【2013戦力分析】ヴァンフォーレ甲府

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

最後は我が愛するヴァンフォーレ甲府です。


ヴァンフォレー甲府

・補強
IN
GK:河田晃兵、岡西祐
DF:青山直晃、土屋征夫、本多勇喜
MF:羽生直剛、水野晃樹、金子昌広、新井涼平
FW:平本一樹、ウーゴ、レニー 、河本明人、橋爪勇樹

OUT
GK:木下正貴
DF:富田大介
MF:永里源気、畑田真輝、フェルナンジーニョ
FW:ダヴィ、レナト、高崎寛之、片桐淳至、青木考太 、藤牧祥吾、重松健太郎

チーム事情もあってダヴィやフェルナンジーニョを筆頭に大きな入れ替わりがあった。
特に前線は羽生や水野といったJ1で実績のある選手を獲得したとはいえ、ほとんど総入れ替えの状態。
逆に守備はこれまでのベースに土屋、青山、新井とさらに戦力を上澄みさせた。


・予想フォーメーション
kofu-formation2013.jpg       

最終ライン
両SBは佐々木と福田だが控えは本職がおらず、コンバートやユーティリティのある選手で補う。
CBは昨年の盛田、津田、ドウグラスに加えて青山、土屋と実力者が加入したことでレギュラー争いは相当厳しい。
誰が出てもおかしくはなく、連携や二人の相性などでメンバー選定が行われそう。


中盤
ボランチは山本と井澤がレギュラー争いを一歩リードしている。
控えには期待の大型ボランチ、新井と百戦錬磨の伊東が控える。
2列目は柏、羽生、水野が濃厚だが新卒の河本、金子、橋爪や若手の堀米らがキャンプで猛アピールをしており
前者の3人の状態によっては序盤から出場機会が掴んでもおかしくはない。
FWの平本も左サイドで起用は可能。

前線
新外国人のウーゴが一番手の候補。
フィジカルを活かしたポズトプレーが特徴で守備もしっかりこなす。
控えには平本やタイプは異なるが1トップでも起用可能な金子や河本もいる。

昨年はダヴィというストライカーから逆算してチームを作り上げたが今年はそのFWを失い
新たにチームを作り上げることになった。
ただ、城福監督の理想としたサッカーに昨年より近づくのは間違いなく、前線の選手の特徴もより活きるだろう。
守備の部分は昨年からの継続があり、J2との違いがあるとはいえ、一定の計算が出来る。
CBのスピード不足はあるが前線と中盤の組織的なプレスとGK荻の守備範囲の広さでカバーする。
(昨年は被スルーパスがJ2で最小)
ダヴィが抜けたことによって周囲の評価は低いがそれをモチベーションに変えてしまうのが城福監督である。
とはいえ、当面の目標は残留であることは言うまでもない。


・注目選手
柏好文
地元出身のアタッカーで今季から副キャプテンを担う。オフには名古屋から獲得の話も合った。
スタミナはチームトップであらゆる局面に顔をだし、自慢のドリブルでチャンスをつくる。
守備への意識も高く、インターセプトからカウンターの起点にもなる。
課題はクロスの精度と得点力。

河本明人
新人ながら3年契約とフロントからの期待も厚い。
キャンプでは7戦で7得点と高い決定力を見せつけた。
スピードにのったドリブルも持ち味で、攻撃で違いを作れる選手。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


【2013戦力分析】浦和レッズ・ベガルタ仙台・サンフレッチェ広島

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

8回目の今日はACL制覇を期待する3クラブです。


【浦和レッズ】

・補強
IN
DF:永田拓也、森脇良太、那須大亮
MF:関口訓充
FW:興梠慎三、阪野豊史

OUT
DF:濱田
FW:田中達也、ポポ

動きは少なめだったが的確な補強で選手層に厚みを増した。
森脇は言わずもがな関口、那須も十分に計算できるだろう。
興梠の1トップはやや時間がかかる可能性も考えられる・・・。
レッズ程の資金力があればもっと豪華な補強が出来たであろうが
戦力を整えつつ、戦術の浸透に重きを置いているような印象。


