【J2第22節:岐阜戦プレビュー】4人のアタッカーを操る指揮者は誰だ?

 松潤のようなプレビューは書けませんが僕もヴァンフォーレ甲府を盛り上げるために頑張って書きます^^


【7月の日程の確認】
明日から7月に入り、本格的に暑い季節となります。
後半戦にも入るということもあり、3月の試合を思い出して再度ここで開幕ダッシュしたいところです。

kofucalendar2012-07.jpg

明日の岐阜戦含め最初の3試合は町田、松本と下位が相手となります。
目の前の試合に注力しなければいけないことは分かってますがその後に控える千葉・東京Vは無視できません。

特にダヴィはイエロー6枚、高崎は3枚と累積警告の出場停止が危ない状況です。
その他、代えの利かない福田も21試合で2枚は非常に少ないですが十分気をつけていきたいところ。

やむを得ないファールなら仕方ないですが、審判への抗議や遅延での警告はあってはならない。
そういうところからも大人のサッカーを今後していかなければこの大混戦のJ2を勝ち抜くことは出来ない。



【岐阜戦スタメン予想】
kofu-gifu.jpg
スタメン予想は4-2-3-1と4-1-4-1で分かれていますが信用性の高いサンニチのスタメン予想が上記です。

ダヴィの1トップは前回と変わりませんが柏のトップ下は今までで初の試みです。
(ポジションが固定されるとは思いませんが・・・)
左サイドには久しぶりの先発の永里、右サイドはここ最近調子のよい堀米が予想されていてボランチより
後ろの変更はなさそうです。

ダヴィを含めると前線に4人のアタッカーが並ぶこの布陣。
なぜ柏をトップ下の位置に入れるかは明日の試合を観てみないと分かりませんが僕の予想では
前から積極的にプレスをかけたいという意図があるように思われます。
柏の長所は縦に抜けるドリブルですがそれど同様にあるのが守備の切り替えとファーストプレスの速さです。

これまで守備の部分で何度もインターセプトをするところを見てきました。

その良さを相手のボランチに対してぶつけて
高い位置でのボール奪取→4枚のアタッカーで早い攻撃
という狙いがあるのかなと思います。
どうしても甲府の焦点は攻撃の部分に目が行きがちになりますので「良い攻撃をするには良い守備からなのだよ」と
改めて確認して欲しいですが・・・

ただ、実際のところは甲府のポゼッションが高くなる可能性が高い。
そうなると相手は守備を念頭においてプレーをすることになる。

スペースを消されればせっかく4人のアッタカーを置いても効果は半減。

そのためにはどう相手を崩すかが鍵になります。

過去、甲府には金髪の坊主頭をしたマエストロが攻撃の全権を握っていました。

ただ、現在の甲府にはそういう選手がいません。(正しくは前節までの甲府)

さらに司令塔と呼べる選手がいない上にチームとしてもそういうゲームメイクがこれまで出来ていません。

この4人のアタッカーを活かすも殺すもどれだけ良いボールを供給できるか・・・


前半戦を終えて・・・でも書きましたが
チームとしてのビルドアップ、ゲームメイクが鍵になると思われます。


とはいえ、個人で打開しちゃって「あ~良かった、良かった」なんていうこともありますし
富山戦のように後半、相手のスタミナ切れで一気にゲームを持って行ってしまうことも考えられます。

けど、それでは意味がない。

5分5分の状況で力を出せるようなシュチュエーションを作っていかなければJ1相手はおろか千葉や東京V
にも苦杯を飲まされてしまう。

下位相手だとしたら相手の体力がフルの状態でも崩せる展開を見せて欲しい。

それがダヴィ以外の力によるものなら尚、良し!!


