【toto予想 結果:622回】波乱続出でノーチャンス

半分以上がドロー

こんなの当たるわけがない

さっ、次!次!

しかも60%を超えた全てのカードで波乱が起きてる

2等が2口いるのも凄い・・・





622回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1新潟252253鹿島10×
2名古屋382438広島
2×
3C大阪731512大分10
4横浜M721513甲府
02
5磐田572320湘南1
6浦和671716清水1
×
7F東京482230川崎1
8仙台592318鳥栖10
9京都492427千葉
2×
10富山212158東京V12×
11札幌671815熊本1×
12神戸632116岡山10
13福岡582418松本1×

計64口6/13
2013年通算成績:67/117 平均:7.4/13=的中率57%
J1的中率:39/74=53% J2的中率:28/43=65%

totoone陣の予想→http://www.totoone.jp/top/




【1 新潟 2-3 鹿島】 1・0 2 
前節はマリノスに土を付けた新潟、試合内容も非常に良く今後にも期待できそうな印象だった
今節の対戦相手は鹿島
テクニシャンの多いチームだが新潟にとってはやりにくい相手ではないはず
とはいえ、新潟も得点力が高いチームではないのでドローは押さえておきたいところ
→まさかの点の取り合い、内容よくなくても点取れる鹿島の強みが出たかな


【2 名古屋 1-1 広島】  0  
空中戦なら名古屋、地上戦なら広島
広島はACLでウズベキスタンへの長距離移動だったが半分以上ターンオーバーで影響は最小限に押さえられてる
投票率も五分で悩むカードだがあえて広島シングル
→うーん、ダブル必須だったか


【3 C大阪 0-0 大分】 1・ 
これだけ偏ると波乱を押さえたくなるw
ただ、ナビスコ休みだったセレッソに対して大分は中2日のアウェイ、ちょっとこれは波乱を期待するのも厳しそう
一応ドローは押さえる
→うん、ドロー押さえといてよかった


【4 横浜M 1-1 甲府】 ・2   
横浜Mは前節連勝が6でストップ、きっちり1週間で課題が修正出来ているか焦点
ただ、新たに斎藤が負傷するなど怪我人が出始めている点が気になる
一方アウェイの甲府はナビスコで11人入れ替えるなどリーグ戦を重視した準備をしている
新潟のように前線からのハードワークで相手の良さを出させない戦いをしたい
予想は言うまでもなく波乱狙い
→ラッキーではあったが上のカードと同様に安易な決め付けシングルは危険


【5 磐田 4-0 湘南】 
流石にここでは勝たないとまずい磐田、システムを多少いじるもようでそれが功を奏すか注目
湘南は前節大分に今季初勝利、連勝して勢いにのりたいところ
予想は磐田シングル、もう少し投票率が偏っていれば湘南にした
→磐田が大差でようやく初勝利、湘南は前節の勝利を活かせず


【6 浦和 0-1 清水】  2
どちらもミッドウィークの試合では勝利しており、厳しい日程だが精神的には良い状態で迎えられるだろう
前節大宮が完璧にレッズを封じ込んだが清水も同様にやれるかが鍵になるか
レッズとしては優勝するためには連敗は避けたいところでしかも今季は未だ負けなしのホーム
予想もレッズのシングル
→レッズがまさかの連敗、清水は攻められてる展開の方がやりやすいのかもね


【7 F東京 2-0 川崎】  
多摩川クラシコ
どちらもポゼッションを軸にした攻撃的なサッカーを志向するがなかなか結果に結びついていない
同じようなサッカーなので予想はあまり深く考えないでいいと思う
つまり実力差勝負で・・・・
→うん、予想通りといっていいと思う


【8 仙台 1-1 鳥栖】 1・ 
ACLでは終盤の得点でなんとかドローに持ち込み望みをつないだ仙台
一方、鳥栖も珍しくナビスコに主力を起用して新潟に2-0で勝利
この対戦もサッカーのスタイル的には似ており予想はシンプルに
ホームの利、アウェイを苦手にしていることも加味して
→どちらも追加点とれず結局痛み分け


