【toto予想 結果:613回】J2を制すものがtotoを制す・・・なんてことはなかった

5連続キャリーとか、もうどうなってんの?┐(´д`)┌

こんなの史上初じゃない?

予想の方もJ1をことごとく外してノーチャンス、ちょと波乱を狙いすぎたかな

これだけアウェイチームが勝つのも珍しいね


613回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田532621清水1

2大分212356C大阪10
×
3湘南313138大宮1

×
4鹿島631917F東京1

×
5鳥栖362836名古屋1

×
6甲府151867横浜M1

×
7松本691813長崎10
8富山151768京都

2×
9鳥取452827栃木
02
10北九州292843山形1
2
11岐阜222653徳島

2
12横浜C592616岡山
02
13G大阪602218千葉
02

計64口7/13
2013年通算成績:35/65 平均:7/13=的中率54%
J1的中率:15/39=38% J2的中率:20/26=77%





【1 磐田 5-1 清水】 
ナビスコの静岡ダービー
磐田は代表3人が抜けてるのは痛いが前節は大宮に2-0で勝利しており、良い状態で望めるだろう
対して清水はリーグ戦や前節のナビスコでも攻撃の形があまり見られず、バレーなどの攻撃陣が停滞気味
守備も毎試合失点しており、ここは磐田よりの予想になるのが普通かと・・・
→予想通り、清水はダービーで大敗してここは修羅場だね


【2 大分 1-2 C大阪】 1・0 2  
前節大分は何人かの選手を休ませながら新潟と1-1のドロー、今節は森島らを起用し勝利を目指してくるはず
C大阪は藤本が負傷しており、CBの層が薄い中でさらに厳しい状態になっている
投票率ではC大阪が優位だがこれをおいしいと思ってしまうのがトトラーなのだ
→当たらなければ何にもおいしくはない


【3 湘南 1-3 大宮】 
湘南はハンクギョン、大宮はズラタン、ノヴァコビッチが代表で不在
湘南は胸スポが決まり、この試合に名前が入るか分からないがいまだ未勝利な事と合わせて勝利したいところ
PSMでは4-0で負けてはいるがリーグ戦を闘いながら自身を掴めて来ているのであまり影響はないだろう
攻撃は毎試合得点しており計算は出来るはず、守備も相手のエースがいない、などを考えて十分湘南に勝機はある
→うーん、あの2トップにとも点取られるようでは湘南もきついなあ


【5 鹿島 2-4 F東京】  2   
鹿島は水曜日の試合が休みだったのでコンディション的には優位
さらにF東京は代表で権田、高橋、チャンが不在と控え選手を起用しながら前節は鳥栖にスコアレスドロー
状況的には鹿島の方が圧倒的に優位でホームの利も含めて予想の方向性は決まってくるはず
→試合には負けるし、大迫も怪我するし、鹿島もまだまだ完成度がいまいちのようだね

【5 鳥栖 1-2 名古屋】
  0 
前節は豊田、藤田ら中心選手を休ませF東京とスコアレスを演じた鳥栖
対して名古屋は多くの主力を出場させながら、途中で藤本が負傷するなどもあって中2日で同じメンバーを
起用するとは思えない
投票率はどこも偏っていないがここは自信を持って鳥栖勝利の予想でよかろう
→あらまあ・・・鳥栖はリーグ戦やる気ないのけ?


【6 甲府 0-2 横浜M】  2
前節は主力を多く入れ替えながら苦手な清水と1-1のドロー
良い内容の試合をしながら勝利が奪えていない状況だけにこの試合は勝利を狙ってくるはず
清水戦で途中交代した土屋の状態は不明で新外国人オルティゴサはさすがに出場しないと思われる
横浜Mは唯一公式戦4連勝を達成しており好調だが、得点減のマルキーニョスが出場停止
中村や中澤、ドゥトラなど30後半の選手が中2日でアウェイの試合に出るかはかなり懸念があるだろう
ここは客観的に観ても甲府よりの予想は波乱狙いとは言えない
→マリノス強すぎ、しかも何で選手入れ替えないの?


