【2013 J1第18節:仙台戦 前日情報】後半戦スタート!!

後半戦巻き返しを図るべく、新外国人パトリックを加え、さらに新システムも導入

くしくも今季開幕戦と同カードが後半戦のスタート

開幕戦と同じように手ごたえを掴んだ内容と結果を掴み、良い流れをつくりたい




【予想スタメン】
2013_kofu-sendai_zen.jpg

甲府
新外国人パトリックを1トップにおいた新システム3421
福田が左サイドにいたり、青山が3バックの真ん中に入ったりとポジションに懸念もあるが
水野や柏が共存する右サイドは非常に楽しみではある

仙台
怪我人が多い最終ラインは角田がCBで石川が左SB
角田がいたボランチにはリャンが下がり、両サイドは太田と武藤
2トップは柳沢とウイルソンのが予想されている


【新システム導入の是非】

とにかく3421という新システムが機能するかどうか、明日の試合はこれにつきる

ここ近年3バックとは縁がなかっただけにどのようなチームなるのかという楽しみはあるが
後半戦このシステムでやっていけるかどうかの手ごたえを掴まないと今後の采配が難しいものになる

後半戦がスタートし、過去最低の勝ち点数で折り返したチームにもうのんきな事は言っていられない

新システムでいきなり結果を出すことは厳しいと思われるが
このタイミングでシステムを入れ替えるというのは非常にリスクがあり、疑問に思うことも少なくない

だからこそ、結果も内容も次に繋がる試合でなければ、指揮官の立場も厳しいものになる可能性がある

最後の手段になる前に出来るだけのトライをしていると思われるがこのトライが良い方向に転ぶことを切に願う


※仙台のみなさん、日本一暑いスタジアムへいらっしゃーい~ヘ(´ー`*) 


J’s GOALプレビュー
【J1:第18節 甲府 vs 仙台】プレビュー:止める、止める、止める、止める、止めます。イスカンダルから来たパトリックを活かして、後半戦のスタートは仙台から勝点3を毟り取ろう。(13.07.30)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

前半戦の結果と343について


ちょっと遅くなりましたがとりあえず前半戦の結果をまとめました 
  

順位チーム試合勝ち点得点数シュート数決定率失点数被シュート数失点率得失点差支配率
合計1試合平均合計1試合平均
2011年
14浦和17183951420912.3 0.09 1918310.8 0.10 054.1
15新潟1718467161239.2 0.10 2121412.6 0.10 546.5
16甲府1717458191619.5 0.12 3119011.2 0.16 -1248.0
17山形1792312111237.2 0.09 281689.9 0.17 -1744.3
18福岡17822131318010.6 0.08 3521812.8 0.16 -2245.0
2013年
14甲府1714359141297.6 0.11 2720111.8 0.13 -1346.4
15鳥栖17143592621412.6 0.12 4017110.1 0.23 -1448.3
16磐田17132782219011.8 0.12 2719311.4 0.14 -551.8
17湘南17133410131639.6 0.08 3024014.1 0.12 -1744.4
18大分1781511171357.9 0.13 3123313.7 0.13 -1442.9

忌まわしき2011年との比較です 

残念ながら失点の項目しかデータ上勝ってるものがありません・・・ orz

さらにここではまとめませんでしたが前半戦を折り返しての成績は過去最低のようです・・・・

今年はボトム5が形成されそうで残留ラインの勝ち点が例年より下がりそうですが
この数字は危機感を抱かずにはいられないものです

3度の昇格の中で今回一番結果を出して開幕前から期待されただけにこの結果は非常に残念です 




出場試合出場時間得点アシスト(非公式)警告退場 MOM   (ガッピル) 採点  (ガッピル)
福田1714921



5.6
佐々木161440222
25.6
171426
2


5.9
土屋1513502
1
15.9
松橋141178
143
5.5
青山1311701
2
16.0
羽生161165
11

5.6
河田131137

1116.0
山本121019




5.7
平本158082
3
15.8
盛田7482




5.6
5393




5.6
水野9393
11

5.7
金子8384



15.6
井澤9362




5.4
パラナ5278




5.4
保坂8241




5.4
河本8166
11

5.3
伊東190




6.0
石原461




5.0
新井113





城福






5.5
(※データの確認は精査してませんので間違っている可能性有です&退団した選手は入れておりません)


最も出場時間が多かったのは右SBの福田
→代えの効かないSBだけに妥当ですね

最も平均採点が高かったのは河田と青山
→普通、攻撃の選手の方が高くなる傾向にあるんだけどなあ・・・




・343(3421)について
まず本格的にシステム変更をするかどうかは分かりませんが
ここ近年では試したことがないシステムだけにどのような布陣になるのか注目されます

その中でここ2試合の練習試合で徐々に骨格が見えてきましたので
僕の予想含めて軽く触っておきたいと思います

2013kofu343.jpg 
怪我人などの兼ね合いで悩まれるポジションもありますがこんな感じでしょうか?