【9 京都 3-3 千葉】  0 
前節は鳥取に快勝した京都だが勝ちきれない試合もあり敗戦もすでに3試合ある
対する千葉もなかなか結果が出ておらず10位に低迷している
なかなか予想が難しいカードだがこういうところをシングルで乗り越えんと一等への道のりは遠い
予想は個の力が最後は決め手になると予想して千葉のシングル
→まさかの試合展開でしかも乱打戦、ダブルは必須だったか


【10 富山 1-1 東京V】 1・2 0
今年は好調な滑り出しが出来た富山だが前節はガンバに0-4の完敗
対して東京Vも開幕戦以来負けなしでここ4試合は無失点と守備が安定している
本命は東京Vだが富山も期待してるので両天秤
→ズバッとど真ん中空振り三振w 両天秤なんてくそくらえだ!


【11 札幌 1-3 熊本】  2 
怪我人が多くなってきている札幌だがここ3試合は2勝1分と好調
対して熊本は怪我人が多く、結果も今季まだ1勝で特にここ4試合は無得点と攻撃が不調
直近の試合をみる限り予想は札幌にせざるを得ない
→なんか天気が荒れてたけど札幌負けは読めなかった


【12 神戸 3-3 岡山】 1・ 
今節注目のカード、初めての対戦ということでも楽しみな1戦
どちらも守備が安定しており、10試合終わって半分の5試合が無失点ゲーム
前線の強さは間違いなく神戸なので予想も神戸よりだがドローはやはり押さえなきゃいけないだろう
→ラスト10分で怒涛の追い上げ、予想的には結果オーライ


【13 福岡 0-1 松本   2 
徐々に新監督の戦術が浸透し、チームとしてまとまりがでてきた福岡
結果もここ5試合2勝3分と負けなし、得点力が出てくればより勝利も増えるであろう
一方、対戦相手の松本はここ5試合1勝1分5敗と負けが先行している
出来ればダブルを押さえたかったが予算不足で福岡のシングル
→残念、ここは正直難しいカードだったのでしゃーない


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013 J1 第8節:横浜M戦】劇的な同点弾でドローに持ち込む

いや~サッカーはこれだから面白い!

警戒していたはずの俊輔のFKをしょっぱなに決められ
「これはまずい展開になるぞ」と思われたが案外、甲府の選手は冷静だった

中盤での玉際の強さ、ハードワークはマリノスにも負けておらず、中盤での激しいつぶしあいで
互角に近い試合展開が繰り広げられた
特に後半からマリノスが戦え方を変えたところを考えると相手の良さを出さないことに成功していた

ただ、逆にマリノスがこちらにボールを持たせ、高い位置で奪おうという狙いに対して
ビルドアップでミスを連発し、カウンターを与えてしまったことは大いに反省点でこれからの課題

とはいえ、相手のミスにも助けられたが1試合平均シュート16本打ってくるチームに対して10本に押さえられ
ギリギリのところではあったが最小限の失点で押さえられた事が最後につながった

また、それが前日まで風邪を引いていて出れるか分からない青山だったという点がよりドラマ的な演出になった
古巣との対戦という事で気持ちも入っており、プレーも非常に良かっただけにサッカーの神様が微笑んでくれた



マリノスとしては新潟戦と同様に相手のプレスに苦しみ、俊輔が良いカタチで受けるシーンを多く作れなかった

ポゼッションを多少捨て、カウンター狙いに切り替えチャンスも作ったが
結局、相手に点を奪われ2試合連続で勝ち点を落とした

中盤のボール奪取力が非常に強い為、戦い方を切り替える事が間違ったとは思わないし、実際決定も何回か作った
しかし、得意のセットプレーは先制点の1本以外、良い位置はほとんどなく、CKもわずか2本

流れでチャンスを作っているので問題ないとも思えるが
こちらを立てればあちらが立たずといった印象が少なからずあるように思えた

さらに相手に対してセットプレーを多く与えすぎたことも勝ちきれなかった要因にもなった
中澤、栗原というJ屈指のエアバトラーがいるわけだがセットプレーがいかに危険なものになるかは
普段決めている側の立場であるからこそ注意しなければいけなかった



