佐久間監督続投&来季のチーム編成を考える




□監督
個人的には長崎の高木監督や愛媛の木山監督がいいなと思っていましたので佐久間監督の続投は少しがっかりです。
しかし、決まったからには応援しますし、何が何でも残留してください。

 2016シーズンに向け、監督の人選を進めてきた中でフロントとしてまず重視した点は以下の通りです。

①来季はJ1リーグ残留、さらには中位の成績を目指す
②そのために現在の堅守を維持しつつ、課題である得点力向上を目指す

次に来季の背景を以下の通り分析しました。
①開幕が一週間前倒しの見通しで、新チーム始動後の準備期間が短い
②最終戦が11月初めとなる日程見通しのため、8月までに約8割方の日程が
消化されることになり、スタートダッシュと序盤の戦いが重要になる

さらに、チームの現状を以下の通り考慮しました。
①ベテランの活躍が欠かせない
②「ベテラン・中堅・若手」が入り交じったチーム編成となる

佐久間悟 監督2016シーズン続投のお知らせより


背景①、②を考えると確かに来期は監督人事で失敗すると取り返せないシーズンになる。
ただ、今年の采配を見る限り、佐久間監督で発展や上澄みがあまり期待できそうにないのでそこは少々不安。

また、GMとの兼任に関しては負担が大きいはずなので東海林強化部長にGMを
(実質でもいいので)委任するなどして監督に集中してもらいたい。



□選手

まず、A契約の25人枠は触れておく必要がある。

現時点で甲府に所属している選手が来期も全員残ると仮定するとA契約は24人。
(A契約の条件:450分以上出場、4年目以降はAorB契約)



20151109-2.jpg20151109-0.jpg
※岡西は来年で4年目なのでAorBですがB契約はA契約に移るとその時点で25人枠の適用になる
(CからAになった場合は翌シーズンから25人枠の適用)
詳しくはJFAにある選手契約の規約を参照してください。http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/10.pdf

さらにレンタル組も加えると24+4=28人で3人オーバー。(外国人枠は3人なので実質27人)

ということで既存選手の移籍がない限り、間違いなく補強は少ないです。



ここまでに出ている情報を加味すると(ソースはおもに山日)

・バレー、マラニョンは退団濃厚でパラナは条件次第
・阿部拓馬に4クラブからオファーあり、退団の可能性
・山本、稲垣、伊東らは複数年でその他、今季在籍している日本人は全員契約延長のオファー
・外国人は東海林強化部長がブラジル視察し、センターフォワードやシャドーストライカーを調査
・J1の外国人も検討中
・新卒は名古屋U18の森晃太が内定、大卒はなし
・補強はJ1やJ2で出場機会を失っている若手を中心に進める




2016kari01.jpg
現実的に考えて、阿部拓馬は移籍と仮定して現在の編成はこんな感じ。
これでA契約が20人なので補強は5人まで。
ただ、開幕から枠を一杯にすると中断期間に補強ができないので外国人含めて4人追加が妥当なところ。



□補強
  • バレーが抜ける1トップに1人
  • 阿部拓馬が抜けるシャドーに1人
  • ベテランが多いCBに最低1人
  • あとは全体的なバランスをみてどこかに1人

ここからはあくまでも願望です。
関連記事

【2015 J1 第34節:清水戦】帳尻だけは合わせた


15_kofu-shimizu.jpg



前半は今季最低と言っていいくらいひどかった。
後半盛り返しましたけど最終戦にこんな内容の悪い試合では来年が思いやられます。
年1のゴールを最終節に持ってくる保坂はさすが。


関連記事

【toto予想 :806回】最終節



泣いても笑っても今節がラスト
70%を超えるカードが多く、波乱が来た場合は高額当選間違いなし

       
806回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1鹿島701416名古屋1


2浦和731512神戸10

3横浜M82108松本1

4甲府452728清水1


5広島711514湘南10

6F東京631918鳥栖1

7川崎711712仙台10

8横浜C513019群馬10

9C大阪482626東京V

2
10北九州302545長崎

2
11札幌721612栃木10

12金沢182062大宮
02
13愛媛532324徳島1


計64口
2015年通算成績:197/377 平均:6.8/13=的中率52%
J1的中率:118/228=50% J2的中率78/147=54% J3的中率1/2=50%



toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  


関連記事

【天皇杯:柏戦】1人多くても優位にならず


・またか・・・
このブログで何回も言及してきていますのでもう言いたくないですが
ポゼッションして攻撃的にくるチームにバレーの1トップは悪手でしかない。
その上、守備でハードワークできる稲垣を外して名古屋戦と同じ攻撃的な前線3枚。