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ



関連記事

【toto予想:第576回】中2日という厳しい日程を乗り切るのはどこだ?(J1)

J1は水曜日にACL組の未消化試合&ナビスコカップが行われ、大半のクラブが中2日という厳しい日程です。

もうすぐ6月も終わりになり、徐々に夜でも暑い季節となってまいりました。

J2も含めここからが各クラブの目標に向かっての正念場です。(totoの予想も)


toto576.jpg 



 1 横浜Mvs名古屋 1・2
横浜Mはナビスコ神戸戦で2-3の敗戦したが控えの選手を大半起用した結果というのは踏まえなければいけない
対する名古屋はG大阪に2-2の引分、永井の好調は頼もしい限りだが、楢崎の手術が決まりこの試合は欠場が濃厚
コンディションの良さ・ホームでの利を活かして横浜Mが勝ち切るか、永井・金崎の若手コンビが名古屋を引率するか?
予想は両天秤


 2 仙台vs広島 1
仙台はナビスコ磐田戦で4-0の快勝で決勝TNを決めた、主力は軒並み出場し怪我から復帰した赤嶺もフル出場
広島はナビスコ浦和戦で0-3の大敗を喫したが主力の半分は休養している(特に中盤の選手)
コンディション的には広島の方が良さそうだが仙台はホーム2連戦で広島はアウェイ2連戦
さらに広島は仙台のアウェイで未だ勝利がない(3分1敗)というデータもある
ここは仙台有利とみている


 3 大宮vs清水 0・2
大宮はナビスコ新潟戦で3-4の敗戦、ベルデニック監督のもと守備の立て直しを図っているがなかなか結果に出てこない
清水はナビスコ鹿島戦に1-2で敗れたがナビスコでは基本若手中心、決勝TNも決まっていたので影響はないだろう
チーム状況から考えて清水優位と見てよさそうだが清水も問題がないわけじゃない(特に攻撃の部分で)
アウェイも苦手にしていることから考えると波乱はありそう
一応本命は清水だが1か0の波乱は抑えといたほうがいいと思われる


 4 磐田vsF東京 1・2
磐田はナビスコで仙台に0-4の敗戦を喫し、決勝TNも得失点差で敗れた
対するF東京も柏相手に0-1で敗れた、特に梶山、石川の不在が響いた印象だった
今節も両2名が出場できるか微妙な状況であり、F東京のほうが厳しい戦いが予想される
ただ、磐田もGKが2名(川口、八田)怪我で離脱しており代わりに出場している竹重はかなり心許ない
磐田本命ではあるがF東京も力のあるクラブなので予想は両天秤


 5 C大阪vs浦和 1・2
C大阪はナビスコで鳥栖に5-0の大勝、ブランキーニョ、ケンペスの両ブラジル人を休ませてこの結果は大きい
今節で清武が出場するの最後になるのでチームとして勝って送り出してあげたいところ
対する浦和はナビスコで広島に3-0の勝利、主力も半分以上休ませることができた
決してチーム状態が言いわけではないC大阪だが上記のようにモチベーションは高いはず
純粋な力関係で言えば浦和だとは思うがそこを考慮して予想は両天秤


 
6 川崎vs神戸 1

川崎はナビスコは休みで通常の1週間を過ごせたはず
神戸はナビスコで横浜Mに3-2で勝利、これで公式戦3連勝と西野体制になって徐々に調子は上向き
ただ、今節は大久保が出場停止で田代もいまだ怪我で離脱中
予想としては川崎よりでみているが波乱を抑えるかどうかで悩む
ドローが少ない両クラブ(川崎2分・神戸0分)だけに悩んだ結果シングルで勝負


 7 新潟vs鹿島 1・0 
新潟はナビスコ大宮戦で4-3の勝利、リーグ戦含めマルチ得点はおろか4点もとったのは久しぶりだろう
鹿島はナビスコ清水戦で2-1の勝利、主力の大半も休養できたことは大きい
予想を見てもらってわかると思うがこのカードは波乱予想の勝負どころ
魔のビックスワンを舐めたらアカンw