これで甲府は柏、鹿島、横浜Mという厳しい戦いが予想された3連戦を1勝2分の勝ち点5で終えられた
3連敗をしてもおかしくはなかっただけにここまでの流れとしては悪くない

ただ、内容的には力負けしてるような展開で
特に攻撃のカタチがなかなかつくれないことは気がかりである

もちろん、リーグの序列で言えば間違いなく一番下の方に位置しているのでこういった戦い方になるのは致し方ないが
少しでも勝ち点を拾って順位を上げていくにはそこのところも今後は克服していかなければいけない




2013_yokohamaF-kofu2.jpg


【個人寸評】

河田・・・5.5
決して簡単にセーブできるシュートではなかったが止めれないコースではなかっただけに悔やまれる

福田・・・5.5
相手の厳しいプレスにビルドアップを封じられた

青山・・・6.5
最後の得点は運もあったがCBとしてハイボールの強さ、個の強さで何度もマリノスの攻撃を跳ね返した

土屋・・・5.5
裏のスペースを狙われボールの処理を誤り、ピンチになるなど課題はあったが
機を見た上がりで特にあわやPKになってもおかしくはないプレーは良かった

松橋・・・5.5
守備では玉際の強さはみせ、攻撃ではオバーラップからクロスをいれてチャンスをつくるも
ラストパスの精度が足りなかった

佐々木・・・6.0
空中戦の強さでCBへの負担を減らした

山本・・5.5
ビルドアップを狙われ、前線まで運べない展開が続いた

羽生・・・5.5
攻撃ではなかなか良いカタチでボールを受けられなかったが今日は守備で良く効いていた

柏・・・5.0
サイドで勝負出来る場面はつくれず、あらゆるところに顔を出す動きも少なかった

ウーゴ・・・5.5
厳しい圧力があったことと思われるがボールを収める場面は何回かあった

平本・・・5.5
強引なドリブル突破は魅力の1つであるが選択を間違える場面も

オルティゴサ・・・6.0
サイドに流れてボールをおさめ、CKやスローインにつなげた

水野・・・6.0
ロングスローがあるのは良い武器だね

井澤・・・-
出場時間乏しく採点不可

城福監督・・・5.5
ナビスコからは守備の部分でかなり改善されたが
ビルドアップのところは前回対戦したときとあまり変わらず、以前大きな課題となっている


※良いのか悪いのか、なぜかアウェイに強い今日この頃・・・・・


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【2013 J1第8節:横浜M戦 前日情報】いざ、首位撃破へ!!

【予想スタメン】
2013_yokohamaF-kofu.jpg

甲府
前節に引き続き変更はなし

横浜M
富澤が復帰したが齋藤が怪我で離脱
齋藤のところに端戸が入る予定


【1ヶ月前とは違う姿を・・・】
約1ヶ月前のナビスコでは全くいいところなく0-2で完敗

控え選手が出ていたこともあり、その試合のメンバーから明日の試合は半分近く異なる

ここ4戦負けなしと徐々に自信も付き調子も悪くなく、明日の試合ではナビスコのような言い訳は出来ない

もちろん実力差やチームの成熟度では大きな差があるが、今持てる力の最大値を出せる状況にはある

新潟が勝利したように、ハードワークと玉際の強さでまずは横浜Mの良さを出させないようにしたいが
城副監督がどのような対策をしてくるのか楽しみである

ナビスコを含めて連勝していたマリノスの試合を分析する上では題材になる試合は多くあった

そういった意味でも1ヶ月前のナビスコとは違う試合を見せなければいけない


本日、大宮が勝利したことで少なからずマリノスのゲームはメディアの注目度も上がるはず

大宮サポの神通力を借りながら、首位相手に勝ち点3奪取を期待する


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :622回】勝負するところは思い切って

投票率の高いゲームは波乱狙いでダブル

逆に予想が難しいカードはあえてシングル

大敗もありそうだけどこうでもしないとあたりそうもない

そろそろ3等くらいは当てたいぞ





622回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1新潟252253鹿島10
2名古屋382438広島
2
3C大阪731512大分10