【7 松本 1-1 長崎】 1・ 
まずまずのスタートを切った松本はホームに長崎を迎える
アウェイでは2勝1分と結果は出ているのでホームでも勝ち点3をとり、多くのサポーターと喜び合いたい
長崎は前節富山に勝利しJ初勝利となったが中3日で長距離移動
しかもアウェイ感をかなり感じる松本との対戦は厳しい戦いになると予想される
→おk、おk。なぜか松本はホームでなかなか結果を出せない印象がある


【8 富山 1-0 京都】  1 
前節長崎に初勝利を献上した富山は神戸を4-1と破り勢いにのってるであろう京都との対戦
過去2年間の師弟対決は富山の1勝3分と弟子に軍配が上がっているがそろそろ師匠の意地がみたいところではある
さらに4試合で9得点と攻撃陣も好調で戦力差も考えて順当に京都が勝利する可能性は高いと思われる
→えー、今年なら勝てると思ったのに・・・安間さんやるなあ


【9 鳥取 1-1 栃木】 ・2 
昨季は残留争いに巻き込まれた鳥取だが現時点で勝ち点8の3位につけている
栃木は今期こそ昇格を狙っているはずだが現時点で17位とスタートダッシュは失敗
過去の2年の対戦成績は栃木が8得点1失点の3勝1敗と相性の良さを見せている
ただ鳥取も非常に好調でホームを迎えることは考慮したい 予想は0・2
→いいね、こういうドローを狙って当てれるのは嬉し


【10 北九州 1-2 山形】 1・
北九州は前節東京V1-1のドロー、山形は栃木に2-1で勝利
山形はアウェイで2連敗スタートで心配されたがホーム2連戦できっちり連勝して最悪のスタートを回避
昨季始めて対戦となったが2試合とも1-0で山形が勝利
戦力的にみても山形が優位であろうが中3日で山形から北九州の長距離移動は厳しいはず
逆にホーム2連戦で戦える北九州は優位 予想としては両天秤の1・2
→前回に続いて今回も両天秤予想が当たったw 


【11 岐阜 0-1 徳島】 
4戦連続得点がない岐阜はドロー2つあるものの最下位は必然か
対する徳島は前節福岡に2-1で勝利し、今季初勝利を飾った
過去の対戦成績は5勝2分5敗と互角だがここ2年は徳島が3勝1分と相性の良さを見せてる
→徳島よく勝ちきった、でも岐阜は5戦未だ得点なしはきついね


【12 横浜C 0-1 岡山】 0・ 
強力な前線を揃える横浜FCは2戦連続無得点とやや消化不良なゲームが続いている
対して岡山も4戦連続ドローとこちらも不満の残るゲームが続いている
投票率が横浜FCに偏っているのが謎でこれはある意味予想しやすくなるデータw
そろそろ岡山が勝利するだろうってことで岡山よりの予想
→我ながら完璧な予想じゃないですかw


【13 G大阪 1-1 千葉】 ・2 
注目の一戦
前節でもそうだったようにガンバは相変わらず守備がぴりっとしない
千葉は守備の安定感は抜群だが前線が入れ替わったのもあってまだ安定した戦いは出来ていない
遠藤、今野らが不在している影響も含めてガンバ外しは投票率的にもおいしい予想になるはず
→妥当な結果かな


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013 ナビスコカップ第2節:横浜M戦 】これが真のJ1の強さか・・・

