FC2ブログ

【2018 J2 第26節:松本戦】機能せず


試合前からある程度、こういう試合になることは想定出来たであろうが先に失点したことでよりその傾向が強くなった。
その中で甲府の攻撃がなかなか機能したかった原因は主にポゼッションの質の低さと選手間の距離感の近さ。
なかなか守備ブロックの中に入り込めず、外でボールをまわすことが多かったが
金園も堀米も曽根田もボールを触りたいのか下がったりボールサイドによってきてしまって
ただでさえ相手がコンパクトな陣形を敷いてるのに余計に拍車をかけてしまった。
したがって湯澤が単機で仕掛けたクロスに対して中にいたのが逆サイドのWBだけなどのシーンもみられ
ゴールを奪うことよりも、ボールを保持すことが目的化したかのような典型的な悪い試合展開だった。
後半途中からサイドチェンジや長いボールを使うようになり、相手が間延びし始め
徐々に相手ゴールに迫っていくようになったが
今日は終始、金園や中盤の選手がゴール前に飛び込むような姿勢が薄く、得点の匂いが感じなかった。

あまり信頼していないのかジネイの投入も遅かったし、
新加入の清水もシュートのパンチ力あるからシャドーは悪くないとは思うが
上背ないのとシャドーの位置だと縦に仕掛けて左でクロスという
広島時代に何度も観たプレーはなかなか出せないので救世主になれるかというとなかなか微妙。

バホスと小塚の長期離脱によっていろんな組み合わせを試行錯誤しているが
いまいちこれだという最適解が見出せずにいることも大きな課題。


また、守備の部分も攻撃し終わったあとの切り替えが遅かったり。気になる部分が目立つ。
もちろん、以前のようにハイプレスが出来ないチーム状況はあると思うが
0か100かというくらい極端になってしまって連勝していた頃の良さがまるでなくなった。
3バックを含めた最終ラインも前にチャレンジしてインターセプトして2次攻撃、3次攻撃につなげるようなシーンは少なく
ラインを深くしたり、相手のポストプレーを無理してボールを奪おうとせずにリトリート的な対応をすることが多い。
失点が多くて、リスクをかけたくないという判断もあるかもしれないが
局面、局面のデュエルのところで消極的になっていては却ってカウンターを受けやすい状況にしてしまっている。

ひとつの戦術しか出来ないのは問題だがBプランがまるで別チームかのように中途半端になるのはそれも問題。



関連記事

【2018 J2 第25節:千葉戦】今度は逆転負け

 

千葉のハイプレスに対抗するには阿部、窪田のコンビではハードルが高すぎた。
ラリベイと小出のマッチアップも劣勢になることが多く、流動的な相手シャドーの動きも掴まえきれなかった。
さらに前半は3列目から(工藤)の飛び出しもあって、いつものような前に出て奪う守備が出来なかった。
攻撃も何度かカウンターで決定機作ったけど前線にスピード系の選手がいればもっと千葉のハイラインをつけた。

後半、佐藤をボランチに落として道渕をシャドーに投入して修正したのは良かったが決定機を決めきれなかった。
最後、疲労とともに精度が落ちて単発で終わる攻撃が増え、簡単に相手にボールを渡してしまったのはよくなかった。





・清水の補強
選手としての能力に疑いの余地はない。甲府との対戦でもいいプレーしていた。
戦術的な部分も広島と甲府の共通点は多いのでコンディションさえ整えば戦力として計算できるはず。
起用されるポジションは左のWBだと思うが、シャドーでの起用も見込めれば佐藤をボランチに戻せる。
ただ、補強の優先事項は今日の試合観てもターンオーバーできないCBと主力と控えの差が目立つボランチだと思う。
関連記事

【2018 J2 第24節:熊本戦】逆転

 

前節の反省もあっただろうし、30度を超える暑さの影響下か、いつものようなハイプレスはセーブされた。
熊本も甲府のプレスを警戒してかボールをポゼッションせずにカウンター狙いのようだったため
最初から甲府がボールを持つ時間が長くなり、いつもとは違うシチュエーションでの試合の入りだった。

その中で早い時間帯の失点。
堀米の不用意なボールロストも問題だがその後のセカンドへの反応で佐藤と湯澤が同じ選手にプレスかけて
スペースを空けてしまい、島川がサイドに引っ張られ、ポストプレーで中盤に落ちた皆川をフリーにしてしまい
そこからの展開でサイドを崩された。

その後もカウンターを受けるようなボールロストと切り替えの遅さ、最終ラインの対応には課題がみられ
失点が増えてることを考えれば早急に修正しなければいけない。

また、ボランチがプレスに行った時に脇のスペースに相手の選手が落ちてプレスを外されるケースも
前節同様あってそこも反省材料。



一方、攻撃面では収穫があり、一番目立ったのは堀米。
1トップをやったことで狭いスペースでプレスを受けてもミスをせず、より洗練されたような印象を受けるし
得点したことで自信にもつながり、今は攻撃陣を牽引する存在になっている。