4横浜M721513甲府
02
5磐田572320湘南10

6浦和671716清水1


7F東京482230川崎1
8仙台592318鳥栖10
9京都492427千葉

2
10富山212158東京V1
2
11札幌671815熊本1

12神戸632116岡山10

13福岡582418松本1

計64口
2013年通算成績:61/104 平均:7.6/13=的中率59%
J1的中率:34/66=52% J2的中率:27/38=71%

totoone陣の予想→http://www.totoone.jp/top/




【1 新潟vs鹿島】 1・0 
前節はマリノスに土を付けた新潟、試合内容も非常に良く今後にも期待できそうな印象だった
今節の対戦相手は鹿島
テクニシャンの多いチームだが新潟にとってはやりにくい相手ではないはず
とはいえ、新潟も得点力が高いチームではないのでドローは押さえておきたいところ


【2 名古屋vs広島】 2  
空中戦なら名古屋、地上戦なら広島
広島はACLでウズベキスタンへの長距離移動だったが半分以上ターンオーバーで影響は最小限に押さえられてる
投票率も五分で悩むカードだがあえて広島シングル


【3 C大阪vs大分】 1・0 
これだけ偏ると波乱を押さえたくなるw
ただ、ナビスコ休みだったセレッソに対して大分は中2日のアウェイ、ちょっとこれは波乱を期待するのも厳しそう
一応ドローは押さえる


【4 横浜Mvs甲府】 0・2   
横浜Mは前節連勝が6でストップ、きっちり1週間で課題が修正出来ているか焦点
ただ、新たに斎藤が負傷するなど怪我人が出始めている点が気になる
一方アウェイの甲府はナビスコで11人入れ替えるなどリーグ戦を重視した準備をしている
新潟のように前線からのハードワークで相手の良さを出させない戦いをしたい
予想は言うまでもなく波乱狙い


【5 磐田vs湘南】 
流石にここでは勝たないとまずい磐田、システムを多少いじるもようでそれが功を奏すか注目
湘南は前節大分に今季初勝利、連勝して勢いにのりたいところ
予想は磐田シングル、もう少し投票率が偏っていれば湘南にした


【6 浦和vs清水】 
どちらもミッドウィークの試合では勝利しており、厳しい日程だが精神的には良い状態で迎えられるだろう
前節大宮が完璧にレッズを封じ込んだが清水も同様にやれるかが鍵になるか
レッズとしては優勝するためには連敗は避けたいところでしかも今季は未だ負けなしのホーム
予想もレッズのシングル


【7 F東京vs川崎】 1 
多摩川クラシコ
どちらもポゼッションを軸にした攻撃的なサッカーを志向するがなかなか結果に結びついていない
同じようなサッカーなので予想はあまり深く考えないでいいと思う
つまり実力差勝負で・・・・


【8 仙台vs鳥栖】 1・0 
ACLでは終盤の得点でなんとかドローに持ち込み望みをつないだ仙台
一方、鳥栖も珍しくナビスコに主力を起用して新潟に2-0で勝利
この対戦もサッカーのスタイル的には似ており予想はシンプルに
ホームの利、アウェイを苦手にしていることも加味して


【9 京都vs千葉】 2 
前節は鳥取に快勝した京都だが勝ちきれない試合もあり敗戦もすでに3試合ある
対する千葉もなかなか結果が出ておらず10位に低迷している
なかなか予想が難しいカードだがこういうところをシングルで乗り越えんと一等への道のりは遠い
予想は個の力が最後は決め手になると予想して千葉のシングル


【10 富山vs東京V】 1・2
今年は好調な滑り出しが出来た富山だが前節はガンバに0-4の完敗
対して東京Vも開幕戦以来負けなしでここ4試合は無失点と守備が安定している
本命は東京Vだが富山も期待してるので両天秤


【11 札幌vs熊本】  
怪我人が多くなってきている札幌だがここ3試合は2勝1分と好調
対して熊本は怪我人が多く、結果も今季まだ1勝で特にここ4試合は無得点と攻撃が不調
直近の試合をみる限り予想は札幌にせざるを得ない


