【2017 J1 第27節:横浜M戦】結果がついてきた

ドゥドゥとリンスの2トップになってからカウンターがより洗練され
戦術のブレもなくなり、明らかにチームの状態は上向きだった。

ここで結果に結びついたことに驚きはないが残留争いをしている札幌も広島も勝ち点を積み上げているので
この一勝では全然取り返せてはいない。

ただ、内容が伴っているのは非常にポジティブな部分で特にドゥドゥとリンスの関係は良い。

お互い機動力がありながら単機で仕掛けられるので甲府の戦術によく合っていることは言うまでもないが
最前線で身体を張りながら相手を引きずってでも運んでいくのがドゥドゥで
リンスは中盤に顔を出しながら狭いスペースでもターンやキレで相手を交わしていき、スルーパスもある。
大きく分けると同じタイプだが役割が若干違うので被るようなシーンもなく良好な関係が築けている。

ここは今の甲府の強みであり、今後もさらに期待できるポイント。


課題としてはやはり、クロス対応とセットプレー。
新井のリベロ自体は悪くはないがクロスにもろさを見せる。
セットプレーの守備も含めてそこの部分はどうやって補うか、突き詰めていかないと
勝てる試合も勝てなくなる。

【2017 J1 第26節:鳥栖戦】ついに降格圏


前半の内容からいえば今日は勝ち点3取らなきゃ行けない試合だったが
橋爪の退場で一気に形成が逆転。

(橋爪は1点目のアシストもあったり、吉田の対応も前半は上手くやっていたので
後半の15分間という短い時間で2枚の警告をもらったことが本当に悔やまれる。)

チームとしても最後踏ん張りきれず嫌な負け方をし、さらに降格圏に落ちたこともあり
ショッキングな敗戦となってしまった。


ただ、良かった点は結構あって
何節か前からカウンター主体になって改善されつつあるが
守→攻に切り替わったときの速さがさらに良くなり、攻撃がスムーズになった。

リンスとドゥドゥの関係もよく、特にリンスは中盤でのおさまりもよく、
アタッキングサードでラストパスも出せるので2人で崩すシーンが多かった。

さらにサイドからのクロスにも工夫がみられ、1点目はまさにグラウンダーでいれたことが得点に直結した。

攻撃の部分で良い場面が多くみられたことはポジティブに捉えていい。



課題は、守備でのクロス対応。
前半から主導権は握ってたもののクロスから危険な場面が単発につくられていて
特に新里や新井のところは身長の割には空中戦が弱いので鳥栖のFW2人に対して明らかに分が悪かった。

そこは一人少なくなったこととは関係なく、またシーズン通してセットプレーでの失点が多いことも含めて
解決しなければいけない課題。


最後の采配に関しては勝ち点1を狙うという考えもあったと想像するが
ブラジル人FWを2人残したり、あえて4バックにしたりと勝ち点3の可能性をより残そうとした判断は間違っていなかったと思う。
仮に1を狙ったとしても空中戦で分が悪い今日の甲府ではゴール前にべた引きする方が失点する確率は高くなるだろう。
結果的に最後まで持たなかったが、カウンターで相手に脅威を与えるほうが抑止力になって守備の負担軽減にもなる。

ただ、空中戦に強いタイプの畑尾は先発から使うべきだったのでは?とは思う。






【2017 J1 第25節:清水戦】またも直接対決を落とす

 
前節の川崎戦ほど守備に負われる時間は少なかったが速い攻めを軸に試合を展開したのは良かった
ドゥドゥは昨年のような力強さを取り戻しつつあり、初先発のリンスも随所にキレをみせてくれた
この2人の縦の推進力、機動力を生かした直線的な攻撃で前半から、清水ゴールに迫った
結果として得点を奪えず、大事な試合を落としてしまったが甲府としては
ああいった攻撃の方がチャンスが増えるのは間違いない

課題があげるとすればやはり、サイドからの展開
前半特に右サイドの橋爪がフリーでクロスをあげる場面が何回かあったがなかなか決定的なラストパスにならない
やはり、クロスに飛び込むのは2トップや田中なので空中戦で勝負するのは分が悪い
グラウンダーのボールを点であわせるのは難しいがボールを上げてしまうと十中八九クリアされてしまうので
どういったボールをいれるか、そこの判断と精度はもっと突き詰めないと得点力は一向にあがらない


