FC2ブログ

【2019 J2 第6節:岡山戦】再び起死回生の同点弾


・前節の課題を修正できず
走力、パワーのあるFWにロングボールを入れられ、DFラインが押し下げられ、
中盤も背走するような状況になり、セカンドボールを拾えてもそこに激しいプレッシャーをかけられる。
最後のところで耐えているが前線までボールが運べないという試合展開は前節と同じ。

金沢の前線より、岡山の2トップの方がよりハードワークする選手だったので前節以上に苦しい試合となったが
チーム全体でどう対策をするのかという部分がこの日も見えなかった。

また、怪我人の増加や連戦を見据えてターンオーバーで控えに甘んじていた選手に
チャンスの機会を与えたがまるで機能しなかった。
そこに関しても戦術的にどういう意図を持って起用したのか分からなかった。

豊富な前線の駒をいかしながら2戦連続、佐藤のadタイム同点弾で
悪い内容ながらも最低限の結果を出すしていることは評価できるが
劇的に終わったことが却って課題をぼやけさせ、危機感が希薄になる可能性もある。

怪我人も含めて6試合負けなしと言う結果の割には順調とは言いきれないだろう。
前回も書いたが昇格を占う意味でここがひとつのターニングポイントとなりそうだ。




関連記事

【2019 J2 第5節:金沢戦】起死回生の同点弾


試合展開、内容ともに典型的な負け試合だが今
豊富な前線の駒をフルに活用してなんとかドローに持ち込んだ。
ただ、課題もたくさん出た試合。





・クルーニーと金沢の守備
まず、金沢の1トップに入ったクルーニー。
190cmを超える高さに目がいきがちだが裏に抜ける動きが多くて意外と機動力がある。
その動きによって甲府DFラインが下げさせられ、チーム全体として背走しながらの守備が多くなったことで、
カウンターにつながるようなボールの奪い方が出来なかった。
さらにチーム全体も間延びし、選手間の距離感が遠くなり、
金沢のインテンシティの高い守備も相まって
ボールを奪っても前線まで運べない、運べても苦しいボール回しになり、厳しい前半だった。

また、リマ不在の影響も大きかった。
変わりに入る今津はそもそも足元が上手いタイプではないため、生命線である左サイドからビルドアップできず
右サイドから運ぶ展開が多かったが金沢の速いプレスを掻い潜れるほどの精度、連携は確立出来ていない。
個人で運べる頼みのドゥドゥも厳しいマークにあい、フラストレーションを溜める試合で精細さを欠いており
どこを経由しても上手くいかない状況だった。

オフサイドになってゴールが認められなかったシーンや唯一放ったシュート1本は
決定機と呼べるものだったがそれ以外はシュートチャンスさえ作れず
その中で右サイドをあっさり突破され、そこからのクロス対応にもミスが出て
先に失点してしまい、今シーズン初めて追いかける展開になった。





・FW4枚同時期用と小柳
後半開始からの内田→曽根田の交代はトラブル的なものだったかもしれないが
結果的にボールが運べて仕掛けられる選手が入ったことでチーム全体に推進力が出るようになった。
その後はバホスの投入、相手に退場者が出たことにより、佐藤も投入され
最終的にはウタカ、ドゥドゥ、バホス、佐藤のFW4枚同時起用が初めて成立。

ただ、ワンサイドゲームのような試合展開でビルドアップに人をさく必要がないとはいえ
前線は前線でスペースがない状況なので特にドゥドゥやバホスのようなタイプの選手は持ち味が出しづらく
豪華な選手が前線に並んだ割にはチャンスはつくれなかった。
それでも、アディショナルタイムに小柳のミドルから最後は佐藤洸一が押し込んで追いつくことに成功し
最低限の勝ち点1をもぎとった。

昨年なら勝ち点0で終わる試合だったものが勝ち点1とれたことは昇格を目指す上で貴重なものになるだろうし


これまで出場機会に恵まれなかった佐藤洸一が即、結果出したこともポジティブなもの。
ゴールを演出した小柳も前節はPKにつながるフィードがあり
この試合でも左サイドから速いクロスをいれ、誰かいれば入るという可能性のあるチャンスメイクがあったりと
CBにもかかわらず、攻撃でも存在感を出していることは大きな収穫材料。

ただ、層が厚くないポジションで山本が8週間離脱し、リマのコンディション不良。
チャンスが回ってきた今津、後半今津とポジション交代して左CBに入った小出の二人も
この試合のパフォーマンスを見る限り、不安材料は多いと言わざるを得ない。


次節、対戦する岡山も柏を破った手強い相手で序盤を占う意味でキーになりそうな試合。
開幕から5試合負けなしという初の記録を作り、近年では最も良いスタートを切ったように思われるが
毎試合、負傷退場も出ており、余裕は全くないだろう。
昨年までエース格だったバホスの調子も気になるところで
結果とは裏腹に、伊藤監督のマネジメントが試されるチーム状況になっていると言えそうだ。



