【toto予想 :第588回】攻撃の○○vs守備の○○はどちらが有利か?

これだけ波乱が起きてキャリーが発生するともう何を信じていいのやら・・・・

今回も自信ないです((+_+))


 toto588.jpg
     

 
 1 札幌vs清水 2
前節はG大阪に大敗した札幌、ここ最近ホームでは良い成績を残してるだけに今節は期待したいところ
ただ、いかんせん失点が多すぎる、得点がそこそことれるようになったのは良い傾向ではあるが
対する清水は前節急造DFがもろさを見せ浦和に0-2の敗戦
吉田はいまだ微妙な状態だがヨンアピンとイ・キジェの復帰は大きいだろう
アレックスが出場停止と攻撃で不安を抱えるが守備に難のある札幌相手ならあまり問題にならないだろう
大敗した札幌がどう修正してくるかが注目どころだが相性的には清水に大きなアドバンテージがある(9勝1分1敗)
予想は波乱なしで清水のシングル


 2 浦和vs大宮 1
前半戦のさいたまダービーは大宮2-0で勝利しており、浦和としてはダブルは絶対に避けたいところ
浦和は今年ホームでわずか1敗であるところから考えても負けは予想しづらい
ドローを考慮するかどうかだがやはりダービーなのでそこは雌雄を決してもらいたい(個人的な願望w)


 3 新潟vsC大阪 0・2
残留あらそいの真っただ中にいる両チーム
まず研究しなければいけないのはC大阪の監督交代
前節15戦負けなしだった横浜Mに良い形で勝利したのにもかかわらずこのタイミングでの人事は理解しにくい
さらにその後任は昨年まで指揮していたクルピ、即効性はあるだろうがフロントの浅はかな考えがうかがえる
フロントのごたごたに惑わされなければC大阪と予想するが新潟も守備は良いのでドローは結構ありそう
前節の内容から見て新潟勝利は一番可能性が低いと予想した


 4 名古屋vs柏 1・2
前節は阿部をCBに起用するという緊急事態の名古屋だったがなんとかその守備陣が奮闘して1-0の勝利
今節ダニエル、増川が復帰し、通常の最終ラインに戻るはず
柏は前節、近藤が早い時間で退場してしまい、多くの時間を10人で戦わなければいけなかった(結果は0-3の敗戦)
その近藤と累積警告で出場停止となったジョルジ・ワグネルが今節は出場できない
両者とも替えのきかない選手だけに苦しい戦いが予想される
ただ、名古屋も玉田が復帰して徐々に調子をあげてきてはいるがそこまで状態が良いというわけではない
レアンドロという試合を決めれる選手がいる柏だけに名古屋シングルはちょっと安易すぎると考えた


  5 鳥栖vsG大阪 1・0
今年初対戦となったこのカード、前半戦は鳥栖がアウェイで3-2で勝利した
まずホームの鳥栖はここ2試合無得点と攻撃が鳴りを潜めているが持ち前の守備は非常に安定している
対するG大阪はこの2試合で12得点と非常に好調だが相手に退場者が出るなどラッキーな部分があったことは否めない
焦点は守備の堅い鳥栖ディフェンス陣をG大阪が攻略できるかどうか
それぞれホームでわずか2敗、アウェイでわずか2勝というデータをみればやや鳥栖の方に優位があるのかもしれない


 6 仙台vs川崎 1
やるサッカーに非常に特徴のあるクラブ同士の対戦
ハードワークが持ち味の仙台に対してショートパスを軸としたポゼッションサッカーの川崎
鳥栖vsG大阪ににも言えるが守備の安定しているクラブの方がこういう場合は有利だと個人的に思っている
さらに両クラブともホームで戦える利を考えればなおさら



 7 鹿島vs神戸 1
実はこのカード、対戦成績では鹿島の22勝5分5敗で圧倒している。
これほどまでに開きがあると無視できないデータ
怖いのはドローだがどちらも今季ドローはあまり多くないため、シングル勝負で問題ないか?


