【toto予想 結果:654回波乱の秋


キャリーを1人のつわものにもってかれたー _| ̄|○

70%超えのカードで2つ波乱あったのにすごいなー

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、波乱の秋です


    
654回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1仙台302545横浜M10
2581923新潟

2×
3清水562222甲府
02×
4鳥栖251956広島
02
5鹿島8398大分10
6湘南161370浦和

2×
7C大阪612118磐田10
8大宮281953F東京

2
9名古屋382339川崎

2
10松本532324栃木
02
11岡山242452千葉

2×
12山形711514北九州10
×
13東京V751411群馬1


計64口8/13
2013年通算成績:190/338 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:120/211=57% J2的中率:72/126=57%



toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/ 





【1 仙台 0-0 横浜M】 1・
ここ2試合で8得点0失点と調子の上がってきた仙台
今節はホームに首位のマリノスを迎える
そのマリノスは前節清水に苦しみながらも俊輔の得点を守り抜き1-0で勝利
なんとか勝ちきってるもののここ3試合はわずか2得点と攻撃陣は湿り気味で
さらにこの試合では齋藤が出場停止でマルキーニョスも状態が良くないとの情報があり、正念場をむかえるかも
→めちゃくちゃ堅い試合、どちらも相手の堅守を崩せる攻撃が出来ず


【2 柏 1-1 新潟】  0  
柏はACLで広州に1-4と敗れた試合から中2日、連続ホームということで移動がない分はまだ良いか
対戦相手の新潟は後半戦調子を上げているチームなだけに柏としては厳しい戦いが予想される
来週もACLがあるために下手したらターンオーバーを引いてくるかも知れずここは新潟よりの予想したほうが無難
→まさかのターンオーバーなし、でも新潟の方が良かったので悔いはない


【3 清水 2-1 甲府】 0・2 1   
どちらも好調な富士山ダービー
とにかく甲府は清水との相性が悪い(7勝2敗1分)
ただ、数々のジンクスを破った城福甲府ならば清水との相性も打ち破るかも
さらに甲府は残留争いしているチームとは思えないほどアウェイで負けが少ない(3敗)
投票率的にも清水は外しがおいしい
→内容では甲府が上回ってたのでこちらも悔いはない


【4 鳥栖 0-2 広島】 0・      
後半戦首位の成績を収める鳥栖、前節もエースの豊田が不在も持ち前の守備力で川崎から勝利を収めた
対して広島は新潟に効率の良い攻めで得点を奪い2-0で勝利した
どちらも守備を念頭にした戦いが予想され、ローススコアは必至
対戦成績は広島が9勝1分1敗で圧倒的に勝ち越している
→広島は復調してきたね


【5 鹿島 3-1 大分】 ・0 
前節アウェイ8連敗をようやくとめた鹿島
こうなるとホームの無敗記録が止まるんじゃないかと想像したくなるが今節の対戦相手は最下位の大分
大分は前節残留争いのライバルである湘南に敗れ、降格が非常に濃厚になった0
今節、甲府が勝利し大分が敗れれば正式に決まる
最後に大分の意地に期待
→降格は次節に伸びたがもうダメだね


【6 湘南 2-2 浦和】  0
前節大分に勝利し15位の甲府と勝ち点を6に縮めた湘南
依然、厳しい勝ち点差には変わらないがなんとかレッズから勝ち点を奪いプレッシャーを掛け続けたい
対するレッズは全節の甲府戦に引き続き下位との対戦ということで優勝のために取りこぼしは許されない
対戦成績はレッズが19勝1分6敗と圧倒している
→レッズは追いつくのがやっと、これでは優勝も厳しいね


【7 C大阪 2-0 磐田】 ・0     
5戦連続ドロー中のC大阪は残留争いで崖っぷちにたっている磐田との対戦 
セレッソが5戦連続ドロー中ということで評価がしづらいが磐田の方が良くないのでまだ予想はしやすい
→セレッソが安定した試合運びで磐田を寄せ付けず、磐田はいよいよ瀬戸際に立たされた