まず、注目されるのが柏と水野の右サイド

柏のドリブル、水野のクロスはこのチームの数少ない崩しの選択肢でしたが
442ではどちらかが左サイドに回らなければならず、共存が難しかった

ただ、この343では彼ら2人が得意の右サイドでプレーできる可能性が高く、
新加入のパトリックの特徴と合わせて、システム変更がもたらす最大のメリットになると考えられます

もちろん、柏、水野とも442のサイドとはプレーエリアが変わってくるので懸念がないわけではないですが
攻撃のストロングポイントにおいては上手く噛み合えば、非常に期待のもてる右サイドになれるでしょう


逆に懸念があるのはCB
怪我人や選手層も含めて層の薄さと3バック自体の経験の少なさが気になります

ベテランが多いポジションでなおかつ、警告などで出場停止も多いポジション
今まで2枚でよかったポジションを3枚にするという事は必然と駒の枚数が必要です

さらに一般的に343というシステムにおいて、特に横のCBは4バックでのCBのプレー以外にも
時にはSBのようにプレーする必要があり、これまで以上に難しくなる事もあります

前半戦の結果を見てもこのチームは攻撃に課題を抱えているチームであり
44のラインを作った守備ブロックはある程度計算が立ってきました

このシステム変更でそれを大きく変えることはかなりのリスクがあるはずで
それを考えた上でも343を導入するということならば相当な覚悟と危機感が感じられます


実際に見てみないとなんとも言えないのが確かであり、これ以上は言及はしませんが少ない練習で
これをモノにするのは容易でないことは3バックを導入した各チームによって証明されています


また、343については試合を観てから詳しく書ければと思っています

 
ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【2013 J1第17節:F東京戦】かつてのホームで屈辱の敗戦

気持ちだけでどうにかなる相手ではありませんでした\(^o^)/

まあ、やる前から分かっていたけどやっぱうめえなw

これがムービングフットボールだわ!!

どこかのチームとは大違いですね( ^ω^ )


似ているチーム同士の対戦?

だから昨日、あれほど恐れ多いと言ったんです



甲府はかなりまずいね

4点取られたことよりもボールを奪ってもすぐ奪われてしまう中盤のビルドアップ
アタッキングサードでも相手に余裕をもって守られてしまうクオリティのない崩し

これでは相手がどんどん攻撃に比重を置けるし、相手が攻撃的に来ればこちらはもっとリスクを掛けることが出来ない


相手のプレッシャーをなんとか逃げるのが精一杯の組立て
→ボールの運び方が良くないからとりあえずサイドに逃げるしかない
→→サイド一辺倒では相手も怖くない、仮に崩しても中央で合わせる人がいないので得点の可能性は少ない
→→→そのうち攻撃が読まれはじめて、ボールロストの回数が多くなる
→→→→たまらず守備に回る時間が多くなり、さらに攻撃への意識は薄くなる
→→→→→結局、相手に押し切られて失点


攻撃陣は点を取りたいたから後ろも上がって欲しいと思い
守備陣は点取る前にボールロストが多いからリスク掛けたくないと思っている
という気がしており、まさしく負の連鎖に陥ってる感じです


精神的な面はどうか分かりかねますが戦術レベルでチームがまとまってるとは思えません


点を取りにいって勝つぞと乗り込んで結局、開始1分という相手の隙をついただけの1点のみ

他は金子の頑張りから決定機になったシーンがあったくらいでこれでは勝負になりません


玉際を頑張るとか相手より走るとかそういうレベルの話ではないくらい絶望的な差です


こんなチームが果たして
ジウシーニョとパトリック(獲得濃厚)+2週間の中断(東アジアカップのため)
でどうにかなるんでしょうか?


