FC2ブログ

2次キャンプ終了


まず、大きな故障者もなく、無事に終えられたことが何よりだが
TMの結果も鹿島、ソウル、大宮、蔚山現代、町田という、いずれも同等~格上との試合で
2勝2分1敗という結果はまずまずで、ここまでは順調に来てると言って良さそうだ。

また、相手の状況やリーグの流れを見ながら戦い方を変えていくというチームの方針や
伊藤監督の433システムへのこだわりもあって4バックの試みも多くあり
オプションという位置づけではあるだろうが積極的に使っていくことが伺える2次キャンプだった。

その中で開幕スタメンに向けてレギュラー争いも徐々に見えつつある。



・前線
前線の立ち位置を変えないようにする狙いなのか3バックでも4バックでも1トップは変えそうにない。
試合流れや相手の戦術によってバホスやドゥドゥが1トップに来ることも十分あると思われるが
基本的には二人はシャドーやウイングがメインポジションになりそうで
1トップの選択はファーストチョイスがウタカで次点に佐藤洸一。

シャドー/ウイングはバホスの負傷もあってドゥドゥと曽根田が今のところレギュラー争いをリード。
森や宮崎と言った若手も結果でアピールしているが序列をひっくり返すところまではいっていない。


・サイド
サイドに関しては絶対的な選手が存在せず、田中や森がこのポジションに挑戦したりもしており
誰がレギュラーを掴むかまだ不透明なところもあるが
右サイドではWBでもSBにおいても武岡と橋爪の一騎打ちという印象。

左サイドは3バックのWBならば内田がファーストチョイスになりそうだが
4バックへのシステム変更した場合、リマがCBからSBにポジションを移す可能性が高いので
システムによって変わってくるだろう。


・中盤
中盤もシステムが2枚か3枚かによっても変わるが佐藤和弘、小椋、横谷がリード。
新加入の後藤も随所に持ち味を出しているし、新井も怪我からの復帰が順調であればレギュラーを担える存在であり
高いレベルのレギュラー争いがシーズンに入ってからも続きそう。
ただ、3枚になった時のアンカーだけは難しいポジションだけに伊藤監督も悩んでいるようで
TMでは小椋、山本、新井などが起用されているが蓋を開けてみないと分からないという状況。


・CB
3バックなら小出とリマが当確。
残り1つのイスに今津と小柳が争っている。
4バックでもリマがSBにスライドする可能性が高いので構図は同じ。
3バックに関して山本をリベロにおいて小出を右のストッパーにずらす案や
武岡、橋爪、新井といったCBも出来る選手の起用も模索されており
他の組み合わせも選択肢としてあるが
4バックはに関しては適正のある選手が少ないだけに不安も大きい。


・GK
TMではGKからのビルドアップでミスが起こり、それが失点につながってしまったこともあったようだが
個人的に全てのポジションの中で一番レギュラー争いが厳しいポジションだと思っており
誰が開幕スタメンでも全く驚きはない。
経験値で河田と岡がリードしているが積極的なプレースタイルの岡西も
伊藤監督には好まれるんじゃないかと思っている。










2019シーズン始動


昨シーズンのストーブリーグは降格した影響もあまりなく穏やかにみてられましたが
今年は監督やコーチの人事に始まり、選手の出入りも多く、
リリースを確認するたびに一喜一憂する日々でした。

ただ、新体制発表も13日行われ、(リンスを除いて)とりあえずの編成も終了したということで
今季の布陣、戦い方を簡単に予想していきたいと思います。




○補強

・FW
ウタカの加入に始まり、バホスの残留、ドドゥの復帰という強力な外国人FWがそろった。
ウーゴやニウソンという未知数なブラジル人FWや
ウイルソンやクリスティアーノといった1トップが本職ではない選手を起用し、
なんとかやりくりしていたJ1時代が遠い昔に思えるほどの陣容が整った。
長期離脱中とはいえ金園も残留し、さらにJ2での実績も十分な佐藤(洸)も獲得し、質量ともに申し分ない。
逆にこれだけ、実力者がいたら1トップがもったいない程で2トップの選択もかなり現実的になるだろう。


・中盤
小塚移籍が最大の流出で補強も彼の代役を埋められそうな選手は獲得できなかった。
新加入の横谷や後藤といった技巧派の選手が埋める可能性もあるが
前所属のチームで同じポジションをやっていたわけではないのでまだ未知数。
中山、宮崎という高卒ルーキーも期待値は大きいがさらに未知数。
現時点で小塚の穴を埋めるのを期待するのは難しい状況。

