FC2ブログ

【2018 J2 第6節:岡山戦】裏目、裏目

コンディションを考慮してルヴァンで活躍しているバホスと太田を先発に抜擢。
出場停止の湯澤のところにはこちらもルヴァンで好プレーをしている道渕を起用。
パワー、高さのある相手FWを意識して最終ラインは高さのあるリマ、今津、ビョンを並べる。

徳島に比べて岡山はプレッシャーはないのでボールはもてないわけではないが
相手を動かすような効果的なものではなかった。
特に最終ラインからのビルドアップは見方同士の距離感が近いので相手もプレスが効率的になりやすく
そんなところでパスが一本二本つながっても相手の陣形にはあまり影響がないどころか
そこで失えば一気にこちらが置き去りになってしまう。

距離感という部分では前線は逆に遠く、裏に出るのが得意な太田やバホスの良さは生かす狙いは分かるものの
その選手達の動きに対して後ろの連動性がなく、単発な攻撃に終わることが多かった。
また、先に失点したことで相手もリスクをかけずに守勢に回ることが多かったので
スペースがない中でのプレーになり、そもそも彼らの良さをいかしにくい状況であったことは否めない。

そういう意味では、昨年から課題のあるセットプレーでの失点が最終的には重くのしかかったわけで
ゾーンとマークを併用した守備のやり方とセットプレーに至った中盤でのボールロストは
しっかり検証し、いい加減、修正しないといけない。




関連記事

【2018 J2 第5節:徳島戦】完敗

 
スコアは最小ですけどまあ0-5くらいで負けてもおかしくはないくらいの差がありました。
J1でもここまで何も出来ない試合は珍しい、それくらい徳島が強かった。

ただ、甲府としても湯澤、堀米のコンビを休ませ、ゲームメイカーの小塚も外して
どうやってこの布陣で徳島のハイプレッシャーを回避しようとしたのか、よく分からないゲーム運びでした。

中盤でボールが持てず、リンスの負傷交代で金園を起用するなら
ロングボールを放り込むなり、裏を徹底させるなり
徳島の強く前に出るベクトルを後ろにさせるような
割り切った戦い方に切り替えれることも出来ず
ただただ、相手の圧力に押され続ける90分間でした。


正直、書くこともあまりありませんし、振り返るのも苦痛なので今日はここら辺にしときます。


まあ、小椋がセカンド勝負で1人気を吐いてたのが唯一の救いですかね。
関連記事

【2018 J2 第4節:福岡戦】初勝利


ゴール前での精度の差が最終的にスコアに表れた試合だったと思う。
ゲーム展開としてはどちらに転んでもおかしくはなかった。



・これぞジネイ
試合開始から甲府の方で目立ったのは玉際への執着心。
守備にも献身的な金園や田中ではなく、リンス、ジネイ、堀米というメンバーであっても
積極的にプレスをかけ、中盤や最終ラインが前に出てボールを刈りにいくシーンが多かった。
相手の3バックに対して3トップ気味でプレスかければシステム的なミスマッチを狙う意図もあっただろうが
開幕から3試合勝てていない現状への危機感もあったのか
ここ3試合と比べて明らかに意図して前からのプレッシャーを強めにしていた。

そのお陰もあってか高い位置でボールを奪てショートカウンターで相手エリアに侵入する回数を増やしたが
ラストパスの精度を欠き、シュートまではなかなか至らなかった。
守備も中盤で相手に自由は与えてなかったがファールも多く、相手にとって良い位置での
セットプレーを増やし、嫌な展開になりそうではあった。




ポゼッションに関してはボールを持つこと自体にもう苦しさはないが
きれいに崩すシーンもあまりないので効果的とは言えない。
とはいえ、ジネイがロングボールをおさめてくれるし、サイドからのクロスのターゲットになるので
”ポゼッション一辺倒になってただボール持ってるだけ”という典型的な失敗にはなっていないのでそれは良い傾向。


「ただ、「120%のプレーを狙って0%になる」という監督の言葉通り
小塚などのボールロストで相手のカウンターを受けていたのは1つ反省材料。

後半も先制点を奪ってからジネイとリンスを前に残させてカウンターを狙っていたが
前線の2人のボールの収まりがあまりにも良いのでついついチーム全体が前のめりになって
逆にミスからカウンターをやり返されるというようなことは十分予想できる展開。
もちろん、今日みたいに追加点とれればそれに越したことはないが難しいプレーをして奪われるのはもったいないので
もう少し、シンプルにボールを動かしてゲームをコントロールする術も今後は持たなければいけないだろう。


最後に言及しておきたいのは新井とリマの代役で起用した小出と今津。
同じCBだがサイドもこなせる器用な小出に対して今津は野性味あふれるフィジカルコンタクトが印象的で対照的。
ルーキーとは到底思えない風格もすでにある。
彼ら2人のCBの成長は著しく、ルヴァンで結果を出している森も含めて
今後もさらなる熾烈なレギュラー争いになることは必至であろう。




関連記事

【2018 J2 第3節:町田戦】圧縮と拡散



こう着状態の時間が長く、動きの少ないゲームだったが
中盤のせめぎ合いのなかでお互いの戦術がぶつかる試合はなかなか興味深かった。


・守備的なボランチと小塚のシャドー起用

町田の44ゾーンの速い圧縮に対して甲府はそこでボールをつなぐのは分が悪いと判断し
ボランチはセカンド勝負になることを想定して守備的な小椋と島川を起用。
低い位置で失ってショートカウンターを受けないようにすることと町田のゾーンを広げる狙いで
組み立ては長いサイドチェンジやジネイへのロングボールを多用。