・予想フォーメーション
urawa-formation.jpg       

3バック
森脇が加入して、坪井は控えにまわった。
那須も加わり、最終ラインの戦力は申し分ない。

中盤
両WBに関口が加わり、こちらも選手層が厚くなった。
ボランチがやや心もとないような気はする。
両WBや両CBの上がりを助けるためにここのポジションは重要なはずだが・・・。

前線

興梠が1トップ候補だが1トップ自体が初めてという事で時間がかかる可能性はある。
そうなった場合は原口がレギュラー候補だが阪野も期待のルーキーで大抜擢もあるかも。
シャドーは柏木とマルシオでほぼ固定、若手の矢島や山田直の突き上げはあるか?

補強によって選手層が厚くなり、今年はACLとリーグ両方狙える戦力を整えた。
昨年からの課題である得点力に不安がないわけではなく、爆発力という意味では他のチームと比べると劣る。
十分タイトルを狙えるチームだがそこのところがどう出るか・・・・。


・注目選手
森脇良太
柏木や槙野らのように元広島で、ミシャの指導を受けてきたので性格を含めてもすぐにフィットするのは間違いない。
組み立てや攻撃が苦手な坪井の所に入るため、守備の選手だが攻撃において大きくプラスに働くはず。
ただ、逆サイドの槙野との特徴を考えると守備のバランスを崩す可能性あり、周りの選手含めて
そこをどうケアするのかは注目。

阿部勇樹
上記のとおり、槙野と森脇が同時に上がる可能性も容易に想像できボランチへの負担がより重くなる。
たくさんの重要なタスクを担い、チームの心臓部でもあるこのポジションは間違いなく今年のカギを握るはず。
鈴木啓太とあわせて、注目して観ていきたい。




ベガルタ仙台
・補強
IN
GK:関憲太郎
DF:和田拓也、石川直樹、蜂須賀孝治、島川俊朗
MF:ジオゴ、佐々木勇人、ヘベルチ


OUT
GK:阿部陽輔
DF:内山俊彦(引退)、原田圭輔、朴柱成
MF:関口訓充
FW:サッコーニ

主力での退団は関口と朴。
サイドは梁と太田が健在でヘベルチや佐々木も獲得し、戦力UPに成功した。
SBは和田を獲得したが朴のような働きが出来るかはやや疑問。


・予想フォーメーション
sendai-formation.jpg          

最終ライン
開幕を前に怪我人が重なっており、石川や和田ら新戦力のチャンスがいきなりまわってきそう。

中盤
レギュラー陣は昨年から変更なし。
ヘベルチや佐々木らの新戦力がOPになりうる存在で攻撃のバリエーションを増やしていきたい。

前線
メインは赤嶺とウィルソンでターンオーバーに中原と武藤を起用すると思われる。
ACLでは3トップの模索もありそう。

着実に順位を上げてきて今年はいよいよACLに初出場。
決して大きな戦力を保有しているわけではないので厳しい戦いが予想されるがハードワークを軸にしたサッカーが
ACLで通用するかは注目したい。
その他、今季はとポゼッションの向上と攻撃のバリエーションをテーマに上げているよう。



・注目選手
ウィルソン
昨年の今頃は高い評価を得ているわけではなかったが気が付けばチームにフィットするどころか
ベスト11に選出されるまでの活躍した。
全てにおいて能力の高く、日本サッカーへの適応含めて典型的なブラジル人選手とは異なる。
2年目の今年はマークが厳しくなると思われるが背番号18点を目標に掲げている。

石川直樹
上本が長期離脱していることを考えると序盤からの活躍が期待される。
ビルドアップに定評があり、しかもこれまでいなかった左利きのCB。
SBもこなせるようで仙台の最終ラインにとって貴重な戦力になりそう。




【サンフエッチェ広島】
・補強
IN
GK:関憲太郎
DF:パク・ヒョンジン
MF:岡本知剛、野津田岳人、キム・ジョンソク
FW:浅野拓磨

OUT
DF:森脇良太、西岡大輝、横竹翔
FW:大崎淳矢、平繁龍一

必要最小限の補強にとどまった印象でACLとJの併用には懸念が残る。
岡本は昨季鳥栖で主力を務め、ある程度計算できるがその他は未知数が多い。
若手を育てて補っていく方針だがすぐには難しいだろう

