【2017 J1 第16節:清水戦】ノーチャンス


同じ勝ち点の相手に負けたことも残念だが
全くといっていいほどチャンスが作れない試合内容で
本当にがっかりというか、もう失望しかないような試合だった。


柏戦での戦い方がひとつ光明になると思ったが今日の試合を見る限り
あれは柏対策で準備したものでそれを続けようとする意志はなかったようだ。

もちろん、対戦相手が違うので今日の試合でも、はまるかどうかはやってみないと分からないが
それでも甲府の選手の特徴やチーム力を考えたときに
やはり、柏戦でみせたようなハードワークと早い攻めを軸にした方がいいパフォーマンスを出せる。

今日の試合のようにただ足元でつないでるだけで全く相手の守備ブロックにズレをつくれない。
ズレをつくれないでアタッキングサードにはいっていくから相手も余裕もって対応できる。
リマが後ろから上がってきてドリブルで抜くくらいしか相手に脅威をあたえられなかった。

ポゼッションに課題があるのは間違いないがあんな試合を見せられるようでは
カウンターやロングボールに徹したくれたほうがまだ負けても納得できる。


関連記事

【2017 J1 第15節:柏戦】実りあるドロー


お互いの選手が死力を尽くしてGKのファインセーブもあって緊張感のある面白いゲームでした。

甲府としてはまず、戦い方が中断前より変わっていて、前からのプレスとカウンターの色が強まった。
吉田監督のもと良くも悪くもポゼッションの傾向が増えつつあったので1回、原点回帰したのか
対柏で準備してきたものなのか、もう少し見てみないとわからないが
どちらにせよ、見事な采配だったと言える。
首位柏相手に真っ向勝負でこれだけインテンシティの高いゲームが出来るのかと思うくらいの驚きだった。

さらに、細かいところを言えば前からいく時は2トップ、後ろで引く時はドゥドゥがサイドにはいって541と
これも柏対策なのかそれとも自分達の都合なのかは分からないが
上手く状況見ながら、大きな乱れもなく、守備のシステムを構築していたと思う。


また、小椋の出場停止などで起用された新井とボザニッチのインサイドも
攻守に渡ってタフに戦えていたし、小椋、田中のポジションを脅かすような出来だった。
さらに最終ラインの畑尾もクリスとの1対1で互角以上に渡り合い、成長の兆しがみえたし
松橋とリマも伊東相手によくおさえてたし、その他にもまだまだあげれば出てくるがそれほど
チームとしてだけでなく個人としても手ごたえが掴める試合だった。

まあ、だからこそ勝ちたかった・・・・。

関連記事

【2017 J1 第14節:仙台戦】ワースト


いろいろ悪い所が出ましたが一番の想定外は守備で全くはまらなかったことですかね。

1トップのクリスランと山本のマッチアップが完全にミスマッチになっていて
逆サイドのシャドーがダイアゴナルで裏に飛び出してくる動きに対しても誰がマークをつくのかはっきりせず
インターセプトを狙うことが多い迎撃型のCBである山本と新井の弱点を上手く付いてくる仙台の攻撃でした。

1トップ2シャドーを3バックの数的同数でみさせるにはリスクが高いマッチアップだったし
かといって5バックでみると高精度のクロスをいれてくる特に相手の左サイドのプレスが遅れる。

どう対応していいのか混乱してたように思いますし
ラフプレーとは無縁の阿部翔平が304試合で初めて一発レッドをもらったくらいですから
正常な判断が出来ない状況でプレーを続けていたと想像します。
(間違ってたらすみません。)



強いて収穫をあげるとするなら
ポゼッションも徐々に上がる試合、対等にやれる試合が増えていく一方
あまり結果が出ずに逆にこういう内容で完敗したことこに意味を見出さないといけない。

出来なかったことを出来るように課題に取り組むことは間違いではないし、何かを変えろとも思わないが
やはり安定した守備があってこそのチームなのでそこは絶対に外してはいけない。



関連記事