【toto予想 結果:620回】当選数は僅か2口

今回も約3,400万の高額当選

J1終わった時点でキャリー来るかなと思ったがJ2が順当で結局2口出ました

それでも例年に比べればホントに波乱が多いです

とりあえず3等くらいまではもう少しなので当てたいですね


620回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1川崎322246仙台

2×
2鳥栖382537
02
3磐田271855広島1

×
4鹿島671716甲府

2×
5新潟171568横浜M10
6F東京272251名古屋1

7清水342442C大阪
02
8大宮312442浦和10
9湘南422929大分

2×
10山形691714熊本1

11栃木671815岐阜10
12岡山701614群馬1

13北九州373033水戸
02

計64口9/13
2013年通算成績:70/117 平均:7.7/13=的中率60%
J1的中率:39/73=53% J2的中率:31/42=74%







【1 川崎 4-2 仙台】  1  
リーグ戦未勝利の川崎は是が非でも勝利が欲しい一戦だが憲剛、大久保を欠くことが濃厚になっており厳しい状態
仙台は前節、角田が復帰し、フル出場に1得点できたことは良かったが富田、田村の状態が良くなく出場も微妙
意外と投票率が偏っていないこのカード、確かに川崎は名前負けしていないがこれは以外
では素直に予想は仙台のシングル
→あらー、シンプルなカウンター&レナト無双、でも仙台も良くなかった

【2 鳥栖 0-3 柏】 0・  
前節は広島に0-2で敗れた鳥栖は持ち味の守備が今年は安定感を欠いてるようで公式戦6試合勝利がない
柏もレアンドロや狩野といった攻撃の駒を欠いている状態で前節は甲府に1-3で敗れた
投票率も5分でみなさん迷われている模様
確かに悩むカードだが管理人はネルシーニョが修正してくると予想して柏よりの予想
→ダブルはもったいなかった、鳥栖は今年失点が多いね

【3 磐田 0-2 広島】  2   
川崎と同じくリーグ戦では未勝利の磐田は前節負傷交代したウヨンの状態が気になる
戦術上のキーマンであるため、不在となれば影響は小さくないだろう
広島も森崎浩を欠く状態ではあるがチームとしてのパフォーマンスは安定しており、得点減である寿人の調子も良い
普通に考えれば広島よりで良さそうだが逆に磐田がここまで勝てないのは考えにくい
ホームに強い磐田だし、ここはちょい波乱を狙ってみる
→いくら内容は良くてもそろそろやばいね


【4 鹿島 0-0 甲府】  0     
公式戦4連勝の鹿島に対し、甲府も3連勝と好調同士の対戦
ダヴィの良し悪しを把握してい指揮官やクラブにダヴィが恩返し出来るかも焦点 
クラブの伝統には大きな差があるのは確かでそこが影響してるのか投票率は何故か偏っている
対戦成績自体は鹿島の4勝1分3敗とあまり差がなく、甲府サポでなくとも波乱を狙ってるのも面白い
もちろん管理人は甲府シングルである
→残念ながら2の可能性は一番少なかった


【5 新潟 1-0 横浜M】 ・0  
良い内容でも勝てなかったのが個々最近は内容も悪くなってきている新潟、今節の対戦相手は6連勝と絶好調の横浜M
ただ、横浜Mも俊輔と富澤の状態が良くないらしく、欠場の可能性が出てきている
ここの(投票率の)偏りは納得できるが数々の波乱を起こしてきた新潟ホームならギャンブルに出るのもあり
前節もう新潟には期待しないと書いたが早くも前言撤回
→俊輔出てたけど、流石魔境と呼ばれるだけの事はある

【6 F東京 3-1 名古屋】 
リーグ戦4連敗と調子を落としているF東京だが全て1点差のゲームであり内容もそこまで悪いわけではない
対する名古屋は3勝1分と好調で特に4試合のうち3試合が無失点と守備に安定感が出てきた
F東京にも期待を裏切られてばっかりだが今週も貫く
→よし、貫いてよかった。でも闘利王、あのハンドはないよw

【7 清水 1-1 C大阪】 ・2 
前節ダービーに勝利した清水は周囲の雑音はとりあえずおさまったであろう
今節は高木が出場停止で6試合5得点の攻撃にやや不安を抱える
C大阪は3試合勝利から遠ざかっており、例年のような攻撃の爆発力があまり見られない
ただ、今年のC大阪はロースコア勝負に強い気がする・・・・予想もC大阪より
→まあ、結果オーライ。ロースコアになることも想定済み

