【J2第34節:鳥取戦レビュー】不敗記録を1つ伸ばしたものの課題の残る試合

うちの課題が明確に出た試合だったね。

とにかく甲府は積極的に前線からプレスにくるチームに対して後手に回る場合が多い。
フェルナンジーニョやダヴィにうまく入ればある程度攻撃の形はできるのだがそれが出来ない。

今日も盛田ひとりがなんとか大事につなごうとしていたがそれでもダヴィめがけて蹴らざるを得ない状態になっていた。
ロングパス1本で点取ることもあるけどまあ、そういうのはスペースがある時でなかなかそのような状況は訪れない。
後半は相手が疲れたのと途中で石原をいれて4-1-4-1にし、押し込める展開になったのでさほど厳しい状況には
ならなかったが前半の戦いは今後の試合を戦っていく上で非常に不安になる部分だ。

とくに来週は北九州との試合がある。

鳥取以上に前線の選手はタレントが揃っているし、勢いがある。
千葉は今日の試合で積極的なプレスに対応出来ず序盤で失点&退場者を出す羽目になり0-3で完敗した。
甲府が虎の子の1点をなんとか守りきって勝ったあの千葉に北九州は攻守において圧倒した。
(後半途中からは観ていないが・・・)
この試合と今日の甲府の試合を重ねて考えると━━━━。

ただ、北九州とやる前にこういう課題が出たのはよかったのかもしれない。





kofu-tottori.jpg  



採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.0
シュートを打たれる前のポジショニングが素晴らしい
ただ、今日はバックパスが多っかた中でほとんどのフィードが相手に渡っていた

福田・・・5.5
なかなか上がれる場面は少なかったし、少ない中でのクロス精度も微妙だった

富田・・・5.0
試合感のなさが如実に出てしまった

盛田・・・6.0
見方を探す時間、GKにもどすバックパスが多かったことが今日の内容をよく物語っていた
個人のパフォーマンス自体は悪くはなかった

佐々木・・・5.5
上がるタイミングはよくなってきているがクロスや次のパス精度を上げていかなければ意味がない

山本・・・6.5
ダヴィからの落としを落ち着いて流し込み同点弾を決める
後半はよくセカンドを拾って中盤を支配し

井澤・・・5.5
井澤あたりがもっともっとボールの預かりどころになってボールを動かしてくれればいいんだけどなあ・・・
後半はダヴィへのサポートも早くなり、相手にとって危険な動きが出来ていた

堀米・・・5.5
キープ力やシュートへの意識はよかったが守備の貢献とプレーの継続性、量が足りない

柏・・・5.5
ダヴィのサポートの動きは非常に良かったがシュートの意識が足りないし、プレーの判断や精度も低かった

フェルナンジーニョ・・・6.0
そろそろ点欲しいね

ダヴィ・・・6.5
点は取れなかったが見方をよく使っていたのはこれまでになかった良い傾向

石原・・・6.0
積極的にプレスをかけて相手のビルドアップを阻んだ

畑田・・・5.5
もう少し出場時間が欲しい

城福監督・・・5.5
今日に限ったことではないが相手のプレスを剥がすことができない場合の対処法がない


※FC3位さんお疲れ様で~す^^



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:591回】GOAL3:1等でなんとか面目は保てたか?

J2が対象で腕の見せどころだったのだがminiでは残念ながらそれは叶わず・・・

ただGOAL3では当てたので勘弁してください(;^ω^)


toto591k.jpg  


miniA

 1 水戸 2-0 熊本 ・0
水戸は攻撃の中心である橋本が出場停止で星原が怪我で離脱と苦しい戦いが予想される
熊本も藤本が出場停止とこちらも少なくない影響があるだろう
とはいえホームで9勝2分4敗のチームとアウェイで2勝5分9敗のチームではそこまで予想は難しくならないか?
→心配はいらなかったようだね

 
2 東京V 1-1 福岡 1・2 0
東京Vはまず監督交代の影響がどのように出るかポイント
戦術自体は変わらないだろうがここ数試合の結果を合わせて不安定なのは間違いない
福岡も下位に苦しんでいるが昨年J1だった意地をラスト10試合見せてもらいたい
→うーん、間抜かれたか・・・、どっちも評価しづらいしこのままリーグ戦もフェードアウトか?


