【J2第12節:湘南戦レビュー】勝ちきれないジレンマが続く・・・

どんだけ外せば気が済むんですか?

なぜ、そろいも揃ってみな枠に飛ばせない・・・(`・ω・´)

しかもシュートまでは良い形なのに・・・・

シュート数も被シュート数も決定機数もおそらくJ2トップなのに決定率だけが・・・
(被シュート数は少ないって意味でね)

まあ、ここでタラタラ愚痴こぼしても仕方ないですが・・・それでもねえ┐(´д`)┌


で、結局今日の良かった所はボランチに保坂、伊東をおいて相手の楔のパスを
インターセプト出来たことかな。
相手のカウンターをスピードに乗る前に早い段階で抑えられていた。
しかも湘南は前へ出る意識が強かった為、そのインターセプトはかなり効果的だった。


この戦い方は開幕から3試合くらいまでやっていたものとベースは同じ。


ある程度、力が拮抗しているチームとの対戦ではかなり有効じゃないのかな?


良い攻撃をするには良い守備からっていうセオリーはやはり正しいね。


もちろん、井澤には井澤の良さがあるから優劣を付けることはしないけど
今日に関して、この2枚の守備的ボランチを起用したのは正解だった。





syounan-kofu.jpg


採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・5.5
あの飛び出しの判断は間違っていたかどうかは分からないがコミュニケーションが
とれていなかったのは確実なので荻にも責任はある。

福田・・・5.5
クロス精度はよかったがフィジカルコンディションがきつそうだった。
失点シーンは少し不用意な対応だった。

ドウグラス・・・6.0
縦の楔に喰らい付き相手に自由を与えず。

山本・・・6.0
危ない場面をつくられるものの、決定機はさほどつくらせなかった。

佐々木・・・5.5
左サイドで対峙した相手選手のスピードに苦しみ、裏を取られ場面が目に付いた。

保坂・・・6.0
伊東と連携してセカンドへの寄せ、プレスが非常に効いていた

伊東・・・6.0
前線に飛び出すシーンはなかったものの、セカンドを回収することで攻撃の厚みを
もたらす。

ピンバ・・・6.0
前半は早いペースでボールに絡めない時間帯があったが、全体にチームとして
押し込んだ後半は、徐々にチャンスをつくれるようになった。

柏・・・6.5
高崎のゴールをアシストしたほか、右サイドから何度もチェンスを演出したし
持ち前のスピードで何度も相手のビルドアップを引っ掛けた

高崎・・・6.0
ゴールこそ奪ったもののの最低でもあと1~2点は取らなきゃいけない。
ポストや裏への飛び出しは良かったが。

ダヴィ・・・5.5
クロスから何度かチャンスを迎えるも得点は奪えず

堀米・・・5.5
右サイドからカットインしてシュートするも枠にはいかず・・・
まだまだ、怖い存在になっているとは言い難い

チェ・ソングン・・・5.5
前に行きたい気持ちは分かるがもう少し動き方を学ぶ必要があるかな

青木・・・5.5
トラップまでは完璧だったのに・・・


城福監督・・・6.0
はっきり言って勝たなきゃいけない試合だった。
裏を返せば首位のチームにかなり圧倒出来たのは評価に値する。




他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
563回 toto予想 結果:キャリー発生したが結果は上々 | Home | 563回 toto予想 

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する