 8 磐田vs広島 1・0
上位対決も好カード
磐田はホームでわずか1敗、広島もアウェイでわずか2敗とお互いそれぞれホームとアウェイで強さをみせる
両天秤にしても良かったんだがこういうゲームは案外ドロー決着なんてことはよくある
問題はダブルをどっちに使うかだ、僕は直感で磐田を選んだ


 9 横浜Cvs栃木 0・2
8位、9位の対決でその差は勝ち点1.プレーオフ&昇格争いのためにはどちらも絶対に勝ち点3が欲しい
このカードも攻撃の横浜Cか守備の栃木かという構図になりそう
今回のtotoは一環として守備のチーム推しでいってみる

10 北九州vs熊本 1
両クラブともここ数試合は負けなしで好調を維持している
しかし熊本は今季アウェイでわずか2勝しかできておらず内弁慶になっている
シングルはやや不安があるが北九州の前線は非常に個があるだけにそこに期待する


11 F東京vs横浜M 1・0
F東京は前節3バックにして広島に勝利したが今節はどんな布陣でくるのか?
横浜Mは15試合負けなしの記録が前節途絶え、この試合で切り替えてまた勝利を積み重ね行きたいところ
ここも磐田vs広島と同じく本命はドローでホームのチームをダブルで抑える


12 松本vs草津 1
ここ7試合負けなしと好調の松本に対して草津も4試合負けなし
ただ両チームともドローが多く、勝ちきれていないゲームも多いようだ
前半戦も0-0のドローであり、いかにもドローを抑えたくなるカードだがここはあえてシングル勝負


13 富山vs愛媛 1
とにかく富山勝ってくれ、ただそれだけ


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:第587回】再びキャリー発生・・・

またもやキャリーですか?

昨年も多かったですけど今年もキャリー多いなあ。

良いのか、悪いのか・・・・


 toto587k.jpg
     

 
 1 清水 0-2 浦和 0・
ホームの清水はヨンアピンとイ・キジェが出場停止
吉田、小野も負傷で離脱しており苦しい台所事情
左SBにはまだ高校生の石毛、右SBには河井、CBには村松がスタメン予想されている
浦和との相性は特に近年良く6勝1分1敗と大きく勝ち越しているがやはりメンバー的につらいものがある
一応ホームでは強い清水なのでドロー抑えて本命は浦和
→妥当な結果、急造DFでしかも若手が多ければやっぱ厳しいよね


 2 鹿島 0-1 新潟 1・0 2
鹿島は大迫、ドゥトラ、西の3選手が出場停止とこれはなかなか痛いがそこは層の厚い鹿島
そこまで影響はあまりなさそう、むしろ主力いない詐欺にご用心
ただ、ここ近年では新潟との相性は悪く1勝4分4敗という結果に終わっているのでドローは抑えたほうがいいかも
→うーん、ジュニーニョが決めていれば・・・


 
3 大宮 1-3 仙台 

前節はノヴァコビッチの得点で6試合ぶりに勝利した大宮
ここから巻き返しを図りたいところだが今節の相手は2位仙台
仙台もここ5試合勝利がなく、首位広島を追うためには是が否でも勝利が欲しいはず
ようやく怪我人が戻ってきていることもあって、ここから立て直しを図ってきそうな感はある
→先制点とられても逆転できるあたり流石だな


 4 G大阪 7-2 札幌 
前節は相手に退場者が出て優位な状況にはなったものの5得点をあげて大勝したG大阪
こういう試合の次の試合は難しくなるが対戦相手は札幌
守備に難を抱えるチームだけにホームの利を含めれば問題はなさそうだが・・・
→ボーナスゲーム?


  5 広島 0-1 F東京 1・
前節はアウェイで新潟に勝利し、2位仙台との勝ち点差を4に広げた広島
今節の対戦相手はあまり調子が上がらないF東京(リーグ5試合勝利なし)
直近の対戦成績では4勝1分という広島にとってはうれしいデータがある
F東京は広島対策の為か3バック(3-6-1)試す模様、完成度は広島に劣るであろうがポゼッション能力では分がある
toto的には波乱が非常においしいので広島本命ながらもF東京勝利も抑える
→波乱おいしいです

