【toto予想 :784回】J2とJ3

今回はJ2&J3が対象カード

ただでさえ、J2は難しいのにJ3が加わっては・・・・

とりあえず予想しましたが購入自体検討中です



   
784回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1京都432334札幌
02
2北九州141175大宮

2
3長崎562222横浜C10

4千葉571825徳島
02
5愛媛151372C大阪

2
6水戸312841金沢
02
7東京V661717讃岐1
2
8福岡532126大分1


9岡山162123磐田

2
10熊本522623栃木1
2
11群馬522623岐阜

2
12福島332443鳥取

2
13 藤枝261856長野1



計64口
2015年通算成績:116/234 平均:6.1/13=的中率48%
J1的中率:80/159=50% J2的中率36/76=47%
                 
  

toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  







他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2015 J1 第22節:浦和戦】よく追いついたけど消化不良

 

なんか、浦和とやるときはいつもこんな感じだなあ

浦和は3バックの一角が上がってくるからどうしてもシャドーが戻らなきゃいけない
最後のところはやらせないけど深いエリアまで進入されるから前線まで距離がある
中盤があがれる時間がないのでバレーがおさめてもすぐ奪われるし
後ろから丁寧につなぐ術は甲府にはない


だから浦和がじれるまでなんとか耐え忍んで相手がリスクを負って攻めてきたところを
カウンターで突くという方法しか勝機はない


ただ、そのカウンターをやるときに果たしてバレーが最前線で良かったのかというのが
今日の試合で消化不良に感じる理由

だいたい過去の試合でもパトリックやクリスのカウンターが一番チャンスになっていた

広大なスペースが大好物の伊東や松本を置く方が最適だったと思えてならない

昔のバレーだったら1人で突進していったけど今のバレーはお膳立てしないとなかなか厳しいので
結果出してるとはいえ、そこはしっかり判断して起用してもらいたい




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【2015 J1 第21節:松本戦】上を目指すには・・・




15_kofu-matsumoto.jpg


昨年の徳島戦やちょっと前の日本代表をみてるようでした

甲府は格上の相手にどうやって守り勝つかということをテーマにしてチームをつくっているので
逆の立場になってしまう今日みたいな試合は相性的に難しいというのが前提にありますが
ただ、やるべきことを100%やれたかというとそこは疑問ですね


試合に関してはまず先制点が重要なポイントだった

甲府は序盤、スペースにランニングする阿部拓馬や稲垣を起点にして早くてシンプルな攻めを展開
2,3回ゴール前の精度があってればというシーンがあったので、あの時間帯がいちばん効果的な攻撃が出来ていた
そこで決めきれずに体力的な問題なのか、ペースを落とし始めつなぎに入ることが多くなったことで松本を楽にさせてしまった

その中で最も警戒してたはずのロングスローで先に点を奪われるという展開は最悪だった

1stステージの松本戦後も指摘したがロングスローを投げる岩上選手に誰もマークをつけない
ほとんどの選手がゴール前に戻ってしまうからショートコーナーのように近寄ってきた松本の選手に投げて
リターンをもらえば確実にフリーでクロスが上がってくる

中をフリーにさせてしまったことも確かに問題だが今更スカウティングするまでもなく
分かりきっていることに対して対策できていなかったことは非常に残念だ



さらに引いた相手に対する攻撃のメカニズムが全く設計されていないことも大きな問題だった

今日みたいに露骨に引かれるとゴール前にスペースがない
スペースがない状態ではいくら阿部拓馬や堀米でもこじあけるのは難しいし
結局、ボールを受ける位置がサイドしかないのでこれでは相手にとっては怖くない
だからといって一番分厚い中央でしかけてもこれまた可能性は低い

日本代表も自分達のサッカーといって惨敗したり、甲府の戦い方に対してアンチフットボール的な捨て台詞をするクラブも
同じような過ちをしているのだから日本サッカーの悪しき伝統なのかもしれないが
甲府はそういうブロックをつくって守る強さをしっているからこそ、同じようにはなってほしくなかった


大事なのは守備ブロックをまず広げること


例えば、

上下の圧縮に関しては
裏を狙ったり、ハイボールの空中戦で相手の最終ラインを下げさせたり
ミドルを狙って最終ラインの前でフィルターになってる中盤を引き出したり

左右の圧縮に関しては
ボランチを経由したサイドチェンジではなく、ロングボールなどの早めのサイドチェンジで
相手のスライドよりも早くボールを動かす


そういう布石を打ってから個人で打開できる選手に勝負させないと
いくら能力が高い選手でも相手が万全に構えてたら無理なものは無理だし
チームとしてのカタチが共有されず、一向に課題は解決されない