8 G大阪vs柏 2
G大阪は前節名古屋に2-2のドロー、2点先行されてから追いついたことは評価できるがやはり守備に問題あり
対する柏はF東京に増嶋のロスタイム弾で勝利をもぎ取った、これで6試合負けなし(5勝1分)
どちらも中2日で厳しい日程ながらもホーム2連戦のG大阪とアウェイ2連戦の柏ではG大阪の方が多少優位か
ただ、柏は昨年見せた勝負強さが戻ってきており、むしろチームの調子は柏の方が断然良いはず
したがって予想は柏


 9 栃木vs山形 1・2
今季初めての対戦で前半戦は山形が2-1で勝利した
両者共前節勝利しておりチームの状態は悪くないだろう
昇格争いに加わるため、あるいはそこから抜け出すため両クラブともモチベーションは高くかなりの好ゲームになりそう
予想も1・2の両天秤


10 福岡vs愛媛 1・0
前節東京Vに勝利した愛媛だが大雨の影響が多分にあった
対戦相手の福岡は3試合連続ドロー中でいまいち波に乗れてこない
力関係で言えば福岡優位だと思われるがドローは十分ありそう(というかドローが本命)


11 鳥栖vs札幌 1
鳥栖はナビスコで0-5の大敗をしたが、前半2分で選手交代させるなど完全にリーグに比重を置いた采配だった
札幌は試合がなく休養に充てられたのは好材料だがチームの状態は最悪
怪我人が徐々に戻りつつあるのは良いが今節は河合が出場停止
予想は残留に並々ならぬ意思を感じる鳥栖を信じてシングル勝負


12 町田vs横浜C 2
前半戦の戦いは町田が4-2で勝利したが今節もそのような戦いになるとは予想しづらい
借りをきっちり返してくるだろうと予想は横浜Cのシングル


13 甲府vs岐阜 1
岐阜が徐々に調子を上げてきた感があるが力関係で言えば投票率通りだと思う
焦点はドローを抑えるかどうかだと思われるが・・・・


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

前半戦(21節)を終えて・・・

とりあえず気になった点の考察から

2012年前半戦のデータ
※Googleドキュメントにまとめたのでご参考に

【先制点と得点する時間帯】
なぜこれが気になったからというと、勝ちきれない試合が多いのと1度劣勢になると厳しいなって感じることが多いから。
(これは昨年の総括でも振り返ったが・・・)

・まず、先制点

昨年のデータ
試合展開2

今年のデータ
VFK2012-1st02.jpg


カテゴリーの違いがあるので一概には比較できないけど思うのはやはり甲府は先行逃げ切りタイプだという事。

先制すればきっちり勝ちきれるというの評価していいが逆に先制されると高確率で勝てない。

まあ、サッカー自体そういうスポーツなんだからしょうがないんだけど下位相手にそのような展開をしてしまっているのが
課題というか修正すべきポイント。

先制点を取られないようにするのか、先制点を取られても逆転するメンタルを身につけるのか・・・・

どちらも大事でどちらかは捨てて良いという訳ではないんだけど相手があることなのでやはり逆境になっても
それを上回るメンタルの力強さが欲しいよね。

リバウンドメンタリティっていう言葉を頻繁にチョイスしている今のチームなら余計にね。。。


・次に得点する時間帯

昨年のデータ(赤い欄は得点が入りやすいと言われる時間帯)
試合展開


今年のデータ
VFK2012-1st.jpg 

VFK2012-1st03.jpg 

全体の差はあまりないが目立つのが後半10分から30分までの得点の割合の多さ

後半相手の集中力がなくなったところでとれてるのか、後半まで体力が続いてるのかは検証が必要だが
やはり、先行逃げ切りタイプのうちのようなクラブで点が取れない状態は上のデータでよろしくない事が判明している。

こういうところのゲームコントロールというか大人なサッカーができるようになれば昇格争いに入っていけるはず。

では具体的に何が必要か?を考えていきたいんだが時間がないのでそれはなし。


・・・・・・、・・・・・・・、・・・・・・、・・・・・・=3 (ノ_ _)ノ


うーんとまあ、頭の中にはあるんだけどいろいろ画にしたり、正確に検証したりするのが面倒でね・・・w
HDDがいっぱいで今年は録画も全部出来ていないしね


・・・・・、・・・・・・、・・・・・・・(;^ω^)