 6 柏 0-3 磐田  2
ここ3試合連続引き分けと勝ちきれない試合が続いている柏
磐田は前節C大阪に4-3で勝利したものの、守備面での課題は多く、怪我人が多数いる状況も未だ続いている
シングルは怖いが予算の都合上ここは柏勝利で勝負
→柏が磐田に相性良くないことを忘れてた・・・orz


 7 川崎  0-1 名古屋 1・

この試合でまず最初に考慮しなければいけない情報は名古屋のCBだ
増川が前節レッドカードで退場してしまい今節は出場停止、同じくCBのダニエルも累積警告で出場停止
闘利王が出場停止から戻ってくるが1枚足りない
ダニルソンも怪我で離脱してしまい、CBの候補は阿倍、巻、吉村といったほとんどCBの経験がない選手ばかり
阿倍の起用が最有力のようだが果たして・・・・幸い空中戦よりも地上戦で真っ向勝負してくる川崎が相手だということ
ここも主力いない詐欺っぽい可能性もある
ただ過去の対戦成績をみると相性は川崎の方がいい
ここはどちらのシナリオになってもいいように両天秤
→川崎もたくさんチャンスあったんだけど名古屋の経験が勝ったかな


 8 神戸 0-0 鳥栖 
前節は札幌に4-2で勝利した神戸、対する鳥栖はホームで清水に0-1の惜敗
今季、神戸はホームでドローがわずか1、アウェイ合わせてもわずか2
鳥栖はアウェイであまり勝てていないが2勝4分4敗とドローは結構多い
どちらのデータが来るかと言われれば鳥栖の方が可能性は高いと予想
したがってシングルドロー・・・・(無謀w、他にダブルを使いたかったんです
→これは一番うれしい結果



 9 鳥取 0-3 徳島 1・
鳥取は前々節は上位の千葉に勝利し、前節は好調の町田相手にドローと確実にチームの状態は上がってきている
徳島はここ2試合無得点と攻撃陣が鳴りを潜めており、勝利から遠ざかっている
2、3点とったかと思えば次の試合は0点に終わるなどいまだ波は大きいようだ
流れ的にはここ2試合無得点なので次あたり爆発しそうな気がする
しかし、鳥取も千葉戦で見せたようなカウンターは鋭いのでどっちにも転びそうな予感がする
その予感を信じて両天秤
→やっぱり爆発したかw

10 湘南 2-1 栃木  1
2試合連続引き分け中の湘南、守備はある程度安定しているだけに攻撃陣の爆発に期待したいところ
対する栃木は守備が売りのチームだけあってここ5試合はわずか3失点、しかも4試合はシャットアウト
ここもシングルドローで勝負したいが流石に2つは無謀かな?
いや、連戦のJ2はドローの確率がきっと高いはず、うんなんかドローになる気がしてきたw(無謀)
→栃木も頑張ってんだけどねえ・・・
湘南のゴールがいずれもファインゴールだったからしょうがないけど



11 C大阪 2-0 横浜M 0・2 1 
前節は磐田相手に3-4で敗戦したC大阪、ここ2試合で6失点と守備に難を抱えている
横浜Mも15戦負けなしとはいえ、ここ3試合で6失点と守備が良くない
どちらも攻撃陣は好調だけに打ち合いの可能性が高いか?
しかし案外こういう時はドロー決着なんてこともよくある
→オリンピック組が活き活きしてんなあ 
でなぜにここで監督交代?しかもクルピ復帰ってww



12 甲府 2-1 横浜C 
前節CBを2人入れ替えながらも無失点で山形に引き分けた甲府、これで12試合負けなしと安定感が際立っている
横浜Cは中盤から一気に順位を上げ、現在9位とプレーオフ参加の6位まで十分射程圏内
アウェイでは9勝2分4敗と強さを見せるだけに山形戦に続いて甲府は気が抜けない試合になる
しかし、ここは首位の維持を見せて欲しい、主力を休ませてターンオーバーを引いた理由をここで証明せよ
→ダヴィ様、フェルナンジーニョ様のおかげです


13 愛媛 0-0 岐阜  0
ここ9試合勝利がない愛媛(2分7敗)、特に毎試合失点しており持ち味の堅守があまりみられない
対する岐阜もここ9試合勝利から遠ざかっており、どちらも勝利へのモチベーションが高い試合になるはず
正直予想が難しいカードで決め手に欠く
ここは素直にホームの利がある愛媛で勝負
→やっぱドローは抑えるべきだったか・・・・

ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【J2第31節:横浜FC戦プレビュー】人生を賭けた思いを具現化した試合

甲府はダヴィしかいねえじゃん!!