【8 大宮 2-5 F東京】 
 
まだまだトンネルを抜けれそうにない大宮は3連勝中と好調なF東京と対戦
大宮はいろんな理由が原因に挙げられると思うがボランチの金澤と青木が離脱してしまったことが何より痛い
構成力のある中盤を要すF東京が対戦相手だけに今節も劣勢が予想される
→ほんと大宮はどうしちゃったんだろうね

【9 名古屋 1-2 川崎】
   
中位同士の対戦
名古屋は闘利王が復帰しそうだがダニルソンが負傷離脱してしまった
対して川崎は小林、矢島が復帰したのは朗報だが今節はレナトが出場停止
どちらも決め手に欠き予想が難しいので山勘のシングル勝負
→名古屋はちょっとあやしくなってきた


【10 松本 2-2 栃木】  ・2
どちらもPO争いを追いかける立場であり、勝ち点3以外は必要ないという状況
松本は前節退場した阿部が出場停止
栃木は怪我で離脱していたパウリーニョが練習復帰したが試合に出場出来るかは微妙なところ
ここも予想が難しいカードでドローは抑えておきたい
→松本が良く追いついた、予想としても○


【11 岡山 3-0 千葉】  1     
6位千葉を追いかける岡山との勝ち点差は7、ここで勝利して勝ち点差を4に縮めたいところ
ただ、植田が負傷離脱している中で今節は竹田が出場停止と不動の3バックのうち2人が不在
対する千葉は前節東京Vに敗れ、PO争いをしている中で痛い連敗を喫してしまった
今節も難しい試合になるだろうが3連敗だけは許されない
→ここにきて3連敗は厳しいな、岡山は素晴らしかった


【12 山形 0-1 北九州】 1・0 2
  
ドローが多いものの公式戦10試合負けなしの山形
今節は16位の北九州が相手だけにきっちり勝利してPO争いに入っていきたいところ
ちなみに対戦成績は山形が3戦3勝だがいずれも1点差勝負の接戦
→接線になるのは予想したがこれは読めんかった


【13 東京V 2-1 群馬】 
前節千葉に勝利しPO争いに望みをつないだ東京V
対する群馬は3連敗中でここ3試合無得点と一時期の好調は完全になくなってきている
巻、高原の2トップが良い連携をみせてるだけにここは東京Vでいいかな?
→安易な予想だったけど結果オーライ



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2013 J1 第27節:清水戦】これが相性という見えない力か・・・

考えられないようなクリアミス
クロスバー、ポストに嫌われること2回
不可解な判定によるゴール取り消し
これでは勝てませんね┐(´д`)┌

どれか1つでも甲府の良い方向に転んでくれれば・・・・って感じで
負けたとは思えない試合でしたが運もありませんでしたね




・試合は・・・

電光石火の攻撃で甲府がいきなり先制点を奪う

相手が集中する前だったのもあるかもしれませんが

ジウシーニョのターン、柏のクロス、河本の飛び込み、パトリックのシュート


良い得点でした


ただ、試合展開は1点とって余裕が出来たものの清水のチェイスに苦しむも場面が多かった

戦前の城福監督のコメントから察するとここ数試合に比べてボールをつなぐ意識があったことは
プラン通りだったのかもしませんでしたが相手のプレスを掻い潜るようなボール回までは出来ず
決定的ピンチとまではいかないもののボールの失い方がよくありませんでした

前半はどちらかというとそういった清水のハードワークが光ったような印象をもちましたが
守備ではオーガナイズされた守備ブロックが崩されるようなシーンは少なかったと思います

逆に攻撃の方で狙いのカウンターがあまり出せなかったことは多少物足りなかったですが
相手の中盤3枚にイエローを出させたことが後半の猛攻に繋がる種まきになったともいえます


佐々木のミスに関してはプレスがなかったのでただの集中力の欠如だと思います
日差しがまぶしかったなどの可能性は考えられますが流石にあれは擁護できません



・後半は・・・

終始、動きの多い展開となりました

これまでの甲府であればもっと泥試合を挑んでましたがこの日は積極的な姿勢が目立ちました
そういった中で再三、決定機を迎えるものの決めきれず、カウンターから失あっさり点

