FC2ブログ

【2018 J2 第34節:岡山戦】完勝で連勝


久しぶりにチームが機能してるなと安心して観れるゲームでした。

最終ラインが相手のロングボールを跳ね返し続け、
両サイドの上下動は90分耐えることがなく、中盤では小椋のセカンド回収、左藤のゲームメイクが光る。
絶好調の曽根田がいずれのゴールもお膳立てし、小塚とバホスという決めるべき人が決める。
欲を言えば後半あと、2点3点取れたかなというくらいだがほぼ完璧と言っていい内容。


両サイドとCBは相手との兼ね合いや調子で使い分けても良さそうだが
大方、今日のメンバーがベストな組み合わせと言っていいだろう。
特にボランチのところは(フェフージンが初先発したときにも言及したが)
左藤の良さを生かすにはフェフージンの選択は疑問。
フェフージンにはフェフージンの良さがあり、攻守において能動的にプレーできる選手だが
小椋は良くも悪くも出来ること、出来ないことがはっきりしてるから
ビルドアップの時に左藤にボールが集まりやすいし、左藤もそれでリズムを作りやすい。
左藤ー小塚間でゲームメイクを安定させれば、周りの選手が迷いなく走れるし
チーム全体の推進力、走力の高さが遺憾なく発揮される。


どうしても悪い時は足元、足元ばかりでボール保持が優先されるような展開で
停滞するゲームが多かったし、流れが悪いと守備の集中力も欠きやすく、失点しやすい。
ただ、ここにきて厳しい夏も終わり、ルヴァンも敗退し、リーグに専念できる状況になり
今日の試合も連勝してた頃の強さが戻ってきた印象を受けるほどのゲームだった。
プレーオフ圏内との差は厳しいものかもしれないがそれを手繰り寄せられる力は整いつつある。

(バホスがまた怪我していなければ・・・・・)



関連記事

【2018 J2 第33節:大宮戦】今季初のウノゼロ


33試合で初めて1-0の勝利。
少し前までは甲府の代名詞的な勝ち方だったが・・・・・。
まあ、良くも悪くもサッカーが変わったということだろう。


ざっくりな感想としては
堀米や小塚といった技巧派の選手をシャドーで2人並べるより、
ハードワーク出来てドリブルで前に運べる曽根田をどちらかに起用したほうが全体的なバランスは良さそう。
ボランチは攻守で積極的に関わるフェフージンより守備専の小椋の方が左藤の攻撃参加を促しやすいが
小椋はビルドアップの凡ミスが多すぎるのでそこが問題。
(怪我でいない選手と比較しても意味ないかもしれないが)
どちらにせよ、フェフージンも小椋も島川と比べると物足りない。


守備に関してはGKの岡が裏のスペースをよくカバーしていたことが非常に良かった。
リマは裏とられてもスピードがあるのでなんとかしてしまう時もあるが
小出と今津は裏への対応が甘いし、一度とられるとなかなかカバーできない。
そこを岡が積極的に飛び出してピンチを未然に防いでいた。

あと、マテウスをしっかり抑えることが出来たことも無失点に終えられたひとつの要因だろう。
前半はボランチ脇に下りてくる大前との連携で何回か危ないシーンをつくられたが
シャドーの選手もしっかり守備に戻って身体を張ってスペースを埋めて、楽にプレーをさせなかった。


関連記事

【2018 J2 第32節:山形戦】バタバタ






ピッチがすべりやすいのか試合開始から転ぶ選手続出でバタバタ
配給役の左藤は出場停止で最終ラインの山本も不安定でバタバタ。

早い時間帯で先制点取られてその後、守備を固められた相手に攻めあぐねるといういつもの試合展開の上に
余計なファールも多くて終始、集中力に欠けるゲームでした。

一皮向けた感のある曽根田が個人技で点獲ったことだけが救いですが
今後も相手に引かれたら苦しむことは確実でしょう。






関連記事

【2018 ルヴァン杯 ラウンド8 2nd leg:柏戦】ベスト4ならず

 


前半と後半の違いをみれば小塚を温存したことは流石に主力級の柏相手にはハードルが高すぎたかもしれない。


良い形でセットプレーから先制点取ったものの試合展開は守備にまわる時間が多く苦しいものだった。
ファーストレグよりもDFラインを高く保ちながらコンパクトな陣形を引き、プレス強度も高めたが
柏も長短のパスでこちらの守備ブロックを揺さぶってきていたので
なかなかカウンターにいけるようなボールの奪い方が出来なかったし、前線で起点も作れなかった。

それでもサイドから比較的持ち出せるシーンがあったが
早めのアーリークロスを選択することが多く、ボールを失うのも早かった。
隙あらばチャンスを狙う姿勢は良いと思うし、柏のプレスも厳しかったかもしれないが
1点リードがあっただけにもう少し、ボールをキープして攻撃しても良かった。


後半は小塚が入ったこともあってそれが修正され、前半とは打って変わって
相手陣地でプレーする時間が増えたし、ゴール前で際どいシーンもつくれるようになった。
結果的には勝ち抜けは最後のバホスのシュートが運命の分かれ目になったが
ここでの良い時間帯で追加点が取れていればまた変わっていたかもしれない。

終盤は疲労も増え、こちらも点を取るほうに傾いたこともあってカウンターからピンチも多く
岡のファインセーブがなかったら、最後までどちらに転ぶかわからない展開には持ち込めなかった。


最後はアウェイゴール差で敗退となったがJ2クラブとしての意地は予選から通して示せたし
控え選手を多く起用しながらそれが出来たことにも価値がある。
J2クラブでは到底こなすことが難しい過密日程で怪我人も増え、
リーグ戦で低迷するという代償は非情に痛いものではあるが
若い選手にたくさんの試合経験を積ますことが出来たことは必ずプラスになるだろう。






関連記事

【2018 ルヴァン杯 ラウンド8 1st leg:柏戦】Newスター

 
リーグ戦のメンバーを総入れ替えし、ベンチにも入れない完全休養で
十分、セカンドレグに可能性が残せたことは次第点のファーストレグだった。
2点のリードをどう守るかという消極的になりがちなシチュエーションだった浦和戦と違って
勝たなければほぼ勝ちぬけは出来ないという状況もそこまでプレッシャーにならないだろう。



内容は試合全体通して守備に回る時間が長いゲームで2点のアウェイゴールは取られたが
最後まで足を出し粘り強く守っていたのでスタッツほど一方的にやられた印象はない。
ただ、柏のプレスをいなせる選手が後ろやボランチにおらず、前線も身体を張って時間をつくったり
ボールを運べる選手がいなかったのでなかなかボールを前進させられず苦労した。

それでも後半は柏がより、攻勢に出てきたこともあって、相手の守備が疎かになっていたし
スペースも前半よりあったことでだいぶ、ゴール前に運べるシーンが増えた。
その中で2ゴールにいずれも絡んだのが高校生で抜擢された中山陸だけに
甲府としてはポジティブな試合だったと言えるかもしれない。
前半はなかなか足元にボールが来ない展開で消える時間帯もあり課題は多いが
ボールを扱う技術だったり、2点目のスルーパスなんか非常に良いものを持っているし
タイプ的には小塚と同じ系統だろう。


新戦力の瀬戸も今日観る限り、ボールを狩れる守備的なボランチのようだったが
十分リーグ戦にも関わってきそうなパフォーマンスだった。






関連記事