【2017 J1 第4節:大宮戦】左サイド


吉田新体制、初勝利!

ガンバ、鹿島相手にいくら手ごたえをつかんだといってもやはり結果がついてこないと
疑心暗鬼になってしまうのでこの1勝は大きい


その中で一番の収穫はなんといっても阿部翔平の復帰とリマの初先発

阿部翔に関してはまず、ビルドアップでの貢献度が絶大
ボールの落ち着く場所が出来たことでチームに安定が生まれるし
足元で欲しがる堀米、中盤から前線に飛び出す田中・・・・・
周辺の選手にも目に見えていい影響があったと思う



また、新加入のリマも初先発としては上々の出来だった

キックフェイントやドリブルで相手のプレスをいなせるCBはあまり甲府にはいない
その上、高さもあって左利き


もちろん、浦和戦で失点に絡んだようなリスクはあるがより高みを目指すためには必要なリスク


この2人によって決して悪くはなかった橋爪、新里がベンチに追いやられたのは少し不運だが
(オリヴァーがはいった中盤も含めて)
より競争の原理が働いて、チームが強くなっていくことを間違いない



関連記事

【2017 J1 第3節:浦和戦】ドゥドゥ復帰


現実的に勝ち点を計算できる相手ではないとはいえ、もう少し際どいゲームが出来たと思いたいです・・・・が
良い方に捉えれば、この試合だけに焦点を当ててないというようなゲームでした。



システムに関して

ガンバ、鹿島相手にはWBが前に出て相手の縦を切りながらその間に3センターがスライドするという守備が
上手く機能していましたが5トップ気味にサイドが高いポジションをとる浦和だと
WBが最終ラインから前に出れず、3センターのスライドだけで中盤のサイドを埋めのはなかなか難しい状況でした。


相手が浦和ということだけで考えればスタートから541でやった方が守りやすかったと思います。


しかし、浦和も柏木がいない影響からかビルドアップが上手くいってない時間帯も多く
時間が経つにつれて532という守備でも安定して始めましたし
その中で松橋のシュートがバーを叩くチャンスなどもあって、いいイメージで前半が終えられた。

そして、迎えた後半。
いい印象で終えられた前半の流れをより自分達のものになるよう
より高いテンションでゲームに入った。

ただ、そこに落とし穴があったように思います。


先日のACLをみても浦和は相手が前から来てくれたほうが前線にスペースが出来てやりやすくなる。
今日の試合でも、特に1失点目はあまり失点するような時間帯ではなかった。
それでも失点してしまった。

必ずしも、終盤まで思惑通りに無失点のままでいけるかどうかは分からないが
後ろで守備を固めながら0-0の時間帯を長くしたほうが浦和もどんどん焦るだろうし
ベンチにドゥドゥという切り札があったことも考えればもう少しじっくり試合を進めたほうがよかったのでは?
と思ってしまう。


しかし、浦和が相手でもチャレンジするところはチャレンジする。
この試合のためだけにシステムを変えなかったことも含めて、そういう狙いがあったのならばその判断を尊重したい。


とはいえ、いざ自分達のボールになっても
守備で目一杯なのか、休む方が先にきてしまってボールを引き出す動きがなかったり
パスしたらパスしっぱなしで次の動きがなかったりとポゼッションすることに怖がってる印象はまだまだ拭えない。
技術的なミスも含めて一夕一朝で身につくものではないが課題が山積みなのは間違いない。


関連記事

【2017 J1 第2節:鹿島戦】甲斐のマムシ

 
ポゼッションも出来るし、カウンターも出来る
前線、中盤からハードワークもするし、相手にボール持たせて守備を固めることもできる

まあバランスの良さが鹿島が強いたる所以ですが前節のガンバと比べると余計にそう思いましたね


兵働が小笠原やレオシルバから厳しいチェックを受けたことでボールを預ける場所がなくなり
DFラインからのロングボールも植田、昌二に跳ね返されてなかなか運べない展開が続きました

サイドに打開を見出そうとしても奥深くえぐる回数は少なかったし
出来てもそこからのクロスだったりに精度を欠いてシュートまでいけない

小椋がセカンドボールで鬼神のごとく奪ってなんとか攻撃につなげようとしてましたが
そこからの展開力のなさにはまだまだ課題が残る



前節に比べて奪った時にまずウイルソンをみるというのはチーム全体として意識されていたように感じましたが
あまりにもウイルソン一辺倒ではそれもまた厳しい
河本から堀米にしたこともマイナス面の方が出てしまってあまり上手くいかなかった



守備も金崎やPJの裏を取る動きにどうしてもDFラインを下げさせられてしまうし
早めに潰そうとしてもキープ力やそこからの反転で入れ違われるリスクがあって難しい対応を迫られた

大きく破綻しなかったのは1つ幸いでしたが内容的には完敗なので
(最後追いつけなかったの残念ですが・・・・)結果は妥当でしょう









関連記事

【2017 J1 第1節:G大阪戦】マイナーチェンジ


就任した当初からドラスティックな変化は求めないと言っておりましたし
メディアの取材や記者のレポートから受ける印象としても
大きくサッカーが変わることはないだろうとこちらも予想していましたので
開幕戦の戦い方自体に大きな驚きというものはありませんでした。

ただ、今まで出来なかったこと少しずつ改善するような意識がみえたのはポジティブに感じています。


’例えば)

ボールを下げたらラインを上げてそれを維持する
相手のビルドアップが不安定なら、高い位置で奪いにいく
受け手がしっかり角度をつけてボールを受けにいく
ドリブルで運べるスペースがあるなら、CBでも運ぶ・・・・etc



どんなサッカーをしててもある意味、当たり前に出来なきゃいけないところでしょうが
出来ないことは出来ないとはっきりと割り切りすぎていた部分も多々ありましたので
技術や戦術はもちろん、マインドの部分でもミスを恐れずにやるという姿勢を感じました。



532というシステムに関しては
ガンバの中盤の配置を意識したかもしれませんが
ウイルソンを生かす事を優先的に考えれば自然な選択でしょう。
2トップによってチャンスが回ってきた河本もテンション高く、エネルギッシュにプレーしていました。



もちろん、まだ1試合が終わっただけなので何とも言えませんが
JリーグクラブとのTMで1勝も出来ず、期待よりも不安の方が大きいまま開幕を迎えたので
この内容とドローという結果はまずまずというか、ひとまずホッとしたというのが正直な感想です。



ちなみにトラッキングデータで昨年の平均と比較すると
チーム全体で走行距離は6km、スプリント回数は24本増加。

関連記事

新体制発表



・進化
どこのクラブも一回は使っているだろうありきたりなスローガンの評価はさておき、
補強に関しては大型補強とまではいかないものの、まずまずだったと思います。

特に堀米や兵働といったオンザボールで持ち味が発揮できる技巧派の中盤
高さとスピードを併せ持ったCBでありながら左利きのエデルリマは
昨年いなかったタイプの選手なので戦術の部分で選択肢が広がると思う。


ただ、小林祐三の獲得に失敗した影響でサイドの補強が出来なかった事と
スピード系のアタッカーでめぼしい選手が見つからなかったことは
シーズンに入ってからの宿題として残った。

ただ、キャンプで戦力を見極めながら春先で補強するのは毎年のことではあるし
全て満足いく補強が出来るようなクラブでもないのでそこはやりくりでなんとかするしかない。

そういう意味でも今後は吉田新監督のチーム作りがどうなっていくかが注目だ。




簡単ですが2017年、一発目の記事です。
今年もどうぞよろしくおねがいします。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事