【J2第7節大分戦プレビュー】リスペクトされるがの葛藤

甲府に対して相手がリスペクトしてくれるのはうれしいが必ずしもいい事だけではない。


高崎・ダヴィの2トップの驚異を感じ、相手チームの守備組織がいつも以上に強固に
なるのは甲府にとってうれしくない。
甲府と対戦するチームは必ず、守備の組織を重点に挙げるクラブの方が多い。


それは甲府というクラブがJ2の中でどのポジションにいるのかを実感できる事でもある。
しかし相手が良い守備から良いリズムをつくり、それが結果として攻撃に波及してしまう
事は甲府としてはうれしくない。


相手の圧力に対して受身になるのか、それを跳ね返すのか、受け流すのか
やり方はいろいろあるが山形や北九州の試合ではそれが出来ていなかった。

それは城福さんも重々承知のはずではあると思うが・・・。


開幕戦の予想スタメンをみると井澤の名前がある。


kofu-ooita.jpg


これを見ればある程度予想がつく。

ただ、ここでは具体的に言及しない。
1人変わっただけで劇的にチームが変わるわけでもないし。

明日の試合を観ればわかるでしょう。

とりま、相手のハードワークに対し、チームとしてどういう形でそれを乗り越えるのか
が明日の注目ポイントになるはず。


武田騎馬隊の如く、一撃必殺のカウンターが決まれば楽なんですが・・・w



ちなみにちらっと今日、小瀬に行ってきましたがまあまあ桜咲いてました。


イベントもいろいろあるようですし、お花見がてらにぜひ小瀬へ^^


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第7節:大分戦レビュー】厳しい試合だったがなんとか勝ちきった | Home | 557回toto予想

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する