【J2第8節:鳥取戦レビュー】ゴールが近いようで遠い

どうやら明確に壁にぶち当たったというか、課題が浮き彫りになったというか・・・。

ダヴィ・高崎という2トップや甲府というクラブに対して良い意味でも悪い意味でも
リスペクトされるがゆえの攻めあぐねがここ数試合続いています。

もう少し前からプレスかけてくると思ったんだけど
甲府の放り込みが多くてプレスかけようがなかったみたい。
(サイドでのプレスや中盤でのプレスはきつかったけど)



個人技で何度か良い突破はあるもののチームとしての組立や
アタッキングサードの連携などの精度の低さが浮き彫りになってきました。

ま、選手も大幅に変わり、監督も変わった中の改革1年目なのでこれが普通なのかも。

相手が守る一方でラスト10分以外はほとんど、攻撃に出てくる事が少なかったので
守備に関しては得点チャンスを作らせなかったのだから負ける試合ではなかった。


負ける試合ではなかったけど100%勝てる試合だったかというとそれは疑問。

序盤はこういう戦いが続くと予想されます。

特に明確な力の差が見られるクラブ同士の戦いでは・・・。


ただ、ラスト10分は相手も攻めに出てくるので今日の試合含め、その時間帯では
スペースがかなりあるのでチャンスはつくれるはず。

その時間帯でいかに、冷静な頭で正確なプレーが出来るかどうか大事になる。

もちろん、早い時間帯での得点が取れれば言うことはないが今の状況では
なかなか相手の粘りや踏ん張りというものを上回る攻撃は出来そうにない。

ある程度、相手陣内でのスペースがないと厳しそうな感じです。

選手を変えるとかフォーメーションを変えるとか少し変化をしても面白そうです。

特に2トップにボールが入った時のサポートやセカンドへの対応が遅れて
選手が孤立してしまうのが少し気になるかな。

次節はこれまた初物の町田との対戦です。


なーんか嫌な感じですけど1つ1つ課題を克服していきたいね。





tottori-kofu2.jpg


採点(時間が少なく採点不能は省略)


荻・・・5.5
枠内シュートは1本くらい?
足元が残念なのは相変わらず

福田・・・6.0
もう少し積極的に上がっても良いし、セットプレーのキッカーもやっていいよw

ドウグラス・・・6.0
ボール奪取はさすが。出来ればもう少しつなぎたい。

山本・・・6.0
正確なロングフィードでチャンスをつくるもFKはノーチャンス。

佐々木・・・5.0
若いのおw
1枚目は同情するけど審判の判定の傾向を読まなくちゃ。
競り合いの強さとかは良いものあるんだけど。

伊東・・・5.5
相手がかなり蹴っていたのでプレスやセカンドボールの回収がそこまで
出来なかった。前線に絡む動きも物足りない。

井澤・・・6.0
もっと、前線に飛び出したりミドルを狙っていい。
特にラスト10分バイタルががら空きだったのでもっとボールを呼び込め。

永里・・・6.0
巧みなドリブル突破からネットを揺らすも見方がシュートを触ってしまいオフサイド。

柏・・・5.5
さすがにあのシーンで触らない選択肢はなかった?
守備での対応は良かったけど攻撃ではやや物足りない印象。

高崎・・・5.5
身体を張ってキープするもファールを取られることが多かった。
もう少し相手の背後を狙ってもいいかも

ダヴィ・・・5.5
何人に囲まれようが突破する積極性はさすが。
中央よりサイドで仕事させた方が活きそうな感じはするが・・・。

青木・・・5.5
前節のような決定的な仕事はできず。

片桐・・・5.0
ボールはかなり集まるんだがプレーの精度が悪すぎる。
セットプレーのキックも可能性を感じない。

チェ・ソングン・・・5.5
J初デビューで時間もあまりなかったので評価は保留。
まだまだ慣れていない印象ではあった。

城福監督・・・5.5
チームとしての停滞感というかマンネリが少しずつ伺える。
守りを固められた時の戦術というか対応がまだまだ少ない。



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
558回toto予想 結果:投票率には騙されてはいけない | Home | 【J2第8節:鳥取戦プレビュー】初対戦の怖さ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する