関連記事

【2019 J2 第4節:長崎戦】最高のホーム開幕戦

「ホーム開幕戦「13,211」を超えろ!! 」のミッションを無事に成功させ、最高の雰囲気で迎えたホーム開幕戦。
試合内容も序盤からインテンシティの高い守備から、速いショートカウンターで相手を圧倒。
相手のGKのファインセーブにも阻まれるなどチャンスの数には得点が伸びなかったが
それでも勝ち点3を手にするには十分なアドバンテージとゲーム内容を披露。
後半、やや中盤の運動量が落ちたり、ビルドアップのミスが多くなるなどして守備に回る時間もあったが
いつでも3点目をとれるような攻撃は最後まで健在で、終始ゲームを支配してたと言っていいだろう。




・ボランチのポジション

ここまで3試合は佐藤を右のボランチ、左に小椋を置いて
左サイドに偏るビルドアップや守備時のドゥドゥのカバーなど
総合的にみて左右のバランスを取ろうとしていたがこの日は昨年と同じように佐藤を左に置いた。
ウタカが左サイドに流れる傾向があることや、左サイドの方がビルドアップが安定していることもあって
攻撃的な選手同士をより近い距離感でプレーさせた方が良いという狙いだろう。


実際、その狙いは見事に成功。
前半だけで佐藤のシュートは4本。
特にウタカのポストプレーからのミドルは良い連携でいずれも得点の匂いがするシュートだった。
また、今シーズンはカウンターの時に低い位置からでもドゥドゥがボールを前進させてくれるので
それをフォローする意味でも佐藤を左に置いた方がボールは前進しやすい。


右サイドは左サイドより攻撃のカタチは少ないし、あまり確立は出来ていないと思うが
まだ曽根田と横谷を競争させる感じがあるのでもう少し、時間が必要だろう。
ただ、横谷もだいぶ甲府のやり方を理解しつつあり、開幕戦より動く範囲を広げボールに絡めるようになった。
また小柳のフィードから武岡が見事なコントロールで相手のPKを誘ったシーンもあったが
更に連携が深まれば、そういったカタチも増えていくだろう。





・ドゥドゥとウタカ
ウタカに関しては実績も十分だし、プレースタイルも万能で質の高い選手だということは分かっていたが
改めて甲府の選手としてみても別格な存在。
懸念された守備も山口戦ではウタカのプレスが直接、得点を生んだし、
押し込まれてる時は、しっかりプレスバックしてチームを助けており、
スタミナも得点差がついた山口戦以外フルタイム出場しており、今のところ問題はない。

ドゥドゥに関しても、前回甲府にいたときは主に1トップで起用されていたし
本人も1トップで起用されることを望んでいたのでどういう使い方になるかやや心配だったが
蓋を開けてみれば問題なくシャドーに適応してるし、何よりウタカとのコンビネーションも良い。
前線の助っ人3人の中では献身性を備えるドゥドゥが一番シャドーの適正はあったとはいえ
小塚が抜けた影響をまるで感じさせない働き。
この試合に関してもカウンター時にボランチ横に落ちて起点を作るドゥドゥの動きに対して
長崎のマークが曖昧だったので甲府は楽にカウンターに移れた。
ウタカもドゥドゥがボールを前進させてくれるのでそこまで下がる必要もなく
アタッキングサードのチェンスメイクに注力できていた。


バホスや佐藤洸一のプレーも見ていたいと思う気持ちは大いにあるが現状この2人は抜けた存在で
伊藤監督が交代カードなど含めて試合中の采配であまり動かないということもあって
怪我などを除くと他の選手になかなか出番は回ってこない可能性が高い。
ただ、ウタカも年齢的にはシーズン通してフル稼働を期待するのは酷な年齢だし
ドゥドゥもプレースタイル的に接触プレーが多いので
メンバーを固定し過ぎた上での怪我はなるべく避けたいところ。






関連記事

【2019 J2 第3節:鹿児島戦】辛勝

 
前節とは一転、厳しい試合でした。

鹿児島の試合は初見だったので対甲府として用意したものなのかデフォルトの戦術なのかは分からないが
基本的に縦レーンでの上下動が多く、横の連動性があまりなかったのが印象的だった。

一番印象的だったのは甲府3バックのビルドアップに
ボールサイドのインサイドハーフがプレス来るのに対して
外のSHの選手はそこまで高いポジショニングをとろうとしない。

(システムを4141と表記していたが4321にもみえた。)

ビルドアップ時もアンカーの横に落ちたり、甲府シャドーの後ろに潜り込んで牽制したりと
なかなか掴まえづらい動きをするインサイドに対して
外のSHはサイドの幅をとりながら、SBが上がってきたらそこで数的優位をつくり、崩しにかかる。

したがって、甲府からするとサイドで数的不利になると、押し込まれることも多いが
中央の相手1トップやアンカー周辺は数的優位になりやすく
そこを経由するような運び方はかなりの確率で潰せ、カウンターにつなげやすかった。

ただ、サイドからクロスをいれられる展開は甲府としては一番失点する可能性が高く
鹿児島もチャンスの場面ではかなり、枚数かけて中に入ってくるので
時間帯によっては守勢に回ることも多く、難しい試合だった。