次は相手が浦和なので同じような試合展開になるとは思いにくいですが
同じ相手に3回負けたことはしっかり肝に銘じてもらいたい




【個人寸評】

河田・・・5.5
失点シーンに関してはノーチャンス

津田・・・5.5
守備に関しては身体を張ってよくやっていた

土屋・・・5.5
効果的な配給やクロスはあまり出来なかった

畑尾・・・5.5
もっとチャレンジするフィードをサイドや前線に入れてよかった

下田・・・5.5
もうちょっとミドルを狙ったりパスをひとつ飛ばすなり工夫がほしい

パラナ・・・5.5
カウンター対応はやってくれていたがこういう展開では・・・・

橋爪・・・5.5
序盤は裏とって深いエリアまでえぐれていたけど途中から消極的なプレーが多くなった

阿部(翔平)・・5.5
阿部拓馬への縦パスはよかったけど今日はクロスがいまいち

阿部(拓馬)・・・6.0
序盤のチャンスでしとめたかった

稲垣・・5.5
後半はスペースを消されて攻撃しなきゃいけないから早めの交代も致し方ない

バレー・・・5.5
前節よりは試合に絡めていたと思うけどゴール前での仕事はさせてもらえなかった

堀米・・・5.5
効果的なし掛けはできなかった

松本・・・6.0 
縦に仕掛けてCKとる役割は最低限
ダイナミックなランニングをもっと生かしたかった

伊東・・・5.5
スペースを消された上に、ビルドアップも横パスが多く
持ち味を発揮できる試合ではなかった


佐久間監督・・・5.0
松本のセットプレーに対しての準備はおそまつ
後半の攻撃に関しては選手任せにしないでもっと突き詰めていかないと





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :782回】混戦の7月

J1もJ2も大混戦の中、連戦が多い7月はどのクラブにとっても正念場

夏のマーケットで獲得した選手がそろそろ出始める時期でもあるし
いくつか監督交代したクラブもあるのでそこらへんは慎重に予想したい



  
782回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1山形372736新潟1
2
2鹿島452233F東京10

3甲府552223松本1


4名古屋221860浦和

2
5神戸262153G大阪1


6鳥栖522226湘南

2
7仙台322642
02
8川崎691516清水1
2
9広島641719横浜M1


10磐田552124C大阪
02
11讃岐282745北九州10

12札幌602218愛媛1


13東京V561925京都1



計64口
2015年通算成績:108/221平均:6.2/13=的中率48%
J1的中率:75/150=50% J2的中率33/72=46%
                 
  

toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  





【1 山形vs新潟】 1・2  

残留争い直接対決
粘り強く守りながらここ3試合連続ドロー中の山形と良い試合をしてるけど勝負どころで力を発揮できない新潟
互いに降格圏に沈んでいるので勝利を目指すと予想してドローを外す


【2 鹿島vsF東京】 1・0

とにもかくにも鹿島の監督交代が電撃だったのでどうなるか不透明だが選手のメンタルを好転させる可能性もある
F東京は新加入のサンダサが良い選手みたいだが前節負傷した梶山と太田の離脱は大きなマイナスになるはず


【3 甲府vs松本】      

残留争いの意味でも前半戦負けてるという意味でもここはホームでしっかり叩きたい



【4 名古屋vs浦和】 2

浦和は無敗記録が前節とまったとはいえ、強い事には変わりない
名古屋は前節退場した闘莉王が不在で厳しい戦いになると思われる



【5 神戸vsG大阪】 1

後半戦、ダークホース的な存在になりそうな神戸
ガンバが調子が今ひとつの中、コンディション的にも連戦が続いており、厳しい状況



【6 鳥栖vs湘南】 2

鳥栖は水曜日に前倒しで試合があった為、連戦が続いている
豊田を休ませたとはいえ、他の選手の疲労は無視できない
前節甲府に敗れ、気合が入ってるだろう湘南の方が有利と予想する


【7 仙台vs柏】 0・2

柏は新加入のエデルソンが出てくるか注目ポイント
レアンドロが抜けて得点力は落ちかもしれないが守備陣が安定しておりチームの状況も上向き


【8 川崎vs清水】 1・2

このカードは前半戦対戦時のイメージが強く引っ張られそう
清水は補強したチョンテセが出てくるだろうし、ちょっとどういう展開になるか予想できない



【9 広島vs横浜M】 1

浦和の無敗記録止め、さらに勢いに乗りそうな広島
柴崎離脱は痛いだろうが野津田や浅野ら若手の台頭も著しい
昨年までのマリノスには苦手意識もあったかもしれないが監督が代わった今季は前半戦も勝利している