まさしく、決める時に決めなければ・・・・という
サッカーのセオリー通りの展開でしたが、追いかける立場となった甲府はさらに攻勢を強めます

レッズ戦では徐々にギアを入れて最後にフルスロットルになりましたが
この日は早い時間帯から羽生、水野、平本を投入してギアをマックスに近い状態にしました

さらに2トップで前からの圧力を強めることで相手DFを混乱させましたがやはり決定力を欠く展開

最後は青山を前線に送り込み前節の再現を狙いましたがそう何度も上手くはいかずそのまま敗戦


清水としては終始、後半は守ってカウンターという展開でしたがそれが狙ったものなのか
はたまた中盤の3人がイエローをもらってプレスが緩くなったからかは分かりませんが
甲府の決定力のなさに助けられた感は否めません


その中でしっかりとチャンスを決めきった大前は見事
内容は良かったものの決定力で負けたマリノス戦とは裏腹に今節は決定力で甲府に勝利したと言えるでしょう


サッカーとはつくづく不思議なもんです・・・・


甲府としてはもちろん安易なミスやカウンターのケアなど課題はありますが
これまで追いかける展開でもなかなかチャンスをつくることができないことが最大の課題だったので
相手が引いた中でもしっかり崩して決定機をつくれたのは収穫

あとは決定力と正当なジャッジがあれば・・・と思うような悔しい試合でしたが
悲観する必要は全くありません

十分勝つチャンスはあったし、内容としてもポジティブに捉えて良いと思います

湘南が勝ち点1を加え差が5に縮まりましたが
やっているサッカーには何の疑問もありませんしこれを続けてしぶとく勝ち点を積み重ねていくだけ


・ジャッジに関しては・・・
城福監督のコメントと同意見です

1つのジャッジミスとしての問題というより日本サッカーの根幹に関わるような判断なので
これまで判定に泣かされてきたジャッジとは次元が異なります

ああいった判定が果たして日本サッカーの成長に繋がるのか?
外国人選手の質の低下が言われているJリーグで彼らがプレーしたいと言える環境なのか?

これまで誤審に関しては一定の擁護の気持ちはありましたが今回は全くありません

この判定で負けたとは思いませんが日本人では表現できないフィジカルの強さによって
サッカーの面白さを体現するパトリックが正当な評価を受けられないことが何より残念です




2013_simizu-kofu.jpg


【個人寸評】

荻・・・5.0
失点シーンに関してはノーチャンス
ただ、それ以外にDFと連携が取れてないシーンがみられピンチを招く場面があった

青山・・・6.0
ラドンチッチとの空中戦はしっかり対応できていた
最後は前節と同じくパワープレーに前線に上がるも同点弾は奪えず

山本・・・5.5
正確な配給は今日も光ったがラドンチッチの対応は流石にミスマッチとなっていた

佐々木・・・5.0
90分良いプレーをしても1つのミスで全てが変わるポジションだということが分かっただろう

保坂・・・5.5
相手のプレスが強かったため最終ラインに下りてビルドアップをサポート

パラナ・・・5.5
楔のパスなど気のきいたパスはあったものの決定的なプレーはあまりだせず
後半は攻勢に強めるチーム事情で守備に専念

柏・・・6.0
対面する河井を攻撃で圧倒
先制点のアシスト以外もチャンスを多く演出

福田・・・5.5
タイミングを見計らって上がりフリーになる事も多かったがボールが回ってくることは少なかった

河本・・・5.5
前半は村松の横のスペースでボールを受け劣勢になっていたチームをよく助けた

ジウシーニョ・・・5.5
良く動いて守備にも貢献しているゆえんだが最後のシュートやラストパスに余裕がなかった

パトリック・・・5.5
1点では満足できないほどのチャンスはあった

羽生・・・5.0
後半からの投入ではゲームをつくることよりも決定的な仕事が求められる

水野・・・5.5
ロングスローやクロスでチャンスをつくったり、ミドルでゴールを狙うも相手の好セーブに阻まれる

平本・・・5.5
サイドや中央で起点になったり、高い位置からのボール奪取で決定機をむかえるも相手の好セーブに阻まれる

城福監督・・・5.5
負けはしたものの試合全体の評価は悪いものではない
采配としてもレッズ戦より早めの采配をしたがいける算段があってのことであろう
あとはそれぞれのプレーの正確さを突き詰めていくだけ