昨シーズンの後半からレギュラーをつかんだ曽根田にはさらなる飛躍が期待できるが
シーズン通して主力として計算できる選手は彼1人。
佐藤(和)などボランチから一列前にあげるオプションもあるが一番可能性があるのは
昨シーズンの最終節で印象的なプレーをしていた森。
ルヴァンカップでの活躍もあり、そろそろレギュラーに定着しそうな立ち位置ではあるが
それでも、磐石の前線とは違い、層が薄いことは間違いないのでシステムの変更も視野に入る。
ボランチに関しては島川の移籍は痛かったが、佐藤、小椋のコンビも悪いわけではなく
後藤と小柳の獲得で十分戦力は維持できているだろう。


・ワイド
高野のレンタル復帰は致し方ないとして、湯澤の長期離脱によって
その代役を果たしていた道渕の移籍は大きな痛手。
松橋、橋爪に加えて新加入の武岡と数は揃っているのでその中で誰がレギュラーを勝ち取るか。
左サイドは内田が本命だが小林岩魚もアカデミー出身であり、期待値はかなり高い。


・CB
兵役のために韓国のクラブに移籍したビョンの流出はあったがリマと小出の残留が何より大きい。
一時はビョンとのレギュラー争いに勝ち、スタメンの座を張った大卒2年目の今津が3人目のCBとして期待されるが
川崎時代に3バックの一角で主力を張ったこともある武岡や新加入の小柳、怪我から復帰する新井も候補の1人。


・GK
昨年に続いて河田、岡、岡西の3人。
誰が出ても問題ないレベルなので今年もGKで困ることはないだろう。
GKコーチが変わったことでどいう変化があるかは楽しみな点ではある。




○戦術
エクスキューズがいろいろあった上野監督をスパッと切ったことや
佐久間GMの発言から変革を諦めたかのようにもみえるが
後任が前HCの伊藤監督なのでそうとも言い切れない。

先日の新体制発表では
「相手の嫌がること、戦術にはめない、相手の状況やシーズンの流れを読みながら・・・・・」
などのような佐久間GMの発言や
「前線の外国籍選手をいかしながら中盤でゲームコントロールしたい」
という伊藤監督の発言からはそこまで変わらない印象も受ける。


ただ、前体制より戦術にはめ過ぎずに結果にこだわるというところでは
マイク、パウリーニョという強力なFWを擁して昇格した2010年
ダヴィという1人で32点叩きだして昇格した2012年の昇格を再現したいかのような補強でもある。

ただ、具体的な戦術はなかなかしゃべりたがらないし、試合を観ないとはっきりしたことも分からない。
まあ、誰がどうみても強力な前線が最大の武器ではあるのでそこをどう生かすかが最大のテーマであろう。




○布陣
 
昨シーズンのシステムを継続するなら3421だが上で書いたように強力な最前線をどう生かすかということなら
シャドーの層が薄いことも合わせて吉田監督時代の352システムに戻すのが合理的。
442の可能性もあるがそこまで大きく変更するリスクは躊躇するかもしれない。
とはいえ、352システムの最大の問題は中盤セントラル3枚。
特にアンカーのポジションを担える選手がなかなかいない。

守備はもちろんだがボールも散らせるタイプではないとボールが前進できず2トップが孤立しやすい。
ワイドも昨年に比べると推進力に欠くので、低い位置からポゼッションで運ぶ必要がある。
そこでキーマンになりそうなのがYS横浜から獲得した後藤。
J3屈指のゲームメーカーで組立てに関しては問題ないだろうが
ピッチのあらゆるところに顔を出したがるタイプだとアンカーでは持ち味を消してしまうかもしれない。
ただ、前線と中盤をつなぐ選手は佐藤(和)や曽根田がいるので
彼にはレジスタ的な役割で最終ラインと中盤をつないでもらうのが一番理想。


前線に関してはカウンターで背後をついたり、直線的にいくならバホスorドゥドゥ
中盤とのパス交換から相手を崩していくならウタカがメインになるだろう。
一番攻撃的なのはウタカとバホスのコンビだが
守備での貢献度でや動きの量でバランスをとるなら佐藤か金園、最低でもドゥドゥは起用したい。


           
  


【2017 J1 第33節:大宮戦】結末は最終戦へ

 
試合開始からハイプレッシャーで主導権を握ろうとするも、大宮も出足が早く
なかなかマイボールにしてもボールがつながらない立ち上がり。

また、ビルドアップのミスからショートカウンターくらうよりはリスクおかさずにクリアで逃げていたことで
ドゥドゥやリンスにおさまらない時間が多く、チーム全体を通しても緊張してるのか硬さがみられ
試合展開としてはイーブンではあったが良い流れとは言えない前半だった。