 3 甲府 1-0 岡山 
天皇杯負けた悔しさをこの試合にぶつける甲府は今の順位を合わせてモチベーションは高いはず
岡山もなんとかPO圏内に入るため、勝ち点3を狙ってくるはず
甲府は中盤の保坂が怪我で離脱したが代わりは大ベテランの伊東で埋まるので影響はないと思われる
前半戦はドローだったが内容的には岡山の方が良かったが今回はそれを踏まえて試合に望める
→どちらに転んでもおしくない試合をモノにできる強さが今の甲府にはある

 4 富山 2-0 千葉 0・2 1

残留したい富山、昇格したい千葉
力関係で言えば間違いなく千葉だがラスト10試合でこういうカードが何が起きるかわからない
両天秤で波乱を狙うのも面白そう
→ここにきて富山はお尻に火がついたか?
千葉はロボの退場がなくても簡単に失点してるようでは厳しかったかな


 5 北九州 2-1 岐阜 
とにかく今の北九州は勢いがある(6試合負けなし)
得点力に難がある岐阜はかなり厳しそう
天皇杯(町田にPK負け)を挟んで北九州の勢いがどうなるか注目
→うん、やっぱ北九州は勢いがある
これは終盤戦の台風の目になりそう


miniB

 1 栃木 1-1 徳島 1・
栃木はなんといってもパウリーニョの出場停止がどう出るかがポイント
徳島は波がありリーグ戦はここ3戦負けなしだがここまでの流れを考えるとここら辺で負けそうな予感はする
栃木寄りでいいかな?
→ドロー抑えといてよかった、やっぱパウリーニョいないとダメか?


 2 湘南 2-0 草津 
ホームではわずか1敗しかしてない湘南
草津はアレックスや熊林が怪我で離脱しておりCBの中村が出場停止と今節は苦しい状況か
湘南のドローの多さは気になるが終盤に向かってここでのドローは致命的になる
→湘南強し、キリノがだいぶフィットしてきたね


 3 松本 3-0 町田 0・2 1
J1年生同士の戦い
松本は14位と頑張ってるのに対し町田は21位と残留争いに巻き込まれている
しかし、チーム力の差がそこまであるとは思えない
ここは波乱狙いも含めてホーム松本を捨てる
→こんなに点差が開くとは・・・これは予想を大きく外した


 4 愛媛 0-1 横浜C 

愛媛は天皇杯含めここ4試合無得点で攻撃陣が沈黙、有田も欠場濃厚で今節も厳しい状況だ
対する横浜Cは甲府、栃木と昇格争いのライバルに連敗しもう後がない
ドローは怖いが今季はアウェイの方が成績いいだけに思い切ってシングル勝負
→愛媛の方が押してたんだけど決定力がなかった
ちょっとこの予想は危なかった


 5 大分vs京都 ・0・2
昇格をするためにはどちらも絶対に負けられない
どちらも負けられないだけにドローが本命
でも難しいのでトリプル逃げw
もしダブルでいくなら京都をおさえるかな?
→京都はいいサッカーしてるんだけど勝てない典型的なチーム
昇格大本命と言われてきただけにこのままだと大木監督の進退にまで発展しそう



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【J2第33節:岡山戦プレビュー】天皇杯の悔しさを晴らす勝利で15戦連続不敗!!

約2週間の中断、その間に行われた天皇杯の敗退
保坂、ドウグラスが大分戦で負傷し、ネガティブな事が重なったので悪い流れにならないか心配だった。
でも流石JFK、それをモチベーションに変えるのが実にうまい。

他チームの結果により自動昇格の2位はかなり濃厚になった。
ただ、まだ9試合残ってるし、後半戦非常に好調な北九州、栃木のアウェイ2連戦や2位湘南との直接対決もある。
ダヴィの累積警告の心配もあり、まだまだ浮かれるわけには行かない。
試合内容見てもそうだし、相手のミスに助けらている場面も多い。

今年のJ2は何が起こるか分からんよ・・・・。





kofu-okayama.jpg  



採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・7.0
素早く、適切な判断で間合いを詰め、1対1のピンチを防ぐ
DFラインを突破されても荻がいるから大丈夫という安心感が今の荻にはある

