FC2ブログ

【2018 J2 第1節:大宮戦】改革の一歩

 
・達磨イズム
大宮の準備してきたセットプレーは見事だったが今年もか、と意気消沈してしまうような
セットプレーからの失点でいきなり出鼻を挫かれたのは結果として最後まで大きくのしかかった。
大宮も強度の高いゾーンディフェンスを軸に、鋭い出足で甲府のビルドアップを阻んできていたので
そこは試合の入り方として甲府としても課題が残った。

ただ、昇格争いをするような相手に昨季の課題を克服するようなシチュエーションになったことは
良い試金石になり、結果として負けたものの、改革の兆しがたくさん見られた。


特に昨年と違うことは中央突破の選択肢があること。
どうしても昨年はドゥドゥとリンスのカウンターか、サイドから可能性の低いクロスをあげるくらいの選択肢しかなかったが
今年はサイドや中央からくさび入れてそこに二人、三人が絡んでワンツーで中央をこじあけるようなプレーが何度か見られたし
中盤に小塚というタクトを振るえるタイプの選手がいることでサイドからサイドへのボールの動かし方もスムーズになった。

金園や松橋にあったものの、もう少し裏を狙うような動きで縦の奥行きが使えればもっと相手を揺さぶれたと思うが
それでもボールを握ること、攻撃することをあまり苦にしてなかったことは想像以上に変わったかもしれない。

とはいえ、まだまだチームの完成度としては未熟。
新井、高野、小出といった昨年の主力やジネイも不在ということもあって伸びしろはあるが
昇格するには序盤でも取りこぼしはあまり許されないのでそこをどう勝ち点3に結びつけながらチームの成熟度をあげていくか。
試合数も多く、メンバーも固定できないであろうからそこは難しい舵取りになるだろう。





・新加入選手に関して
ビョンは前半、パスミスが多くて苦労してた感じだったが後半は右サイドからの攻撃が主体だったこともあるし
決定的な場面をシュートブロックしたシーンなんかは素晴らしいカバーリングだったし
前半と後半で印象が変わったので新井、小出が復帰して序列が変わるかはまだなんとも言えない。

湯澤は課題と収穫がはっきりしていてフィジカルを前面に押し出した推進力,攻撃力は非常に魅力的だが
後半の失点シーンのように守備面をどうフォローするか。
(ハイライトみたら中盤の守備とシモビッチのへの対応の方に問題ありでした)
ポジションを捨てて中央に入っていく動きも諸刃の剣。


小塚は前述の通り、展開力に目を見張るものがあったが課題の守備も思ったほどではなく
そこまで守備の穴になるような感じはなかったので懸念材料はひとつ払拭されたかもしれない。

金園は良くも悪くも想像通りで運動量も守備の献身性もあるし、積極的にボールを呼び込もうとしてはいるが
もう少し突き抜けたものがないとジネイやバホスのコンディション次第では序列が変わりそう。
クロス精度の高い高野が復帰すればもう少しクロスに飛び込むようなシーンがつくれるかもしれない。



関連記事