※まだまだ恩返しが足りないようですね・・・・


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 
関連記事

【2013 J1第27節:清水戦 前日情報】富士山ダービー

富士山ダービー in 清水

何かと清水とは縁がある甲府だが過去に頂いた支援もあってか相性は最悪

ただ今回は水沼氏が解説するということでそちらとの相性は最高

どちらの相性が勝つか?

なんていうくだらない事はさておき・・・・

今回の富士山ダービーは過去一番良い勝負になるかもしれない

甲府は2位~5位との対戦で3勝1分(7得点1失点)と上位陣を次々に撃破

残留争いをしてるとは思えない自信と余裕を感じるほどの試合を披露

対して清水も前節のマリノス戦では首位相手に結果はついてこなかったが
内容では上回るほどのパフォーマンスを披露

両クラブとも良い状態で試合に臨めるといえる

まだまだ歴史の浅いダービーマッチだが世界遺産となった富士山の名前を借り
今後の両クラブの飛躍を予感させる試合をしてもらいたい






【予想スタメン】
2013_simizu-kofu_zen.jpg

甲府
前節とメンバーの変更はなし

清水
肩を脱臼していた平岡が先発復帰
CBを務めていた杉山がインサイドハーフに戻る


【攻撃的な中盤の選手をSBに起用する理由】

清水は夏のマーケットでラドンチッチという最後のピースを加え
大前、本田と清水に在籍していた2人を復帰させ質の向上に成功

以前より結果を出せているのも彼ら3人の影響が多いが
彼らをより活かす為の起用としてSB河井・石毛が誕生

ビルドアップやトップの選手との連携、攻撃での貢献度は前任者である吉田やイ・キジェより高く
彼らがサイドで起点になり、持ち前の突破力で崩しの一端を担うことによって
大前や高木がよりラドンチッチと近い距離でプレーできるようになった


もちろんいくら二人がユーティリティとはいえ攻撃で特徴を発揮する選手であることは間違いなく
守備の面では懸念も多い

しかし、ものの見事にその懸念を払拭させているのが本田、村松、杉山という3人の中盤

ハードなプレスと安定したビルドアップで中盤を支配し、SBがあがった後のスペースもケアすることで
SBが超攻撃的となっても攻守のバランスが絶妙に保たれている

甲府としてもここ最近の上位との試合では攻撃的なSBの裏を突くことは
鉄則として狙ってきたが明日の清水戦では上手くいかない可能性がある

チーム全体としてもしっかりハードワークするチームなので
これまでの上位との対戦以上に難しい試合になると想像する

城福監督もそれを自覚しているようで遅攻になったときの攻撃の重要性を選手に伝えている

カウンター、セットプレー、パワープレー以外で流れの中から
特に相手が守備ブロックをつくったときのボール回しや崩しの精度は物足りないことが多い

明日の試合でもそこが問われる試合になりそうで結果はもちろん、どうなるかは分からないが
より高みを目指すために必要なものを確認しなければいけない試合になるだろう


※甲斐ナチオによる甲斐進撃で甲斐挙達成と言わせてくれw!!