・予想フォーメーション
hiroshima-formation.jpg          

3バック
森脇の穴はファンソッコが埋めると思われるが怪我が多く、その場合は塩谷がカバーする。
複数怪我人が重なった場合ば昨年のように森崎和を下げるか。

中盤
ボランチは青山、森崎和を中心に岡本を起用しながらまわしていきたい。
WBに関しては左は清水、山岸。右はミキッチ石川大が控えており消耗の激しいポジションだが問題はあまりなさそう。

前線
寿人、高萩、森崎浩にどこでも起用できる石川直をいれた4人が主力になる。
ただ、3つのポジションを4人で回すのは厳しく、期待の野津田らの若手の台頭も期待したい。

選手の流出が少ないとはいえ計算できる選手の補強がほとんどない状態でACLとリーグをどう
マネジメントしていくのかは個人的に非常に気になる。
良い意味でも悪い意味でも昨季からの変化はなく、安定した戦いが出来そうだが王者ゆえのプレッシャーに絶えられるか。

・注目選手
高萩洋次郎
間違いなく佐藤寿人は厳しいマークに合うはずで、シャドーの二人がどれだけ得点にも絡めるかは
今年重要なテーマになりそう。その中で今季10番を背負う高萩には、さらなる飛躍が期待される。

青山敏弘
精度の高い長短のパスは圧巻。
代表に選ばれても全く不思議ではない。
今年は広島の攻撃のスイッチを消そうと相手チームのプレッシャーがより厳しくなると予想される。
その中で昨年以上の活躍が出来ればそれも実現するだろう。



ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

【2013戦力分析】サガン鳥栖・横浜F・マリノス

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

7回目の今日は間違いなく水沼さんが応援しているだろうクラブですw


サガン鳥栖

・補強
IN
DF:金正也、金井貢史、岸田翔平、坂井達弥
MF:ジョナサン、末吉隼也、清武巧輝
FW:ディエゴ、ロニ、平秀斗、

OUT
DF:黒木恭平、 キム・クナン、守田創
MF:岡本知剛、犬塚友輔、黒木晃平
FW:トジン

豊田や藤田が残留したのが最大の補強と言っても過言ではない。
主力で抜けたのはキム・クナンと岡本。
CBにはG大阪から金正也、ボランチには末吉を獲得。
金の方はまだ経験が少ないので未知数だが末吉は福岡で実績を積んでいるので計算できる。
その他、助っ人外国人としてジョナサン、ディエゴ、ロニを補強。



・予想フォーメーション
tosu-formation.jpg      

最終ライン
クナンの穴は少なくなく、新加入の金正也やベテランの小林で埋めるしかない。
金井をどのポジションで起用するかは分からないがCB、SBどのポジジョンでも起用できるのは大きい。

中盤
岡本のポジションには高橋が濃厚だが末吉やジョナサンらも控えている。
両サイドは不動だが野田も十分力のある選手。
新卒の清武にも十分期待したい。


前線
ロニやディエゴが未知数であるが豊田が外れることはまずない。


昨年は魂のハードワーク(解説の水沼氏より)で昇格チームながら5位の大躍進。
今年は各チームのマークや研究にあうことが予想され、厳しいシーズンになるはず。
資金的に余裕のあるクラブではないので昨季のベースを継続するだろうがそれがどう転ぶか。
変に変える必要はないが勝てなくなった時や悪い状態になったときの対応が今年の焦点になりそう。


・注目選手
豊田陽平
昨季は得点ランキング2位。
フィジカルを活かしたポズトワークから前線のプレスと貢献度は絶大。
厳しいマークも予想されるが2年連続結果を残せば代表への道も開ける。

藤田直之
正確なキックで攻撃をつかさどる鳥栖の司令塔。
ロングスローも鳥栖の大きな武器でスローイングからたくさんの決定機をつくる。
鳥栖のキャプテンでもあり、チームの中心的支柱。





