560回 toto予想 結果:やっぱ2点リードは危ない点差?

よく、2点リードは一番危ないスコアだと言われますが正直、僕は信じていません。

そもそも、データではそんなの存在しないから・・・。

ただ単に2点差からの逆転は人々の脳に記憶されやすいだけの話で普通はそのまま
勝ちきるチームの方が多いはず。

だから、今回の札幌とC大阪は・・・・・クソだったってことw


toto560k.jpg 


 1 札幌 2-3 川崎 1・0 2
川崎は風間監督の就任が決定との報道がありましたが今節には間に合わさなそうです。
ジェシがナビスコで負傷し長期離脱してしまったのは非常に痛手。
前節のG大阪戦も2点リードからの逆転負けとチームの状況は下降気味。
札幌もいまだ未勝利ではあるがそろそろ勝つんじゃないかなと希望的観測で
札幌よりの予想で勝負。魔の1枠、波乱来い!!
→札幌が2点リードしたまでは良かったのに・・・
まあ、勝負した予想なので悔いはなし



 2 磐田 1-0 横浜M 
横浜Mはナビスコ含め公式戦で勝利がなく樋口監督の解任報道も騒がれている。
アウェイではあるがモチベーションは非常に高い事が予想される。
前節静岡ダービーで清水に破れはしたが内容は悲観するものでもなく、水曜日の
ナビスコでも好調の広島にきっちり勝っている。
磐田の守備の堅さを考えれば引分以上を期待できるが予算の関係上シングル勝負。
→よし、よし引分も危うかったが予想通り、横浜Mの解任まーだー?


 3 神戸 3-1 柏 
両クラブとも開幕前は大きな期待があったがそれを裏切るような結果が続いている。
柏はACLでアウェイ(中国)で敗戦しており、心身ともにダメージが大きい。
レアンドロ・ドミンゲスの出場停止もあってかなり懸念事項が多いが投票率は案外
柏にかなり偏っている。
トトラーとしては願ってもないチャンスであり田代が復帰する神戸に賭けてみる。
→これも予想どおりと言いたいところだが試合展開途中まで柏ペースだった
ま、結果オーライ


 4 広島 1-1 名古屋  0
名古屋はケネディの状態がどうかでかなり変わってくる。
ACLでは点が取れずまさかの引分に終わりピクシーもご立腹の様子。
相手は好調の広島で今季は組織的な守備が目立つ。
シングル勝負はちと怖いが思い切ってここは勝負。
→うーん、広島は少しリスペクトしすぎたんじゃないか?
ちと、シングルは無謀だったか



 5 鹿島 3-2 C大阪  1
前節はF東京に勝利しようやく、今季初白星を飾ったが得点力・決定力という
大きな課題はいまだ抱えたままだ。
C大阪は前節新潟に敗れたものの、ナビスコでは浦和に4-1で完勝している。
前節の勝利もあってか鹿島に投票率が多少、流れているがここもあえて
投票率とは逆の予想で勝負。
→鹿島がよかったと見るべきか、C大阪が悪かったと見るべきか・・・
鹿島が復調しているのは確かでC大阪が2点差を守りきるゲームコントロールが
出来ない若いクラブと言うことは確か



 6 大宮 2-0 浦和 ・2
大宮は開幕から大型補強の割にはそれが結果に結びついていない。
対する浦和は昨年とは見違えたかのようにここまで非常に好調。
とはいえダービーは何が起こってもおかしくはない。
さらに大宮はナビスコの試合がなく休養十分であることもそれを後押し。
浦和本命ながら波乱待ちの両天秤。
→さすが大宮さん!!シングル勝負で的中できていれば完璧


 7 仙台 4-0 F東京 
前節柏に勝利した仙台はこれで開幕6戦無敗。
しかし、ナビスコでは川崎に1-3で敗戦とややそれは懸念材料ではあるが
リーグと同じで考える必要はないだろう。
F東京はACLで控えの選手を起用しながら3-0で勝利しておりチームの状態は
上向きだろう。ただ、長谷川が出場停止で怪我人もかなり出ている。
非常に迷うカードだがここは思い切って仙台のシングル勝負。
→仙台つよっ、F東京相手にこれだけ出来れば当分崩れそうもないな


 8 G大阪 3ー1 清水  1

前節川崎に逆転勝ちしたG大阪ではあるがACLではアウェイのブニョドコルに敗戦
しており、苦しい戦いが続いているのは間違いなさそう。
対する清水は静岡ダービーで磐田を下し、ナビスコでも若手を起用しながら神戸に
しょうりしており、非常に勢いがある。
予算があればG大阪との両天秤にするが予算不足の為、シングル勝負。
→うーん、やっぱ両天秤にするべきだったかあ・・・


 9 松本 1-0 千葉  1
流石に投票率が偏ったか。
アウェイではあまり良くない千葉だから波乱が来ればおいしいカードなんだが
それはかなりの冒険になるかな?
前節はホームで勝てなかっただけにここではきっちり勝ってくるだろうと予想。
→千葉の内弁慶っぷりは今年も健在のようですね


10 徳島 0-4 福岡 0・
どちらもなかなか調子が悪いのか周囲の評価とは異なり結果が出ていない。
グダグダなクラブ同士の対戦では0は必須だがどちら寄りにさせるかは悩むところ。
→あら?こんなにも大差つくのか?
徳島は昇格候補にも挙げられるクラブだけど案外大したことない?


11 北九州 0-1 山形 1・ 2
北九州は4連勝と好調だったものの前節岐阜に0-1で敗戦。
今節は初の顔合わせとなる山形との対戦。
山形は今年非常に攻撃に重きをおいており、それがかえって北九州のハードワーク
に火をつけるんじゃないかと・・・・それは甲府との対戦で身に染みていますしねw
→ハードワーク勝負では山形に分があったか?
ここは少し安易な予想だったかも



12 富山 2ー3 大分 
思ったほか、かなり偏っているのが逆に危うさをを感じる。
さらに富山は波乱を起こしやすいクラブでもある。
が、その淡い期待を逆に裏切られそうなのでここは順当どおりの予想。
→おk牧場、富山の波乱も結構ありそうな試合だったのでそれも含めて予想通りw


13 岡山 2-0 鳥取 ・0
うーん、なぜこんなにも偏っているのか・・・。
前節鳥取は甲府に引き分けており状態が悪いわけでもない。
ただ決して良いわけでもない。(特に攻撃の部分は)
岡山の投票率が多くなるのは分かるが引き分けは抑えなきゃダメでしょ?
→シングル勝負で問題なかった?
うちとの対戦直後だっただけに慎重になりすぎたかも


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第10節:徳島戦プレビュー】ついにベールが暴かれる!? | Home | 【J2第9節:町田戦レビュー】天気も結果も雨模様

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する