福田・・・6.5
サイドのケアを重点的にしながら機をみたオバーラップ→クロスからチャンスをつくる

津田・・・6.0
相手の間合いで勝負されると後手に回るが狙いどころを絞ってインターセプトしているところは良かった
ビルドアップにミスがああったのは課題

盛田・・・6.5
2シャドー&川俣の対応に苦しむ場面はあったが最後のところは落ち着いて対応できていた。

佐々木・・・6.0
ダヴィの得点をアシストしたのは良かったがラインコントロールをミスし、ピンチを招いた

山本・・・7.0
中盤での潰し、ゲームメイク、スルーパス、ミドルここにきてキャプテンのプレー好調なのは頼もしい限り

永里・・・6.0
縦に抜ける飛び出しや、前線を積極的に動いてボールを受ける動き出しはよく持ち味が出ていたが
シュートが1本もないのは攻撃の選手として物足りない

伊東・・・6.0
こぼれ球のへの反応は流石だが相手のシャドーとボランチどちらをケアするのかなかなか判断が難しかった

柏・・・6.0
攻守で汗をかける選手だから一定の貢献はしているが永里と同じくシュートがないのが残念

フェルナンジーニョ・・・6.5
2、3人に囲まれても簡単に失わないキープ力が随所に光る
やや連携が合わない場面があったが、自らのドリブル突破でチャンスを演出

ダヴィ・・・6.5
難しい態勢ではあったがこれぞストライカーというゴールで勝利をもたらす
さらにポストプレーでダイレクトに見方に流すなど、周りを使おうという姿勢が今日は良かった
ただ、あと1,2点はとれるチャンスはあった

井澤・・・6.0
SHではあまり活きなかったが3センターになってからはよくボールに絡んでいた

石原・・・6.0
400試合達成したベテランでも必死にボールを追いかけてチームに貢献する

城福監督・・・6.5
ダヴィ、フェルナンジーニョがある程度プレスできている状態なら問題ないが
それが出来ない局面でボランチが前に出ざるを得ない状態でバイタルをどうケアするのかが今日の課題
それ以外はよく守れていたし、攻撃もチャンスをよくつくっていた


※克哉、400試合出場オメデトウ(^▽^)ゴザイマース、 輝さんがいるからまだまだ辞めれんね

他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :591回】腕の見せどころ!!

今週はJ2が金曜日開催でtotoの対象はこちらになります。

miniですけどせっかくJ2が対象なので予想してみます。


toto591.jpg 


miniA

 1 水戸vs熊本 1・0
水戸は攻撃の中心である橋本が出場停止で星原が怪我で離脱と苦しい戦いが予想される
熊本も藤本が出場停止とこちらも少なくない影響があるだろう
とはいえホームで9勝2分4敗のチームとアウェイで2勝5分9敗のチームではそこまで予想は難しくならないか?

 
2 東京Vvs福岡 1・2
東京Vはまず監督交代の影響がどのように出るかポイント
戦術自体は変わらないだろうがここ数試合の結果を合わせて不安定なのは間違いない
福岡も下位に苦しんでいるが昨年J1だった意地をラスト10試合見せてもらいたい

 3 甲府vs岡山 1
天皇杯負けた悔しさをこの試合にぶつける甲府は今の順位を合わせてモチベーションは高いはず
岡山もなんとかPO圏内に入るため、勝ち点3を狙ってくるはず
甲府は中盤の保坂が怪我で離脱したが代わりは大ベテランの伊東で埋まるので影響はないと思われる
前半戦はドローだったが内容的には岡山の方が良かったが今回はそれを踏まえて試合に望める

 4 富山vs千葉 0・2

残留したい富山、昇格したい千葉
力関係で言えば間違いなく千葉だがラスト10試合でこういうカードが何が起きるかわからない
両天秤で波乱を狙うのも面白そう

 5 北九州vs岐阜 1
とにかく今の北九州は勢いがある(6試合負けなし)
得点力に難がある岐阜はかなり厳しそう
天皇杯(町田にPK負け)を挟んで北九州の勢いがどうなるか注目



miniB

 1 栃木vs徳島 1・0
栃木はなんといってもパウリーニョの出場停止がどう出るかがポイント
徳島は波がありリーグ戦はここ3戦負けなしだがここまでの流れを考えるとここら辺で負けそうな予感はする
栃木寄りでいいかな?