しかし、ポゼッションされ、相手のSBが高い位置をとるから
シャドーが下がらなきゃいけなくなり、守備に追われ、攻撃的な前線にした効果はあまりない。

ボールを奪っても柏は前線に人数かけているから、なかなかボールをつなげずに失う場面が多いし
その上、リスク掛けずに長いボールを放り込んでもバレーが起点にならないから前線に運べない。

柏は2CBしか残ってないケースが多いので、スペースを有効に使いたいのだが
CBの前でホールをもらおうとするバレーは良い的。

最終ラインが頑張っていたし、柏もクリスティアーノ以外は強引に勝負してくるが選手いなかったので
失点はせずに済んだがリズムが全く作れない前半だった。



・試合が動いた後半

後半、早い時間帯で完璧に崩され失点。
柏のやりたい崩しをされたので相手の良いところがもろに出た感じ。

とはいえ、甲府も阿部拓馬の個人技で同点。
点のにおいがしないところでポンととってしまうのが甲府の伝統芸だが天晴れの一言。
でも来年、残留してくれるのか心配になるような素晴らしい得点なので心境複雑・・・・・。

その後も阿部翔平不在の穴を埋めた橋爪のセットプレーからチャンスをつくっていたりと
前半よりかは可能性のあるチャンスが増えた。

そして、終了間際の退場劇。


最初のイエローも下手したら決定機阻止になりかねないファールだったので誰がみても妥当な退場。
甲府も前線からのプレスをほとんどしないので油断していたと思われるが2回同じ事をやるのは不用意過ぎる。

ただ、結果的にこの退場は甲府にとって優位なものにならなかった。

一人多くなった延長でも甲府はやり方を変えられないのか変えないのかは、分からないが
引いてブロックを作る展開は変わらず。

むしろ、負傷や疲れで交替した選手に変わって入った石原や堀米がほとんど仕事できずに
中盤のプレスを担っていた新井も最終ラインに下がったことで中盤の活動量が低下。
11人同士ででやってた方がまだ良かったというくらいの酷さで時間が進み
結局、最後はクリスティアーノの決勝点という甲府にとっては何とも言い切れないおまけがついて、敗退。

上手い選手がいるわけじゃないので1人多くてもボールをつないで押し込めないのはしょうがないとしても
盛田投入してパワープレーに徹すれば柏のGK菅野も退場した鈴木に変わってCBに入った茨田も背は高くないから
十分、スクランブルになる可能性がある。

そういうことも出来ずに何がしたいのか良く分からずに敗れてしまったことで
不満の残る敗戦となってしまった。



・光った代役
阿部翔平の不在を埋めた橋爪と松橋、名古屋戦に続いて3バックの真ん中を務めた畑尾。

まず、橋爪はセットプレーのキッカーとして非常に良かった。
右と左のキッカー不在で戦前は誰が蹴るのか心配していたがそんな憂いも何のその。


松橋もクリスティアーノと対面していたので数は多くなかったがサイドを上がってチャンスを演出。
バレーが飛び込んでこないので決定機にはならなかったが慣れない左サイドで次第点以上の働き。

畑尾はビルドアップで安全につなぎ過ぎてもう少し、サイドチェンジを駆使してもらいたかったが
守備の面では身体を投げ出して危ないところをよくつんでいた。


いろいろ批判したくなる試合でしたが彼らの奮闘は少ないながらも収穫と言えるでしょう。






ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事

【toto予想 :805回】J2も大詰め

J1は天皇杯ですがJもいよいよラスト2試合
代表ウィークで代表選手はいませんのでそこだけ注意


 
805回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1仙台651916松本1


2神戸221761横浜M

2
3鳥栖711514山形10

4671815甲府1


5川崎362341G大阪1


6栃木262351京都10

7磐田781111横浜C1


8徳島392932熊本
2
9岡山242254千葉
0
2
10長崎322345C大阪10

11東京V542026金沢10

12讃岐422830岐阜
02
13群馬282547北九州

2

計64口
2015年通算成績:192/364 平均:6.8/13=的中率52%
J1的中率:116/223=50% J2的中率75/139=54% J3的中率1/2=50%
     


toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  


関連記事