【2014 J1 第17節:広島戦】退場というアクシデントにも負けず

今日も感想だけ

甲府はまず前線の3枚+ボランチの1枚でパスコースを防ぎながら相手のビルドアップを阻むことに注力
ただ、なんとなくプレスをかけるのではなく一番フィード力が劣るGKに狙いを定める
広島のフィールドプレイヤーにはパスコースをきるだけでそこまで深追いさせずGKへのバックパスに上手く誘導させて
GKからのフィードを跳ね返すことでボール奪取し、試合の主導権を握る

広島はボール回しの時に一度詰まったら必ずGKに戻してやり直すのでそこを巧みに利用した

さらに高い位置でボールを奪うことによって守備への切り替えが早く、堅固な守備ブロックを形成する
広島の守備を攻略する意味でも効果的で得点シーンもまさしくその形だった

思惑通りの試合運びで進んでいくかと思われただけに石原の退場は本当にもったいなかった

一人少なくなった状況で城福監督は松橋をWBに投入しつつ、531の布陣に変更
クリスティアーノは確かに脅威になるが53の守備ブロックで守れる自信がないと出来ない布陣
特にボランチはピッチの横幅を3人でみなければならずその負担は大きかったであろう

ただ、その懸念も杞憂に終わり、同点弾はくらったもののボランチが穴になることはなく最後まで走り続けた
クリスティアーノも前線で相当な脅威になってたので10人になってからの対応としては正しかった

試合の入りも含めてしっかり対策を準備し、アクシデントが起こっても冷静に対応できたことが勝ち点をとれた要因で
出来ればその頑張りに勝ち点3というご褒美がついてこなかったのは悔しい限りである




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :711回】梅雨明けの連戦

この時期に中3日の連戦だとどうしてもプレーの質が落ちますね

打ち合いかローススコアか結構、どっちかに偏ってる印象が多いです



   
711回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102


1京都532225福岡
02
2浦和562222鹿島1


3川崎681814新潟
02
4C大阪292249鳥栖

2
5広島731611甲府1
2
6清水262648

2
7F東京522721仙台10

8大宮711910徳島10

9名古屋242650横浜M

2
10神戸432334G大阪

2
11岡山532720栃木10

12千葉572023長崎1


13湘南8587富山1



計64口
2014年通算成績:114/208 平均:7.1/13=的中率55%
J1的中率:74/135=55% J2的中率40/74=54%
     
           
  
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  




コメントは無し


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2014 J1 第16節:C大阪戦】狙いは良かったが最後の詰めが・・・

今日は時間がないので感想だけ


この試合、盛田を外してクリスティアーノを1トップ

ガンバ戦で盛田のコンディションが良くなかった影響もあるだろうが
今日の戦い方を観れば戦術的な選択であったことは間違いない

今日の甲府は相手にボールを持たせる事とボールを奪っても相手のプレスが来る前に
ロングカウンターを発動させることでセレッソのゲーゲンプレスを無効化させることを徹底

その狙いは正しかったと思うし、実際に甲府が主導権を握ってゲームを進めていた

ただ、カウンターの精度が低く、特に前線へのフィードで相手のGKやタッチラインに割ることが多かったのは
非常にもったいなく、自分達の攻撃回数を減らすだけではなく前線の選手を疲労させてしまっていた
それでも何度か決定機はつくれていたのでもっともっと精度があれば簡単にチャンスはつくれたはず


後半も狙いは前半と変わらずといった展開だが相手の運動量が落ちていくにつれて
ボランチやCBが攻撃参加して2次攻撃、3次攻撃につなげていき
ミドルやセットプレーで徐々にゴールに近づくも相変わらず決定力を欠く


交代枠も残っていたし、盛田や水野など打つ手はまだあったので全部やりつくしたとは思わないが
おおむね狙い通りにいった試合だけに悔しさの残るドローだった




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 結果:709回】中断明けも波乱続出

リーグ再開後の一発目でいきなりキャリー

相変わらずJリーグは読めないですねー


   
709回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102


1浦和741412新潟1
2
2F東京271657鹿島10
3602020仙台1

×
4名古屋8398徳島1

×
5C大阪342442横浜M1
2×
6G大阪581824甲府
02×
7清水292150川崎

2
8大宮151570広島

2×
9神戸452134鳥栖1

×
10山形541927北九州1

×
11水戸592516群馬10
12札幌611920大分1

×
13岐阜422731横浜C10
×

計64口4/13
2014年通算成績:114/208 平均:7.1/13=的中率55%
J1的中率:74/135=55% J2的中率40/74=54%
     
           
  
toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  




【1 浦和 1-0 新潟】 ・2  
浦和:原口が海外移籍、天皇杯では李の1トップで興梠がシャドーに入った
新潟:キムジンスが海外移籍、指宿、山本康裕、李明載が加入
→ 
浦和は新潟との相性が良く通算では20勝4分4敗、直近の試合でも公式戦6連勝中
予想は無難に浦和勝利を本命とするが波乱期待して新潟勝利も買う
結局OGが決勝点になったけど良い勝負だった


