【2016 J1 2nd 第3節:磐田戦】いつ勝ち点3をとりにいくのか


久しぶりに無失点で終われたことは良かったけど
相手のシュートミスと河田のセーブで凌げただけで守備が機能していたとは言い難い。


3バックの食い付きを利用されて崩されるシーンは今日の試合でも目立ったし
ビルドアップもミスばかりで相変わらず攻撃も期待できない。

また、運に恵まれたこともあってプランどおり、0-0のスコアで試合終盤までいったのに
単発のカウンターはあれど、チームとして点をとりにく、勝ち点3をとりにいけないのは非常に残念。


降格圏より上にいるならば、1ずつでも着実に積み上げた方がいいかもしれないが
1勝1敗ペースでいかないと厳しいという発言していた上に、セカンドステージは連敗スタートで既に出遅れている。


こういう試合で勝ち点3がとれなかったら、いつ取るのか。


残留ラインや終盤の展望を考えるのはいいが
目の前の試合、ひとつひとつに危機感を持って望まないと机上の空論になってしまう。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2016 J1 2nd 第2節:F東京戦】その場しのぎ

前節の反省なのか、相手の戦術に合わせたのかは分からないが
神戸戦での戦い方から打って変わってまた、今までのように守備を固める采配。

よく言えば臨機応変、悪く言えば一貫性がない。


今日の試合もあのような”まずは失点しない”という戦い方ではセットプレーが重要になってくるのに
開始10分もしないうちに失点してプランが崩れるとか皮肉でしかない。

森重にはその後もCKからあわやというシーンをつくられていたが
セットプレーの対応の甘さは相変わらず。



攻撃もどうやってボールを運ぶのか、チームとして共有できておらず
河本が代表のCB相手になんとか前を向いて頑張っていたことが全く報われていない。

本来パスの出し手になる福田をシャドーで起用したことも問題で
あのように福田が下がり目のポジションをとるなら、ボランチやWBが後ろから上がっていくとか
見方同士を補完するメカニズムがなければ、選手の特徴と合っていないデメリットしか生まれない。


後半はポジションを2トップ、3ボランチにはっきりさせたことで大分改善されたが
自ら打った手が悪手でそれを試合中に改善してるとか
もう試合前から相手にアドバンテージを与えるようなもの。



また、甲府の流れに来始めた時間帯で、前線の選手が前から圧力をかけても
後ろにはしっかり人を残しており、良くも悪くもリスクにとらわれ過ぎていて
前と後ろで連動しておらず、反撃に徹することが出来ない。

しかも、最終ラインでオフサイド取り損ねたり、ボールの処理を間違えて決定機つくられたりと
全然リスクを排除できていないので非常に中途半端。
その上、CBに交代枠を費やしていては攻撃にエネルギーを割けないのは必然。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【toto予想 :857回】梅雨はどこへ?


あまり試合を観れておらず、予想もほぼ直感です。


    
857回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1名古屋171468川崎

2
2G大阪721612仙台1
2
3浦和6717161


4F東京691813甲府10

5広島402337鹿島
02
6横浜M751311福岡1


7新潟542422湘南1
2
8磐田302644大宮1


9神戸532324鳥栖1


10C大阪472330札幌10

11千葉671914水戸10

12山口562123北九州1


13讃岐212653愛媛

2

計64口
2016年通算成績:130/234 平均:7.1/13=的中率55%
J1的中率:71/132=60% J2的中率49/93=51% J3的中率/=%
  toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/



ブログランキング参加中です。  
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2016 J1 2nd 第1節:神戸戦】痛みを伴わない改革は無いが・・・・


ツイッターで結構実況しながら見てたのでそちらにもいろいろ書きましたが
何かを変えようという意志は感じましたがそれまでに押さえなければいけない問題が放置されていて
チームとして成していませんでした。



とりあえず、ファーストステージの流れを簡単に振り返ると
クリスティアーノを中心とした攻撃はそこそこ点は取れたが
なぜかセットプレーからの失点が増えてなかなか結果がともなわなかった。

それを修正するために試行錯誤していたら満足にメンバーを揃えのも難しいくらい怪我人が重なり
次第に玉際での強さだったり、ハードワークの部分がおろそかになった。
佐久間監督の采配も謎のコンバートや途中交代が増え、結果甲府の代名詞だった堅守が見るも無残に崩壊した。

そしてクリスティアーノが移籍。




関連記事