【12 神戸vs岡山】  
今節注目のカード、初めての対戦ということでも楽しみな1戦
どちらも守備が安定しており、10試合終わって半分の5試合が無失点ゲーム
前線の強さは間違いなく神戸なので予想も神戸よりだがドローはやはり押さえなきゃいけないだろう


【13 福岡vs松本   
徐々に新監督の戦術が浸透し、チームとしてまとまりがでてきた福岡
結果もここ5試合2勝3分と負けなし、得点力が出てくればより勝利も増えるであろう
一方、対戦相手の松本はここ5試合1勝1分5敗と負けが先行している
出来ればダブルを押さえたかったが予算不足で福岡のシングル


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013 ナビスコカップ第5節:川崎戦 】負けはしたものの収穫も多かった

レギュラーポジションを奪うためにアピールする人

コンディションを上げている最中の人

試合感を取り戻している人

経験を積もうとしている人

新しいポジションを開拓しようとしている人

など、など

それぞれの立場、コンディションや連携の良し悪しが必ずしも揃っているわけではないので
失敗があっても仕方ないし、ここでミスを出して課題を探らなければ出る必要もない。

そういう意味では特に攻撃はセットプレーから3発入れただけの大宮戦より
今日の方がそれぞれの持ち味が出せていて見所も多かった。

守備に関しては
中学生以来のSBでプロ初出場の橋爪とまだまだコンディションを上げてる最中のマルキーニョス・パラナのところを
つかれることが多く、CBの林堂もほとんど実戦経験がないという最終ラインだった為
まあ、いろいろ良い経験になったと思う。

これでナビスコは予選敗退になったが
序盤でターンオーバーというカタチではあったが若手が出場機会を得て
そこで何が通用して、何が通用しないのかを
肌で感じることが出来たのは今年1年練習をしていく中で良い材料になったと思う。

ナビスコに関して11人そっくり代えてくるクラブはなかなかないが
この割り切ったマネジメントが今後のリーグ戦に活きることを期待する。





2013_cup_kofu-kawasaki2.jpg


【個人寸評】

荻・・・5.5
3失点にいずれも責任はない、セービング自体は安定していた

橋爪・・・5.5
守備の部分は致し方ないがスピードあるサイドからの攻め上がりは特に後半はよく出せていた
あとは90分保つスタミナをw

林堂・・・5.5
矢島に競り負け1失点目に関与するなどCBとしてはもう少し強さが欲しい
フィードは安定していてFKも蹴るなどキックは信頼を得られているよう

盛田・・・5.5
流石に今日の最終ラインでは負担が大きかったか
個人技のある選手への対応はやはり厳しいものがある

パラナ・・・5.0
とりあえずもう少し時間が必要
ただ、ボール捌きなんかは上手そう

伊東・・・5.5
今季初スタメンだったがボールを良く触っていたし、いつもの輝さんだった

保坂・・5.5
前半はなかなか前線に供給できなかったが後半は改善
もう少し前に絡んでも良さそうだったがバランス重視だった印象

井澤・・・6.0
プレスがあまりなかったので良くボールを保持出来て起点になっていた
後半途中ではボランチに下がったが終盤はタイミングの良い上がりでチャンスを作った
あとは低い位置での組立てがもう少し改善できれば

水野・・・5.0
こういうメンバーの中ではチームを引っ張っていって欲しい存在だがミスも多く
コンディション的にあまり良さそうに思えなかった

オルティゴサ・・・6.5
ゴールはもちろんそれ以外に好プレーが多くあり、だいぶコンディションもあがってきた印象

河本・・・6.0
貪欲にゴールを狙う姿勢は○ 身体も張れるし
あとは緩急をつけたり、プレーの選択肢を増やしていければ

金子・・・6.0
やはりサイドの方が持ち味はでる
あとはそろそろ結果が欲しいね

佐々木・・・5.5
空中戦は強いが久しぶりのSBだったせいかあまり存在感はなかった

平本・・・5.5
左サイドに入ったがあまりボールには絡めず

城福監督・・・5.5
チーム事情的に厳しい限られた選択肢の中だった為、敗戦は致し方ない
マルキに関してはやや早すぎたか?


※平日ナイターの雨はやめてくれ


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事