【8 大宮 1-0 浦和】 ・0 
今節最大の注目カード、これだけ楽しみな埼玉ダービーは過去にないだろう
ポゼッションに長ける浦和に対してハードワークな守備に長ける浦和、戦術的に興味の尽きない一戦
ただ、大宮は高橋が出場停止でホームでの浦和との対戦成績は1勝3分8敗と分が悪い
無敗記録の掛かった大宮を浦和が止めるか、はたまた新記録樹立に一役かってしまうか
予想はドロー本命で勢いのある大宮を押さえる
→大宮つえー、流石にレッズもなす術なかった

【9 湘南 2-1 大分】  1 
リーグ戦未勝利同士の対戦であり同じ昇格チーム同士の対戦と言うことで熱い試合になるのは間違いない
前線のカタチは異なるが3バック対決でどちらがサイドで優位に立てるかが鍵になるだろう
前線の高松、森島が好調な大分の方がやや有利とみるが果たして・・・
→大分はこれで精神的にもきつくなってきた。逆に湘南はこれから要注意だ


【10 山形 1-0 熊本】 
G大阪、東京Vに連敗した山形、ホームでは強さをみせるだけに下位相手にきっちり勝っておきたい所
熊本は黒木、五領、藤本、藏川が一斉に離脱してしまい、仲間も出場停止と厳しい日程の中で苦しい台所事情
ここの予想は山形で良いかとロメロの出場停止はちと気になるが・・・・
→雪の中の試合だったが結果は順当


【11 栃木 2-0 岐阜】 ・0 
6位とまずまずの位置につけている栃木、最下位相手にホームでは勝ち以外認められないだろう
対して岐阜は前々節松本に勝利したものの、前節富山に敗れてしまい順位も最下位を脱出できない
J1クラブから若手を獲得し、怪我人が出ていた中盤の穴埋めを図ったがまだそれが結果に現れるのは先と予想する
一応、ドローは押さえる
→ここらへんでドローがあればキャリーになったんだろうけど岐阜には荷が重かったか


【12 岡山 2-0 群馬】  
終盤の失点で京都から勝利を奪えなかった岡山だがいまだ負けなしで順位も4位とチーム状態は悪くない
厳しい日程ながらホーム2連戦と21位に沈む群馬にはきっちり勝利して上位を追いかけたい
→効率の良い攻めで岡山が勝利


【13 北九州 0-2 水戸  0・ 
柱谷ブラザーダービーw
今季、先制した試合を全て落としている北九州、チームも一新した影響か経験のなさが響いている
対して水戸は前節ホームで千葉に2-0で快勝しており、今季も癖ものっぷりを見せ付けている
ここは予想が難しいカードだが弟が監督経験の差を見せて勝つと予想
でもドローを押さえるのは必須かな
→予想通り、水戸はこれで3連勝


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013 J1第7節:鹿島戦】河田の活躍もあり、なんとか勝ち点1を持ち帰る

うーん、河田に助けられた試合でしたね

ダヴィを抑えるというこの試合の大きなテーマの1つはある程度クリア出来たが
柴崎、小笠原を中心とした落ち着いたボールポゼッションに高い位置で奪えなかった

サイドから決定機を何回か作り出せたのはよかったが
中盤でのプレスがあまりかからず、ラインが下げざるを得ない状況になってしまい、終始苦しい試合展開でした

個々のプレーもミスが目立ち、試合内容としてはあまり良いものではなかったです

でも、そんな悪い内容でも勝ち点1をアウェイで取れたことは次につながる試合だったとも言えますので
この結果をポジティブに捉え、次のマリノス戦に向かっていって欲しいです