J’s GOALプレビュー
【J1:第27節 清水 vs 甲府】プレビュー:両チームとも自分たちのスタイルをぶつけ合うがっぷり四つの大勝負。それを結果に結びつけられるのは清水か、甲府か(13.09.27)


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :654回】9月ラスト

涼しくなってきたのもあってここ最近はJ1もJ2も面白い試合が多いですね

順位が下の方のチームも上位と良い勝負をしてると思います

逆に先入観が入ってしまうので順位はあまり見ないほうが良いかもしれませんね



   
654回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1仙台302545横浜M10

2581923新潟

2
3清水562222甲府
02
4鳥栖251956広島
02
5鹿島8398大分10

6湘南161370浦和

2
7C大阪612118磐田10

8大宮281953F東京

2
9名古屋382339川崎

2
10松本532324栃木
02
11岡山242452千葉

2
12山形711514北九州10

13東京V751411群馬1



計64口
2013年通算成績:182/325 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:114/202=56% J2的中率:69/122=57%



toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/ 





【1 仙台vs横浜M】 1・0
ここ2試合で8得点0失点と調子の上がってきた仙台
今節はホームに首位のマリノスを迎える
そのマリノスは前節清水に苦しみながらも俊輔の得点を守り抜き1-0で勝利
なんとか勝ちきってるもののここ3試合はわずか2得点と攻撃陣は湿り気味で
さらにこの試合では齋藤が出場停止でマルキーニョスも状態が良くないとの情報があり、正念場をむかえるかも


【2 柏vs新潟】 2
  
柏はACLで広州に1-4と敗れた試合から中2日、連続ホームということで移動がない分はまだ良いか
対戦相手の新潟は後半戦調子を上げているチームなだけに柏としては厳しい戦いが予想される
来週もACLがあるために下手したらターンオーバーを引いてくるかも知れずここは新潟よりの予想したほうが無難


【3 清水vs甲府】 0・2   
どちらも好調な富士山ダービー
とにかく甲府は清水との相性が悪い(7勝2敗1分)
ただ、数々のジンクスを破った城福甲府ならば清水との相性も打ち破るかも
さらに甲府は残留争いしているチームとは思えないほどアウェイで負けが少ない(3敗)
投票率的にも清水は外しがおいしい


【4 鳥栖vs広島】 0・2      
後半戦首位の成績を収める鳥栖、前節もエースの豊田が不在も持ち前の守備力で川崎から勝利を収めた
対して広島は新潟に効率の良い攻めで得点を奪い2-0で勝利した
どちらも守備を念頭にした戦いが予想され、ローススコアは必至
対戦成績は広島が9勝1分1敗で圧倒的に勝ち越している


【5 鹿島vs大分】 1・0 
前節アウェイ8連敗をようやくとめた鹿島
こうなるとホームの無敗記録が止まるんじゃないかと想像したくなるが今節の対戦相手は最下位の大分
大分は前節残留争いのライバルである湘南に敗れ、降格が非常に濃厚になった0
今節、甲府が勝利し大分が敗れれば正式に決まる
最後に大分の意地に期待


【6 湘南vs浦和】 
前節大分に勝利し15位の甲府と勝ち点を6に縮めた湘南
依然、厳しい勝ち点差には変わらないがなんとかレッズから勝ち点を奪いプレッシャーを掛け続けたい
対するレッズは全節の甲府戦に引き続き下位との対戦ということで優勝のために取りこぼしは許されない
対戦成績はレッズが19勝1分6敗と圧倒している


【7 C大阪vs磐田】 1・0     
5戦連続ドロー中のC大阪は残留争いで崖っぷちにたっている磐田との対戦 
セレッソが5戦連続ドロー中ということで評価がしづらいが磐田の方が良くないのでまだ予想はしやすい


【8 大宮vsF東京】 2
 
まだまだトンネルを抜けれそうにない大宮は3連勝中と好調なF東京と対戦
大宮はいろんな理由が原因に挙げられると思うがボランチの金澤と青木が離脱してしまったことが何より痛い
構成力のある中盤を要すF東京が対戦相手だけに今節も劣勢が予想される


【9 名古屋vs川崎】
   
中位同士の対戦
名古屋は闘利王が復帰しそうだがダニルソンが負傷離脱してしまった
対して川崎は小林、矢島が復帰したのは朗報だが今節はレナトが出場停止
どちらも決め手に欠き予想が難しいので山勘のシングル勝負



