スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2017 J1 第34節:仙台戦】降格

 
いつも以上に気合が入っていた(入りすぎていた?)ことや、アンカーに新井が入ったことで
中盤でのボール奪取からカウンターにつながるシーンが前半から多かった。

ただ、今日の試合内容こそが今季の象徴みたいで
相手が格上でも十分やれているけど、どうやって点取るのかという部分で全然確立できていない。
さらにシーズン序盤、中盤は攻守においてセットプレーでの弱さも目立ち
adタイムでの失点も多く、勝ち点を取りこぼしすぎた。


とはいえ、相手との力関係やリーグ内での立ち位置には
今後もソフトバンクがスポンサーになるなど夢のようなことが起きない限り、
守備的にやらざるを得ないこと変わらないので基本的な方向性は間違っていない。

攻撃が課題なのは疑いようのない事実ではあるがJ2に落ちたからといって攻撃的にやっても
それがJ1で同じことが出来るとも思えない。
吉田監督の続投も決まっているし、そこまで抜本的な改革も必要とも思わない。
(そもそもレベルがあがった今のJ2で甲府がどのようなポジションに位置してるのかも分からない)

それでも、この数年甲府を支えたベテラン勢が軒並み先発から外れるなど
世代交代という面ではかなり進んだシーズンになったし、成長が見える選手もここ近年の中では多かった。
そこの手腕は率直に評価したい。
また、来年、再来年と徐々に甲府ユース出身や山梨にゆかりのある選手が増えていくことは確実な状況なので
そういった選手をJ2で鍛えられるということはポジティブに考えたい。


あとは外国人。
ドゥドゥは手術の影響でコンディション不良が長かったが
リンスとリマの存在は絶大で代えがきかない。

育成やチームの熟成を図りながら結果を出すには外国人の力は不可欠。
そこはJ2でも同じだと思うので全力で慰留に努めてもらいたい。




スポンサーサイト

【2017 J1 第32節:新潟戦】OGが最後まで重くのしかかる

序盤は甲府の方がサイドを起点にして良いリズムをつくってましたが
OGの失点後、新潟のハイプレスが強くなり、試合展開も一気に悪くなった。
後半、投入された橋爪の積極的な持ち出しからクロスをいれ、チャンスをつくったが最後まで中と合わず。
最後は相手も引いてスペースがない状況でリンスやドゥドゥも自由にさせてもらえず、打つ手なし。

今に始まったことではないがこういう、こちらからアクションして相手を動かさなきゃいけない状況になると
ゲームを組み立てる術もないし、かといって前からプレスをかけれるわけでもない。
結局、チームとしてどうしたらいいのか迷いが生じ、機能しなくなる。

一朝一夕でどうにかなる問題ではないがせめてあのような展開になったら
小椋や田中あたりのポジションに中盤で主体的にボールを持てる堀米を起用するなり
リスク覚悟で何かしらの変化は欲しかった。




【2017 J1 第31節:神戸戦】どしゃ降り


劣悪なピッチコンディションの割にはドゥドゥの代わりに起用された黒木や両ワイドの大卒ルーキーが
随所に好プレーみせ、内容的にはポジティブな面も多かった。
しかし、結果は無常にも逆転負け。

ほとんどの時間、マイクを試合から消し去っていてもボックス内であのような勝負をされてしまうと防ぐ手段はない。
ただ、マイクが空中戦であのような勝負が出来たのはあの2回だけ。
チームとしてやれることはやっていたと思うがそれを両方決めた勝負強さ、そこの部分で相手が上回った。

たらればを言っても仕方がないが奇しくも今節出場停止だったポドルスキーの方が
まだ甲府としてはやりやすかっただろう。


あと、言及せずにはいられないのは新井のミスからによる失点。
他の選手はわりかしこの雨のピッチに上手く対応していたが一番ミスしちゃいけない
ポジションの選手が対応できていなかった。
得点を取った直後で時間帯も最悪。

ただ、新井はあのような判断ミスからピンチを招く場面は他の試合でも多々見られていたので
それを踏まえた起用をしている監督の責任でもある。

残り試合を考えると変えることにリスクはあるが
空中戦の弱さも含めて考慮するともう少し畑尾が重用されてもいいはずだ。

【2017 J1 第30節:C大阪戦】明らかな弱み


いくら、堅い守備組織を構築できていても
こうも簡単にセットプレーから失点しては全く意味がない。

開幕からずっとこの問題は顕在化していたのに一向に改善する気配がない。
失点以外のFKでもオフサイドをとろうとして失敗し、フリーで合わされる場面もあり
流れの中ではみれる集中力や粘りがセットプレーでは垣間見れない。

一点の重みがこれから、ますます大事になってくる、この時期に到底見過すことができない課題。



収穫は高野のワイド、阿部翔平の中盤。
特に高野は突破力、鋭いクロスで見せ場をつくっていたし、阿部翔平の中盤もビルドアップでよく効いていた。
ただ、今日の天候を考えたらある程度、長いボールをDFラインの裏に蹴ってFWを走らせるほうが
処理しにくいピッチコンディションで相手も嫌だったと思うので戦い方としてはもったいなかった。

【2017 J1 第29節:F東京戦】3連勝ならず


結果もそうですが何か緊張感のないゲームで残念でした。

数的優位が優位にならないのは甲府として今に始まったことではないが
後半立ち上がりからリンスを1列落として受身に入りすぎたことが今日のポイントだった。

まず、守備に関しては前のフィルターがかからなくなって起点になる高萩への警戒が薄くなり
中盤の4枚もどこからプレスをかけていいか迷ってるようだった。
(審判のジャッジがかなり笛吹く傾向だったのでセットプレーが多かったというのもあるが)
失点もあったことを考えると明らかにリズムが悪くなった。

攻撃に関しても前半は確かに2トップ含めてあまり良い攻撃が出来ていたとはいえないが
相手が4バックになったので2トップのままにしとけばカウンターの時に1対1の状況になりやすい状況だった。
数的優位になっても大してポゼッションはあがらないし、チャンス作ってるのはだいたいカウンターや
ドゥドゥ、リンスの突破からなので前線に1人しかいない状況はかえって攻撃の選択肢を狭めた。

吉田監督の中での狙いはあったと思われるが攻守ともにプラスになったとは言い難く
どうしてもあの変更には腑が落ちない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。