 2 湘南vs草津 1
ホームではわずか1敗しかしてない湘南
草津はアレックスや熊林が怪我で離脱しておりCBの中村が出場停止と今節は苦しい状況か
湘南のドローの多さは気になるが終盤に向かってここでのドローは致命的になる

 3 松本vs町田 0・2
J1年生同士の戦い
松本は14位と頑張ってるのに対し町田は21位と残留争いに巻き込まれている
しかし、チーム力の差がそこまであるとは思えない
ここは波乱狙いも含めてホーム松本を捨てる

 4 愛媛vs横浜C 2

愛媛は天皇杯含めここ4試合無得点で攻撃陣が沈黙、有田も欠場濃厚で今節も厳しい状況だ
対する横浜Cは甲府、栃木と昇格争いのライバルに連敗しもう後がない
ドローは怖いが今季はアウェイの方が成績いいだけに思い切ってシングル勝負

 5 大分vs京都 1・0・2
昇格をするためにはどちらも絶対に負けられない
どちらも負けられないだけにドローが本命
でも難しいのでトリプル逃げw
もしダブルでいくなら京都をおさえるかな?



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:588回】1等への道のりはまだまだ長い・・・

惜しいじゃ意味がないんだ!!

もっと予算増やさなきゃダメか・・・

予想の時に上げたテーマで
守備のチームvs攻撃のチームは予想通り守備のチームが勝った



 toto588k.jpg  
     

 
 1 札幌 0-2 清水 
前節はG大阪に大敗した札幌、ここ最近ホームでは良い成績を残してるだけに今節は期待したいところ
ただ、いかんせん失点が多すぎる、得点がそこそことれるようになったのは良い傾向ではあるが
対する清水は前節急造DFがもろさを見せ浦和に0-2の敗戦
吉田はいまだ微妙な状態だがヨンアピンとイ・キジェの復帰は大きいだろう
アレックスが出場停止と攻撃で不安を抱えるが守備に難のある札幌相手ならあまり問題にならないだろう
大敗した札幌がどう修正してくるかが注目どころだが相性的には清水に大きなアドバンテージがある(9勝1分1敗)
予想は波乱なしで清水のシングル
→清水は両翼の2人が得点とれていればあまり問題になることはないね


 2 浦和 1-1 大宮  0
前半戦のさいたまダービーは大宮2-0で勝利しており、浦和としてはダブルは絶対に避けたいところ
浦和は今年ホームでわずか1敗であるところから考えても負けは予想しづらい
ドローを考慮するかどうかだがやはりダービーなのでそこは雌雄を決してもらいたい(個人的な願望w)
→浦和に期待した僕がバカでした・・・


 3 新潟 0-1 C大阪 0・
残留あらそいの真っただ中にいる両チーム
まず研究しなければいけないのはC大阪の監督交代
前節15戦負けなしだった横浜Mに良い形で勝利したのにもかかわらずこのタイミングでの人事は理解しにくい
さらにその後任は昨年まで指揮していたクルピ、即効性はあるだろうがフロントの浅はかな考えがうかがえる
フロントのごたごたに惑わされなければC大阪と予想するが新潟も守備は良いのでドローは結構ありそう
前節の内容から見て新潟勝利は一番可能性が低いと予想した
→柿谷の恩返し弾でクルピの復帰を勝利で祝福
ドローの可能性も高かったので予想としてはおk


 4 名古屋 1-0 柏 ・2
前節は阿部をCBに起用するという緊急事態の名古屋だったがなんとかその守備陣が奮闘して1-0の勝利
今節ダニエル、増川が復帰し、通常の最終ラインに戻るはず
柏は前節、近藤が早い時間で退場してしまい、多くの時間を10人で戦わなければいけなかった(結果は0-3の敗戦)
その近藤と累積警告で出場停止となったジョルジ・ワグネルが今節は出場できない
両者とも替えのきかない選手だけに苦しい戦いが予想される
ただ、名古屋も玉田が復帰して徐々に調子をあげてきてはいるがそこまで状態が良いというわけではない
レアンドロという試合を決めれる選手がいる柏だけに名古屋シングルはちょっと安易すぎると考えた
→名古屋の方が切り札的に使える選手が豊富だったかな?