じゃあ、ダヴィ止めてみろやあああああああああああああああああ!!
ダヴィ無双最高━━━━!!●┻┓



・・・・・・・・

・・・・・・・・

ごめんなさい、調子こきました。



はい、井澤君僕の代わりに反省してください。(前節に続き決定的チャンスを外す)




前半と後半でこう試合の流れを変えてくれるフェルナンジーニョは非常に貴重だ。
ほんとに獲ってよかったわ。

まあ、でもフェルナンジーニョ以外も後半はこの真夏の連戦にも拘わらず運動量は落ちなかったし
ここ3試合の戦い方は他の上位陣と見比べてJFKのマネジメンが良かったということかな?







kofu-yokohamaFC.jpg  


採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.5
あとはフィードの精度がよくなれば文句なし!!
練習後のボール回し参加すれば?w

福田・・・6.5
積極的に上がって攻撃に厚みをもたせた。
ワロスもあったけど良いクロスもあってチャンスを演出していた。

津田・・・6.5
前半は田代とのマッチアップに苦戦し起点をつくられてしまった。
後半、ジャンボこと大久保選手が投入されてもっと厳しい状態だったが修正してよく対応していた。

盛田・・・6.5
ダヴィの1点目のシーンは横から相手のFWのプレスがあったにも拘わらず前へ持ち出したことが
裏へのロングボールにつながったと思う。

佐々木・・・5.5
セットプレーでは空中戦の強みを出したが1対1の対応や攻撃時のアイディアなど課題を露呈した。

山本・・・6.5
前半は相手のFWにボールが収まり、それに対して沢山の選手が前向きで受けれる状態になり
バイタルを制圧することができなかった。
後半は2ボランチにしたこともあったけど球際の強さをみせて、中盤を支配した。
ボール捌きも今日は非常に良かった。

井澤・・・5.5
そろそろ決めようか?

保坂・・・6.5
にくいパス送るねえw(ダヴィのゴールをアシスト)

柏・・・6.5
前向きで受けたときはある程度自分の間合いに持っていけるが後ろに相手DFを背負ったときはなかなか厳しい。
せめてボールをキープしてロストしないようにしたもらいたい。
ただ、総じてよくチャンスを作っていたしプレーの内容は良かったと思う

永里・・・5.5
よく動いて守備にも頑張ってるんだけど決定的な仕事ができないし、ボールロストも多いので評価は出来ない。

ダヴィ・・・7.0
いかにもダヴィらしい得点。
シュミレーションのイエローはまじでいらん

フェルナンジーニョ・・・6.5
この選手が入って試合の流れが変わったのは間違いない。
こうなると次はゴールが観たいぞ!


城福監督・・・6.0
先制点を取られ悪い試合の入り方だったが後半修正して逆転できたことは立派。
この3連戦も選手を入れ替えながら1勝2分の勝ち点5と上位陣が足踏みする中、さらに差を広げたのは素晴らしい。


※ジャンボがジャンボでなくて良かった。


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :第587回】若干(約200万)キャリーがまだ残ってるらしい・・・

前回は見事に2億円が2口も出た回でしたがその残りがまだあるようですw

これはモチベーションアップにな・・・・・・・・・・・・・るわけねえよw

まだ、一からコツコツと真面目に頑張りましょう


 toto587.jpg 
     

 
 1 清水vs浦和 0・2
ホームの清水はヨンアピンとイ・キジェが出場停止
吉田、小野も負傷で離脱しており苦しい台所事情
左SBにはまだ高校生の石毛、右SBには河井、CBには村松がスタメン予想されている
浦和との相性は特に近年良く6勝1分1敗と大きく勝ち越しているがやはりメンバー的につらいものがある
一応ホームでは強い清水なのでドロー抑えて本命は浦和