同じ残留を争うクラブも同じように苦しんでるところはまだ不幸中の幸いというべきですが・・・・




2013_Ftokyo-kofu3.jpg



【個人寸評】

河田・・・5.5
4失点はいずれもGKにはどうすることも出来なかった

福田・・・5.0
こちらの右サイドから相手の攻撃を受ける場面が多くみられ、後半早い時間での交代となった

土屋・・・5.0
テンポの良いショートパスとドリブルでの仕掛けになかなかボールを奪えなかった

山本・・・5.0
渡邊千真のポストプレーや動き出しに付いていけなかった

松橋・・・5.0
ルーカスに競り負けた1失点目のシーン以外にも相手に先手をとられることが多かった

パラナ・・・5.0
佐々木が前に上がるシーンが多く、バランスをとることが多かったが
相手のカウンターを潰す守備は出来なかった

佐々木・・・5.0
クロスに対して中へ入る意識は良かったが決定機を外したシュートは頂けない
後半は右SBに回ったがボランチで起用したほうが良い

水野・・・5.0
セットプレー意外で目立つようなプレーはなく、無理して仕掛ける場面が多く、空回りしていた印象

柏・・・5.5
右サイドからの仕掛けはいつも通り、少ない崩しの選択肢となった

平本・・・6.0
この人がガス欠するとチームが劣勢になる

金子・・・6.0
フィジカル負けすることもあるがそれでも身体をねじ込んで前に向かう姿勢は良かった
プロのレベルに慣れたのか徐々に質の高いプレーが増えてきた

盛田・・・5.0
クロスへの対応で投入されたが相手の方が上手だった

石原・・・5.0
J1のレベルでは気持ちだけでカバーできない

河本・・・5.5
チームが劣勢になり、なんとかボールをキープするのが精一杯だった


城福監督・・・5.0
青山の負傷があったからかもしれないが山本のCBは悪手だったと思う
2,3日で代わるわけもないし、単純に個々のレベルが違うのもあるが
崩しや組立ての課題は昨年から抱えていたものでもあるので擁護はあまり出来ない


※開始1分のゴールで今日はいけるかと夢見ましたが現実は甘くありませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【2013 J1第17節:F東京戦 前日情報】もう前半戦ラストだった・・・

まさかこんな状態でかつて指揮していたチームと当たるとは思っていなかったであろう

ただ、どんな状態であれ最大のリスペクトが必要なチームであることは間違いはなく
甲府はチャレンジャーの気持ちでぶつかるだけ


そういえば明日の試合でもう半分が終わるんですよねーΣ(゚д゚) エッ!?

明日勝たないと降格した2011年より勝ち点ペースは低くなりますぞ((((;゚Д゚))))



【予想スタメン】
2013_Ftokyo-kofu_zen2.jpg
(情報がなかったのでyahoo参考)
(twitterより情報提供ありましたのでこれをもとに)

甲府
羽生が契約の事情によりF東京戦は出場不可(どちらにせよ怪我していてまっているのだが・・・)
青山の状態が分からないがCBは土屋と盛田山本がスタメン予想
山本がいたボランチには佐々木が復帰し、2トップは平本と金子を選択


F東京
森重が出場停止で代わりにチャン・ヒョンスが先発予想
前節負傷退場した米本の状態が分からないがもし出場できない場合は
長谷川が下がってルーカスが入る感じか?


【我慢する展開】

J's GOALのプレビューで徳永や米本が「うち(F東京の)サッカーと似ている」とコメントしているが
僕は全くそうは思わない

F東京はそれこそ、後ろからボールを大事につないで攻撃的なサッカーを志向するが
現在の甲府は粘り強く守って一瞬の隙を伺ういわば守備的なサッカー

確かにボールをむやみに蹴ることは少ないが縦パスをいれられず右往左往するだけで
ビルドアップの精度は低く、サイドからの仕掛けしか攻撃の選択肢はあまりない

いくら相手の選手が言っていようがこれでF東京と似ているなんて思ったら本当に失礼に極まりない(´・ω・`)

もし、本当にそういうサッカーをしていると思ってくれてるなら、あまりこちらのリサーチはしてないと言えるだろう


F東京はどの試合でも前半から積極的に試合を進めるが点が取りきれないと
後半崩れて勝ちゲームを落とすなんてことも珍しくはない

レッズ戦のように高い守備意識をもって我慢し続ければ甲府でも勝利を掴むチャンスはあるはず

もちろんここ最近の課題である"得点"を奪えないとことには話しにならないが
相手の攻撃を粘り強く対応することがまずは最初のミッションであることは間違いない

2トップを平本とウーゴではなく、平本と金子としている事もまずは守備の事を考えているからではないだろうか?



※崖っぷちのひろしがかつてのホームスタで懇親の●┻┓を期待する!


J’s GOALプレビュー
【J1:第17節 F東京 vs 甲府】プレビュー:F東京 VS MOVING FOOTBALL(13.07.16)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

川崎のパトリック獲得へ


【甲府】川崎FWパトリックを獲得 J1残留への切り札


以前から長身でスピードのあるストライカーを探してるといわれてましたが
現在は今季川崎に加入したパトリック選手に絞って交渉をしているようです

いくつかのメディアや甲府の大本営でも報道されているので獲得は濃厚でしょう

ということは同時にウーゴも放出が濃厚です

ただ、ウーゴの方も以前からF東京戦までと言われてましたので
中断期間中含めて一応は佐久間GMの思惑通りに補強が出来そうという感じでしょうか
(ブラジル視察はダメだったようですが・・・・)

パトリック選手に関しては
ダヴィに近い印象でフィジカルに優れ自力での突破が出来、クロスにあわせる高さも持ち合わせている

ポストプレーはダヴィと同じように苦手なそうですが今の甲府は相手を背負って時間を作っても
2列目がゴールへ勝負する形がないので直線的に得点を狙える選手の方が良いかもしれません

さらに出場時間が少ないとはいえJリーグでプレーしていることも考えるとすぐ起用できるのでそれもプラス材料

ジウシーニョとあわせてこの二人にフロントは甲府の運命を託したといえそうです



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事