2012年末VFK戦力バランス

現在の戦力バランスを確認しながら、補強の考察。

・DF
選手構成2012終了

CB
定員2人=現在5人+1人(ユーティリティ):平均年齢31.3才
レギュラー候補:盛田、ドウグラス、津田
バックアッパー:林堂、山本(ユーティリティ)
新戦力:土屋

ベテランが多く、怪我などが心配されるがスペランカーはあまりいないのでそこまで問題になることはない。
駒は揃っているがもう一人カバーリングタイプのCBが取れれば磐石になるが候補は少ない。

噂:青山(横浜M)
青山はストッパータイプだがクオリティは高く、年齢バランスもとれ、戦力UPになることは間違いない。

※おススメ選手
福田俊介(富山) 後藤圭太(岡山) 御厨貴文(草津)



右SB
定員1人=現在1人+1人(ユーティリティ)+1人(コンバート予定):平均年齢27才
レギュラー候補:福田
バックアッパー:ソングン(コンバート)、津田(ユーティリティ)
新戦力:

攻撃的なSBである福田の他にユーティリティで津田が守備的SBとして控える。
ソングンのコンバートが未知数だが守備的なSBがいればバランスが取れるが市場には・・・

噂:

※おススメ選手
犬飼智也(清水)



左SB
定員1人=現在1人+1人(ユーティリティ):平均年齢28.5才
レギュラー候補:佐々木
バックアッパー:石原(ユーティリティ)
新戦力:

層が最も薄いポジションの1つと言って良いだろう。
攻撃的SBが少なくとも1枚欲しい。右とは異なり、候補は多そう。

噂:

※おススメ
阿部巧(FC東京) 鈴木隆雅(鹿島) 武田英二郎(横浜M) 石川竜也(山形)



・守備的MF

選手構成2012終了2

アンカー
定員0~1人=現在2人:平均年齢27才
レギュラー候補:山本
バックアッパー:
新戦力:新井

システムによっては必要のないポジションだが新井の加入によって層が厚くなった。
ボランチと合わせて司令塔が1枚欲しいところではあるが・・・

噂:

※おススメ
宮坂政樹(山形) 



ボランチ&インサイドハーフ
定員2人=現在5人+1人(ユーティリティ):平均年齢31.3才
レギュラー候補:保坂、伊東、井澤、(山本) 
バックアッパー:三幸、ソングン(ユーティリティ) 石原(ユーティリティ)
新戦力:新井

守備的に振る舞える選手は多いが攻撃に特徴のある選手がやや少ない。
特にゲームをつくれるような司令塔タイプの選手が欲しい。

噂:

※おススメ
仙石廉(岡山) 庄司悦大(町田) 上田康太(大宮) 大島僚太(川崎)




・攻撃的MF
選手構成2012終了3

トップ下/シャドー
フェルナンジーニョの退団が濃厚で現状はポジションとして成り立つ可能性が低い。
シャドーはもちろんトップ下のあるシステムは今後の新加入選手次第。



SH
定員2人=現在4人+4人(ユーティリティ):平均年齢23.4才
レギュラー候補:柏、堀米
バックアッパー:三幸、井澤、松橋、石原(ユーティリティ) 
新戦力:金子、河本(ユーティリティ)

攻撃的なポジションであり若い選手が多い。
SBとの関係から左からクロスやドリブルできる選手が欲しいが右サイドに偏っている感はある。
ただ監督の趣向から2列目は比較的ポジションチェンジは多いので問題はないのかもしれない。
層から考えてもう1枚本格派が欲しい。

噂:水野(柏)
獲得濃厚と言われている右サイドのアタッカー。
クロスの精度が高く、柏とはまた異なるタイプだがどちらかは逆サイドに回るか?

※おススメ
深井正樹(千葉) 船山貴之(松本) 武富孝介(熊本/柏) 成岡翔(福岡) 






・FW
選手構成2012終了4

FW
定員1~2人(システムにより変動)=現在4人:平均年齢25.5才
レギュラー候補:
バックアッパー:松橋
新戦力:平本、河本、橋爪

ダヴィ、高崎が退団濃厚でFWの番付はフラットに等しい。
ただ平本は実績があり、相方がどんなタイプでも苦にしない選手で一番信頼は出来る。

噂:新外国人2人+実績のある日本人

※おススメ
阿部拓馬(東京V) 端戸仁(北九州/横浜M) 長谷川悠(大宮) 平山相太(FC東京) 




最後に個人的な見解ですのであしからず。


天皇杯も残り1試合でこれからより多くの情報が出てくるでしょう、新戦力獲得に期待です。


で、ダヴは2ヶ月近くやってるけどまだ決まらないのけ?




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

貧乏な青赤⇒金持ちの青赤

・ダヴィの移籍先が遂に決まる!?
いろんなところの名前があがりましたがFC東京で決定的のようです。
ソース⇒http://www.saka-para.com/2012/12/26/3654/

信頼の高い新聞がスクープしたようでこれで決まりかと・・・・
(よりによっていろいろ関係が深くなっているFC東京に行かなくてもいいのに・・・)

以前、書いた記事は何だったのか?(;^ω^)

普通に考えればポゼッション志向がかなり強くショートパスが多い、FC東京のサッカーには合わないと思いますが
逆にダヴィくらいの選手が入れば、いい薬になるんじゃないかと思ってしまうくらい案外良い補強だったり・・・

しかも相棒にはダヴィのウィークポイントを全て埋めてくれて良いサポートができるルーカスがいて
周りを使うのが上手い東が加入濃厚で・・・・

ポポヴィッチが城福さんのようにダヴィとの妥協点を間違えなければきっと活躍は約束されると思います。

で、FC東京さん 今年は誰を貸してくれますか?←ここ一番重要!!