【10 松本vs栃木】  0・2
どちらもPO争いを追いかける立場であり、勝ち点3以外は必要ないという状況
松本は前節退場した阿部が出場停止
栃木は怪我で離脱していたパウリーニョが練習復帰したが試合に出場出来るかは微妙なところ
ここも予想が難しいカードでドローは抑えておきたい


【11 岡山vs千葉】 2    
6位千葉を追いかける岡山との勝ち点差は7、ここで勝利して勝ち点差を4に縮めたいところ
ただ、植田が負傷離脱している中で今節は竹田が出場停止と不動の3バックのうち2人が不在
対する千葉は前節東京Vに敗れ、PO争いをしている中で痛い連敗を喫してしまった
今節も難しい試合になるだろうが3連敗だけは許されない


【12 山形vs北九州】 1・0
  
ドローが多いものの公式戦10試合負けなしの山形
今節は16位の北九州が相手だけにきっちり勝利してPO争いに入っていきたいところ
ちなみに対戦成績は山形が3戦3勝だがいずれも1点差勝負の接戦


【13 東京Vvs群馬】 
前節千葉に勝利しPO争いに望みをつないだ東京V
対する群馬は3連敗中でここ3試合無得点と一時期の好調は完全になくなってきている
巻、高原の2トップが良い連携をみせてるだけにここは東京Vでいいかな?


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:653回】秋の波乱祭り

投票率70%超えが全部波乱で60%超えは順当というなんとも嫌らしい結果に

当たる気がしねー

案の定キャリー発生で、次回へ約5600万繰越です

それにしても、いつになったらこの傾向は止まるのでしょうか?



  
653回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1磐田301951鹿島1
2
2広島671518新潟
02×
3大宮362539仙台
02
4川崎701416鳥栖1

×
5名古屋432334F東京

2
6浦和721314甲府10
7横浜M631720清水1

8大分332440湘南1

×
9C大阪5918231

×
10山形612019福岡10
11札幌412336長崎

2×
12松本131275G大阪
02
13水戸592120熊本1

×

計64口7/13
2013年通算成績:182/325 平均:7.3/13=的中率56%
J1的中率:114/202=56% J2的中率:69/122=57%


toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/ 





【1 磐田 2-3 鹿島】 1・
残留争いで正念場を迎える磐田がアウェイ7連敗中の鹿島をホームに迎える
注目は鹿島がアウェイの連敗数を更新するかどうかだが
以外にもこのカードの過去対戦成績は鹿島が圧倒的に勝っている(33勝8分15敗)
ここは両天秤でいってみる
→磐田が終盤反撃を見せるも3失点は流石に重かった


【2 広島 2-0 新潟】 0・2 1
  
5試合勝利から遠ざかっている広島vs後半戦トップの成績の新潟
チームの調子からいって新潟の方が間違いなく良いはずなのになぜか広島に偏る投票率
こうなると広島外ししかないね
→内容はそこまで良くなかったが勝ちきった広島、うーん経験の差が出たかな


【3 大宮 0-2 仙台】 0・   
1勝して復調するかと思われた大宮だが前節敗れまだまだ苦しい状態が続いている
守備の建て直しは出来ているようだが強力2トップが復帰してもなかなか点が奪えていない
そんな中で守備が売りの仙台と対戦する
仙台は前節大分に6-0と勝利しており攻撃陣は好調で大宮としては厳しい戦いが予想される
→大宮はこのままズルズル行きそうだな


【4 川崎 0-1 鳥栖】
  2      
大久保と憲剛が好調な川崎
今季、ホームでは僅か1敗しかしておらず今節は豊田が出場停止の鳥栖と対戦
鳥栖も非常に好調だが怪我人が多い2列目、豊田の不在となれば流石に厳しいかな
ここはシングル予想で良いだろう
→これは予想外、鳥栖は昨年のチームに戻ったな