あとは、攻撃の方でもう少しアドバンテージ取れていれば
また違った印象を持つ試合になったかもしれないが
今日は前線の選手、特にウタカはPKもだふったようなシュートでフィーリングがあってなかったように見えたし
シュート打てる場面でパスを選択し、パスして欲しい場面でシュート打ちにいったりと
判断も裏目に出てて、決定機もそこまで作れなかった。


それでもPKを外すなど悪い流れになりそうな中で
守備陣が最後のところで踏ん張り、勝ち点3とれたことは非常に良かった。
特に今年は開幕アウェイ3連戦という難しいスタートだったので
結果として勝ち点7とれたことは良いスタートが切れたと思って良さそうだ。




関連記事

【2019 J2 第2節:山口戦】ゴールラッシュ

 

甲府はコンディションの問題か、戦術の問題か、前節から横谷に代わって曽根田が先発。
山口はビルドアップのキーマンとなる三幸をアンカーから一列前に出し、
前線の並びも長身選手をサイドにおいて技巧派の選手を真ん中に置くなど
2節目にして少し変化を加えてきた。



甲府は山口のポゼッションに対する前プレと守備になった時の献身性
さらにはカウンター時の速い攻撃を実行するために
横谷ではなく曽根田を起用するのはごくごく自然な選択だが
山口の方は相手のチーム事情が分からないこともあってなかなか意図が分からなかった。

何故かというとシステム的にトップ下の選手が甲府にはいないので
三幸がアンカーの場合、誰がみるのか曖昧になりやすいが
インサイドならボランチが掴まえやすくなる。
アンカーに守備の出来る人を置いてウタカのポストプレーを封じる狙いがあったのかもしれないが
前からプレスをかけて先に先手をとるという戦略をとった甲府にとって
山口のビルドアップがいつもより混乱しやすい状況になっていたと思えなくもない。


また、長身選手をサイドに置くこともクロスをファーであわせる狙いもよく分かるが
山本が空中戦から少しでも解放されたことで
ビルドアップ時に相手の楔に対して強く潰しにいくことができた。
実際、2点目が山本のインターセプトから始まっている。






・狙い通りの3点

昨年の大分戦を思い出すかのように気持ち良いくらい前プレがはまり、相手の出鼻を挫くことに成功。

直接的な原因はGKのミスかもしれないがウタカの急加速もお見事だし
その前のシーンも前からプレスすることによって
相手最終ラインのミスを誘って曽根田が決定機を迎えており
狙い通りの先制点だった。

その直後の2点目も山口の高いDFラインの裏を取るというスカウティング通りの得点。


CKの流れから中で競り負けて1点差につめられたものの
その後の3点目が山口のウィークポイントを意図的についた見事な崩しで
あれが今日の試合のベストゴールだった。


お互いにとってシステム的に噛み合わないのでいくつか浮く選手がいるが
相手のWGとSBの中間にいるWBが一番分かりやすい。
3点目の起点になった内田のポジションがまさにこれで
中途半端なポジションをとることで相手SBを長い距離つることができ
その空いたスペースにドゥドゥが流れて相手のCBをさらにつることに成功。
CBの1人が中央からいなくなったことでウタカへのパスコースが空き
ウタカのポストプレーに対してリマがインナーラップして、左サイドを崩す。
相手のSBとCBをつり、もう1人のCBもウタカをマークしてるので
中は相手のSBしかいない状況になり、リマが曽根田にクロスをあわせて3点目。


山口は霜田監督のも明確な戦術のもとしっかり設計された良いチームだが
設計されればされてるほどスカウティングもしやすいと言えばしやすい。
しかもウィークポイントが素人からみても明白。
甲府としてもこういうポゼッション志向の強いチームとは相性が良いし
開幕戦で前プレをあまりやらなかったことが良い布石になったかもしれないが
理想的な点の取り方で試合を進められた前半だった。



・またもや先手を取れた後半だが課題も
工藤を投入して反撃してこようとする山口に対して開始早々に再び追加点がとれたことは
試合展開をだいぶ楽にさせるものになったし、山口にとってはダメージが大きい失点だっただろう。
この得点も大きく前線にクリアしなかったGKのミスが直接的な原因だが
1試合で同じことを繰り返すということはつなぐという戦術を遂行しようとした故のミスかもしれない。

それでも甲府からすると相手CBへのパスコースを防ぎつつ
見方が多くいる方に誘導させ、GKを慌てさせた曽根田のプレスを評価したい。



ただ、前半から効率の良い点の取り方で難しくない試合展開だったにも関わらず
前半に続いて後半もクロスから失点したことは無視できない。
誰が悪いというよりもチーム全体として空中戦に対するマークの甘さと
流れたボールに対する反応の遅れが目立つが
ここ数年続く課題でもあるので余計に深刻だ。

3バック(5バック)で守ってる以上、一人ひとりのカバーする範囲は狭いはずだが
人が多いがゆえに責任もってマークつけていないのかもしれないし
ボールが流れたときに死角からきて反応できないということもあるかもしれない。

なんにせよ、分かりやすいウィークポイントは相手につかれるだけなのでいい加減なんとかしないといけない。





関連記事