【横F・マリノス
・補強
IN
DF:ジョン・ドンホ、ファビオ、田代真一、奈良輪雄太
MF:喜田拓也、佐藤優平
FW:端戸仁、藤田祥史

OUT
DF:青山直晃、金井貢史、那須大亮
MF:谷口博之、狩野健太、森谷賢太郎、松本翔、松本怜
FW:大黒将志、小野裕二

計算できるバックアッパーと貴重な若手をことごとく放出した。
レンタルもいるがほとんどは完全移籍での流出。
逆に入ってきたのはJ2やJFLからの加入と新卒組。
ベテランが多いチームだけに怪我人が出た場合は厳しくなるか。


・予想フォーメーション
Fmarinosu-formation.jpg         

最終ライン
レギュラーは不動だがバックアッパーはかなり未知数。
ナビスコなどで起用しながら経験値をはやくあげたい。

中盤
ボランチは富澤、中町、小椋と層が厚い、アンドリューも期待の若手で楽しみな選手。
大卒の佐藤も評価の高い選手ということを耳にしている。
2列目は兵藤、俊輔、齋藤が濃厚だが代役になれそうな選手が端戸以外いない。


前線
マルキーニョスと藤田で回していくことになるだろう。
2列目の層が薄そうなので2トップで端戸や齋藤と組ませる考えも良いかもしれない。

主力に長期離脱がなければ安定した守備と俊輔やマルキーニョスなどのタレント力で
上位を狙えそうだがやはり怖いのは主力の離脱。
特に攻撃で良いアクセントであった小野が抜けたのは非常に大きい。
財政難も深刻であり、夏も大きな補強を望めないのが余計に厳しいシーズンとなるものを予感させる。


・注目選手
富澤清太郎
加入1年目ながらボランチに定着し、クラブになくてはならない選手まで評価をあげた。
ボランチが本職になるが緊急事態はCBでも起用され、今年もその可能性はある。
30歳を超えてベテランの域だが今後も成長が楽しみな選手。

端戸仁
レンタル先の北九州で経験を積み、帰ってきた選手。
左足からのシュートだけではなく、ボールキープやチャンスメイクも出来る。
まずは控えからのスタートが予想されるがチーム事情ゆえ、十分出場の機会はある。
「小野が抜けても端戸がいた」と言わせるようなシーズンとなることを期待したい。

ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

【2013戦力分析】名古屋グランパス・柏レイソル

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

6回目の今日は3年前と2年前の優勝チームでありながら好対照な2クラブです。


【名古屋グランパス】

・補強
IN
DF:牟田雄祐、ハーフナー・ニッキ、本多勇喜
MF:ヤキモフスキー、望月嶺臣
FW:矢野貴章、チアゴ ペレイラ

OUT
DF:三都主アレサンドロ
MF:吉村圭司
FW:永井謙佑、金崎夢生、吉田眞紀人、巻佑樹(引退)

まず補強に関して述べなければいけないのは金崎と永井の退団。
どちらも名古屋の攻撃において武器になっていた選手、矢野を獲得したがこの放出の穴は大きい。
守備に関しては即戦力の牟田が取れたことは良かったが全体として名古屋の補強としては寂しい。


・予想フォーメーション
nagoya-formation.jpg     

最終ライン
闘利王が1トップで起用される可能性はあるがダニエル、増川、牟田の4人で回していくことになるだろう。
牟田の使える計算が立てば3バックの模索もあるかも
SBは昨季と不動で田中隼磨、阿部、石櫃を中心になるか

中盤
田口が一本立ちしたので、磯村が怪我から復帰すれば藤本をサイドに回したい。
ダニルソンが怪我がちなのは気になる点だが・・・

前線
ケネディの状態が芳しくなく、選手層も薄くなった今シーズンは若手の頭角が欲しいところ。
ヤキモフスキーがある程度計算できる選手ではないと苦しくなりそう。


ベテラン選手の怪我が多く、ピクシー体制もマンネリ感と閉塞感が出てきている。
闘利王の個でなんとかごまかしてきたが戦術的にも新たな進化が欲しい。
世代交代もそろそろ必要な時期で場合によっては問題をいろいろ抱えそうな1年になりそう。
良い意味で若手が期待を裏切ってくれればと思うが一番重要なのはピクシーの采配だろう。
結果も大事だが魔法が解けてしまわないうちに新たなチームへと生まれ変われるかの方が大事な1年になると思われる。