2013_kashima-kofu2.jpg


【個人寸評】

河田・・・6.5
珍しくフィードはいまいちだったがセービングは非常に安定していて劣勢のチームを救った

福田・・・6.0
前半は何度か崩しの起点になったが後半はあまり上がる回数も少なかった

青山・・・6.5
ダヴィを封じ込めこめるという難しいミッションをこなした

土屋・・・6.5
玉際の強さで強力な前線に極力自由を与えなかった

松橋・・・5.5
後半唯一の決定機を作り出したが守備に回ることが多かった

佐々木・・・5.5
ミスもあったり前節のような攻撃面での仕事は出来ず
守備でも巧みなポゼッションに高い位置で奪えなかった

山本・・6.0
展開はまずまずだったが中央よりによる相手のサイドハーフを捕まえきれなかった

羽生・・・5.0
ミスも多く、精細を欠いた

柏・・・6.0
サイドでの1対1は当たり前のように通用するようになってきたのであとは決定力

ウーゴ・・・5.5
惜しいミドルは1本あったが岩政に競り負けることが多く起点になれなかった

平本・・・6.0
前半は前線からのプレスや縦の推進力で存在感を見せたが後半は消えている時間の方が多かった

オルティゴサ・・・6.0
劣勢の展開の中、一人で打開しようとする姿勢は光るものがあった

水野・・・5.5
守備に回ることが多く、持ち味のクロスを上げる場面は皆無だった

井澤・・・-
出場時間乏しく採点不可

城福監督・・・5.5
最後のところで踏ん張ったが相手のボールポゼッションと中央にポジショニングするサイドの対応に苦労した
あとは、後半になるとボールを運べなくなる展開が多いのでそこも改善したい



※甲府サポの大半は終盤、一昨年の試合が頭によぎったでことでしょうw


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【2013 J1第7節:鹿島戦 前日情報】ダヴィとの再会

【予想スタメン】
2013_kashima-kofu_zen.jpg

甲府
前節に引き続き同じイレブン

鹿島
大迫が先発復帰し、本山はベンチから
サイドはジュニーニョと野沢が濃厚
ボランチと最終ラインはほぼ不動で左SBのみ前野か中田どちらかの選択になると思われる


【強力な前線を揃えるが守備には付け入る隙あり!】
ダヴィ、大迫の2トップに加え、中盤のジュニーニョと野沢
さらにボランチから柴崎、サイドから西らがあがってくるなど攻撃面は非常に強烈

特に甲府側から考えれば昨年昇格の原動力になったダヴィの怖さは鹿島の選手達よりも知っているつもり

強引なドリブル突破やゴール前の嗅覚、前線からのプレスも欠かさず、ハングリーにゴールを奪う姿勢

その中でも甲府の選手や城副監督はこぼれ球への反応を最も警戒している

フィジカルを生かしたドリブル突破や前線からのプレスはある程度、対策できるが
何故かゴール前でダヴィの足元に転がってくるあの嗅覚は防ぎようもないところがある

ハイラインのコンパクトネスはこの試合に限ったことではないがいつも以上に徹底していきたい

とはいえ、90分間の中でも流れによってはゴール前に張り付いて守備をせざるを得ない状況も出てくるだろう

柏戦では土屋、青山を中心として跳ね返し続けたがその収穫はこの試合にもしっかりみせてもらいたい


強力な攻撃に対して守備は大いに付け入る隙があると思っている

野沢、ジュニーニョの中盤はそこまで守備が上手くなく
柴崎、小笠原もボールハントを必ずしも持ち味にしている選手ではない

それはデータでもしっかり出ている

岩政、青木が組む中央のブロックは強固だがそれ以外では甲府も十分やれるんじゃないかとみている

特に野沢はありばいな守備が多く、こちらのサイドはねらい目であろう


鹿島といったら、落ち着いた試合運びや勝負強さが伝統的で
クラブとしての経験の差は比べ物にならないが、こちらが先行すればそうはいってられない

柏戦のようにまずは相手の出鼻を挫いて、自分達のペースで試合を進めたい


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :620回】投票率=勝つ確率ではない

もう何度も申し上げていることですが投票率は全く当てになりません

裏をかくという意味で目安にはなりますが投票率が高いからといって勝つ確率が高いとは言い切れません

今週もそんな回になるんじゃないかと 



620回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1川崎322246仙台

2
2鳥栖382537
02
3磐田271855広島1


4鹿島671716甲府

2
5新潟171568横浜M10

6F東京272251名古屋1


7清水342442C大阪
02
8大宮312442浦和10
9湘南422929大分

2
10山形691714熊本1


11栃木671815岐阜10

12岡山701614群馬1


13北九州373033水戸02

計64口
2013年通算成績:61/104 平均:7.6/13=的中率59%
J1的中率:34/66=52% J2的中率:27/38=71%






【1 川崎vs仙台】 
リーグ戦未勝利の川崎は是が非でも勝利が欲しい一戦だが憲剛、大久保を欠くことが濃厚になっており厳しい状態
仙台は前節、角田が復帰し、フル出場に1得点できたことは良かったが富田、田村の状態が良くなく出場も微妙
意外と投票率が偏っていないこのカード、確かに川崎は名前負けしていないがこれは以外
では素直に予想は仙台のシングル