 完敗すぎて悔しいね

これまでの戦った相手は同じJ1のチームだったのかと疑うほどに・・・・

とりあえず振り返りましょう


【最大値を出させない攻防】
この日は柏を温存し、堀米が初先発
水曜日に出ていなかったまたは出場時間の少なかった羽生、金子、井澤を中盤で起用

もちろん今は選手の組み合わせやコンディションを考慮して勝利が決して重要な試合ではないが
このチョイスは明らかに甲府にとって悪手だった

マリノスの強みはこの試合でも明らかだったように連動したプレスとボール奪取にかけた選手の多さ
パスの出し手にもプレッシャーをしっかりかけ、待ち構えたところにボールを出させてしっかりそれを奪い取る
甲府をどれだけ分析してきたかは分からないがセレッソ戦の様に前からプレッシャーをかけてくるチームに甲府は弱い

中盤で細かくつなぐのは甲府の1つの長所だが後ろからの配給が滞ると一気に良さが出なくなる

ただ、受け手の方も中澤、ファビオ、富澤にボールをキープする時間も与えられずことどとく奪われた

金子がなんとかスペースにでてボールを受けるもフィジカルで負けてしまい
ウーゴも疲れがあるのか自分のプレーを出来ずにイライラして起点になれなかったことも少なからず影響した

マリノスは自分たちの土俵で最大値が出せるところに相手から来てくれているのでこれ以上楽な事はなかったはず

その中核を担っていたのが中町と富澤のボランチ

最終ラインが安定しており、バイタルで甲府の選手をマークする必要がなかったため
この二人がどんどん自分のエリアから前に出てプレッシャーをかけてきた

シンプルな事だけど恐ろしく高いレベルで隙を作らずに実行するこの二人は素晴らしかった


さらにこの二人の献身的なプレーは俊輔を自由にプレーさせる要因にもなっていた

ボールを高い位置で奪えるので俊輔はほとんどトップ下という位置にこだわらず
自由にポジショニングして攻撃に専念できた

このことが俊輔をつかまえ切れなかった要因にもなっており、甲府が注意しなければいけないことであった

ただ、これは1つの戦術の要素であって俊輔を抑えようとしてもおそらく抑え切れなかったはず

俊輔を抑えるには、中町と富澤を後ろに前に出させないようにしなければいけないし、この二人を自陣に残すには
前線が裏をとって相手を押し込まなければいけない

全ての選手が戦術のもとオートマチックに動き、組織的にプレーし攻守にハードワークしなければ出来ないサッカーで
あれに太刀打ちできるすべは怪我人の多さも含め、そんな引き出しは甲府にはなかったかもしれないが
自分達の最大値が出させなくても相手の最大値を出させない何かしらの策が必要だったのは否めない

