545回 toto予想

今期のtotoも残りあと2回!!

toto545.jpg 


1 鹿島vs清水
  
・鹿島
前節は大宮と1-1の引分。
ホーム最終戦ではあるが岩政、中田が欠場濃厚で新井場、柴崎が出場停止。
大迫もU-22で離脱中の為、大半の主力が不在となる。
ナビスコ優勝後ややモチベーションを欠いてる印象もある
・清水
前節柏に惜しくも1-2の敗戦、内容的には柏と互角の勝負を繰り広げた。
今節ヨン・ア・ピンが出場停止なのはやや影響があるか
ただ今期アウェイでは僅か3勝(8分5敗)しかできていないのがやや気になる

・対戦成績は清水が23勝9分19敗で勝ち越している
➜やや清水のアウェイの弱さは気になるが今の調子、鹿島の主力不在を考えれば
 清水優位で間違いないだろう 2

 2 川崎vs横浜M
・川崎
前節広島に3-2で勝利、やや主審の有利なジャッジがあったのは否めない
園田、安藤、登里がU-22で離脱しているがその影響は差ほどないように思う
ホーム最終戦で相手が横浜Mとなればモチベーションも高いだろう

・横浜M
前節は名古屋に1-2で惜しくも敗戦、リーグ戦ここ5試合1勝1分3敗と低調が続く
今節中澤が出場停止が空け主な不在者はいない

・対戦成績は10勝3分10敗で互角
➜どちらもあまり調子が良くないのでやや読みにくいカードだ
 両天秤にしたいところだがやや不安、一応守備の良い横浜Mよりで抑える 0・2

 3 G大阪vs仙台
・G大阪
前節新潟に2-2の引分、またしても鬼門で勝てず優勝争いから一歩後退
今節はCBの山口が出場停止出られない以外は特に問題なさそう
ただ、西野監督の退任が決まり、橋本の移籍も濃厚と周囲が騒がしくなっている

・仙台
前節浦和に0-0の引分、これで11試合連続負けがない(7勝4分)
富田、角田、柳沢、朴など主力の負傷者が多く、松下も今節出場停止
今期アウェイでは負けが少ない(6勝7分3敗)

・対戦成績はG大阪が4勝1分2敗で勝ち越している 
➜仙台の状態をどう見るかが難しいが優勝へ絶対に負けられないG大阪の方が
 モチベーションは高いだろう 1

 4 広島vs大宮
・広島
前節は川崎に2-3で敗戦、公式戦ここ5試合勝利がない(2分け3敗)
今節もミキッチが出場停止

・大宮
前節は鹿島に1-1の引分、前節で残留が確定した
U-22で東が離脱中うでラファエルが負傷したとの情報もあr
アウェイでは8勝4分4敗と好調だがモチベーション低下が懸念される

・対戦成績は広島が10勝2分4敗で勝ち越している
➜残留のプロの大宮が残留を確定させたとなると・・・・・
 これ以上言葉はいらないだろう 1

 5 福岡vs浦和
・福岡
前節は山形に5-0の大勝、降格が決まった同士の戦いだったがいい内容だった
六反以外の主な負傷者、出場停止はいない

・浦和
前節仙台に0-0どドロー、甲府との勝ち点差は3に広がった
今節勝利すれば事実上残留がほぼ決まるのでモチベーションは高いはず
濱田、山田がUー22で離脱しているが層は厚いのでさほど影響はないか
それよりここ最近の得点力なさをどう改善するのかが課題

・対戦成績は浦和の11勝1分3敗と大きく勝ち越している
➜正直全く予想がつかない、福岡がどういう姿勢で戦うのかも分からないが
 ホーム最終戦という位置づけで考えればモチベーションは高いはず
 このまますんなり浦和が勝つとも思えないが・・・・ 1・2

 6 柏vsC大阪
・柏
前節清水に2-1で勝利、もし名古屋が負け柏が勝利すれば今節優勝が決まる
名古屋がすんなり負けるとは思えないので柏も勝利が必要だろう
U-22で酒井が離脱しているが増嶋が上手く埋めている