【2 鳥栖vs柏】 0・2  
前節は広島に0-2で敗れた鳥栖は持ち味の守備が今年は安定感を欠いてるようで公式戦6試合勝利がない
柏もレアンドロや狩野といった攻撃の駒を欠いている状態で前節は甲府に1-3で敗れた
投票率も5分でみなさん迷われている模様
確かに悩むカードだが管理人はネルシーニョが修正してくると予想して柏よりの予想


【3 磐田vs広島】  
川崎と同じくリーグ戦では未勝利の磐田は前節負傷交代したウヨンの状態が気になる
戦術上のキーマンであるため、不在となれば影響は小さくないだろう
広島も森崎浩を欠く状態ではあるがチームとしてのパフォーマンスは安定しており、得点減である寿人の調子も良い
普通に考えれば広島よりで良さそうだが逆に磐田がここまで勝てないのは考えにくい
ホームに強い磐田だし、ここはちょい波乱を狙ってみる


【4 鹿島vs甲府】    
公式戦4連勝の鹿島に対し、甲府も3連勝と好調同士の対戦
ダヴィの良し悪しを把握してい指揮官やクラブにダヴィが恩返し出来るかも焦点 
クラブの伝統には大きな差があるのは確かでそこが影響してるのか投票率は何故か偏っている
対戦成績自体は鹿島の4勝1分3敗とあまり差がなく、甲府サポでなくとも波乱を狙ってるのも面白い
もちろん管理人は甲府シングルである


【5 新潟vs横浜M】 1・0  
良い内容でも勝てなかったのが個々最近は内容も悪くなってきている新潟、今節の対戦相手は6連勝と絶好調の横浜M
ただ、横浜Mも俊輔と富澤の状態が良くないらしく、欠場の可能性が出てきている
ここの(投票率の)偏りは納得できるが数々の波乱を起こしてきた新潟ホームならギャンブルに出るのもあり
前節もう新潟には期待しないと書いたが早くも前言撤回


【6 F東京vs名古屋】 
リーグ戦4連敗と調子を落としているF東京だが全て1点差のゲームであり内容もそこまで悪いわけではない
対する名古屋は3勝1分と好調で特に4試合のうち3試合が無失点と守備に安定感が出てきた
F東京にも期待を裏切られてばっかりだが今週も貫く


【7 清水vsC大阪】 0・2 
前節ダービーに勝利した清水は周囲の雑音はとりあえずおさまったであろう
今節は高木が出場停止で6試合5得点の攻撃にやや不安を抱える
C大阪は3試合勝利から遠ざかっており、例年のような攻撃の爆発力があまり見られない
ただ、今年のC大阪はロースコア勝負に強い気がする・・・・予想もC大阪より


【8 大宮vs浦和】 0・2 
今節最大の注目カード、これだけ楽しみな埼玉ダービーは過去にないだろう
ポゼッションに長ける浦和に対してハードワークな守備に長ける浦和、戦術的に興味の尽きない一戦
ただ、大宮は高橋が出場停止でホームでの浦和との対戦成績は1勝3分8敗と分が悪い
無敗記録の掛かった大宮を浦和が止めるか、はたまた新記録樹立に一役かってしまうか
予想はドロー本命で勢いのある大宮を押さえる


【9 湘南vs大分】 2 
リーグ戦未勝利同士の対戦であり同じ昇格チーム同士の対戦と言うことで熱い試合になるのは間違いない
前線のカタチは異なるが3バック対決でどちらがサイドで優位に立てるかが鍵になるだろう
前線の高松、森島が好調な大分の方がやや有利とみるが果たして・・・


【10 山形vs熊本】 
G大阪、東京Vに連敗した山形、ホームでは強さをみせるだけに下位相手にきっちり勝っておきたい所
熊本は黒木、五領、藤本、藏川が一斉に離脱してしまい、仲間も出場停止と厳しい日程の中で苦しい台所事情
ここの予想は山形で良いかとロメロの出場停止はちと気になるが・・・・


【11 栃木vs岐阜】 1・0 
6位とまずまずの位置につけている栃木、最下位相手にホームでは勝ち以外認められないだろう
対して岐阜は前々節松本に勝利したものの、前節富山に敗れてしまい順位も最下位を脱出できない
J1クラブから若手を獲得し、怪我人が出ていた中盤の穴埋めを図ったがまだそれが結果に現れるのは先と予想する
一応、ドローは押さえる