誰かが出ていなかった、惜しいチャンスを外したそういうレベルでなかったことは間違いない





2013_cup_kofu-yokohamaM2.jpg

【個人寸評】

河田・・・5.0
フィードの良さを出せる試合だったのに判断を間違える場面があり残念だった
やや守備範囲の狭さが気になる

福田・・・5.0
斎藤にあっさりクロスをあげられ1失点目の要因に、2失点目は中町のマークが甘くなり競り負ける
個人技に優れる選手への対応も今後の課題だ

盛田・・・5.0
つなぐところと蹴るところの判断が遅く、取られたら危ないシーンが目立った

津田・・・5.0
藤田への起点は押さえられたと思うがセットプレーで中澤へのマークが甘かった

松橋・・・5.0
厳しいプレッシャーに技術のなさが目立った
1失点目のシーンも兵藤をフリーにさせてしまった

佐々木・・・5.0
相手のボランチの圧力に押されセカンドもなかなか拾えなかった

井澤・・・5.0
フィジカルの弱さを露呈した

堀米・・・5.0
羽生へ一本惜しいパスがあったがそれ以外ではほとんどいいところ出せず

羽生・・・5.5
劣勢になりボールもなかなか出せず

金子・・・5.0
今までの相手はファールをしてくれたがこの日はファールも取れずにボールを奪われた

ウーゴ・・・5.0
ボールがなかなか回ってこず、イライラする場面も
中澤、ファビオに起点を作らせてもらえなかった

柏・・・5.5
柏が入ったことで多少、動きが出たがそれもすぐに終わってしまった
シュートを2本ほど打ったがどちらも威力がなかった

河本・・・6.0
今日唯一ポジティブな評価を与えられると言っていいかもしれない
金子より足腰の強さがあり、なんとか起点になろうと奮闘していた

平本・・・5.5
チームが劣勢でなかなか良い位置でボールはもてなかったがチャンスを作る場面も

城福監督・・・5.0
怪我人が出ていることも踏まえ選手を入れ替え、組み合わせを見極めている段階なので
采配が限られるのは致し方ないが流石にこれだけの完敗は責任がないとは言えない
大きくを変える必要はないがある程度、J1レベルのものさしが出来たのではないだろうか?
これくらいのチームに勝利して初めて”プロヴィンチアの象徴”と言うテーマに近づく


※ナビスコなのにあんなにサポが来るとは・・・・ピッチ内外で良い教えを貰ったね
ショックは大きいがこの敗戦を糧に、一歩ずつ進むべし!!良い目標が出来た


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府

ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 





関連記事

なんかパラグアイから凄いの来ちゃった?

オルティゴサ選手 加入のお知らせ (公式サイトより)

オルティゴサ選手 加入! (公式ブログより)

【甲府】元パラグアイ代表FWオルティゴサ獲得 (報知より)

元代表とありますが年齢を考えればバリバリの現役と言っていいでしょうでしょうね。
年齢的に引退したとかではなくクラブでの出場機会がなかった為、呼ばれていないってことでしょう。

南アフリカW杯後のキリンカップで対戦したときも来日にしたそうです。

正直なんでこんな選手来ちゃったのって感じですが
どうやら、中国のクラブと契約解除になった時とレニーの契約解除が同じタイミングだった事が
この契約を成立させようですね。

オルチ(オルティゴサの愛称)は移籍先を甲府はレニーの後釜を・・・・・

中国のおこぼれ最高!!

ただ、前評判や過去のプレー集ほど当てにならないものはないので早く実践のプレーを観たいですね。

いやー、1年で2回もワクワクさせるなんて今年の強化部はъ(゚Д゚)グッジョブ!!



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【toto予想 :613回】波乱続出の2013年、最初に高額当選するのは誰だ!?

4連続キャリーでその額はなんと3億を越しました ゚(∀) ゚ エッ?

必死にお金を回そうと奮闘している安部総理さんもびっくりな停滞ぶりですw

J1勢は中2日ですが水曜日の試合で各チームのナビスコへのアプローチや選手構成も掴めたと思います

J2は今年も混戦の模様でまだまだ安定した試合をしてるところは少ないですが序列は徐々に見えてきました

そろそろ波乱も収束するはずでたまりに溜まったキャリーが吐き出されるはず

今度こそ、買い時!!今買わなきゃいつ買うの? 


613回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田532621清水1


2大分212356C大阪10

3湘南313138大宮1


4鹿島631917F東京1


5鳥栖362836名古屋1


6甲府151867横浜M1


7松本691813長崎10

8富山151768京都

2
9鳥取452827栃木
02
10北九州292843山形1
2
11岐阜222653徳島

2
12横浜C592616岡山
02
13G大阪602218千葉
02

計64口
2013年通算成績:28/52 平均:7.0/13=的中率54%
J1的中率:14/33=42% J2的中率:14/19=74%






【1 磐田vs清水】 
ナビスコの静岡ダービー
磐田は代表3人が抜けてるのは痛いが前節は大宮に2-0で勝利しており、良い状態で望めるだろう
対して清水はリーグ戦や前節のナビスコでも攻撃の形があまり見られず、バレーなどの攻撃陣が停滞気味
守備も毎試合失点しており、ここは磐田よりの予想になるのが普通かと・・・


