FC2ブログ

【2019 J2 第13節:栃木戦】苦戦続く

 
またしても決定力不足に泣き、勝ち点を落とした。
栃木が5バック気味でゴール前を固める戦術をとってきたこともあって
攻めあぐねる展開はある程度、仕方がないとはいえ
試合開始直後から、ゴール前まで運べてセットプレーも沢山あったにもかかわらず
無得点で終わったことは厳しい現実としてしっかり受け入れなければいけない。

さらにこういう試合展開でワンチャンスをものにされてしまったことも敗戦の1つの要因。
流れの中ではほとんどピンチの場面がなかっただけに軽率なプレーでPKを与えてしまった。


また、采配に関しても空中戦で勝負できる佐藤をもっと早いタイミングで投入すべきだった。
ゴール前を固められてスペースがない状況でパスをつないで崩すのは厳しいし
ドリブルで打開するにも2人、3人連続で抜くくらいしないと決定機はつくれない。
実際、カウンター以外ではサイドからのクロスが多かったし、CKもよくとれていたので
ターゲットマンとしてはそこまで強くないウタカが最前線では迫力さに欠いていた。

ポゼッション率も高く、守備に終われる時間もほとんどなく
パワープレー気味の布陣を長い時間続けてもそこまでリスクにはならなかっただろう。

ここ何試合かの悪い流れを払拭する意味でもより大胆な勇気ある一手が必要だった。







関連記事

【2019 J2 第12節:千葉戦】ゴール欠乏症


前節に続いてチャンスで決めきれず、勝てる試合を落としたというのが率直な感想。



・ビルドアップと前線の組み合わせ
プレスをかけられたときにCB→WBに逃げるもののその後が続かないということが多かったが
前節あたりからCB→ボランチ→シャドーorWBというルートをダイレクトに繋いで
相手のプレスをいなすというシーンが多く見られるようになった。
前線や中盤のプレスが厳しい相手に対して苦しんできた課題のひとつが
ここにきて解決方法を見出せたように感じる。
3バックの一角に武岡ではなく小柳、ボランチに新井、小椋という
比較的守備寄りの布陣で出来たことも評価できる。

さらに前線のウタカと曽根田という息の合ったアタッカーのコンビネーションも非常によく
ウタカのシャドーなどいろんな可能性を模索してきたが
ウタカを頂点にその下に曽根田とドゥドゥがの組み合わせが
守備のリスクを出さずにより多くのチャンスを作れるだろう。

怪我人やコンディションの問題はあるだろうがしばらくはこの3人を中心に考えるべき。






関連記事