また中盤や3バックの攻撃参加も課題
今日に関してはリマが不在で左サイドは阿部翔平に任せる形となったのは厳しかったが
右のCBに入った新井は何回かドリブルで運んでアクセントになっていた
3バックや中盤で相手を剥がせれば少しでも相手の陣形を崩れてズレをつくりやすくなるし
奪った勢いでボールを運んでラストパスを出せればカウンターにもよりつながる
攻撃面での貢献度が少ない小椋の位置に入れるのも面白そうだが
以前のように新井を3バックの真ん中に置くのは再考の余地あり


あと、少ない時間ではあったが途中から入った山本のアンカーは
セカンドボールの回収もビルドアップの配給も効いていて、良かった
先発でつかうリスクは高いが大黒柱の存在はシーズン終盤に入っていくこれからより重要になると思うので
時間限定になるかもしれないが山本のアンカーは1つの選択になっても良さそうだ


失点に関しては隙があったとはあまり思わないし、頭痛がってる選手がヒールでスルーパス出すとは誰も思えない
運が悪かったというかあれを決めきった清水の選手が素晴らしかった




【2017 J1 第24節:川崎戦】原点

 
勝ち点3取りそこなったものの、前節の不甲斐ない試合からよく立て直したし
甲府の原点を思い出させるような試合だったと思う

昨季とは別人だったドゥドゥが今日は水を得た魚のように躍動したのも
カウンターに徹することで本来の持ち味が発揮しやすい状況がつくれた。
リンスも結果を残したことで、完全にチームに溶け込んだだろうし
今日外れたウイルソンもこういう展開の方が良さが出るはず。

2点取れた以上にチャンスも多かったし、攻撃面で自信がつかめる内容だったのは非常に収穫。




ただ、サッカーは相手があることなので必ずしも毎回こういう試合が出来るとは限らない。
特に川崎は縦のくさびのパスが多い分、こちらもインターセプトしやすく、奪った勢いでカウンターに行きやすい展開だったし
攻→守の切り替えも甘いので中盤や堀米のところでボールを失わずに最前線のドゥドゥまで容易に運べることが出来た。


それでも格上との対戦を苦にしないというより、やることがはっきりする分、下手したらやりやすいと言えるのは甲府の強み。

もちろん、結果が伴わなければ意味がない時期には来てるが
今日のようにこれからも十分勝ち点を積み上げられるチャンスはあると思うので
そこでしっかり勝ちきれるよう、今日の反省も踏まえて、しっかり詰めていきたい。






【2017 J1 第23節:広島戦】ただの1敗にならず

 
残留争いの直接対決。
ハッパをかけなくとも自然とモチベーションの高いゲームにならなきゃおかしい試合。
それなのに前半から運動量はないわ、玉際も甘いわ、シンプルなミスも多いわ、仕掛けの意識もないわで
もうテレビを観ながらがっくりしっぱなし。

監督から激が飛ばされてたけどまあ、とにかく受身に入りすぎててボールへのプレッシャーも弱い。
新井がDFラインをあげようとしても相手の青山ら、パスの出どころがフリーなのでDFラインをあげたくともあげれない。
DFライン上げれない状態であれば相手にはパトリックがいるのでより、高さで勝負されるし
一発でやられなくともこぼれ球を拾われてミドルを狙われる。



では、攻撃でいいところがあったと言うと全くなく、ボールはそこそこ握っても
広島守備ブロックの外をいったりきたり、縦パスをいれてもパスがずれて通らない。
あれではカウンターやロングボールに徹底したほうがまだマシに思う。
島川から大きなサイドチェンジがあっても、そこからのクロスで点が取れるような得点パターンがないので
結局、バックパスでやり直してる間にどこかでミスが出てまた守備に戻る。

前半から耐える展開で後半ジリ貧になるのは明らかだった。




ただ、後半から入ったリンスがボール受けたり、アタッキングサードで仕掛けたり、クロスに飛び込んだりで
少しは得点のにおいを感じるような攻撃になったがカウンターから先に失点。

堀米や最後は熊谷も投入したが結局、決定機はほとんどつくれず。
途中から入ったリンスと堀米が積極的にボールに関わってはいたがどうやって崩すかがチームとして見えず
ギアをあげるといっても前半から劣勢だった試合展開では体力的にも限界がある。


時期的に厳しいのは分かるが今日のような淡白なゲームをみせられたら
もっとシンプルにボールを動かして泥臭く身体を張りながらやってくれた方がまだ納得感がある。


少しはポゼッションして体力を温存しながら・・・・・
なんていう考えもあるのかもしれないが、ボールをもらう動きがないのでどんどん相手のプレスに追い込まれて
ミスが多くなり、集中力もなくなって、試合のリズムも悪くなって、失点する。
そういうゲーム展開になるほうがもっとエネルギーが必要になるのではないだろうか。