【2 大分vsC大阪】 1・0  
前節大分は何人かの選手を休ませながら新潟と1-1のドロー、今節は森島らを起用し勝利を目指してくるはず
C大阪は藤本が負傷しており、CBの層が薄い中でさらに厳しい状態になっている
投票率ではC大阪が優位だがこれをおいしいと思ってしまうのがトトラーなのだ


【3 湘南vs大宮】 1 
湘南はハンクギョン、大宮はズラタン、ノヴァコビッチが代表で不在
湘南は胸スポが決まり、この試合に名前が入るか分からないがいまだ未勝利な事と合わせて勝利したいところ
PSMでは4-0で負けてはいるがリーグ戦を闘いながら自身を掴めて来ているのであまり影響はないだろう
攻撃は毎試合得点しており計算は出来るはず、守備も相手のエースがいない、などを考えて十分湘南に勝機はある


【5 鹿島vsF東京】    
鹿島は水曜日の試合が休みだったのでコンディション的には優位
さらにF東京は代表で権田、高橋、チャンが不在と控え選手を起用しながら前節は鳥栖にスコアレスドロー
状況的には鹿島の方が圧倒的に優位でホームの利も含めて予想の方向性は決まってくるはず

【5 鳥栖vs名古屋】
 
前節は豊田、藤田ら中心選手を休ませF東京とスコアレスを演じた鳥栖
対して名古屋は多くの主力を出場させながら、途中で藤本が負傷するなどもあって中2日で同じメンバーを
起用するとは思えない
投票率はどこも偏っていないがここは自信を持って鳥栖勝利の予想でよかろう


【6 甲府vs横浜M】 
前節は主力を多く入れ替えながら苦手な清水と1-1のドロー
良い内容の試合をしながら勝利が奪えていない状況だけにこの試合は勝利を狙ってくるはず
清水戦で途中交代した土屋の状態は不明で新外国人オルティゴサはさすがに出場しないと思われる
横浜Mは唯一公式戦4連勝を達成しており好調だが、得点減のマルキーニョスが出場停止
中村や中澤、ドゥトラなど30後半の選手が中2日でアウェイの試合に出るかはかなり懸念があるだろう
ここは客観的に観ても甲府よりの予想は波乱狙いとは言えない


【7 松本vs長崎】 1・0 
まずまずのスタートを切った松本はホームに長崎を迎える
アウェイでは2勝1分と結果は出ているのでホームでも勝ち点3をとり、多くのサポーターと喜び合いたい
長崎は前節富山に勝利しJ初勝利となったが中3日で長距離移動
しかもアウェイ感をかなり感じる松本との対戦は厳しい戦いになると予想される


【8 富山vs京都】 
前節長崎に初勝利を献上した富山は神戸を4-1と破り勢いにのってるであろう京都との対戦
過去2年間の師弟対決は富山の1勝3分と弟子に軍配が上がっているがそろそろ師匠の意地がみたいところではある
さらに4試合で9得点と攻撃陣も好調で戦力差も考えて順当に京都が勝利する可能性は高いと思われる


【9 鳥取vs栃木】 0・2 
昨季は残留争いに巻き込まれた鳥取だが現時点で勝ち点8の3位につけている
栃木は今期こそ昇格を狙っているはずだが現時点で17位とスタートダッシュは失敗
過去の2年の対戦成績は栃木が8得点1失点の3勝1敗と相性の良さを見せている
ただ鳥取も非常に好調でホームを迎えることは考慮したい 予想は0・2


【10 北九州vs山形】 1・2
北九州は前節東京V1-1のドロー、山形は栃木に2-1で勝利
山形はアウェイで2連敗スタートで心配されたがホーム2連戦できっちり連勝して最悪のスタートを回避
昨季始めて対戦となったが2試合とも1-0で山形が勝利
戦力的にみても山形が優位であろうが中3日で山形から北九州の長距離移動は厳しいはず
逆にホーム2連戦で戦える北九州は優位 予想としては両天秤の1・2