【5 名古屋 0-2 F東京】  
前節10試合ぶりに敗れた名古屋
闘利王を強行出場させるなどこの一戦への意気込みは強いがダニルソンが怪我で離脱
F東京は前節浦和に劣勢になりながらもセットプレー3発で勝利を掴むなど勝負強さを発揮
予想が難しいカードではあるがF東京を推したい
→自信なかったがシングルで当てられたのは良かった


【6 浦和 1-1 甲府】 1・ 
浦和はナビスコの川崎戦から新戦術を取り入れてはいるが結果が付いてこない
前節もF東京相手に内容は圧倒するもセットプレーで3失点してしまい敗戦
甲府としてはF東京のようにセットプレーやカウンターから得点の機会を見出してなんとか勝ち点を奪いたい
4試合負けなしと好調な甲府だが浦和の新システムに対応できるかは不透明
勝ち点1とれれば御の字と思って良いだろう
→内容的には甲府だったがまあ結果オーライ


【7 横浜M 1-0 清水】      
天皇杯を除いて公式戦5試合で1勝1分3敗とやや調子を落とし気味の横浜M
ホームでは無敗中の横浜Mだが7勝6分とドローが多い
対する清水は3連勝中と好調で特に新加入で入った3人の活躍が大きい
予想としては横浜Mホームで立て直してくるという期待をこめてシングル予想
→清水は運もなかったな


【8 大分 1-2 湘南】  2
  
降格が濃厚となった大分vs残留争いで厳しい立場に追われている湘南
湘南としては絶対勝利が必須の試合だが大分もここで勝たないとホーム未勝利なんてことになりかねない
どういう結果になってもおかしくはないカードでここはあえてシングル予想
甲府の為にも大分ガンバレ
→変な私情をつっこむとこうなる・・・

【9 C大阪 1-1 柏】
  0  
J1唯一の日曜開催
とにもかくにも柏のコンディションがネック
ACLはベスト4に進出したがサウジアラビアからの移動で中3日
しかも対戦相手は5位のC大阪
ここで柏勝利は予想しにくい 
→セレッソはいまいち勝ちきれんね


【10 山形 2-1 福岡】  ・0
どちらもPO進出にはもう勝ち点は落とせない
山形は8試合負けなしと安定した戦いが出来ており、福岡はここ8試合僅か1勝と対照的な両者
ただ、このカードはドローが多い(山形から見て7勝13分8敗)
予想としても余裕があればドローはおさえておきたい
ちなみに福岡は中原と三島が出場停止
→ここは順当な結果といっていいかな


【11 札幌 1-0 長崎】  1     
前節は栃木と3-4という壮絶な打ち合いをして敗れた札幌、今節はホームに4位の長崎を迎える
8位、4位という対戦でどちらもPO進出のためには勝ち点3を目指してくるだろう
前線のウェホや前俊などここに優れるのは札幌だがハードワークを武器に組織に優れるのは長崎
ホームに強い札幌を期待したかったところだが上里が長期離脱との情報が
急遽長崎に予想をチェンジ、さあこの変更がどうなるか?
→レコンビン劇場だったけど裏目に出ちゃった


【12 松本 2-2 G大阪】 ・2
 
首位をひたすら走り続けるガンバをホームに迎え撃つ松本
前半戦は0-1という接戦を演じたが反町監督がどのようにG大阪の攻撃を止めるのか見もの
満員が予想されるアルウィンの雰囲気にG大阪の選手もやりにくさを感じるだろう
一応、本命はG大阪勝利だが波乱期待でドローを押さえる
→うん、ここは何気に来るんじゃないかと思ってたから不思議ではない


【13 水戸 1-1 熊本】  0
前節はG大阪に0-5という完敗を喫した水戸mさぞかし柱谷監督もご立腹となっていることでしょう
対戦相手の熊本は前節8試合ぶりに勝利を挙げ、残留争いから抜け出すためにも連勝が欲しい
しかし、矢野と片山が出場停止と厳しい戦いが予想される
水戸もいまいち信用は出来ないが予算的にやむを得ずシングル勝負
→予算不足のためしょうがない



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事