【J2第19節:水戸戦レビュー】3点とったものの柱谷イズムの水戸ナチオは固かった

水戸の守備が堅いのは分かっていたがやはりそれを体感してみて流石だなと思った。


ただ、その中で前半は風下にさらされ、水戸の激しいプレスにあってかなり劣勢になった。

そこでこれまで課題だった先制点を与えなかったことがまず今日の評価したいポイントの1つ。

今季初先発の富田に控えに回ることが多かった津田というベテランでコンビではあるがやはり試合勘という意味では
かなり不安があった。

多少危ない場面も作られたが、0点で前半しのいだのは非常に良かった。

ただ、攻撃では相手のプレスをどういなすのか?が全く解決できなかった。

後半風上で中盤に堀米が入ったことでかなり相手を押し込むことが出来解消されたが
前半の段階でピッチにいる選手たちの手によって解決を図って欲しかったところではある。

ま、今日はOGとかPKになるハンド・レッドカードは多少運もあったかな。




mito-kofu.jpg

採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.0
前半、1対1の場面があったが落ち着いて対応し失点を割らせなかったのは素晴らしかった
ただ、相変わらず足元の精度が残念なのが惜しいところ

福田・・・5.5
ボールの目測を誤る場面が見られたりしたが守備ではがつがつ厳しく行っていた

富田・・・6.5
今季初先発ながらベテランらしくそれを全く感じさせなかった
裏への対応は怪しいが前にでる守備は流石だった

津田・・・6.0
失点の原因になるファールは軽率だった
富田とよく連携をとり、1失点に抑えたことは評価できる

佐々木・・・5.5
中盤が完全に狙われていたので前半は長いボール使ったほうが良かった
あとは左足のクロス精度、種類をもっと突き詰めていきたい

山本・・・5.5
相手の激しいプレスに苦しんだ

チェ・ソングン・・・5.5
ガツガツ行くところはあれでいいと思う
もう少し攻撃に顔を出せればよかったが怪我で途中交代

ピンバ・・・5.5
なかなか持ち味が出しにくい展開だった
守備意識はだいぶ出来てきたがボールを奪取するところまでは至っていない

柏・・・6.5
攻撃ではあまり貢献できなかったが守備での対応が素晴らしかった

高崎・・・5.0
ミスも多く、周りとの連携もあっておらず、ほとんど良い所がなかった

ダヴィ・・・6.5
2点目のPKと3点目のゴールはごっつあん的なところがあったがよく決めてくれた
ドリブルでの強引な突破、積極的なシュート意識は他の選手も見習って欲しいところ

堀米・・・6.5
後半からの投入だったがOGを誘うCKとPK奪取のシュートで2点を演出
かなり縦の意識が強くなってきたのと守備で頑張れるようになってきた所は成長を感じる

保坂・・・6.0
積極的にプレスをして中盤でよくボール奪取していた

城福監督・・・6.0
采配は非常に良かったが積極的にプレスをしてくるチームへの対応ということに関して
京都戦と同じように試合中の中で修正出来るようになってもらいたい


他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想:第573回】中断期間中にしっかり調整してきたチームは? | Home | Jリーグブログを運営しているブロガーの皆様へ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する