新スポンサー&新ユニフォームデザイン決定!!

2013年ユニフォームサプライヤー・スポンサー及びユニフォームデザイン決定(公式HPより)

【新スポンサー】
住宅業界で近年急速に成長しているアエラホームが新スポンサーとして支援して頂くこととなりました。
もちろん、山梨出身の会社です。
忽那汐里ちゃんがCMに出ている会社ですね~。

全国区のメーカーがスポンサーになってくれるのは甲府にとってありがたいことですね。

某かわいい猫キャラで有名なメーカーや某大型遊園地を運営している会社もこの際どうですか?w

いつかはスポンサーもオール山梨になったらなあ・・・。



【新ユニフォーム】
実物を観ないとまだ評価は出来ませんが・・・(震え声)


旧ユニ                              新ユニ
olduni.jpgnewuni.jpg



 


うん、前の方が・・・・
いや、せっかくミズノのデザイナーさんが考えてくれたんや・・・・(ーー;)


でも、やっぱり・・・横縞はラグビーのユニフォームっぽくて嫌だw


今の所、購入は気が進まないです・・・


ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事

背水の晃樹~再びあの場所へ~

水野晃樹
mizuno-koki2013.jpg
今更、この選手を説明する必要はないだろう。
しかし、彼がどんな思いをもってヴァンフォーレ甲府に加入することになったのかは
サポーターとして一緒に共有したい。


【経歴】
高校時代は目立った結果を残せていないがサッカーファンならだれもが知っているであろう
静岡でも名門中の名門”清水商業”の出身。
昨年、庵原高等学校と統合し、閉校になったとのニュースも記憶に新しい。
卒業後ジェフユナイテッド千葉に加入し、高卒ルーキーながら1年目は7試合出場し、1得点決めている。
その年、U-20代表に選ばれ、翌年にはワールドユース(現U-20W杯)にも出場。

チームは決勝トーナメント1回戦で敗れたが
オランダ戦では平山の得点をアシスト、ベナン戦では直接FKを叩き込むなど
個人では一番目立った活躍をしていた。
(ちなみにこの時のメンバーには、現A代表の中心である本田もいる)

2006年にはナビスコカップのMVP獲得
2007年はチームが低迷するも29試合で9得点8アシストという活躍を残す。
同年3月には21歳でA代表に選出、アジアカップにも出場。
(このときU-22からの飛び級は水野と伊野波のみ。)


とにかく若手有望株の筆頭で当時の評価おそらくは現代表の中心である本田よりも高かっただろう。


転機になったのは2008年1月のセルティック移籍。
北京オリンピックを目前に控えたタイミングでの移籍は相当なリスクを抱えての決断だっただろう。
自身ははやれるという気持ちで移籍しただろうが思いは裏腹に出場機会は全く与えられなかった。
最終予選までは中心選手としてプレーしたU-23でも北京オリンピックのメンバーから漏れ
段々と水野晃樹という名前はサッカーファンの記憶から消えていく。

海外で活躍する本田や長友、香川らが北京オリンピックでの敗戦を機に大きく成長したことを考えると
もし、水野が北京オリンピックに出ていたなら・・・・という考えを今になって巡らせられずにはいられない。

結局、2年半のセルティックでは12試合しか出場機会が恵まれなかった。

2010年、南アフリカW杯が開催されている中、当時J2だった柏レイソルに移籍。
しかしながら、復帰直後の千葉線で前十時靭帯の損傷という全治6か月の大けがを負っいてしまう。
怪我から復帰した2011、2012年ははレアンドロ・ドミンゲスという高い壁が立ちはだかり
満足した出場機会を得られなかった。

今オフに初の0円提示を受け、甲府に入団することと相成った。


【甲府⇒代表】

いくつかのオファーがある中、なぜ甲府を選んだのか?

「甲府に決めた理由は、城福監督をはじめとするスタッフや山梨県全体のサッカーに対する姿勢が熱いことが
1番の決め手となりました」公式サイトのコメントより

「話の場には監督に来ていただき、チームの方針や方向性などいろんな話をしていただきその場でこの人の元で
やりたいと思いこの移籍が実現しました」公式ブログより

理由はいくつかあるだろうがコメントから察するに
城福監督がよくおっしゃる”リバウンドメンテリティ”に共感してくれたということだろうか?

さらにこんな記事も見つけた。

甲府水野2カ年復帰計画「もう1度輝く」


この記事で気になる点は2つ
・複数年契約を交わしたと推測されることと
・柏時代に制限されたドリブル

セルティックでの2年半、柏での3年間・・・・
長い間、貯め続けた不満、怒り、試合に出たいという思い・・・・・

もうため込む必要はないだろう。

その思いを解放するのにここ(甲府)では何も障害はない。

多少、遠回りしたかもしれないがまだまだ遅くはない。

甲府でのプレーは背水の陣かもしれないがもう後ろを心配する必要はない。

再び、日の丸を背負うべく、その準備は甲府の地から始まる。



※久しぶりに真面目に書いたw 真面目に書くって意外と難しい><
つたない文章ですがよろしければ
下のバナークリック、ツィートよろしくお願いしやす<m(__)m>


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013シーズン】新外国人も決まったのでどこよりも早くフォーメーションを考えてみる


レニー選手 新加入内定のお知らせ
ウーゴ選手 新加入内定のお知らせ
新外国人の2人についてはtwitterや各サイトなどで情報や動画が上がっていたのでここでは省きます。

