【2015 PSM :清水戦】1ヶ月にして成らず





・全体を通して


清水がどういうサッカーを目指してるのかは分からないけど
いきなり、甲府が苦手とする戦い方をしてきたなというのが最初の印象


前線から中盤にかけてのプレッシャーをなかなか掻い潜れなかった

そういう時はロングボールで相手のプレスを無力化させたかったのだが今日の前線3枚では起点になれない

なんとなく足元でボールをつないで奪われる
裏を取る意識自体はあったけど良いボールが入らない
清水の選手にとって読みやすい攻撃だった


ボールの奪いどころを昨年より高くするというテーマが注目ポイントだったが
持たされる展開になってしまってそれ依然の話だったのも残念


その中で気になったのはまず、プレーに自信がない
監督が変わって新しくチームを作っている段階だし、試合の流れが悪かったので致し方ない部分もあるが
「ここでプレスにいって抜かれたらどうしよう?」とか
「ここにパスしても大丈夫かな?」とか
そんな心理状態でやってるように見えてプレーがワンテンポ遅いように感じた



それでも、後半は少し修正できたのでそこは良かった
(相変わらずサッカーは流れが変われば展開も全然変わるなと再認識)

清水のプレスが弱まり、後半投入されたエンリケにまずまずボールがおさまった
左サイドの阿部、阿部コンビが裏をとってそこで起点がつくれたのも大きかった


ある程度、相手陣地に押し込める展開になれば苦し紛れにクリアしてきたところを
簡単に奪って2次攻撃、3次攻撃に持ち込める

しかし、サイド奥深く侵入したり、カウンターでゴール前まで運ぶけどフィニッシュまでやりきるという所は少なかったので
まだまだコンビネーションを構築するには時間が掛かりそう

あとは組み合わせの問題もあるのでそこは監督がしっかり見極めてベストなチョイスを確立して欲しい




・新加入選手について

ジバウ
新加入組みでは一番ポテンシャルの高さをみせてくれた
守備はちょっと苦手そうだったけど90分動けるスタミナもあるし、ミドルレンジのパス精度が高い
何度か1発のパスでカウンターに持ち込めそうなシーンがあった
パスの出し手がすくない今のチームでは貴重な存在で、チームに馴染めば良い武器になる

エンリケ
流れを変えた存在ではあったけど左足をおさえられた時と守備が不安

アドリアーノ
クリスと一緒で試合展開によっては1トップじゃない方が良い
今日は持ち味がでる試合ではなかった

渡邉
あまり目立ってなかったのが良かったのか悪かったのか
組み立てがちょっと怪しい

伊東
確かにスピードはありそうだし、前に仕掛ける意識は高い
ただ、間で受けてボールをさばいたりした時にミスがみられた




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

2次キャンプまとめ


※フォーメーショなどはサンニチより


①2月11日 vs宮崎産業経営大学(九州大学サッカーリーグ1部) 

9-1 (30分×4)

1本目 1-1 アドリアーノ
2本目 3-0 アドリアーノ、エンリケ、阿部拓馬
3本目 2-0 盛田、伊東
4本目 3-0 伊東×3

vfk2015-0211.jpg   vfk2015-0211b.jpg  






② 2月14日 vs横浜F・マリノス

0-2 (45分×2)

1本目 0-2
2本目 0-0

vfk2015-0214.jpg   vfk2015-0214b.jpg  






③ 2月15日 vs横浜FC

2-0 (30分×4)

1本目 0-0
2本目 1-0 アドリアーノ
3本目 1-0 津田
4本目 0-0

vfk2015-0215.jpg    vfk2015-0215b.jpg 




④ 2月17日 vsツエーゲン金沢

3-2 (45分、30分×2)

1本目 2-2 エンリケ、アドリアーノ
2本目 1-0 稲垣
3本目 0-0

vfk2015-0217.jpg    vfk2015-0217b.jpg 






・352への変更

通常の541という守備ブロックでは1トップのところが確実に数的不利になるので
前からプレスをかけるのは確かに無理な話

リトリートで守るやり方も身体に染み付いていますからそう簡単に変えられるわけもありません

じゃあ、どうするかというこで単純に相手のビルドアップに数を合わせて強制的に前から追える状況をつくる



3バック(5バック)の堅守を継続しながら前でもボールを奪いたいという2つのテーマを両立させるための2トップは
城福前監督も昨年の浦和戦で試して上手くいったカタチです



ただ、あの試合もそうでしたが中盤を3人でみなくてはいけないのでボランチの負担がすざましい
今までは中盤がパスコースを封じて縦パスを3バックor5バックのところで奪うというのが基本でしたから
中盤の高い位置で奪おうとするとその負担はさらに増えます
あの試合のように逆サイドを捨てるにしても負担の大きい中盤でしっかりボールを奪いきれるのかという懸念があります


あとは相手のビルドアップのカタチが変わってしまったらこちらも対応しなければいけなくなります
相手が後ろの人数を増やしたら2トップでは追いきれなくなりますし、実際浦和もそうしました

その時は「やっぱり、やーめた」と元の3421に戻すことも必要でしょう


そういう意味では今、新しいことにチャレンジしている樋口スタイルでチームの色を完全に変えるのは厳しいです
(これまでのサッカーを継続するとも明言してるので全部変えるつもりもないでしょうが・・・)


もちろん、相手の戦術や試合の状況によっては昨季の浦和戦のように前からプレスかけたほうが良いということもあるので
新しいことにチャレンジすることを否定するつもりはないですがどこでその折り合いをつけるか


鳥栖や湘南のように徹底的に走ることを鍛え上げられたチームなら大きくシフトチェンジしてもいいですが
甲府はそこまでフィジカルやスタミナに特化できるチームではありません


なので昨年までのリトリートして守る守備と新しく取り入れてる前からボールを奪う守備
そのバランスを適切に見出せるかが今季の大きなテーマでその完成度を明後日の清水戦で確認したい





他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

キャプテン・副キャプテン


2015シーズン キャプテン・副キャプテン 決定のお知らせ
http://www.ventforet.jp/news/press_release/508212


2015vfk-C.jpg 



臣は今年で7年目のキャプテン、樋口カラー出す可能性もあったけどまあ変える必要はないですね
副には良い相談役になれそうなアベショーと若手筆頭候補の畑尾

畑尾はちょっとしたサプライズでしたが柏や佐々木など若手が副になるのはここ最近の傾向で
早稲田でも主将でしたし、若手のまとめ役としては適任だと思います








他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

新ユニフォームとスポンサー



2015年ユニフォームサプライヤー・スポンサー及びユニフォームデザイン決定のお知らせ

ちなみに前回は2013年ユニフォームサプライヤー・スポンサー及びユニフォームデザイン決定


・変更
デザインは横縞から斜めへ(ただし、愛媛とほぼ同じデザイン)
スポンサーは袖がアエラホーム→山梨中央銀行、パンツはアエラホーム→無し

地域貢献ウェアのスポンサーに”YSKe-com”が新たに加わる


以前から一部のスポンサー撤退が報じられておりましたがアエラホームの2年契約が満了
袖の方は中銀が埋めてくれましたがパンツは空き状態に

このスポンサー撤退と国立開催が出来なくなることによる減収で約1億らしいのですが
実際、パンツのスポンサー料金ってどの程度なんでしょうか?

単純な計算すると浦和戦の開催が中銀スタになることで
1.5万人×3000円=4500万+5000万?(パンツのスポンサー)=約1億の減収

正確な数字は分かりませんが5000万あれば即戦力2人はとれますよね・・・・・

シーズン途中でもいいのでどこかスポンサードしてくれることを切に願います



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事