まあ、簡単に言うならば

最終ライン及び中盤からのビルドアップ・ゲームメイク
が最大の課題だと思う。

正確に言えば
ダヴィしか点が取れない=ダヴィに頼りきったサッカー=ダヴィが抑えられると何も出来ない
からの脱却が必要

もちろん柏や堀米もチャンス作ってるけどあくまでも個人の能力に依存してることが多い。

城福さんの最もやりたいであろう(?)
全員がアグレッシブに動いてボールを動かすサッカー=ムービングフットボール
がここまで全く見られない。

特に中央からの崩しと最終ラインのビルドアップが全くと言っていいほど出来ない。

G大阪、F東京、京都・・・の試合と比較するとそれがよく分かる。

サイド以外の密集ゾーンで細かなパスをつなげる技術・視野が致命的に中盤より後ろは欠けている
(前線や中盤のパスコースの作り方にも問題がないとは言い切れない。)
バイタルにバシッとパスを通すシーンがほとんどない。

さらに
CBがドリブルで持ち上がって相手のマークを引き寄せて中盤をフリーにするとか
CBがサイドに開いて中央にボランチが受けに来て両SBを高い位置に上げて両SHがバイタルでボールを受けるとか
そういうのもない。

別に今流行りのパスサッカーをしろとは言わないけれど後ろからのゲームメイクという意味で
甲府ののやりかたは一昔前のやりかた。
基本的に長いボールかSBにあずけてはい、お願いとか司令塔タイプのボランチになんとかしてもらうとかね・・・・

GKの荻もそう言う意味では一昔前のGK像。
致命的に足元が不慣れなので後ろでボールを回すリスクの1つになっている。


チーム全体で相手を揺さぶる、相手のマークを引き剥がす
そういうことが出来なければ今後もダヴィ依存症はずっと続くはず。


まあ、僕が言わずとも城福さんもそれはきっと感じているはず。

その修正が後半戦の注目ポイントになると僕は思っています。
というかそこを注目して見ていきたいです。

ダヴィ以外に誰が点を取るのか?
ではなくて
どのようにダヴィ以外の選手でも点を取れるような崩しが出来るのか?

それが重要。


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:第574回】ドロー祭りにあえなく撃沈・・・

ドロー6/13が多すぎるってわけじゃないけど6個は削減の条件からハズしてるのでノーチャンス

でもこれを当ててる強者がいると思うと・・・まだ、まだ甘いってことだね。




toto574k.jpg     



 1 F東京 2-0 C大阪 
C大阪も力のあるチームが前節不甲斐ない試合だったF東京が立て直してくると予想出来る
両者共似たようなチームだけに守備での優劣で決まりそう
→うん、やっぱり均衡した試合になった、その中で決定力、GKのスーパーセーブがあったのがF東京


 2 清水 1-1 鳥栖  0
焦点はやはり清水が点を奪って勝ちきれるかどうか
ホームではいまだ負けなしというデータもあるので、清水本命で間違いないと思う
→清水先制点を取ったものの勝ちきれずあえなくドロー
鳥栖の粘りと清水の得点力の無さが招いた結果かな


 3 柏 1-1 鹿島  0
前節、大宮に4-2で勝利し中断期間を挟んで4連勝、遂に王者のエンジンがかかってきた
増嶋が出場停止だが代役は那須で問題なく埋まるはずで影響はあまりないだろう
鹿島は新井場が出場停止でSBが本職ではない青木がスタメン予想されている
誰が出場するか不透明だが一株の不安があるのは否めない
予想はホームの利を活かした柏が5連勝を決めると予想
→なんとか最後柏が追いついたがラッキーな判定でもあったあし、柏勝利の可能性は一番なかった
シュート22本打って1点は物足りないといかそこが今の課題なんだろうな