・東京Vの土屋獲得!!
こちらは正式にリリースされましたので確定情報です。
来年39歳と伊東と同年代(調べたら誕生日がちょうど1ヶ月ちがうだけ)ですが今年もバリバリ活躍してます。

怪我が多くなったりなどの不安要素があれば心配ですがまだまだ動けるベテランは大歓迎です。
城福さんもベテランを重宝してますし、来季は厳しい1年になるでしょうから、CBはある程度コマがいていいと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2012年の総括】曜日固定の影響は?観客動員の検証

J1は土曜日、J2は日曜日と初めて曜日を固定したJリーグでしたが
観客動員にどのような影響があったのか考察したいと思います。


・昨年との比較
2012kankyakuJ1.jpg   

平均するとJ1では昨年に比べて1試合辺り1,279人増加。


2012kankyakuJ2.jpg 

平均するとJ2では昨年に比べて1試合辺り421人減少。


しかし、昇格・降格チームはカテゴリーが昨年と違うので適切な比較とは言えません。

FC東京など昨年とカテゴリーの異なるチームの数字を抜かして比較すると・・・・・

J1は416人増加、J2は104人減少

ただ、昨年は震災があったシーズンで減少はやむ得ない状況であったことも考慮しなければいけませんし
もう少データを多くとってみないと本当に曜日固定でJ2が不利になるかどうかは断定できません。

曜日固定による影響は大きいと言われておりますが案外そうでもない可能性はあります。




・2012年の甲府

2012-kankyaku.gif


データをとったはいいが正直、読み取れるものは少ない・・・・・w

近いからといって動員が必ずしも増えているわけではないし、天気もまた然り。
天気も地域も関係しているであろうが一番大事なのはやはりピッチ上での内容と結果だ。
好調で良いサッカーをしていれば悪条件でも高い数字を記録している。
さらに+αとしてダービーや直接対決などお互いが好調の時はさらに高い数字が望める。

イベントなども大事だと思うが一番の薬は結果を出して、地元を盛り上げることそれに尽きる。
(まあ、誰も負ける試合は観たくないもんなw)


J2で唯一の1万人超えは良かったですがこれくらいが最低限の数字としていきたいですね。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2012年の総括】個人記録&通信簿

メリークリスマス!!



・個人記録
2012VFK-kojin_data.jpg 


・通信簿
2012VFK-tsushinbo.jpg2012VFK-tsushinbo2.jpg2012VFK-tsushinbo3.jpg


・補強の噂(未確定)

北九州・新井獲得濃厚
→守備できて、ミドルのパンチ力あってパスもそこそこでアンカーでもドイスボランチでも務まる。
 若いですしボランチの選手構成考えれば、臣の控え&後継者として良い補強だと思います。

マラニョンレンタル終了で復帰
→とりあえず蔚山現代へのレンタル終了っていう意味だと思う。
 もしマラニョンが来季甲府と契約するならばダヴィやフェルの方の情報が出てこないとおかしい。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2012年の総括】得点と失点の傾向

今回は得点と失点にフォーカスしていきます。
昨年も書いていますのでよかったら比較にどうぞ)

・時間帯

2012data01.gif


前半開始の最初の10分、終わる10分の失点が少なかったことは非常に良いデータ。
後半はどうしても得点が入りやすい展開になるので仕方ないが前半はよく集中して守っていたと言える。



・試合が動いた後(10分以内)の得失点

得点→得点=5回:5勝

得点→失点=6回:3勝2分1敗

失点→得点=7回=6勝1分

失点→失点=1回:1敗

連続失点はホーム千葉戦のわずか1回
一概には比較できませんが11回もあった昨年より大きな進歩です。


・試合展開

2012data03.jpg

先制した試合:22勝1分1敗=勝率 約92%

先制された試合:2勝7分3敗=敗戦率 約25%

先制した試合の多さと先制しなくても負けない強さがよく現れています。


・得点・失点パターン

2012data03.gif 

63点中セットプレーからの得点は17点=約27%はセットプレーから
→少ないわけではないがCKの多さを考えればもっと取りたい。

得点ではミドルの少なさとサイドからの得点の多さが特徴ですね。

失点では圧倒的にサイドからのクロスが多く
左サイドを破られて、ファーサイドで合わせられるというパターンが一番多かった。

ダヴィに関しては
右足でも左足でも頭でもどこでも取れるのが素晴らしい。

「ダヴィの糞サッカー」と揶揄される事も多いですが得点の85%はワンタッチゴールで
ごっつあんやクロスに合わせるゴールが多かったことをこの場でぜひ訴えたい!!


ダヴィの能力の高さは誰しもが認めるがクロスが合わなければどんなに良いFWでもシュートさえできない。
ゴールに流すだけで済むのは相手の守備を崩しているからで崩せていなければこぼれ球もこぼれてこない。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事