FC2ブログ

【2018 J2 第23節:岐阜戦】プランBも


過密日程に加えて怪我人が多い中、コンバートで何とかやりくりしているし
控え選手でも戦術がしっかり叩き込まれてるからこそ、常に同じような戦い方が出来ている。
そのことによって控えメンバーで臨む事が多い、カップ戦でもしっかり勝ちあがっている。
ただ、W杯でもそうだったように1つのプランだけではどのチームにも勝つことは難しい。

短期間でそこまで要求するのは酷かもしれないが現時点で昇格という目標は高いハードルになりつつある。




今日の試合も高いインテンシティで先手をとり、得点シーン以外にもチャンスは作っていたので
2-0に出来る可能性は十分あったかもしれないが
前半からプレスを掻い潜られてボールを運ばれるシーンも多く目に付き
相手の連携だったり、ラストパスの精度で目立ったピンチにはならなかったが
岐阜が大分のように、甲府のプレスに対応できないチームでない事は前半のうちで分かった。

仮に2点のアドバンテージがあっても分からなかっただろうし
前半のうちに1点返されることも十分ありえる45分間だった。


その中で後半は相手がラインをあげ、デュエルの部分でもエネルギーをかけてくるようになり
逆にこちらは疲労で攻撃が完結できなくなったり、ボールを奪いきれず、セカンドも回収できなくなる。
ただでさえ前半から綻びが見えていた中で一番の武器で優位がとれない状況では
最終ラインが大きなリスクを抱えることは必然。

もちろん、最後の部分での対応に問題はあったかもしれないが岐阜の選手、特に古橋のクオリティの高さは素晴らしかった。
あのような状況、展開になる前にチームとして何をしなければいけなかったのか、しっかり検証する必要がある。


ここから猛暑日が毎日のように続く季節に入る。
こちらの望むような試合になることはそうは多くないはず。
ブレずにやり続けることも大事だし、今の戦術がメインであることに異論はないが
時と場合によってはプランB的な戦い方が必要になることは今後もあるだろう。