【2016 J1 2nd 第6節:浦和戦】守備を修正できない


パラナの安定感とドゥドゥの孤軍奮闘(怪我が怖い)で
だいぶ改善の兆しがみえてきたが守備のところはまだまだ修正ができていない。


特に空中戦に持ち込まれるのが嫌なのか、それとも早く奪いたいのか分からないが
今年はボールへの食いつきが早いというか中途半端で
ワンツーで崩されたり、裏を取られたりとあっさり崩される失点が多い。

セットプレーでの失点の多さを考えれば以前より中ではじき返すというのは難しくなっているかもしれないが
簡単にサイド奥深くを破られても失点は増えるばかり。


”中で弾き返せないからサイドで潰したいが潰しにいこうとすると簡単にはがされる”


この悪循環をどうにか打破しないと、いくら良くなっている兆しがあっても
守備の安定がなければ勝ち点は伸ばせない。

最後のところで跳ね返すならクロス対応をもっとしっかりしないといけないし
サイドで早めに潰すならもっと連動してプレス強度高めないといけない。

どちらも中途半端でどっちつかずになっていることが一番良くないし
その状態になっているからこそ、堅守が崩壊している。



また、後半保坂や福田の投入でマイボールにする時間が増えたことは良かったが
逆に足元でのパスが多くなって、なかなか相手に怖さを与えられなかった。

足元でしっかりつなぐことはいいがそればかりではチャンスにつながらないので
選手の起用法や配置などもう少し組み合わせを再考する必要があるように思う。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事

【toto予想 :862回】夏休み



 
862回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1甲府131374浦和
02
2福岡242551仙台

2
3湘南131374川崎

2
4新潟392734F東京1
2
5神戸432829大宮1


6横浜M741313名古屋1


7磐田272449

2
8G大阪372340広島10

9鳥栖191764鹿島1
2
10清水80119岐阜1


11京都292546C大阪
02
12横浜C222454千葉1
2
13讃岐232453山形

2

計64口
2016年通算成績:141/247 平均:7.4/13=的中率57%
J1的中率:85/155=54% J2的中率56/92=60% J3的中率/=%
 
    
  toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/



ブログランキング参加中です。  
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2016 J1 2nd 第5節:名古屋戦】センターライン


センターラインの安定感ってやっぱり大事ですね。



ドゥドゥに関しては前節に続いて素晴らしいパフォーマンスで前線を引率してくれました。
安定したポストワークで見方を生かすことも出来ますし、1人で強引にしかけることも出来る。
3点目のようにたとえマイボールにならなくとも追いかけますし、守備も手を抜かない。

また、見方のサポートがない時はファールを誘って上手く時間をつくったり
競り合い1つみても相手がクリアしにくいように邪魔したり、駆け引きの上手さもある。

クリスティアーノと違ってプレーの派手さはないものの、シャドーの選手をうまく使いながら
自分も活きているので周囲への好影響やチームへの貢献度は計り知れない。


そういう観点から言えば中盤のパラナや最終ラインの山本も同じで
ここ最近の試合内容から比べれば明らかにチームとしてのまとまりがあったのは
彼らの存在があったからでしょう。


ただ、課題がなかったとは言えず
後半の名古屋のクロス攻勢にはもっと対策が打てたはずですし
疲労が見えていた土屋のところも永井に何回か突破されていたので
そこはしっかり突き詰めていかないところ。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【toto予想 :861回】summer



 
861回ホーム投票率アウェイ予想結果
toto102102
1名古屋442927甲府1
2
2鹿島432433浦和

2
3川崎681715F東京1


4仙台522622湘南1


5広島602119神戸10

6大宮602218新潟10

7332344G大阪1


8横浜M661816磐田
02
9福岡242452鳥栖

2
10山形272548岡山

2
11金沢323138熊本
02
12松本652015長崎1


13徳島383229愛媛
02

計64口
2016年通算成績:130/234 平均:7.1/13=的中率55%
J1的中率:71/132=60% J2的中率49/93=51% J3的中率/=%

    
  toto one陣の予想→http://www.totoone.jp/top/  



他のtotoラーの予想は→http://soccer.blogmura.com/toto/



ブログランキング参加中です。  
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事

【2016 J1 2nd 第4節:鹿島戦】運はある


チャンスを全て決めたというくらい効率よく点取れたのに勝てず。

とはいえ、前節に続いてかなりのシュートミスに助けられたので内容的にはドローで満足しなきゃいけないが
前節に続いて運に恵まれたのに勝てないのはなかなか厳しい。


ただ、守備は相変わらず酷く、前半のチャンスを鹿島がしっかり決めていれば試合が決まってもおかしくはなかった。

挙げればきりがないくらいに課題はあるのは今更だが今日の試合を観てはっきり思ったことは
今のチームは相手のマークを見すぎて見方をみていない。


1失点目なんかも典型的だったが
低めのポジションをとった遠藤に対して松橋がついていってしまい
WBの津田もサイドに張る西へのアプローチで前に出て裏をとられてしまい
一番肝心なペナ角が誰もいない状況になってしまった。

松橋が自分のポジション捨てて前に出るならWBやリベロはカバーできるポジションに付く
出来ないなら不用意に自分のポジションを空けない。

スピードを武器にしてマンマークの方がやりやすいという松橋をCBで使う監督のチョイスも悪いが
柴崎に対して出来るだけ早くアプローチしたい黒木の動きに対しても周囲が反応していない事実もあるので
選手個人というよりチーム全体の問題であろう。

良く言えば生真面目に相手の動きに反応しているが
攻める側の思惑通りにこちらが動かされてしまって一番危険なエリアが守れないのでは本末転倒だい
攻撃を犠牲にしてまで常に数的優位になるような布陣を敷いてる意味までもなくなる。


逆に疲労が濃くなった後半は相手のフリーランや釣る動きに反応できなくなり
ゴール前を固めることしかできないことが却って相手を攻めづらくさせていたのがいい証拠。


同じポジションで対峙する選手に負けないという意識は良いが
見方同士の距離感やポジショニングがおかしい状況までいってしまうと
本当に個人個人の守備になってしまう。



新外国人のドゥドゥに関してはブラジルで試合に出てたこともあってコンディションがまずいい。
体の強さもあるし、技術的にも優れているし、仕掛ける姿勢も悪くない。
クリスほど研ぎ澄まされてはいないがバランスの良い選手だなと感じたし
何より甲府デビュー戦で点をとったことが大事。



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事