  5 鳥栖 4-1 G大阪 ・0
今年初対戦となったこのカード、前半戦は鳥栖がアウェイで3-2で勝利した
まずホームの鳥栖はここ2試合無得点と攻撃が鳴りを潜めているが持ち前の守備は非常に安定している
対するG大阪はこの2試合で12得点と非常に好調だが相手に退場者が出るなどラッキーな部分があったことは否めない
焦点は守備の堅い鳥栖ディフェンス陣をG大阪が攻略できるかどうか
それぞれホームでわずか2敗、アウェイでわずか2勝というデータをみればやや鳥栖の方に優位があるのかもしれない
→鳥栖の快勝で結果的にドローを考慮する必要がなかった


 6 仙台 2-1 川崎 
やるサッカーに非常に特徴のあるクラブ同士の対戦
ハードワークが持ち味の仙台に対してショートパスを軸としたポゼッションサッカーの川崎
鳥栖vsG大阪ににも言えるが守備の安定しているクラブの方がこういう場合は有利だと個人的に思っている
さらに両クラブともホームで戦える利を考えればなおさら
→逆転勝利できる勝負強さがいかにも仙台らしい勝ち方、これで再度首位に立った


 7 鹿島 1-0 神戸 
実はこのカード、対戦成績では鹿島の22勝5分5敗で圧倒している。
これほどまでに開きがあると無視できないデータ
怖いのはドローだがどちらも今季ドローはあまり多くないため、シングル勝負で問題ないか?
→どちらに転んでもおしくはない試合だったけど大迫のゴラッソで鹿島が勝利をものにする
やっぱり相性はあったかもね


 8 磐田 1-1 広島 1・
上位対決も好カード
磐田はホームでわずか1敗、広島もアウェイでわずか2敗とお互いそれぞれホームとアウェイで強さをみせる
両天秤にしても良かったんだがこういうゲームは案外ドロー決着なんてことはよくある
問題はダブルをどっちに使うかだ、僕は直感で磐田を選んだ
→ズバリ、予想通り


 9 横浜C 1-3 栃木 0・
8位、9位の対決でその差は勝ち点1.プレーオフ&昇格争いのためにはどちらも絶対に勝ち点3が欲しい
このカードも攻撃の横浜Cか守備の栃木かという構図になりそう
今回のtotoは一環として守備のチーム推しでいってみる
→久しぶりに起用した選手が活躍するなど采配が的中した運も多少あったかな

10 北九州 2-0 熊本 
両クラブともここ数試合は負けなしで好調を維持している
しかし熊本は今季アウェイでわずか2勝しかできておらず内弁慶になっている
シングルはやや不安があるが北九州の前線は非常に個があるだけにそこに期待する
→北九州は勢いがあるね、これは終盤台風の芽になりそう


11 F東京 3-1 横浜M ・0
F東京は前節3バックにして広島に勝利したが今節はどんな布陣でくるのか?
横浜Mは15試合負けなしの記録が前節途絶え、この試合で切り替えてまた勝利を積み重ね行きたいところ
ここも磐田vs広島と同じく本命はドローでホームのチームをダブルで抑える
→うーんF東京が試合を支配すると思ったけどそこの予想は少し違った
ま、結果は当たっているので問題ないが


12 松本 0-2 草津  2
ここ7試合負けなしと好調の松本に対して草津も4試合負けなし
ただ両チームともドローが多く、勝ちきれていないゲームも多いようだ
前半戦も0-0のドローであり、いかにもドローを抑えたくなるカードだがここはあえてシングル勝負
→松本はホームで勝てんなあ
あの観客動員数はプラスに働かないのか?


13 富山 1-0 愛媛 
とにかく富山勝ってくれ、ただそれだけ
→よし、きっと思いが届いたんだな・・・(予想する意味ねえじゃん)


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事