・注目選手
藤本淳吾
名古屋に加入し3年目になるが清水時代よりゲームメイクでの役割が多くなり、本来のサイドでのポジション
ではなかなか起用されていないのが残念だが、名古屋の攻撃をつかさどる選手で心臓部。
この選手が怪我すると本格的にやばくなるかも・・・。

闘利王
良くも悪くも闘利王で勝ち点をもぎとれるのは名古屋の最大の強み。
今年の残留は決まったが来年移籍してもおかしくはないほど心が揺れているのは確か。
もしかしたら今年最後のJの舞台になるかもしれない・・・・



【柏レイソル】
・補強
IN
GK:中村航輔
DF:キム・チャンス、鈴木大輔
MF:太田徹郎、谷口博之、狩野健太、中川寛斗、小林祐介、秋野央樹
FW:クレオ、木村裕

OUT
GK:川浪吾郎
DF:福井諒司、クォン・ハンジン、那須大亮
MF:安英学、水野晃樹、中川寛斗
FW:ネット・イアーノ

那須の移籍は痛かったかもしれないが戦力を整理しつつ、大型補強に成功。
欧州でも実績のあるクレオや韓国代表のキム・チャンスの外国人から谷口、狩野、鈴木と日本人も実績のある選手を確保。
バランスを保ちながら戦力値は大幅に上がると予想できる。
懸念は3バックにした場合のCBの層の薄さ。
ACLなど期間限定であれば良いのだが・・・・


・予想フォーメーション
kashiwa-formation2.jpg        
正直、なんで3バックなのかは不明。
ちばぎん、ゼロックスでこの布陣を採用してるので一応こちらで書く。
ACLなどでのOPの可能性もあり、通常であれば昨年までの4-4-2(4-2-3-1)だろう。
OPとはいえ、こんな短期間でものに出来るわけがない。

最終ライン
鈴木を加えたものの3バックでは層が薄すぎる。
どの選手も3バックはあまり経験しておらず、未知数が多い。

中盤
谷口、狩野を加え、中央は質、量ともに高い。
サイドも強力な選手を揃え、控えもまずまず計算できる。

前線
1トップはクレオ中心に工藤や田中順らでフォローすれば回せるだろう。
2シャドーも澤や狩野と計算できる選手が控えにいるので問題はなさそう。

これまでのシステムを変えることによって序盤戦の戦いに大きな影響を与えそう。
ACLの負担もあり、ここで躓けば優勝争いから脱落する可能性はある。
コンディションが上がっていないのもあり、チームとしてまだまだ仕上がっていない印象だが戦力はJ1で1,2を争う陣容。
十分、複数のタイトルを狙える。


・注目選手
クレオ
昨季は広州恒大に在籍し、ACLでは柏と対戦している。
中国と日本のサッカーは違うが文化の違いや環境面への適応は問題ないだろう。
ヨーロッパCLやELでの実績も豊富で来日1年目でいきなり得点王をとってもおかしくはない。

茨田陽生
昨季完全に独り立ちし、年間通してコンスタントにプレーできるようになった。
高いテクニックとサッカーセンスを持ち合わせており、今後の更なる成長が期待される。
3列目だが得点も今後は積極的に狙っていくべきだろう。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

【2013戦力分析】清水エスパルス・川崎フロンターレ

今年も各チームの布陣を確認する意味でも戦力分析やっていきまーす。
個人的な見解ですので是々非々あると思いますがご了承ください。

5回目の今日は飛躍と同時に一歩間違えば低迷をあると予想されるクラブです。


【清水エスパルス】

・補強
IN
GK:高原寿康
DF:廣井友信、岡根直哉、三浦弦太、
MF:高木純平、竹内涼、橘章斗、イ・ミンス、藤田息吹、六平光成
FW:樋口寛規、バレー、加賀美翔、瀬沼優司