・C大阪
前節は神戸に0-3で敗戦、ここ数試合試合によって波があるのが気になる
今節は丸橋が出場停止のほかU-22で扇原、山口が離脱中

・対戦成績は柏が12勝3分11敗で勝ち越している
➜前半戦は5-0で負けた柏だが今節は全く違う展開になるだろう 1

 7 名古屋vs山形
・名古屋
前節横浜Mに2-1で勝利、なんとか首位柏に食らいついている
試合内容自体はそんなに称賛されるような試合ではないが手堅い
U-22で永井が離脱しているがその他の選手で出場できない選手はいない

・山形
前節福岡に0-5で敗戦、公式戦5連敗中で全く得点を上げられていない
アウェイの成績でも2勝2分12敗と相性も良くない

・対戦成績は名古屋が4勝1分0敗で未だ負けなし
➜今節の鉄板中の鉄板と考えていいだろう 1

 8 甲府vs新潟
・甲府
前節磐田に1-2で敗戦、さらにその試合でハーフナーマイクが退場した
残留するには必ず勝利が必要な訳だが浦和の方が先に試合がある為
浦和勝利となれば事実上、降格が決まっての試合となる

・新潟
前節G大阪に2-2の引分、新潟も前節で残留が決まった
U-22で鈴木、酒井高徳が離脱中

・対戦成績は新潟が17勝5分5敗と大きく勝ち越している
➜浦和の成績によってはなかなか予想が難しくなるが
 それでも最後まであきらめずに甲府は望むだろう 1

 9 神戸vs磐田
・神戸
前節C大阪に3-0で勝利、ホームでの直近5試合は負けがない(3勝2分)
今期はホームでは8勝3分5敗と強さを見せている

・磐田
前節、甲府に2-1で勝利
U-22で山崎、山本が離脱中の他、山田が怪我で離脱中

・対戦成績は磐田が19勝5分6敗で勝ち越している
➜なかなか難しいカードだが神戸の勝利は外せないか 1・0

10 湘南vs札幌
・湘南
前節徳島に1-2で敗戦、リーグ戦5連敗と不調が続く
U-22でハン・グギュンが離脱、田原が出場停止
今期ホームの成績は8勝3分7敗となかなかの強さを見せている

・札幌
前節草津に1-2で敗戦、昇格争いには非常に痛い敗戦となった
今節は絶対に負けられない戦いでありモチベーションは高いだろう

・対戦成績は札幌が11勝9分10敗で勝ち越している
➜湘南はここのところ好調な田原が出れないのは痛い
 そういう意味では札幌優位になるだろう 2

11 F東京vs千葉
・F東京
前節鳥取に5-1で勝利し、昇格&優勝を決めた
大熊監督の退任も決まり、かなり消化試合の意味合いが強くモチベーション、選手起用が
少し不透明な部分もある

・千葉
前節東京vに0-1で敗戦、ここ数試合得点力不足が深刻
今節はミリガン、オーロイが出場停止

・対戦成績は千葉が11勝7分8敗で勝ち越している
➜F東京の試合の入り方がやや読みにくいがホームの最終戦という事を考えれば・・・ 1・0

12 徳島vs鳥栖
・徳島
前節湘南に2-1で勝利、ここ4試合負けがない(3勝1分)
昇格へのモチベーションも高いが対戦相手は2位の鳥栖

・鳥栖
前節北九州に2-3で敗戦、公式戦18試合ぶりの敗戦だった
今節はヨ・ソンが出場停止

・対戦成績は鳥栖が9勝8分4敗で勝ち越している
➜どちらも昇格へのモチベーションは高いだろう
 ただ得失点差で大きく引き離している鳥栖の方が有利な状況ではある 1・0・2

13 熊本vs岡山
・熊本
前節横浜Cに0-1で敗戦し4連敗、とりわけ得点1失点8と攻守に置いて不調
ホームでは8勝5分5敗とまずまずの成績を残している

・岡山
前節京都に2-1で勝利、好調だった京都に勝利したのは自信に繋がるだろう

・対戦成績は2勝2分2敗で互角
➜なかなか予想がしづらいカードだ、ただJ2は波が激しいのでそんなに好調や
 不調が続いたりもしないだろう 1・0


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
試合前日プレビューJ1 第33節 ヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟 | Home | 高校サッカー選手権の組み合わせが決定!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する