 2 鹿島vs新潟 1・0
鹿島は大迫、ドゥトラ、西の3選手が出場停止とこれはなかなか痛いがそこは層の厚い鹿島
そこまで影響はあまりなさそう、むしろ主力いない詐欺にご用心
ただ、ここ近年では新潟との相性は悪く1勝4分4敗という結果に終わっているのでドローは抑えたほうがいいかも


 
3 大宮vs仙台 2

前節はノヴァコビッチの得点で6試合ぶりに勝利した大宮
ここから巻き返しを図りたいところだが今節の相手は2位仙台
仙台もここ5試合勝利がなく、首位広島を追うためには是が否でも勝利が欲しいはず
ようやく怪我人が戻ってきていることもあって、ここから立て直しを図ってきそうな感はある


 4 G大阪vs札幌 1
前節は相手に退場者が出て優位な状況にはなったものの5得点をあげて大勝したG大阪
こういう試合の次の試合は難しくなるが対戦相手は札幌
守備に難を抱えるチームだけにホームの利を含めれば問題はなさそうだが・・・


  5 広島vsF東京 1・2
前節はアウェイで新潟に勝利し、2位仙台との勝ち点差を4に広げた広島
今節の対戦相手はあまり調子が上がらないF東京(リーグ5試合勝利なし)
直近の対戦成績では4勝1分という広島にとってはうれしいデータがある
F東京は広島対策の為か3バック(3-6-1)試す模様、完成度は広島に劣るであろうがポゼッション能力では分がある
toto的には波乱が非常においしいので広島本命ながらもF東京勝利も抑える


 6 柏vs磐田 1
ここ3試合連続引き分けと勝ちきれない試合が続いている柏
磐田は前節C大阪に4-3で勝利したものの、守備面での課題は多く、怪我人が多数いる状況も未だ続いている
シングルは怖いが予算の都合上ここは柏勝利で勝負


 7 川崎vs名古屋 1・2

この試合でまず最初に考慮しなければいけない情報は名古屋のCBだ
増川が前節レッドカードで退場してしまい今節は出場停止、同じくCBのダニエルも累積警告で出場停止
闘利王が出場停止から戻ってくるが1枚足りない
ダニルソンも怪我で離脱してしまい、CBの候補は阿倍、巻、吉村といったほとんどCBの経験がない選手ばかり
阿倍の起用が最有力のようだが果たして・・・・幸い空中戦よりも地上戦で真っ向勝負してくる川崎が相手だということ
ここも主力いない詐欺っぽい可能性もある
ただ過去の対戦成績をみると相性は川崎の方がいい
ここはどちらのシナリオになってもいいように両天秤


 8 神戸vs鳥栖 0
前節は札幌に4-2で勝利した神戸、対する鳥栖はホームで清水に0-1の惜敗
今季、神戸はホームでドローがわずか1、アウェイ合わせてもわずか2
鳥栖はアウェイであまり勝てていないが2勝4分4敗とドローは結構多い
どちらのデータが来るかと言われれば鳥栖の方が可能性は高いと予想
したがってシングルドロー・・・・(無謀w、他にダブルを使いたかったんです)


 9 鳥取vs徳島 1・2
鳥取は前々節は上位の千葉に勝利し、前節は好調の町田相手にドローと確実にチームの状態は上がってきている
徳島はここ2試合無得点と攻撃陣が鳴りを潜めており、勝利から遠ざかっている
2、3点とったかと思えば次の試合は0点に終わるなどいまだ波は大きいようだ
流れ的にはここ2試合無得点なので次あたり爆発しそうな気がする
しかし、鳥取も千葉戦で見せたようなカウンターは鋭いのでどっちにも転びそうな予感がする
その予感を信じて両天秤


10 湘南vs栃木 0
2試合連続引き分け中の湘南、守備はある程度安定しているだけに攻撃陣の爆発に期待したいところ
対する栃木は守備が売りのチームだけあってここ5試合はわずか3失点、しかも4試合はシャットアウト
ここもシングルドローで勝負したいが流石に2つは無謀かな?
いや、連戦のJ2はドローの確率がきっと高いはず、うんなんかドローになる気がしてきたw(無謀)