 4 名古屋 2-0 磐田 
けが人が多い名古屋だが前節、鹿島相手に永井の活躍もあってか3-2で勝利
ダニエルの急造ボランチもそれなりに使える目処がたった
対する磐田は主将の山田が出場停止、ペクソンドンも欠場濃厚で代わりに入る選手の奮闘が鍵になるか
通算成績は磐田が勝ち越しているがここ数シーズンは圧倒的に名古屋の方が勝っている
データもチーム状況も含めて名古屋が優位と予想
→磐田はGKの八田が怪我で交代し、事実上の第3GKを出さなきゃいけない状態になったのは不運だった
攻撃陣も山田、ペク・ソンドンの不在が響いたかな



 
5 神戸 1-0 新潟 ・0

神戸は前節、小川のハットトリックで磐田相手に3-1で勝利し、西野体制になって初めて白星を飾った
対する新潟も清水に相手にシュート3本に押さえ込まれながら1-0で勝利し、こちらも柳下体制初の白星
とはいえ攻撃に問題を抱えているのは明らか
攻撃的なサッカーを掲げる神戸相手に打ち合いになれば苦戦は必死
対戦成績は新潟が圧倒的に優位だがこの試合は神戸寄りの試合になるはず
→神戸のゴール自体はラッキーなゴールだったけど予想としてはドローもありえたので1・0の予想は正解だった
新潟は得点出来なかったけどアラン・ミネイロがなかなかのパフォーマンスだったのは好材



 6 広島 0-0 大宮  0
投票率が唯一70%を越えているカードがここ
広島は現在2位という好位置をキープしており、怪我人や出場停止などの離脱もおらず万全の体制で臨めそう
大宮は前節、ベルデニック監督の初陣を飾れずホームで2-4の大敗を喫してしまった
ラファエル退団の噂も出てきてあり、ネガティブな方向に揺れそうな感じがある
さらに今節はチョ・ヨンチョルが出場停止で2トップの選考もどうなるか不透明
トトラーなら波乱にかけてみるのも一興だが僕は順当通りにいくと予想している
→得点が奪えなかった広島に尽きるが大宮もベルデニック監督のもと、守備の立て直しが出来てきているとも言える
唯一の鉄板カードでも外すと厳しいよね


 7 浦和 0-0 仙台 ・2
良い意味で今節注目のカード
ただ仙台はウィルソンが出場停止で上本も怪我で離脱中、角田をCBに下げて梁をボランチに下げる采配が
予想されており、2トップには柳沢と中原が先発予想されている
ややネガティブというか未知数な情報が多いのが少し気になる
ホームの浦和はそういう情報はあまりないが、前節G大阪相手に勝ったものの内容がよくなかったのが気になる
予想はドローを本命にしつつも、セットプレーがある仙台を抑える
→どちらもチャンスはあったんだけどどちらもバランスを崩してまで勝利を目指していなかった感じ
予想は的中したがサッカーの試合としては少し物足りない試合だった


 8 川崎 0-0 横浜M  0
まだ安定感はないが川崎が徐々に変わっているのが目に見えてきた
これまでは懐疑的な目で見てたが今節はちと信じてみる
ただ、予想としてはなかなか難しいカードではあることは間違いない
→シングル勝負はちと無茶だったか・・・
試合としては両者の良さが出て良い試合だったとは思うが



 9 水戸 3-1 京都 0・2 1
3連敗中の水戸vs2連敗中の京都、どちらも下降気味になっているクラブ同士の対戦
2点奪えれば京都が問題なく勝つと思うがドローが本命
→あー、ここは完全に外したっぽい



10 北九州 0-2 大分 1・
北九州は若いチームだけに勢いに乗れば大物食いもあるがやはり守備に問題を抱えている
戦力面でも大分優位で劣勢になると思うがこういうチームは読めないだけに予想は両天秤
→やはりチームとしての経験値が違ったかな


11 札幌 0-4 G大阪 1・
悪い意味で注目のカード
G大阪はここで勝利できなければ本当に降格というプレッシャーがあ
ただデータ的にみれば札幌のアウェイは苦手にしており、今季アウェイはいまだ未勝利
両天秤に予想してみるのも面白いかも
→札幌はもう今シーズンは厳しいかな?そう思えるほど今のチーム状態は悪い
G大阪にとってはこれを機に状態を上げていきたいところ