【2 F東京 1-1 鹿島】  1・ 
F東京:現時点では目立った放出や補強はなし
鹿島:ジャイールがレンタル終了に伴い退団

天皇杯でいまいちだった鹿島外してF東京よりの予想で
ジャッジに左右された試合だったが痛み分け


【3 柏 0-0 仙台】  0       
柏:田中順也が海外移籍したが補強は今のところない
仙台:中盤にブラジル人のハモンロペスを獲得
→  
田中順也が移籍した柏と天皇杯で奈良クラブに敗れた仙台ということでどっちを信頼していいか迷う
どちらも決めきれずスコアレス


【4 名古屋 1-1 徳島】  0   
名古屋:柏を契約解除にになったレアンドロドミンゲスを獲得、 永井のレンタル延長も決定
徳島:清水から村松をレンタルで獲得

村松を補強したとはいえそれでも戦力的には厳しい徳島
とりあえずは名古屋勝利でいくのが無難かな
全然無難ではなかった・・・


【5 C大阪 2-2 横浜M】 1・2 0     
C大阪:監督が交代し、柿谷も移籍するなどチームは大きく変わっている
横浜M:ガンバなどで活躍したラフィーニャを獲得、富澤が肉離れで離脱中

どちらも中3日と厳しい日程だがセレッソは連続ホームで横浜Mは連続アウェイ
セレッソは特に新監督のもとスタミナが要求されるサッカーをしているのでコンディション管理が非常に重要
南野出場停止の影響もあるため横浜Mメインで考えたいが横浜Mもそこまで信頼できるとは言えないので
セレッソ勝利もおさえる
うーん、ドローを抑えるべきだったか


【6 G大阪 2-0 甲府】 0・2 1  
G大阪:元甲府のパトリックを獲得し、今節ベンチ入り濃厚
甲府: 元東京Vの阿部拓馬を獲得したが合流して間もないため出場の可能性は低い、新井が出場停止

対戦成績は3勝3敗と五分だがクラブの格から考えると甲府の方が良いイメージが強いであろう
どちらもリトリートした守備をするので試合展開は我慢比べになりそう
以前は打ち合いの試合が多かったが今節はロースコアをイメージして予想すべし
シュート3本で勝ったガンバとシュート3本に抑えたのに勝てなかった甲府


【7 清水 0-2 川崎】   
清水:村松が徳島にレンタル移籍、現時点で補強はない
川崎:中断期間中の移籍も獲得もない、西部が怪我で離脱中
→ 
川崎は火曜日に試合を行っている分、コンディション的には不利
ただ清水は長沢が4月末に離脱して以降、成績が下降気味でそこを中断期間にどう修正したか注目
川崎は3位浮上で清水はいまだ浮上の兆し無し


【8 大宮 3-3 広島】  0

大宮:ラドンチッチ、チョヨンチョルが移籍しセルビア代表のムルジャ、元韓国代表のチョウォニを獲得
広島:放出、獲得は特にないがミキッチ 、浅野が怪我で離脱中

ラドンチッチとムルジャの入れ替えがどう出るかがあるのでここは読めない
普通に予想するなら広島勝利
3-0から追いつかれた広島と0-3から追いついた大宮


【9 神戸 0-1 鳥栖】  2  
神戸:移籍、放出ともにないが天皇杯では関西学院大学に敗戦
鳥栖:ヨソンヘが韓国のクラブへ移籍

天皇杯の結果を重視するなら鳥栖よりだが4位と2位の対決なので予想は難しい
ここは正直当たる気がしなかった


【10 山形 1-2 北九州】  2     
山形:6月以降、敗れたのは磐田戦だけで調子は上向き
北九州:天皇杯では東京Vに勝利したがリーグ戦では湘南、愛媛に敗れて連敗中

順位は北九州の方が良いが調子がよさそうな山形を買う
調子が上向きでしかもホームで勝てないとなると厳しいな


【11 水戸 2-0 群馬】 ・0    
水戸:天皇杯では福岡に2-0で勝利
群馬:21試合を終えてドローがわずか2つ、さらにアウェイではいまだ0

このカード過去27戦してドロー13回
対戦成績を重視するか、群馬の成績を重視するか
安定の中位を維持する水戸ちゃん


【12 札幌 1-1 大分】  0
札幌:4戦負けなしと好調でさらに今節から小野が起用される見込み
大分:前線にラドンチッチを補強、アウェイではわずか1勝と苦手としている