ここでの本題は(物凄く早いのは分かっていますw)
31人の陣容となった2013年甲府のシステム・フォーメーションをどこよりも早く(?)考察します。


・4-2-3-1
2013vfk-formetion_kari3.jpg 
24戦無敗という記録をつくったシステムで昨年からの積み重ねがあり、攻守のバランスが最も良い。
羽生を最も活かすにもこのシステムであるが、ウーゴのポストワークが不可欠。
(ウーゴはどのシステムでも活躍してもらわないと困るが・・・・)
レニーを2列目で起用するには守備へのリスクなど不安が多いはず。


・4-4-2
2013vfk-formetion_kari2.jpg 
レニーがスペシャルな存在であれば2トップも現実味を帯びてくるがブラジル人を2人並べるのは・・・。
さらにFWの層の薄さという問題があり、平本以外にルーキーの河本などが戦力として計算出来なければいけない。
中心選手になるであろう、羽生の不在や点が欲しい場面など限定的であれば可能性はありそう。


・4-3-3
2013vfk-formetion_kari5.jpg  
新井が加入し、アンカーを担える選手が2人になったことで使いやすくなるシステム。
井澤を最も活かすにはこのシステムでもある。
中盤のフィルターがしっかりするのでボールを回したり縦の楔を頻繁に打ち込んでくるチームにはかなり有効。
(昨年の最終戦のように)


・3-4-3
2013vfk-formetion_kari.jpg 
現代サッカーの1つのトレンドであるが、甲府には馴染みのないシステムではあるが
最も層の薄いSBがなくなり、柏・水野がWBとして起用できるのでメリットはある。
3バックが出来るかは別として実力者が並んだCBを有効に起用できるのもこのシステムの特徴ではある。


4つのシステムを書いたが大事なのはどういうサッカーをするかであり、対戦相手のことも考える必要がある。
城福監督が理想と掲げる”ムービングフットボール”なら尚更だ。

レギュラー争いもこれからなのでスタメンとして書いてる名前はあくまでも現時点での僕の見解です。

話のネタにしてもらうくらいのスタンスで書いているのであまり深く突っ込まないで頂きたい(;^ω^)


ちなみに前に書いたA契約などのチーム構成で考えると
A契約と思われる選手が23名(ユース出身堀米含む)

あと2~3名は追加できるので残りの期間に補強は出来ないことはないのでまだまだ分からない。
(と思いたい・・・SB1人欲しい)



冨田大介選手 水戸ホーリーホックへ移籍のお知らせ
次は水戸のお笑い担当ムードメーカーになるようです。頑張れトミダイ!!



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013シーズン】新体制発表!!

遂に2013シーズンが始動です。( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

2013シーズン スタッフ体制及び選手背番号について


2013シーズン クラブスローガン決定のお知らせ

2013 新体制発表記者会見コメント【輿水社長・佐久間GM】

2013 新体制発表記者会見コメント【城福監督】

1次キャンプ(静岡・時之栖)スケジュールのお知らせ

観られてない方はご確認を。


それぞれのコメントを読んでこちらも闘志が湧いてくるというかワクワクした高揚感があります。

外国人選手の発表がなされていないので今ひとつな所はありますがそれ以外は良い補強ができ
2013シーズンのスタートが切れたと思います。
(数年ぶりの大雪ですが・・・・)



新体制発表と同時に永里の移籍先も発表されました。
永里源気選手 ガイナーレ鳥取へ移籍のお知らせ
⇒まさかのチームだけど鳥取良い補強してるなあ。来年台風の目になる?



そういえば新ユニフォームの発表は?
個人的に一番重要なことなんだけど・・・・





にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

水野・青山獲得!!&残すピースは?


水野 晃樹選手 柏レイソルより加入

河田 晃兵選手 ガンバ大阪より期限付き移籍加入
青山 直晃選手 横浜F・マリノスより完全移籍加入
契約更新選手(1月8日現在)のお知らせ⇒福田・堀米


現在、確定している選手は

GK 荻、岡、岡西(大卒)、河田(G大阪レ)
DF 盛田、津田、ドウグラス、林堂、土田(東京V)青山(横浜M)
   福田、佐々木、チェ・ソングン
MF 山本、伊東、保坂、柏、井澤、堀米、三幸、石原、金子(大卒)、新井(北九州)水野(柏)
FW 松橋、河本(大卒ルーキー)、橋爪(大卒)、平本(東京Vレ)

未定 高崎、フェルナンジーニョ、マラニョン(蔚山現代レンタル)、加部(北九州レンタル)

A契約(15人以上~25人まで)
GK 荻、河田
DF 盛田、津田、#ドウグラス、土田、青山、福田、佐々木
MF 山本、伊東、保坂、柏、井澤、※堀米、石原、新井、水野
FW 松橋、平本

現在20名

※ユース出身者はA契約でも3年間は枠には入らない
⇒堀米?4年目だが1年目は確か2種登録なので今年が3年目?ここは不明

#外国人枠(3人+アジア枠1人+在日枠1人)
⇒ドウグラス、チェソングン以外にあと2人獲得できる


A契約の枠でみると最低でもあと5名は獲得できる。
堀米がユース出身者の枠に入れば6名


C契約
GK 岡、岡西
DF 林堂、チェ・ソングン
MF 三幸、金子
FW 河本、橋爪

レギュラー争いに入りそうならこの選手達のA契約の枠も確保する必要がある。


ダヴィの穴を埋める外国人ストライカー2人&日本人ストライカー1人の他に
フェルナンジーニョの退団濃厚に伴う補強で噂にあがっている羽生を獲得できれば打ち止めの可能性が高い。

14日の新体制の発表があるがそれまでにほぼ布陣が固まるでしょう。

補強もいよいよ大詰めです。
(一番大事なとこが決まってませんが・・・・)



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事