11 C大阪vs横浜M 0・2
前節は磐田相手に3-4で敗戦したC大阪、ここ2試合で6失点と守備に難を抱えている
横浜Mも15戦負けなしとはいえ、ここ3試合で6失点と守備が良くない
どちらも攻撃陣は好調だけに打ち合いの可能性が高いか?
しかし案外こういう時はドロー決着なんてこともよくある


12 甲府vs横浜C 1
前節CBを2人入れ替えながらも無失点で山形に引き分けた甲府、これで12試合負けなしと安定感が際立っている
横浜Cは中盤から一気に順位を上げ、現在9位とプレーオフ参加の6位まで十分射程圏内
アウェイでは9勝2分4敗と強さを見せるだけに山形戦に続いて甲府は気が抜けない試合になる
しかし、ここは首位の維持を見せて欲しい、主力を休ませてターンオーバーを引いた理由をここで証明せよ


13 愛媛vs岐阜 1
ここ9試合勝利がない愛媛(2分7敗)、特に毎試合失点しており持ち味の堅守があまりみられない
対する岐阜もここ9試合勝利から遠ざかっており、どちらも勝利へのモチベーションが高い試合になるはず
正直予想が難しいカードで決め手に欠く
ここは素直にホームの利がある愛媛で勝負


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【J2第30節:山形戦レビュ-】白熱した試合は両者譲らず痛み分け

どちらにもチャンスがあったしどちらに転んでもおかしくはない試合だった。
最近は勝ってもグダグダな試合が多かっただけにこういう緊張感のある試合は久しぶりだった。

勝てれば良かったんだけど選手を入れ替えた中で初スタメンの選手もいたし、ドローはそこまで悪くない結果だと思う。
他の上位陣が軒並み足踏みをしているのでよりいっそうね・・・。





0822kofu-yamagata.jpg  


採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・7.0
スーパーセーブで無失点に大きく貢献

福田・・・6.0
何度かクロスを入れるもあまり合っていなかった。
守備の場面で中に切れ込まれるシーンが何度か見られるのでそこは修正が必要

ドウグラス・・・6.0
トラップ際をねらってボール奪取するのは良いが入れ違いになる紙一重ののところなのでそこは少し怖いところ
久しぶりの先発だったが90分通して落ち着いて対応はしていた

富田・・・6.0
振り切られそうになるがなんとか身体を投げ出してシュートブロックするあたりは経験を感じる

佐々木・・・5.5
左足のアーリークロスは可能性を感じるが前がつまったときにドリブルするなり切れ込むなり何かアイデアが欲しい

伊東・・・6.5
中2日でコンディションは厳しいはずなのに全くそれを感じさせないのは流石、鉄人
恐れ入ります

井澤・・・6.0
前半はバイタルでよくボールをうけたり、飛び出すなりチャンスによく絡んでいたが
この日、最大のビックチャンスを外してしまった

保坂・・・5.5
保坂あたりがもっとペナルティエリアに侵入できるような攻撃がでればもっと迫力がでると思う
安定感が持ち味だが時には積極的にゴールを狙う姿勢もみたい

柏・・・6.0
ドリブルでの1対1はらしさを見せるがそれがチャンスにつながらない
クロスの精度とシュートへの意識をもっと高めないとチャンスはつくれない

三幸・・・6.0
初先発ながらベテランのような落ち着きぶり
まだまだ、ハードワークが足りないがボールを持った時の可能性は一番感じる

ダヴィ・・・5.5
井澤への落としは素晴らしかったが90分通して強引に行き過ぎる場面が多かった
出場停止明けのモチベーションが裏目にでた感じ

フェルナンジーニョ・・・6.0
確実にボールをキープし前線に運んでくれる

片桐・・・5.0
久しぶりの出場だったが全く良いプレーはみれず

城福監督・・・6.0
フェルナンジーニョをいれてダヴィとの2トップはよく分かるが得点の匂いを感じたのは前半だった
選手やフォーメーション含めてベストな選択を突き詰めていきたい


※宮阪君うまいね、来年うちに来ない?


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事