ショートカウンターを受けるシーンは少なかったのでその狙いは悪くなかったと思うが
素早い切り替えと強度の高い町田のプレスに苦しみ、なかなか楽にサイドチェンジさせてもらえなかった。
町田のDFラインが高いのでファーストプレスを掻い潜れればチャンスになりそうだったが
シャドーで起用した小塚が機能していなかったこともあったり、セカンドボールの争いで優位に立てなかったりと
ゴール前まで持っていけるシーンは少なく、前半のシュートもジネイの一本だけ。


松橋から高野に代わった左サイドはここ2試合と比べて格段によくなっていたので
今まで機能していた右サイドを変えたことは悪手だったと言わざるを得ないだろう。



・攻略の糸口が見えかけてきたところでの退場劇
ハーフタイムでの指示や小塚→田中の選手交代もあって、後半は裏を狙う意識が高くなり
前半よりは相手ゴール前に侵入するシーンが見られ、コーナーキックの数も増えていった。
その中での新井の退場。
足を高く上げ過ぎて危険なプレーだったとはいえ、その前に町田の方にも同じようなシーンがあって
そちらは警告どまりだったので甲府としては猛抗議。
その後も際どいシーンで厳しい判定が続いたのでフラストレーションが溜まるような試合展開になりつつあったが
それでも町田に主導権を渡さないよう、選手は冷静にプレーしていた。

町田もボールを持つ展開はそこまで得意としてないのか一人多いながらもこちらの脅威になるような攻撃は少なかったし
かえってジネイやリンスのポストワークや高野の推進力からカウンターにつなげる場面が多くなり
終了間際に迎えた今日一番の決定機を田中がものに出来ていればあわよく勝ち点3が取れていた試合だった。

とはいえ、試合全体として町田の守備網を掻い潜れずに苦しんだ1戦。
相馬監督のチーム作りや前節大宮に勝利した事実も加味すれば楽に勝てる相手ではなかったので
今日の試合展開ではこの結果は受け入れるべきものだろう。
それだけリスペクト出来る鍛えられたチームだった。


もちろん、3試合で勝ち点2しかとれなかった現状をしっかり踏まえなければいけないが
怪我やコンディション不良で出遅れていた主力選手もここにきて復帰しはじめ
控え選手もルヴァンカップでレギュラー争いの振るいにかけられているので
ベストな組み合わせがみえてきた。

過密日程なのでメンバーを固定することは出来ないかもしれないが
ここからはより、シビアな選択をして勝ち点3に徹するだろうし
しもらわないと取り返しのつかない差になってしまう。





関連記事

【2018 J2 第2節:東京V戦】テストの域を出なかった4141

 

・4141
攻撃に関しては2枚のインサイドがいることで前線への厚みが出るし、相手の間をとれるので
シャドーへのプレッシャーも分散させられる。
特に右サイドは堀米と湯澤の連携が良く、安定してボールをもてるのでチャンスを作る回数は多かった。
左サイドは松橋も頑張ってはいるがやはり、左足でボールを持てるか持てないかは大きく違うので
リンスの個人技以外はなかなか機能してるとは言い難い。

今日の試合で高野が復帰したので今後はまた変わってくると思うし、左サイドからも良いクロスが入れば
金園にももっとシュートチャンスが出来るはずなので今後に期待したい。
また、前節からの課題として、プレスを回避するために裏に走ってそこに放り込むような選択があったのは良かった。




ただ、1つ気になったのはなかなか前にボールが運べない時に小塚が下りてきてビルドアップをフォローするのだが
それに注力しすぎてしまうとせっかくボランチより高いポジションのインサイドでやってるにも関わらず
チャンスメイクの時に顔を出せないようになってしまうのでもう少し、我慢するというか
GKを含めた最終ラインに安定したビルドアップがないとチーム全体がポゼッションすることで精一杯になってしまう。
後半はそれが顕著だった。





さらに問題なのは守備。
攻→守に切り替わった時はリンスを前残りのようにして442にしつつ、相手のビルドアップが安定したら
リンスを帰らせて4141のようにやっていたように見えたがどうしてもワイドに幅を取られると
相手SBのマークが曖昧になり、小塚や佐藤が中央からサイドに出ざるを得なくなるという状況が多くなり
結果として対応が徐々に遅れ、最終ラインに負担が掛かる。

守備の強度という意味では右サイドの堀米も左サイドと大差はなく
インサイドの選手やSBの湯澤が前に出ざるをなくなって、そこの裏をつかれてCBがつり出されるというような
後手の対応が多く、全体的にいまひとつ嵌らない守備だった。

相手のミスだったりもっと質の高いSBだったらスコアに反映されてただろうし
守備が安定しないと攻撃にもなかなか行きにくい。
攻撃的にやろうとしても守備で大きなビハインドを作ってしまっては元も子もない。







新加入選手
今津に関してはルーキーであれだけ出来ればデビューとしては合格点と言って良いだろう。
リマ(なぜ出場しなかったは不明だが)の代わりとしてはもちろん物足りないが
戦力として計算できることは示した。
佐藤もミドルは悪くはなかったし、ネガティブな印象は持たなかったので
これからもメンバーに絡んできそうだが先発を勝ち取るような突出したパフォーマンスではなかった。



関連記事