失点するリスクを排除する為にクリアで逃げるのは仕方ないかもしれないが
前線の二人がノーチャンスのようなボールがばかりでは流石に厳しい。


それでも後半は前半みられなかった裏をとるような動きも増え、徐々にゴールに迫れるようになり
セットプレーも増えていったがやはり、どうしても最後のところで見方と合わなかったり、
シュートがミートしなかったりとゴールにつながらない。


新潟が勝ってくれたおかげで甲府が勝っていれば清水と逆転出来る状況だっただけに
最後の最後まで歯がゆい、もどかしい試合になってしまった。




守ってカウンターだけ狙えば良い相手でもないし、そういう状況でもない。
極限までプレッシャーの掛かる試合でもあるのでミスが多くなるのも分かる。
ただ、それを乗り越えないと残留は勝ち取れない。






佐久間監督続投&来季のチーム編成を考える




□監督
個人的には長崎の高木監督や愛媛の木山監督がいいなと思っていましたので佐久間監督の続投は少しがっかりです。
しかし、決まったからには応援しますし、何が何でも残留してください。

 2016シーズンに向け、監督の人選を進めてきた中でフロントとしてまず重視した点は以下の通りです。

①来季はJ1リーグ残留、さらには中位の成績を目指す
②そのために現在の堅守を維持しつつ、課題である得点力向上を目指す

次に来季の背景を以下の通り分析しました。
①開幕が一週間前倒しの見通しで、新チーム始動後の準備期間が短い
②最終戦が11月初めとなる日程見通しのため、8月までに約8割方の日程が
消化されることになり、スタートダッシュと序盤の戦いが重要になる

さらに、チームの現状を以下の通り考慮しました。
①ベテランの活躍が欠かせない
②「ベテラン・中堅・若手」が入り交じったチーム編成となる

佐久間悟 監督2016シーズン続投のお知らせより


背景①、②を考えると確かに来期は監督人事で失敗すると取り返せないシーズンになる。
ただ、今年の采配を見る限り、佐久間監督で発展や上澄みがあまり期待できそうにないのでそこは少々不安。

また、GMとの兼任に関しては負担が大きいはずなので東海林強化部長にGMを
(実質でもいいので)委任するなどして監督に集中してもらいたい。



□選手

まず、A契約の25人枠は触れておく必要がある。

現時点で甲府に所属している選手が来期も全員残ると仮定するとA契約は24人。
(A契約の条件:450分以上出場、4年目以降はAorB契約)



20151109-2.jpg20151109-0.jpg
※岡西は来年で4年目なのでAorBですがB契約はA契約に移るとその時点で25人枠の適用になる
(CからAになった場合は翌シーズンから25人枠の適用)
詳しくはJFAにある選手契約の規約を参照してください。http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/10.pdf

さらにレンタル組も加えると24+4=28人で3人オーバー。(外国人枠は3人なので実質27人)

ということで既存選手の移籍がない限り、間違いなく補強は少ないです。



ここまでに出ている情報を加味すると(ソースはおもに山日)

・バレー、マラニョンは退団濃厚でパラナは条件次第
・阿部拓馬に4クラブからオファーあり、退団の可能性
・山本、稲垣、伊東らは複数年でその他、今季在籍している日本人は全員契約延長のオファー
・外国人は東海林強化部長がブラジル視察し、センターフォワードやシャドーストライカーを調査
・J1の外国人も検討中
・新卒は名古屋U18の森晃太が内定、大卒はなし
・補強はJ1やJ2で出場機会を失っている若手を中心に進める




2016kari01.jpg
現実的に考えて、阿部拓馬は移籍と仮定して現在の編成はこんな感じ。
これでA契約が20人なので補強は5人まで。
ただ、開幕から枠を一杯にすると中断期間に補強ができないので外国人含めて4人追加が妥当なところ。



□補強
  • バレーが抜ける1トップに1人
  • 阿部拓馬が抜けるシャドーに1人
  • ベテランが多いCBに最低1人
  • あとは全体的なバランスをみてどこかに1人

ここからはあくまでも願望です。

データで振り返る甲府の1stステージ(2)