【11 岐阜vs徳島】 
4戦連続得点がない岐阜はドロー2つあるものの最下位は必然か
対する徳島は前節福岡に2-1で勝利し、今季初勝利を飾った
過去の対戦成績は5勝2分5敗と互角だがここ2年は徳島が3勝1分と相性の良さを見せてる


【12 横浜Cvs岡山】 0・2 
強力な前線を揃える横浜FCは2戦連続無得点とやや消化不良なゲームが続いている
対して岡山も4戦連続ドローとこちらも不満の残るゲームが続いている
投票率が横浜FCに偏っているのが謎でこれはある意味予想しやすくなるデータw
そろそろ岡山が勝利するだろうってことで岡山よりの予想


【13 G大阪vs千葉】 0・2 
注目の一戦
前節でもそうだったようにガンバは相変わらず守備がぴりっとしない
千葉は守備の安定感は抜群だが前線が入れ替わったのもあってまだ安定した戦いは出来ていない
遠藤、今野らが不在している影響も含めてガンバ外しは投票率的にもおいしい予想になるはず


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:612回】4連続キャリーで繰越金は3億を越す!

 はい、やっぱりナビスコは難しいね(ノД`)

ドローが7個とか絶対無理だわw

これで4戦連続キャリー発生となり、繰越金は3億を超えました・・・・

次もナビスコですがこれはいつまで続くのでしょうか?

アベノミクスでお金回すんじゃないの?どうなってんのこれw




612回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1清水582121甲府

2×
2新潟453025大分1

×
3F東京572023鳥栖1

×
4大宮432532磐田
02
5名古屋452135C大阪

2×
6横浜M661717川崎

2×
7山形532423栃木
02×
8京都352441神戸

2
9熊本141571G大阪
02
10札幌552322松本10
×
11徳島232057福岡1
2
12岡山393031水戸1

×
13北九州292249東京V
02

計64口5/13
2013年通算成績:28/52 平均:7.0/13=的中率54%
J1的中率:14/33=42% J2的中率:14/19=74%






【1 清水 1-1 甲府】  0 
ナビスコでは若手を上手く起用しながら結果を残す清水だがチームの状況は決してよくない
甲府は清水を苦手としているが開幕から良い内容できているだけにナビスコとはいえ勝ちたいところ
データ的には清水が優位だがあえてそれを逆手にとって波乱狙い
→データは清水、今の状態は甲府、間をとってドローが正解だったか?



【2 新潟 1-1 大分】  0  
同じく内容では5分5分以上の試合をしながら結果が出てない新潟
ターンオーバーをしても前線は期待の若手がおり、期待できる
→ここもドローかあ、大分も結構しぶとい


【3 F東京 0-0 鳥栖】  0 
代表で高橋と権田が抜けるが圧倒的な戦力をもつF東京ではあまり影響ないだろう
鳥栖は昨年のようにリーグ一本に集中するような感じであればあまり期待できそうにない
予想としてはF東京を中心に考えていいだろう
→F東京は戦力入れ替えてもやれると思ったんだけど・・・


【5 大宮 0-2 磐田】 0・   
大宮はズラタン、ノヴァコビッチと2枚看板の2トップが代表で不在
磐田も前田、伊野波、駒野が代表で抜けており、どちらも中心選手がいない状況
どちらかといえば2トップがそっくり抜ける大宮の方が厳しいかなと予想
→大宮も結構チャンスあったけどGKが良かった、予想的には○


【5 名古屋 1-1 C大阪】
  0  
名古屋の状況がとにかく厳しい
開幕3連勝で楽しみな若手も多いC大阪の方がモチベーションも高そう
→ここもドローが必要かあ、公式戦4連勝は厳しいか