小野が鮮烈にデビューしてくれることを信じて札幌のシングル予想
鮮烈なデビューとはならず


【13 岐阜 1-2 横浜C】 1・0  2     
岐阜:スティッペが長崎に移籍
横浜C:得点力不足なのもあってか4戦連続ドロー中で天皇杯でも富山に敗れる
→ 
岐阜もここ最近は敗戦が多くて調子を落とし気味なのでどちらも勝利を確信できないが
よりマシなのはどっちかと考えたら岐阜かな 
マシではなくやばい方だった


他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2014 J1 第15節:G大阪戦】2つのゴラッソに沈む

甲府の典型的な負けパターンでしたね

相手をほめるべきゴールでしたけど崩されてるわけでもないのに先に失点してしまって
そこから反撃にでるも攻めあぐねるという展開

宇佐美も倉田も遠藤もよく押さえ込んでいたし、ガンバのチャンスがあの得点シーンだけだったことを考えれば
守備陣は悪くなかったと思うし、この敗戦の責任を負わせるのは妥当ではない

ただ、全体的にミスが多かったし、コンディションが100%じゃないなっていう選手もちらほらいたり
中断前が非常に良かっただけに調整がしっかり出来たかと言われれば疑問が大いに残る試合でした






14_Gosaka-kofu.jpg

序盤は盛田をめがけてボールを放り込んでセカンド勝負という狙い

ガンバは遠藤を筆頭にテクニシャンが多いだけにその狙いは悪くなかったし
実際に試合の入りは甲府の方がよくて主導権を握ったように感じた

ただ、サッカーとはわからないもの
流れとは全く関係しないところで得点は入る

青山とパラナがアプローチしていたものの見事に2人の間から通されて逆サイドのゴールネットに突きさすという
素晴らしいコントロールショットで先制点を奪われる

さらにその17分後、これまた素晴らしいゴールだったが甲府にとってはダメージのでかすぎる2失点目

試合の序盤から常に守勢に回っていたり、ピンチが続く展開だったなら納得できるかもしれないが
試合の入りとしては悪くなかったのに2失点してしまうという選手にとっては許容しがたい展開

その微妙な心理状況が苛立ちやミスの多さにもつながったことは容易に想像できる

(一度逆境になってしまうと跳ね返せる力がないとも言えるが・・・・)

それに加えて盛田が90分はおろか45分ももたずに動きが重くなったことも誤算であった

なので城福監督もスパッと交代させる決断に至る
(盛田へのフィードが必要なくなり、福田に変えて動きのある稲垣をWBに回した決断も自然な流れか?)

しかし、盛田がいなくなった影響は大きく、後半は相手の守備ブロックに入るどころか
プレッシャーに追われるがままのパス回しに終始し、最終的にはパスミスでボールロストを連発

インターセプトの意識が強かった相手に対してなぜ足元でのパスを入れ続けたのか理解しがたいし
この試合、最大のビッグチャンスが裏に出した一本のパスであったことが
どういうことを物語っているのかしっかり検証してもらいたい


第2の開幕戦であったこの試合を落とした影響は少なくないし
中断期間前の良いイメージを忘れる前に早急に立て直す必要がある





 J’s GOAL http://www.jsgoal.jp/game/2014/20140100010720140719.html


【個人寸評】

荻・・・5.5
2失点ともGKにとっては責任はないし、被シュート3本では良い意味でやることは少なかっただろう

青山・・・5.5
1失点目のアプローチがもっと寄せるべきだったかもしれないがDFにとっては悔しいシーンだった

山本・・・6.0
カウンターを未然に塞ぐタックルは流石の一言

佐々木・・・5.5
カウンター時に前線まで駆け上がるシーンがあったが
上がれるタイミングがあればもっと攻めあがっていくべき

稲垣・・・6.0
いろんなポジションをやりながら90分間絶えず躍動感あるプレーを披露

パラナ・・・5.5
良いときは前線にまで絡んでくるが今日は全くなかった

阿部・・・5.5
左サイドで起点になりながら、クロスを打ち込むもチャンスはつくれず

福田・・・5.5
戦術的な意味合いが強いだと思われるがもっと積極的なプレーが必要だった

ジウシーニョ・・・5.0
相手のプレッシャーが最も強いシャドーでは荷が重く
WBへのコンバートは納得

クリスティアーノ・・・5.5
前半の動きは良かったが1トップに入った後半はあまり目立たず
決定機を決めれなかったのもマイナス評価

盛田・・・5.0
空中戦はまずまずだったが足元への収まりが時間がたつにつれ、悪くなる一方

水野・・・5.5
つなぎの部分では良かったがチャンスを作る役割までは達成できず

保坂・・・5.5
積極的に顔を出していたがプレーの精度にかける

阿部・・・5.5
左サイドからのクロスは期待感があったが合流して間もないこともあってかほとんどプレーに関与できず

城福監督・・・5.5
中断期間前の印象があるだけにそこと比較してしまうと
残念ながら100%の状態には戻せていない


他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事