 
今回は今年から公開されているトラッキングデータの考察

走行距離やスプリント回数が勝利に直結するものではないことは明らかなので
リーグで何番目というより、各節のポジションごとにどんな特徴があるのかみていきます

誰が一番走ったかなど個別のまとめは大手サイトさんがやられていたのでここではやりません

なお、システムは3421をメインにしましたが352もやっていたので厳密には正確ではありません  




上が走行距離、下がスプリント回数
 
走行距離GK3バックWBボランチシャドー トップ
対戦相手

広島4.4110.039.319.911.310.2112.5212.0111.9511.311.11
名古屋4.759.258.869.6310.3910.5912.6911.1111.911.3611.09
G大阪4.279.598.539.1110.8710.2212.2410.9612.0911.210.42
F東京4.4610.319.519.6511.4210.6511.1712.2912.0111.3610.84
神戸4.779.968.6710.9410.4610.4311.8511.4712.1411.2612.28
鳥栖4.6210.349.779.6710.2210.1811.0510.3311.9611.1410.51

4.559.919.119.810.7810.3811.9211.3612.0111.2711.04
川崎4.0610.5910.59.8610.9611.3112.2510.512.5512.2211.22
浦和4.6510.1710.229.7311.1910.2411.5210.5112.0412.0811
鹿島4.99.69.569.4911.5510.379.9611.8111.8112.1612.16
松本4.639.899.38.2310.549.888.910.1510.5210.6110.31
湘南5.4910.578.7111.111.9211.1311.3811.0512.211.5210.47

4.7510.169.79.711.2310.5910.810.811.8211.7211.03

4.6410.039.369.7610.9810.4711.411.0111.911.4711.04
山形4.699.629.039.4210.8810.8610.7311.0912.4810.9210.76
仙台4.559.718.7610.1611.1910.5613.0711.0512.5911.7610.66
新潟4.619.48.689.3910.719.8811.9610.6212.0211.2111.9
横浜M4.659.648.3110.0710.669.910.7611.811.8211.0511.53
清水4.949.038.959.4510.8710.411.0712.0811.5211.611.35
4.539.488.6310.1810.449.8910.611.8712.2210.3911.31

4.679.488.739.7810.7910.2511.3711.412.1111.1611.25


 
スプリントGK3バックWBボランチシャドー トップ
対戦相手

広島077113213158181814
名古屋0791529122113181927
G大阪1101111175191181413
F東京010141715111210171917
神戸0241113269211012128
鳥栖091019161494211616

0.211.210.314.322.510.716.29.315.716.315.8
川崎071151512206131715
浦和0541017121714152820
鹿島084723773241926
松本05582010913141514
湘南1118529111711253214

0.27.26.4720.810.4149.418.222.217.8

0.29.48.51121.710.515.29.416.81916.7
山形011771216126162417
仙台1855138104181513
新潟011628668181728
横浜M1117133610913141428
清水01216172271713162029
11151120542151224

0.510.77.79.218.58.79.77.716.21723.2

※赤字は選手交代があったポジション




・WBよりもシャドーやトップの方が走行距離は多い
→他のチームより前線の守備のタスクが多い

・WBは右サイドのスプリント回数が多く、その影響もあってか途中交代も多い
→ゲームをつくる左サイドと比べて、右サイドはランニングするタイプが多い

・序盤はボランチの交代が多く、なかなか選手を固定できなかった
→センターラインを頻繁に変えては安定感も生まれない

・ GKを除いて走行距離、スプリント回数が一番少ないのは3バックの真ん中
→フィジカル的に余裕があるポジションだからこそ、山本のハイパフォーマンスが続いている


監督交代によって全体の走行距離、スプリント回数が変化することは差ほどなかったが個別に見ると違いがある
特に目立つのが序盤の3バックのスプリント回数で右も左も真ん中でも二桁を超えてた
個人の特徴(野田)で上がることはあったが湘南のようにチームの戦術で3バックが攻撃に参加するようなチームではないので
守備でカウンターを受けることが多かったゆえの数字と予想される




・2ndステージに向けて
堀米がシャドーのポジションでレギュラーを奪えるかということは2ndステージの見所だが
このデータを見てもシャドーのポジションは平均11~12km近く走る走力が求められる
ただ、1次キャンプの体力テストで2位になるなど単純な走力は問題ないはずだが
実際の試合ではなかなかそのようなところがみられない

フィジカルコンタクトやスプリントなど消耗が激しいプレーに課題があるからだと思われるが
素走りとしての走力ではなく、戦えるタフさを身につけられるかが重要なポイント
もちろん選手個々の特徴があるとはいえ、最低限のレベルをクリアできないと先発では使われないだろう




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