何かしらの準備があると期待してたが蓋を開ければバホスのシャドー起用はまるで機能しないし
外国人を3人並べるという選択もただただ、バランスを大きく欠いただけ。

特に守備でバホスが中盤のラインに戻ってこないため
ボランチが横にずれたり、WBが縦にずれたりして対応していたが
中盤の中央に人がいなくなってセカンドを拾えなくなったり、
3バック脇のスペースにランニングされて、相手のSBの上がりと合わせて数的不利になってしまい
サイド奥深くを簡単に侵入されたりと自分達で難しい対応にしてしまっていた。

また、攻撃面でも前残りしてウタカと一緒にカウンターの起点になったり
ドゥドゥのように粘ってファールをもらって時間をつくるということも出来ないので
攻守において役割をこなせず、周りの選手もバホスのフォローに力を削がれてしまっている。

スペースある状況で前に持ち出せば抜群のスピードで相手を置き去りにさせられるが
そういったシーンも前半の終わりと後半に1回あったくらいで
いろんな部分でのマイナスを取り返すほどの貢献はなく。
バホスの実力を評価しているからこそ、今の起用法は理解に苦しむ。


もちろんバホス自信もそういった課題をクリアする努力が必要だが
できないのであれば昨年のように1トップで起用するか
献身性があって潰れ役となれる佐藤と組み合わせるなり
昨年J3で一番アシストが多くてスルーパスが出せる後藤を中盤で起用するなり
何かしらの工夫が必要でウタカ、ドゥドゥという今の前線の組み合わせに
無理やり入れても機能するわけがない。



さらに、FW4枚を前線にならべる采配も
一方的に攻撃で押し込めることが想定できるような相手や流れを大きく変えたい場合は有効だが
今日のように前後分断になりやすく、カウンターにさらされることもリスクとして
しっかり考える必要がある。


選手層の厚い多種多様な駒が揃ってる前線は確かに今年の強みだがそれに甘えて
守備を含めたゲームメイクのところをおざなりにしてはいけない。




関連記事