【J2第18節:千葉戦レビュー】メンタルの弱さを早急に改善せよ!!

あー、くっそ、くっそ、くっそ

1つ、1つの判定は確かにしょうがない判定で妥当な判定、誤差の範囲内だったと思うが
甲府vs千葉という好カードを壊すほどのプレーだったのか?

やっぱり家本は嫌いだ。

J2は観客動員が減少しており、苦しい経営がどのクラブも続いている。

その中で、今日の試合は1万人を超え、甲府としては今季最高の動員数だった。

千葉からもたくさんのサポーターが来てくれた。

どちらのサポも自分のチームの勝利を願うがそれと同時に良い試合を観たいと思っている。

たとえ負けるにしてもそのサポーターの期待を前半の段階で壊してしまう事を即決できるほど悪質なプレーだったのか?

プロの審判ならそこまで考えて欲しい。


といっても審判の判定にああだ、こうだ言っても仕方ないので実際、甲府の何がいけなかったかを考える。

理由はいくつかあると思う。

・またしても先制点を与えてしまったこと
・先制点を与えた直後にミスからボールを奪われ、PKを与えてしまったこと
・0-2からいざ反撃しようという場面で悪質なプレーから退場者を出してしまったこと
・先制点を奪われる前に得点が出来なかったこと
・0-2、1人少ないという劣勢で絶対に勝つという姿勢がなかったこと

まあ、一番は先制点を与えなければ良かったんだけど、千葉相手なら多少しょうがない部分でもある。
それに「じゃあを先制点を取られないように、前半はあまりリスクを犯さないで試合を進めようか?」
というチームでもないし、たとえそれやっても失点グセはひどいからね(;^ω^)

やっぱり思うのはどうしてもうちは1度、劣勢になるとそこから立て直すの非常に難しいチーム。

試合の入りはそこまで悪くなかったと思う。

けど先制点を取られたあと、一気に消極的なプレーになった。

そういったチームの消極的な姿勢がミスを誘い、イライラの原因になるのではなかろうか?

昔は劣勢になってもよく逆転してんだけどなあ。

なんかそういうのが今のチームないよね?


 
でもメンタルの部分以外にも課題はある。

特に甲府の失点パターンがいつも同じだということ。

カウンターからサイドで起点をつくられて逆サイドに走り込まれた選手にクロスを合わされて失点するパターン。

録画をしっかり見てないので確証はできないが今日の失点もそんな感じだったと思う。

決して相手が難しいことをしてるわけでもないし、全く手に負えないスピードスターがいるわけでもない。

こちらがある程度しっかり対応できていればそれなりに防げるはず。

・サイドの選手が戻れない場合はCBではなくボランチがスライドした方がいいのか?
・スピードに乗る前に潰した方がいいのか?
・ある程度、時間をかけさせてゆっくり対応したほうがいいのか?
・切り替えを早くして奪われた直後にプレスをかけるのか?
・サイドはある程度捨てて、中央をきっちり守るべきなのか?

こういう同じ失点パターンで何度もやられるという事はそういった守備での決めごとが出来ているのか非常に疑問。


ま、実際はそこまで手が回っていないのが正直なところだと思う。


だから、サポーターとしてはある程度我慢する必要がある。
でもサポーターは負けより勝ちが観たい。


今のご時世、良いニュースなんてなんにもないんだ。
娯楽もあまりない山梨県民は甲府の勝利が何よりの楽しみなんだ。


なんとかしてくれ城福さん!!



kofu-chiba.jpg


今日は疲れたので採点はお休みします。



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想:第571回 結果】大きく立ちはだかるJ2の壁 | Home | 【toto予想:第571回】はした金はいらぬ、男は黙って波乱を狙え!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する