【12 岡山vs群馬】  
終盤の失点で京都から勝利を奪えなかった岡山だがいまだ負けなしで順位も4位とチーム状態は悪くない
厳しい日程ながらホーム2連戦と21位に沈む群馬にはきっちり勝利して上位を追いかけたい


【13 北九州vs水戸  0・2 
柱谷ブラザーダービーw
今季、先制した試合を全て落としている北九州、チームも一新した影響か経験のなさが響いている
対して水戸は前節ホームで千葉に2-0で快勝しており、今季も癖ものっぷりを見せ付けている
ここは予想が難しいカードだが弟が監督経験の差を見せて勝つと予想
でもドローを押さえるのは必須かな


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:618回】ドロー少なく1等も3口出る

例年だったら3口であればかなりの高額当選だけど
もう最近はキャリーでないとあれ?って思ってしまう

60%の投票率で波乱が起きたのは3/8

そこまで難しい回ではなくドローも少なかった

個人的にはJ2の外し方が悔しいね

どれも十分予想できた範囲だったのでダブルの使い方で間違ったかな


618回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1甲府20196110
2仙台392833F東京
02×
3横浜M711613川崎1

4名古屋681814新潟
02×
5大分151768鹿島

2
6清水332938磐田1

7C大阪402832大宮

2
8広島602218鳥栖10
9浦和81109湘南1

10福岡483022北九州10
11千葉562519岡山1

×
12富山131473神戸

2×
13京都711713横浜C10
×

計64口8/13
2013年通算成績:61/104 平均:7.6/13=的中率59%
J1的中率:34/66=52% J2的中率:27/38=71%





【1 甲府 3-1 柏】 ・0
前節は大分に初勝利した甲府はナビスコでも控えメンバーが結果を出し、チームの雰囲気は良いだろう
柏はACLではドローだったがレアンドを休養させることができた
戦力で言えば柏優位は揺ぎ無いがナビスコで先発メンバーを全員代えた甲府の方が良い準備をしているはず
さらになぜかこのカードが1枠に入っている(キックオフの時間だろうが)
これはもしやすると・・・・・
→波乱キタ――(゚∀゚)――!!魔の1枠復活


【2 仙台 2-1 F東京】 0・2 1  
ACLでは柳沢のゴールで勝利した仙台、厳しい連戦だが移動がないホームで戦えることはまだ幸い
F東京はセレッソに1-2で敗れ、公式戦4試合勝利がない状況
投票率どおり予想が難しいカードでこういう場合はドローは押さえておきたいところ
どちらを押さえるかは自分の勘を信じて!!(投げやり)
→勝負勘なんてなかったw F東京は良い内容も点が伸びないね


【3 横浜M 2-1 川崎】  
リーグ戦5連勝中と絶好調の横浜Mは今週のナビスコは休みでコンディション調整は問題ないだろう
対して川崎は主力を何人か休ませたがコンディション的にも不利になる可能性が高く、チームの状況も考えると苦戦必死
さらにボールハントが上手い横浜Mの中盤が川崎のポゼッションをいいように潰す展開が目に浮かぶ
ここは自信をもって横浜Mシングル
→うーん、ちょっと危なかったけど俊輔のセットプレーはずるいわ


【4 名古屋 2-0 新潟】 0・2 1   
ナビスコは大分に1-1のドローに終わった名古屋、公式戦7試合負けていないが内容はそこまで良くない
新潟はナビスコでは鹿島に敗れたがリーグ戦では前節、仙台に勝利し今季初の勝ち点3を獲得した
どちらも主力をナビスコで起用しており、コンディション的には厳しいだろうが有利不利というのはなさそう
名古屋のケネディがどこまでコンディションを上げてきているかは気になるが予想としては
これまでのサッカーの内容から考えて新潟より
→もう新潟に期待はしないほうがいいのかもしれん、だんだん内容も悪くなってきた


【5 大分 2-3 鹿島】   
ナビスコでは名古屋にドローだったが主力の大半は温存し、リーグ戦を重視している采配だった
鹿島は新潟に2-1で勝利したものの主力を起用しているため、コンディションは懸念される
昨年ダヴィは大分戦2試合で3得点決めており、相性の良さを感じているかもしれない
大迫が復帰すればさらに前線の迫力は高まる
予想は鹿島シングル
→危なかったけど結果オーライ、大分も惜しいところまでいってるんだけどね



