FC2ブログ

【2017 J1 第33節:大宮戦】結末は最終戦へ

 
試合開始からハイプレッシャーで主導権を握ろうとするも、大宮も出足が早く
なかなかマイボールにしてもボールがつながらない立ち上がり。

また、ビルドアップのミスからショートカウンターくらうよりはリスクおかさずにクリアで逃げていたことで
ドゥドゥやリンスにおさまらない時間が多く、チーム全体を通しても緊張してるのか硬さがみられ
試合展開としてはイーブンではあったが良い流れとは言えない前半だった。

失点するリスクを排除する為にクリアで逃げるのは仕方ないかもしれないが
前線の二人がノーチャンスのようなボールがばかりでは流石に厳しい。


それでも後半は前半みられなかった裏をとるような動きも増え、徐々にゴールに迫れるようになり
セットプレーも増えていったがやはり、どうしても最後のところで見方と合わなかったり、
シュートがミートしなかったりとゴールにつながらない。


新潟が勝ってくれたおかげで甲府が勝っていれば清水と逆転出来る状況だっただけに
最後の最後まで歯がゆい、もどかしい試合になってしまった。




守ってカウンターだけ狙えば良い相手でもないし、そういう状況でもない。
極限までプレッシャーの掛かる試合でもあるのでミスが多くなるのも分かる。
ただ、それを乗り越えないと残留は勝ち取れない。






関連記事

【2017 J1 第32節:新潟戦】OGが最後まで重くのしかかる

序盤は甲府の方がサイドを起点にして良いリズムをつくってましたが
OGの失点後、新潟のハイプレスが強くなり、試合展開も一気に悪くなった。
後半、投入された橋爪の積極的な持ち出しからクロスをいれ、チャンスをつくったが最後まで中と合わず。
最後は相手も引いてスペースがない状況でリンスやドゥドゥも自由にさせてもらえず、打つ手なし。

今に始まったことではないがこういう、こちらからアクションして相手を動かさなきゃいけない状況になると
ゲームを組み立てる術もないし、かといって前からプレスをかけれるわけでもない。
結局、チームとしてどうしたらいいのか迷いが生じ、機能しなくなる。

一朝一夕でどうにかなる問題ではないがせめてあのような展開になったら
小椋や田中あたりのポジションに中盤で主体的にボールを持てる堀米を起用するなり
リスク覚悟で何かしらの変化は欲しかった。




関連記事