OUT
GK:山本海人、碓井 健平
DF:三吉聖王、
MF:小林大悟、姜成浩
FW:金賢聖、高原直泰、大前元紀

例年に比べると抜ける方はまだましだが入ってくる方は多い。
補強の目玉はなんと言ってもバレー。
昨年課題だった1トップの候補として期待がかかるがチームの戦術に落とし込めるかどうかは
これまでのバレーのプレースタイルを考えるとやや疑問。
その他、レンタルバック組や六平や瀬沼ら新卒組が昨年の河井や八反田のようにレギュラー争いに
加われるか注目。


・予想フォーメーション
shimizu-formation.jpg    

最終ライン
最終ラインは昨年から不動。
GKは林に一本化したようだ。

中盤
3センターかボランチ2枚かはまだわからないが真ん中のポジションは選手層が厚い。
河井をサイドで固定しても全く問題なさそう。

前線
大前の抜けた穴は大きいが将来性のある石毛と白崎の成長を見越して大きな穴埋めはない。
バレーにも期待したいが瀬沼や伊藤翔らの活躍もないと厳しそうだ。


サイド攻撃は確実にこのチームの武器であるが最後のフィニシャーや中央からの攻撃に課題を残す。
得点力はあるがポストプレイヤーではないバレーが上記の課題を克服できる存在になるかで
今年のシーズンの行方を左右しそう。
ただ、楽しみな若手が多いだけに成長しだいでは上位進出も十分考えられる。



・注目選手
バレー
5年ぶりのJ復帰となるが年齢はまだ31歳。
中東ではしっかり結果を出しておりまだまだ、スピードや得点力が衰えてなさそう。
通訳は甲府から親友でもあるジュリオを引き抜くなどクラブもしっかりサポートをしている。

石毛秀樹
大前の穴を埋める期待が注がれている。
高いテクニックと戦術眼をもっており本職ではないポジションでもすぐに適応する。
守備の部分はまだ課題は大きいため、攻撃的なポジションで1年固定させて個人的には思う。
その為にはゴールへ直結するプレーが求められる。



【川崎フロンターレ】
・補強
IN
GK:新井章太
DF:中澤聡太、薗田淳
MF:森谷賢太郎、山本真希
FW:大久保嘉人、パトリック、棗佑喜、安柄俊

OUT
GK:安藤駿介
DF:森下俊、
MF:楠神順平、杉浦恭平、山瀬功治、レネサントス
FW:黒津勝、小松 塁

補強は前目の選手の入れ替わりが大きかった印象。
特に楠神は攻撃の中心になっていただけに代償は大きいと思われる。
ただ、補強は元日本代表の大久保や評価の高いパトリックなど期待を抱かせるものになった。


・予想フォーメーション
kawasaki-formation.jpg      

最終ライン
小宮山が離脱している左SBとCBジェシの相方は熾烈なレギュラー争いがありそう。
3バックの可能性もあるか。

中盤
筑波大学の教え子である森谷が加入したがやや選手層は薄い感じがする。
憲剛が中心であるのは間違いないがそれ以外は流動的。

前線
1トップはパトリック、矢島、小林・・・・など選手層は厚い。
サイドはレナトと大久保に代わる選手の台頭が期待される。


風間監督にとって今年はキャンプから指揮できるのは大きな強みだろう。
戦術的には非常に特徴的で興味がわくが理想とするサッカーを追求するばかりに出る
マイナス面も大きいのが現状でもある。
理想を貫いて結果で黙らせるか、ファンの姿勢が批判に変わるか両局面どちらも可能性がありそう。


・注目選手
レナト
昨年の後半からそのポテンシャルを見せつけ、川崎の勝利に貢献した。
2年目のジンクスも考えられるが日本サッカーへの慣れや川崎のスタイルに適応によって更なる活躍が見込める。

森谷賢太郎
横浜Mではなかなか出場機会がなかったが筑波時代の恩師でもある風間監督の下へ完全移籍。
戦術だけではなく高い技術を持ち合わせているので風間監督の考えを体現できる選手。
ブレイクが期待される。


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