12 岐阜 1-0 町田 ・0
悪い意味で注目のカードNo2
うん、データも少ないし読めん・・・
ホームで抑えのドローで問題ないっしょ(テキトー)
→テキトーだったけどあったたので問題ないっしょw
岐阜も徐々にだけど調子が上がってきたな



13 岡山 1-1 甲府 ・2
3連勝を期待するが岡山はなかなか手ごわい相手であるのは間違いない
ま、最悪ドローでもおkだよ~
→まあ、ドローは予想通りだけど勝ちたかったなあ
でも岡山も良いチームだった



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【J2第21節:岡山戦レビュ-】負けなくて良かったとも言えるし勝ちきれなかったとも言える

いや~こういう試合はしびれるねえw

ま、内容自体は岡山に分があったのは明白かな。

ただ、岡山も決定力がなかったのとうちがなんとか粘ってたのもあってなんとかうちにも勝つチャンスはあった。

なんか、まるで甲府を見てるようだった。

そう、今日はいつもと立場が逆だった。

先制点を奪って、これはイケルか?っていう試合展開もねw

だからこそ、こういう悪い試合なりにも勝てれば良かったんだけどミスを付け込まれた。

厳密に言うと先制点をとったのが79分で
残りの10分で1点を守り抜くのか?それともあくまでも攻撃をしかけて得点を狙いに行くのか?

少なくとも得点を奪われる前のプレーで堀米や高崎などピッチ内の選手はサイドで時間を掛けたいようなプレーをしていた。

では城福監督はどうだったのか?

これは本人に聞いてみないと分からないが残り1枚の交代カードという選択肢はあった。

例えばドウグラスを入れて3バック+2SBで中をしっかり固める
とか
石原を中盤に入れてしっかりボールにプレスをする
とか・・・・

ツメが甘いなあというかもったいないなあって感じでしたε=(・д・`*)ハァ…


まあ、でも昇格を目指すならちょっと今日の内容ではやばいかなあ(;゚Д゚)

というかこれまでずっと改善する気配がない・・・・

前節良かったかなあと思ったけど相手の問題だったみたい。

それでも今日は初めてシステムを変更して臨んだ。

結局、機能はしなかったが現状のサッカーに満足しているわけはないという事は分かった。

なのでそこはもう少し様子を見たいと思う。








okayama-kofu.jpg


採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.0
枠外が多かったので助かった感はある。
もう少しハイボールの処理なんとかならない?

福田・・・5.5
ここ最近は疲れのせいかあまりサイドを駆け上がる回数が少なくなってきている

富田・・・6.0
最後の粘りは流石

津田・・・5.5
さすがにあれだけサイドに揺さぶられると中は厳しいね

佐々木・・・6.0
打点の高いヘッドは持ち味が出た
あとは、サイドからクロスなりドリブルなりの精度が上がってくれば・・・

山本・・・5.5
前半はシステム上空くはずなのにその数的有利を生かせなかった感がある

チェ・ソングン・・・5.5
まだまだフィットしてるとは言い難いが頑張ってはいる

伊東輝悦・・・6.0
危険察知能力は流石

レナト・・・6.0
1試合通してで見れば物足りないがドリブルのステップとか何気に守備も頑張っていた所は評価できる

柏・・・5.5
ここ最近はキレがないし、良い場面でボールを受けれてないね

ダヴィ・・・6.0
うーん、驚異にはなってるんだけどもう少し周りを使ってもいいんじゃないの?

堀米・・・6.5
セットプレーからアシストは良かったがゴールが欲しい

高崎・・・4.5
パスミスから失点の起点に
ポストもほとんど出来なかったし、全く良いところなし


城福監督・・・5.5
中央からの崩しと最終ラインからのビルドアップをなんとかしてくれ
あと、岡山のサイドアタック(特にWB)に対応できなかった


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事