【6 横浜M 1-0 川崎】  1
リーグ戦では好調の横浜Mだがベテランが多く中3日は厳しそう、控えの若手も実績の少ない選手が多く未知数
川崎はまだ3節終わった段階だが再開ということでなんとかナビスコで流れを変えたい
憲剛不在は大きな痛手であろうがモチベーション的に横浜Mを上回るとみた
→4連勝はこっちだったか・・・、川崎は選手揃ってるのになかなか結果でないね


【7 山形 2-1 栃木】 0・2
アウェイ2連戦を連敗してしまった山形だが前節はホームできっちり長崎に勝利し、ホームで2連勝といきたい
栃木は松本、札幌、千葉と手ごわい相手に1勝1分敗とまずまずのスタートだがもう少し勢いの出る試合と結果が欲しい
攻撃的なサッカーを志向する一方でやや失点が多くなっている山形なので栃木のカウンターがはまる可能性は高い
予想はドロー考慮の0・2
→山形はホームで強いなあ、戦術的な引き出しは山形の方が上だったか



【8 京都 4-1 神戸】   1
注目の一戦
狭いスペースを高いテクニックとパスワークで攻略していく京都に対して神戸は組織的な守備から
前線のタレントがダイナミックに攻撃を仕掛ける
昇格を狙う同士の対戦なのでどっちが勝ってもおかしくはなさそうだが神戸シングル勝負でいってみる
無失点での3連勝は伊達ではない
→これは予想外だけど神戸を過大評価しすぎたというか京都を過小評価してたかな


【9 熊本 2-2 G大阪】 ・2 
前節は風の影響を味方して松本に勝利し、なんとか3連敗スタートは免れた
対するガンバは1勝2分と悪いスタートではないが評判どおりの実力差を見せているわけではない
注目はやはり遠藤、今野が抜けた影響
おそらく、熊本は守備に重きをおいて試合に臨むであろうから攻撃のタクトを振るう選手が不在となれば
停滞する可能性もありうる、予想としてはガンバ本命は変わらないがドローも視野にいれたい
→ここは改心の良そうだったけど、守備の悪さでドローがあった感じ?


【10 札幌 1-2 松本】 1・0 2  
前節は神戸に完敗した札幌、チーム力の差を大いに感じてしまっただろう
とくに攻撃は3試合でわずか1得点と得点力に物足りなさを感じる
松本はアウェイ2連戦を1勝1分と悪くないスタートだったが前節のホーム開幕戦で敗れたのは惜しかった
予想はドロー本命でホームの札幌を押さえる
→アウェイでは良くなる松本は何かしら理由があるんだろうなあ


【11 徳島 2-1 福岡】 ・2
前節は北九州に破れ、1分2敗スタートになってしまった徳島
対する福岡は2勝1敗スタートと新指揮官を迎えたチームにまずまずの出だしとなった
攻撃にタレントがそろっている徳島に対して守備へのアプローチからチームの基盤をつくっている福岡
ホームの利を活かせば1、カウンターが決まれば2
→珍しく両天秤予想が当たったw


【12 岡山 1-1 水戸】  0 
3試合連続ドローと悪くはないがそろそろ勝利が欲しい岡山
対する水戸はホーム2連戦を1勝1分とまずまずのスタートを切ったが前節は鳥取に1-3で敗北を喫した
両クラブとも守備はある程度計算できると思われるので堅い試合になると予想される
焦点は岡山が勝ちきれるか
→やっぱりこうなったか、岡山はちょっと苦しいなあ


【13 北九州 1-1 東京V】 ・2 
三浦監督が昨年まで指揮した北九州vs現在指揮している東京Vとの対戦
因縁めいたものがあるのか分からないがどちらにとってもやりにくい対戦であろう
北九州は前節、徳島に勝利して勢いにのっており、東京Vはまだ勝利がなく、是が非でも勝ち点3を狙ってくるであろう
戦力的には東京Vの方が上と見るが北九州もかつての指揮官にモチベーションも高いはず
予想としては0・2
→どっちが勝ってもおかしくはなかったけど結果的にドローで落ち着く



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事