ご挨拶


今年も1年お世話になりました。

大雪に始まった2014年でしたが最後は残留も出来、いい年になりました。

なかなか更新頻度あがりませんが甲府を応援する意味でも来年も続けてまいりますので
引き続き、よろしくお願いいたします。
関連記事

「決してドローを狙ってるわけではないよ」というデータ



twitterなどで甲府の戦い方に批判する他サポをよく見かけるが
それを反論するためのデータを紹介する(データ参考:エルゴラ2014J1総集号

今季、甲府のボール支配率は平均43.9%でJ1では2番目に少ないが
甲府が勝ち星をあげた8試合のうち7勝がこの43,9という数字より下回った
(例外の1試合は終盤のセレッソ戦で50%)


さらに
30%代だった試合が3勝6分0敗 
50%代だった試合が1勝3分3敗


「ボールの支配率と勝ち点が反比例する」、それが今季の甲府だった



さらに別のデータ

PA進入成功回数というデータがあるが甲府は通算で449

甲府より下回っているチームは広島、名古屋、仙台、清水、大宮、セレッソ、徳島
徳島を除いた6チームはボール支配率では甲府より上回っているのにPAに進入した回数は甲府より少ない


もう1つ加えるとシュート数/被シュート数のデータでも
今季の甲府はシュート数が1試合平均9.1本、被シュートは7.3


平均でみてもシュート数の方が多いし、試合ごとでもシュート数の方が上回った試合は19試合

ドローに終わった14戦のうち9試合でシュート数の方が上回っている


これらのデータを見て頂ければ、決して引き分けを狙った戦いをしてるわけではないことが分かるはず
自分達でボールを持つよりも相手にボールを持たせた方が甲府は勝利しやすい
そこを理解して欲しい



もちろん、試合展開などその時の状況によって勝ち点1で良しとする試合もあったが
それでもそういう試合の方が圧倒的に少なかった



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ



関連記事

来期のチーム編成3(いろいろ決まった)


だいたい骨格がみえてきたのでまとめる

※A契約 プロ入り後450分以上出場の選手 育成組織出身の堀米は除外


GK 荻 河田 岡西 (A契約2人)
F東京からオファーのあった荻は残留が確定
G大阪から河田獲得が内定
岡はJ2千葉へレンタル移籍濃厚
→荻、河田がレギュラー候補で陣容としては問題なし



3バック 山本 渡邉 畑尾 熊谷 土屋(A契約3人)
山本、畑尾が契約更新し、新加入が北九州から獲得した渡邉と仙台育英から加入する熊谷
タイからオファーが来ている青山、広島からオファーきている佐々木の去就が未定
土屋は契約更新に合意(公式リリースはまだ)、津田は不明
→青山、佐々木の去就によっては補強が必須、2人とも退団となると4バックも視野に



WB 阿部(翔) 橋爪 福田 野田 (A契約4人)
契約更新した阿部(翔)、橋爪、福田に加え、長崎から野田を獲得
ジウシーニョは退団が確定で若杉、松橋の去就が不明
→左は阿部と野田で盤石、右サイドは福田、橋爪と駒は揃っているが本命不在
 補強によっては松橋の退団もありそう




ボランチ 新井 下田 稲垣 ブルーノ・ジバウ (A契約4人)
新井、下田、稲垣が契約更新
パラナは退団が確定でブルーノ・ジバウが内定、保坂の去就が不明
ブルーノ・シウバはどこのポジションになるかは分からないがパラナの変わりとしたらここのポジション
 計算できるのが新井だけで心許ないが稲垣、下田の成長に期待を見越しての編成かも・・・・



シャドー 阿部(拓) 石原 堀米 伊東 エンリケ (A契約3人)
阿部(拓)、石原が契約更新し、堀米が期限付き移籍から復帰、伊東が神奈川大学から新加入
クリスティアーノはJ1クラブへのレンタルを模索中で河本の去就は不明
→河本、クリスの去就によっては補強したいがボランチから下田を回す手もある
 内定したブラジル人のエンリケもこのポジションだと予想されるが蓋をあけてみないとわからない




1トップ 盛田 (A契約1人)
盛田が契約更新し、キリノは退団が確定、松本は不明
→シャドーから回す手も考えられるが最低でも一人は確実にとらないと駒不足
 得点力不足を考えると2枚は欲しい



内定含めて現時点でA契約が17名
去就不明の選手が津田、青山、佐々木、松橋、保坂、河本、クリスティアーノ、松本

松本はC契約のはずなので一応、去就不明の選手が全員残留しても枠で障害になることはない
ただ、タイのクラブに移籍が決定的と言われている青山などもいるので全員が残留することはなさそう

その他、甲府がオファーしてると報道されたガンバの佐藤がどうなるかもこれからの注目


仮の予想
VFK-formation2015kari3.jpg 
黒 確定及び内定 赤:新加入 青:A契約枠外 緑:去就未定




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

来期のチーム編成②(野田獲得)


