FC2ブログ

暖冬


●最後にサプライズがあったが暖冬なストーブリーグ
前回、降格した時には中心選手のマイクはもちろん、レギュラーが半数近く移籍した。
今回もそれなりの流出を覚悟していたが蓋を開けてみたらレギュラーで移籍したのは新里とドゥドゥのみ。
準主力級の兵働、畑尾を入れても、J1に残留したどのシーズンオフよりも戦力流出は抑えられたかもしれない。
これだけでも強化部には賛辞を送りたいが補強に関しても
甲府の課題を埋めてくれる選手、達磨イズムを実現させられる選手を揃えられた。
CBやボランチの選手層に若干の不安はあるものの
現実的に1年目で昇格を目指せる陣容は整ったと言っても過言ではないだろう。



・GK
岡も十分にJ1でやれることを証明したので河田が移籍していたとしても大きな戦力流出にはならなかったが
残留したことで選手層としては申し分ない。
もしかしたら、レギュラー争いが一番厳しいポジションかもしれない。


・CB
実質、CBの3番手と4番手が移籍したので戦力的にはややマイナスだが
獲得した秋山とビョンはどちらもフィードに期待できる選手なので
いわゆる吉田監督の理想とする戦術に適応できそうという側面ではプラス。
サイドの選手が豊富にいるので、ルーキーながらWBに定着した小出を本来のCBで起用することや
4バックへのシステム変更も今シーズンは視野に入ってくるかもしれない。


・SB/WB
レンタルの延長に成功した高野も含めてサイドプレイヤーは全員が残留。
さらにそこに湯澤が加わったので、少し多いと言えるくらいの陣容。
多少、怪我人が出ても困ることはないだろう。


・DMF/CMF
レギュラーであった3人は残留はしたが兵働、黒木の移籍、保坂、ボザニッチの契約満了に対して
補強が窪田だけでは(昨年と同様のシステムを継続するなら)心許ない。
今までのような守備寄りの選手起用からシステムまで変更するかもしれないが
新井や山本、または新戦力の小塚や左藤をこのポジションで起用することも考えられる。



・OMF/SH
昨シーズンは攻撃的な中盤を起用してこなかったこともあって新戦力は今までの甲府にいないタイプの選手が揃った。
特に小塚は天才肌の技巧派でラストパスに定評があり、攻撃の中核を担える選手。
左藤もベストゴール賞を受賞したようなミドルが非常に印象的でキックが特徴。
あとは、7番を受け継いだ堀米。
なかなか最適なポジションが見出せない状況が続いてるが2列目の選手が増えたことで
システム変更が行われれば京都時代のように輝く可能性は高い。


・FW
ドゥドゥの変わりにジネイは果たして釣りあってるのか?という疑問を持つ人も多いだろうが
カウンターに偏っていた戦術、選手の構成を変える為の選択だったと想像する。
金園も加わったことで、ある程度はターンオーバーしながらの起用も出来るので
ブラジル人以外の選択肢があまりなかった昨年よりはプラスになっている。
怪我から復帰の森、クラブ事情で登録抹消となったバホスも試合に絡んでいきたいところ。





・堅守カウンターからより攻撃的なサッカーへ
伊藤HCに始まり、選手の補強を見る限り、戦術を変えるはっきりとした意志が伺える。
ただ、J1で培った守備の文化は絶対になくしてはならないし、今後も必要になるはずなので理想はどっちも出来ること。

最初は攻撃の改革をしていくと思うが、どこでバランスをとるか
ベストミックスを探りながら、昇格を目指すというシーズンになるだろう。

また、42試合という長丁場に加えてルヴァンカップの出場もあり
例年になく若手の出場機会が増えるのは間違いない。
昨年に果たした世代交代をさらに加速させられる良い機会。
育成という意味でも吉田監督の采配は重要なシーズンになる。









関連記事