FC2ブログ

【2018 J2 第11節:千葉戦】犬たちの迷走


今日からGWの連戦なので決断を先送りにしたのは一定の理解をするが
何も変わらなければ巻き返すチャンスをどんどん失うだけ。

とはいえ、今日の千葉の戦い方を事前に予想していたかは分かりかねるが
千葉の特徴と自分達の現状を考えたら、速攻メインでゲームを組み立てようとしたのは間違っていなかった。

ただ、試合の流れが読めないというか、余裕がないというか、1つのことしか出来ないというか
先制点を取った以降、なかなかチャンスが作れないし、後半何度かあったカウンターも不発。
その上、前半から飛ばしすぎたせいか、交代枠を早めに使いすぎて
結局、終盤の相手のパワープレーに対応出来なかった。
勝ち癖もついてないので前線で時間稼ぐようなことも徹底出来ない。
どんな戦術にせよ勝つために押さえなければいけないところが押さえらない。
得点力不足で接戦が多いのにディティールにこだわれない。


一旦出来た解任への流れを止めるのはなかなか難しいということもあるかもしれないが
セットプレーなど飛び道具的な攻撃に弱いのは今に始まったことではないし、
アディショナルタイムで追いつかれるのも昨年からよくあった傾向。
ここまで勝負弱さを露呈してしまうのは監督の責任としか言い様がない。


関連記事

【2018 J2 第10節:愛媛戦】運命の3連戦


詳しい経緯は分からないが前節、怒りを爆発させたゴール裏サポーターに約束した3連勝。
しかし現実は厳しく、初戦でドローという結果に終わり、口約達成ならず。


ただ、試合後のインタビュー聞いても監督自らが辞任不可避のような受け答えしてるので
今の状況からフロント陣が監督を守るのは難しそう。

今日の試合でもポゼッション率が高い試合で多くの時間でワンサイドゲームみたいにはなっていたが
結局、チャンスはそこまで多くはなかった。
もともとカウンターが強みのチームなのでスペースがないと却ってこういう試合になるのはここ数年の傾向だが
リーグが変わって相手が変わっても一向に解決しそうにない。

セットプレーなどでカバーできればまだそれなりに勝ち点は積み上げられるが
逆にそちらは弱みになっていて改革の為の時間を稼ぐ最低限の結果も残せない。

良い試合をしてても勝てるチームでなければは評価されないのがこの世界。
今年就任したばかりの監督ならもう少し様子をみるかもしれないが吉田監督はそうでもない。


もちろん、最終的にどういう決断を下すのかは分からないが
ピッチ内外で抗えない流れの中にいるのは間違いない。

関連記事

【2018 J2 第9節:松本戦】十年一日


相手がJ1でもJ2でも同じ展開で同じ内容で同じ結果。



どんなに好きな作者でも毎回同じストーリーは読みたくありません。



もう多くを語る時期にはないかもしれません。



関連記事

【2018 J2 第8節:水戸戦】波に乗れず

 
最後は接戦になったが久しぶりに4得点をとった前節。
ここから波に乗っていけるというか、乗って上位に食らいついていかなければいけなかったが現実はなかなか厳しい。

怪我をしたリンスからバホスに変わったことで速い攻めが多くなった影響は良い方向に転がっているし
今日は相手GKのファインセーブもあって決めきれなかったがチャンスの数は徐々に増えている。

あとは前線の組み合わせを2トップにするか、1トップ2シャドーにするか。
ボランチとの兼ね合いもあるが小椋の離脱によってチャンスを得た窪田が悪くないパフォーマンスだったので
バホスを攻撃に専念させるなら2トップの方がベターであろう。

太田、堀米、森の中でシャドーのポジションで突出したパフォーマンスをする選手が出てくれば
1トップ2シャドーになるだろうし、そこはこれからの競争になるか。


守備の方は流れの中で危ない場面は1試合通して1、2回くらいで安定しているのでやはり課題としてはセットプレー。
セットプレー担当でもあるGKコーチが辞任するような報道はあったが2戦連続ゴールと結果が出始めた攻撃と違って
守備では相変わらず怖い印象しかない。
今日の失点がオフサイドがどうだったかは分からないし、強い風下であったことも考慮しなければいけないが
それを踏まえても失点だったり、あわやというピンチが多いとなかなか嫌なイメージは払拭できそうにない。

ゾーンでいくのか、マークでいくのか、こぼれ球は誰がいくのかなどなどチームとしての決め事の問題なのか
ボールに対する執着心や集中力など個人としての問題なのか
ここまで失点が多いと両方あると思うがどちらにせよ、どこが相手でも確実にセットプレーの機会はあるし
すぐ勝ち点に直結するものなのでいい加減、修正しなければいけない。



関連記事

【2018 J2 第7節:岐阜戦】春眠暁を覚えず

 
ある意味、大木サッカーにリスペクトのあるがゆえに前半は相手に合わせすぎた。
システムを532にしたこともあってボールを持たれるのは想定内だっただろうが
どこでボールを奪うのかはっきりせず、組立てもいまいち意図しない行き当たりばったりのものが多かった。

ハーフタイムをはさんだ後半は
バホスの飛び出しをいかすことに徹底されたことで迷いが払拭され
岐阜のハイラインに対して速攻が有効であったことも重なり、
一気に試合展開もスコアもひっくり返すことに成功。

最終的に3失点したことは課題ではあるが悪い流れになっている中で
バホスの2ゴール含め4点取れたことはひとつポジティブな材料。

また、バホスの飛び出しを軸としたカウンターはルヴァンカップの試合でよく観られたかたちで
そこはルヴァンでの経験がひとつ引き出しになって今日の試合につながった。


あとは、この成功体験を今後も継続させるかどうか。

ジネイとバホスの良さを両立させるなら2トップが最適だが
やはり中盤3枚では相手SBを見切れないことだったり、アンカー周辺のスペースを埋め切れなかったり
デメリットは確実にあるのでそことの兼ね合いでどうのようにバランスをとるか。

ボランチはいろんな組み合わせを試しており、軸が決まっておらず、
小椋の負傷具合によってはさらに不透明になるかもしれないが
(昨年から言っているが)
個人的には運動量あってプレスとカバーの使い分けが出来る新井を中盤で使うことを進言したい。





関連記事