【6 清水 1-0 磐田】 
注目の静岡ダービー
清水は前節鳥栖に勝利、ナビスコでは川崎にドローと結果は出した雑音は少なくなったが
今季ナビスコで大敗した相手に再度負けるとなれば再び大きくなるかもしれない
対して磐田もナビスコでは勝利しているがリーグ戦では勝ちがなく、チームの状態は良いとはいえない
さらに何人かの主力を休ませた清水に対して磐田はほぼフルメンバーでナビスコを戦っている
ナビスコでの大敗の借りをきっちり返してくるであろうと予想して清水シングル
→結果だけ最後さらった感じの清水、磐田もF東京と同じく内容は悪くないんだけどなあ


【7 C大阪 1-2 大宮】  
3位と4位の上位対決
セレッソはナビスコでFC東京に2-1で勝利したが主力を起用しておりコンディション面は気になる
大宮は何人かの主力を休ませたが直近のリーグ戦から全員代えた甲府に敗れたのはいただけない
とはいえリーグは昨年から16戦無敗と好調で攻守においてバランスの良い安定したサッカーをしている
対戦成績は5分に近く、大宮はアウェイで今季公式戦全て勝利しており、特に苦手意識もない
シングルはやや危険だが大宮のシングル勝負でいってみる
→1人少なくても今の大宮には関係ない、次節のダービーが楽しみだね


【8 広島 2-0 鳥栖】 ・0
広島はACLでドローに終わり、予選敗退が決定した
ここからはリーグ戦に専念したいところだが怪我人が出ている状況で厳しい状態はあまり変わらない
鳥栖は今週ナビスコは休みで通常通りの調整が行えているだろう
今年の鳥栖はここまで5試合で10得点10失点と得点は良いが肝心の守備にやや不安がある
さらに昨年は3試合で1勝2敗、その2敗も大差で敗れている
相性も考慮して予想はドロー込みの広島より
→うーん、シングルで良かった


【9 浦和 2-0 湘南】  
浦和はACLでロスタイムに同点弾を決められ不満の残る内容となってしまった
湘南はナビスコで磐田に0-1で敗れたものの主力の大半は休ませた上での試合なので割り切っているだろう
戦力的に考えればこれだけ投票率が偏るのも納得でこれだけ差があれば波乱を予想したくなるが
流石にレッズのホームで湘南が勝つイメージは出来ない
→同じシステムでも流石に大きな差があった


【10 福岡 2-1 北九州】 ・0
バトルオブ九州&福岡ダービー
5試合白星から遠ざかっている福岡は攻撃に課題を抱えている
北九州も7試合で7得点と1試合あたり1得点しかとれていない
こうなるとドローは押さえる必要がある
→凄いスコールだったけど福岡が勝ちきった


【11 千葉 0-0 岡山】  0
2位、3位の上位対決
前線のブラジル人コンビが爆発すればあぶなげない試合が出来ている千葉
岡山は7試合で8得点と攻撃に物足りなさがあるものの守備は今年も安定した組織を築いている
守備の良いチーム同士で一人で組織を壊せる選手がいるかどうかにかかってくると思う
→ドロー押さえるべきだったか、ロースコアになるのは予想できただけに悔しい


【12 富山 0-0 神戸】  0 
3連続ドローと序盤の好調がやや収束してきた富山
対する神戸はまだ序盤ではあるが独走態勢を築きそうな気配で攻守においてバランスの良さが伺える
富山とは初めての対戦で神戸にとってアウェイで初めての場所で戦うのは少し懸念になる
ただ、こういう試合でもきっちり勝利できればそれこそ独走態勢が築ける
→今年の富山は違うなって思ってたけど神戸と互角に勝負できるほどとは・・・


【13 京都 0-1 横浜C】  1・0 2  
前節は岐阜に3-0で快勝した京都、上位と離されないためにもここはきっちり勝ちたいところ
横浜Cは開幕戦以来勝利から遠ざかっており順位も20位まで下げてしまった
とくに多種多様な前線を揃えながら7試合で5得点はかなり寂しい状態
横浜Cも良い選手は多いので順位どおりの試合にはならないと思う
波乱が起きるまでは想像できないがガンバとスコアレスを演じたことを考えればドローはありそう
→あちゃー、中途半端に押さえるべきではなかったか、これも悔しい


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事