【10 磐田vsC大阪】 0・2

前節、岐阜にダブルをくらった磐田
強いのは強いんだろうがいまいち安定感に欠ける
一方セレッソは前線の軸が田代と玉田になり、攻守に安定し始めいつの間にか3位に浮上



【10 讃岐vs北九州】 1・0     

讃岐は前節敗れがソリッドな守備力は計算できる
出来ればダブル使ってドロー抑えたいがここは予算と相談



【12 札幌vs愛媛】   

なぜか札幌はホームで良い印象がないが愛媛との対戦はわりかし相性が良い
ここ数試合勝利がなく調子を落としているがそろそろ勝ってくると予想する



【13 東京Vvs京都】 1

ヴェルディもいつのまにか5位に浮上し、十分POを狙える位置に来た
高木次男も復帰後ゴールを決めており、チームの雰囲気もよさそう



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2015 J1 第20節:湘南戦】勝負のあや




15_shonan-kofu2.jpg


前半と後半できれいに評価が分かれる試合で、

流れが良いときに取れないと・・・・
勝負のあやというかサッカーの怖さを改めて実感しますね


前半はCBがどんどん上がってくる湘南の分厚い攻めにサイドで起点をつくられ
そこからのクロスを中で合わせられる展開が続いた

ただ、甲府としてラッキーだったのはヘディングの強い藤田に合わせられるシーンがなかったこと
もちろんシュートミス自体が助かったけど確率的には藤田の方が高かったと思われる



守備でダメなら攻撃で何とかしたいところだが前半は攻撃でもリズムが作れなかった
カウンターが出来るようなボールの奪い方が出来なかったし
ボールを奪っても、湘南のプレスにつかまりボールがなかなか前線に運べなかった

うまく掻い潜っても後方からの攻め上がりが遅く、プレスバックしてきた湘南の選手に捕まる状況が多く
遅攻でうまくサイドに展開してクロスの形にもっていっても中の人数が少なかったり
入り方に工夫が無かったりで結局、チャンスらしいチャンスがほとんど作れなかった



正直、前半終わった段階ではかなり厳しいかなと思っていたが
先に点取れたことで流れが一気に変わる

得点シーンに関しては前半はアーリークロス気味でクロスをいれてた阿部翔平が先制点の場面では
阿部拓馬との連携でサイド奥深く侵入でき、中の入りもファーで待つことが多かったバレーがニアに入ってきた

前半で合わなかった部分をしっかり修正したことが得点につながった

追加点もPKにはなったが湘南がバタバタしているところを見逃さなかったし
試合展開読むベテラン陣の良さが出た


その後の湘南は2点のビハインドを負ったせいか中央の一転突破が多くなり
そこのエリアは甲府が最も分厚く守ってるので楽にボールを奪うことが出来る
終盤のパワープレーも特に問題なかったし、最終的には理想的な展開で試合を終わらせることが出来た

欲を言えば、伊東や松本で3点目を狙ってほしかったが
コンディションの調整が上手くいかなかったこともあってか最後はリスクを冒さない采配を徹底




【個人寸評】
河田・・・6.5
前節のミスを引きずることなく安定したセービングだった

津田・・・5.5
地上戦は悪くないが空中戦で大槻をフリーにさせすぎた

土屋・・・6.5
守備だけではなく今日も積極的に攻撃参加
2点目ではCKからPKを奪取

山本・・・6.0
前半は藤田のポストプレーに対するつぶしが甘かった

下田・・・6.0
湘南のプレスを掻い潜る場面もあったが苦しむことの方が多かった

パラナ・・・6.0
後半はしっかり中を締めて湘南の反撃を封じた

橋爪・・・6.0
序盤の決定機は決めたかったところ
サイドで張るだけではなく、中に進入する動きはこれまでになかったところ

阿部(翔平)・・6.5
先制点のアシストはお見事

阿部(拓馬)・・・6.5
前半は少なかったが後半では帳尻を合わせるかのようにチャンスをつくる

稲垣・・6.0
中盤の守備が効きまくってるので欠かせない存在だがもう1つ階段を登りたいなら
そろそろ得点を決めたい

バレー・・・6.5
得点以外の貢献度は高くなかったが決めるべきところで決めるのが流石の一言

新井・・・6.0
下手につながず、クリアを徹底

盛田・・・6.0 
ボールをおさめたり、守備での貢献は疲れているチームを助けた

保坂・・・6.0
試合をしっかり終わらせた


佐久間監督・・・6.0
練習場の問題でコンディション調整がうまくいかなかったようだが
勝ち点3持ち帰ったことは素晴らしい





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事