前回より進展があったので

IN
望月 達也コーチ(川崎)

野田 紘史(長崎)
左のWBはもともと層が薄いポジションですし、ここにきて阿部翔平が退団する可能性が出てきており
仮に移籍となっても問題にならないよう、早めに後釜を確保したいという狙いもあったと予想されます
阿部翔平のようなクオリティは望めないかと思いますが
スタミナやスピードなどアスリート能力では前任者を上回るのでそこに期待です


OUT
金子 昌広(金沢)
昨年の開幕戦でルーキーながら大きな期待を抱かせるプレーを見せてくれたので
2年での退団は残念ですが彼のサッカー人生を考えたらここで移籍するのはプラスになるでしょう
金沢での活躍を期待します


これで

現時点の編成で来期のA契約が(ポジションは適当)
GK 荻、岡
DF 佐々木、山本、青山、土屋、津田
MF 阿部翔、パラナ、新井、ジウシーニョ、福田、松橋、下田、保坂、稲垣、橋爪 野田
FW 阿部拓、盛田、石原、河本、キリノ、クリスティアーノ、イルファン
計 25名

これでA契約の枠は一杯になりました
まだ、契約更新のリリースは1人もでてないので誰が残るのか、誰が移籍するのかは分かりませんが
ここからの補強は加入と退団がセットとなります


ただ、JFAよりA契約の新たな変更があり、育成組織出身の堀米は
25名枠の対象外になったため、復帰に障害はなくなりました、これは朗報です


また、レンタルによる外国人の補強でブラジル現地メディアの報道によると
ヴィトーリアに所属するウィリアム・エンリケにオファーしているようです
http://globoesporte.globo.com/futebol/times/vitoria/noticia/2014/12/carlos-falcao-confirma-sondagem-japonesa-por-william-henrique.html


参考までにプレー動画



この動画だけの印象ですが左利きのドリブラーって感じで
甲府のシステムでは1トップよりシャドーですね

そうなると微妙な立場に置かれているクリスティアーノ放出が現実味を帯びてきますが
僕個人としては残すべきだと思いますので果たしてどうなりますか・・・




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

来期のチーム編成


現時点で決まっているのは以下の通り

OUT 
城福監督、小倉コーチ
井澤、水野

IN
樋口監督(横浜M)
伊東(神奈川大学)
熊谷(仙台育英高校)


コーチは近いうちに発表できるとのことなのでほぼ決まっていると思います



問題は選手

まず、最初に考えなければいけないのはA契約の枠

・A契約は1チーム25人まで
・外国人は通常の3枠+アジア
1枠+提携国1



現時点の編成で来期のA契約が(ポジションは適当)
GK 荻、岡
DF 佐々木、山本、青山、土屋、津田
MF 阿部翔、パラナ、新井、ジウシーニョ、福田、松橋、下田、保坂、稲垣、橋爪
FW 阿部拓、盛田、石原、河本、キリノ、クリスティアーノ、イルファン
計 24名

つまり今のメンバーでは1人しか補強できない
外国人に関しても枠がいっぱい


今日のサンニチをみるとFWで外国人選手と日本人選手の交渉をしていると書いてある
そうなると外国人は誰かが退団することになり、日本人選手もこの1人で上限一杯になり
次の補強からは誰かを放出しなければいけない

例えばガンバの河田にオファーしてるという記事があったがこのオファーも
同じポジションの荻や岡、または他のポジションの選手を放出する必要が出てくる

レンタルで出ている堀米や金子もこのままでは戻すに戻せない


しかし、クラブ側からの契約満了、いわゆる0円提示の通告は
リーグ戦終了後5日以内に行わなければいけないというルールがあるので
一方的に契約満了を言い渡すことはもう出来ない
(メディアに発表していないだけというのもあるかもしれないが・・・・)

※追記
1月1日~31日以外の日が契約満了となっていると満了日より2週間前までが通告期日。
今季は天皇杯の決勝戦が12月に行われたので通例の日程とは異なる日で契約してる可能性が高い。
つまり、12月31日が契約期間の満了日に設定されてたとすると17日まで、
補強の進捗によってはまだ、一方的に切られる可能性がある。

調べてみたらキリノの契約期間も12月31日に設定されていた。


それを踏まえると簡単には移籍が確定しない状況にあると言える
仮に新しい選手と仮契約できても既存の選手の受け入れ先が見つからないと枠が空かない
そうなると正式契約も出来ないし公式リリースも遅くなる


他のチームの動きを観て不安になる人は僕も含めていると思うがこの状況はまだまだ続きそう

昨年の盛田再契約やFW補強の失敗も考えるとなおさら慎重にならざるを得ないだろう






他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事