小塚、バホスという縦に早い攻撃は大きな武器だったが彼らが長期離脱したことで
前線の再編成が行われつつあるつが、堀米が1つ抜け出た感は強い。


もう1人、面白いなと思ったのは湯澤。
今日のようにスペースを消してくる相手には幅と奥行きを使って相手をコンパクトにさせないことが定石。
その中でワイドの選手はタッチラインを背負って上下動し、サイドの幅を取ることが重要視されるし
ジネイという高さを生かすならなおさら左でクロスをあげれる選手が必要だった。

しかし、湯澤はダイアゴナルで斜めに走って相手の裏をとりにかかった。

もしかしたら、自分の特徴を出しただけかもしれないがあの動きは熊本にも以外だったようで
前半2回のトライで2回ともチャンスになり、1回は貴重な同点ゴールにつながった。

前線の1トップ2シャドーにスピードがなく、裏に飛び出ても一気にゴールに向かうような攻撃はとれないので
あのようなプレーはいいアクセントになるし、今津からの長いフィードも精度が高かったのでそこにも驚きがあった。

高野も決して悪くないので湯澤をまた右に戻すことは十分あると思うが
湯澤の新たな一面が垣間見れたことは今日の試合、特に前半のハイライトだった。
関連記事

【2018 J2 第23節:岐阜戦】プランBも


過密日程に加えて怪我人が多い中、コンバートで何とかやりくりしているし
控え選手でも戦術がしっかり叩き込まれてるからこそ、常に同じような戦い方が出来ている。
そのことによって控えメンバーで臨む事が多い、カップ戦でもしっかり勝ちあがっている。
ただ、W杯でもそうだったように1つのプランだけではどのチームにも勝つことは難しい。

短期間でそこまで要求するのは酷かもしれないが現時点で昇格という目標は高いハードルになりつつある。




今日の試合も高いインテンシティで先手をとり、得点シーン以外にもチャンスは作っていたので
2-0に出来る可能性は十分あったかもしれないが
前半からプレスを掻い潜られてボールを運ばれるシーンも多く目に付き
相手の連携だったり、ラストパスの精度で目立ったピンチにはならなかったが
岐阜が大分のように、甲府のプレスに対応できないチームでない事は前半のうちで分かった。

仮に2点のアドバンテージがあっても分からなかっただろうし
前半のうちに1点返されることも十分ありえる45分間だった。


その中で後半は相手がラインをあげ、デュエルの部分でもエネルギーをかけてくるようになり
逆にこちらは疲労で攻撃が完結できなくなったり、ボールを奪いきれず、セカンドも回収できなくなる。
ただでさえ前半から綻びが見えていた中で一番の武器で優位がとれない状況では
最終ラインが大きなリスクを抱えることは必然。

もちろん、最後の部分での対応に問題はあったかもしれないが岐阜の選手、特に古橋のクオリティの高さは素晴らしかった。
あのような状況、展開になる前にチームとして何をしなければいけなかったのか、しっかり検証する必要がある。


ここから猛暑日が毎日のように続く季節に入る。
こちらの望むような試合になることはそうは多くないはず。
ブレずにやり続けることも大事だし、今の戦術がメインであることに異論はないが
時と場合によってはプランB的な戦い方が必要になることは今後もあるだろう。

【2018 J2 第22節:大分戦】再び完勝

 

やはり、大分とは戦術的な相性が良い。
こちらが怪我人続出でサンニチでも先発予想を外すほどの緊急事態であったが
スコアは違えど6-2で勝利したホームでの試合と同様に前半から終始甲府のペース。

1トップの堀米は中盤に降りたりハーフスペースに降りたりと偽9番的な動きが多く
最前線に居ないこともあったがショートカウンターだけで攻撃が成立してたし
しっかり中盤が追い越していく動きをしていたので十分機能していた。
相手のプレスが緩いこともあってビルドアップを捨てるようなこともないので堀米が相手と競り合うことも少なかった。

また、大分が甲府をリスペクトしてくれたのか試合開始から様子を見るような入りであったため
こちらが受身にならず、やったことのない組み合わせでもリスクなく積極的にいける状況であったことは
甲府にとっては楽な展開にさせてくれるものであった。



問題はまたもや出てしまった負傷者。
長期離脱ではないと思うがそれでも中盤の要で代えの効かない島川ではダメージは大きい。
過去例にないくらいの試合数をこなしているのでしょうがない部分もあるかもしれないが
ここまで怪我人が多いと試合をこなすだけで精一杯になるし、選手も接触を怖がるようになってしまう。
強度の高いハードワークがベースになっている今の戦術でそこがやりきれないと死活問題。
既に1トップはカバーするのが難しいくらいの状況になっているし、何とか対策を考えないといけない。



関連記事