【toto予想 結果;第576回】ドローを当てるのが勝負の分かれ目

最近ドロー多いなあ

両天秤予想が使いづらくなってきたぞ

攻めるときは攻めの予想したほうがかえっていいかもね



toto576k.jpg  

 



 1 横浜M 1-1 名古屋 ・2
横浜Mはナビスコ神戸戦で2-3の敗戦したが控えの選手を大半起用した結果というのは踏まえなければいけない
対する名古屋はG大阪に2-2の引分、永井の好調は頼もしい限りだが、楢崎の手術が決まりこの試合は欠場が濃厚
コンディションの良さ・ホームでの利を活かして横浜Mが勝ち切るか、永井・金崎の若手コンビが名古屋を引率するか?
予想は両天秤 訂正 予想は0・2でしたw
→結果は両者譲らずのドロー
名古屋はケネディが得点数が上がってこないのが心配、横浜Mは俊輔の不在が大きいように思われる


 2 仙台 2-2 広島  0
仙台はナビスコ磐田戦で4-0の快勝で決勝TNを決めた、主力は軒並み出場し怪我から復帰した赤嶺もフル出場
広島はナビスコ浦和戦で0-3の大敗を喫したが主力の半分は休養している(特に中盤の選手)
コンディション的には広島の方が良さそうだが仙台はホーム2連戦で広島はアウェイ2連戦
さらに広島は仙台のアウェイで未だ勝利がない(3分1敗)というデータもある
ここは仙台有利とみている
→試合としては良い試合だった予想としてはシングル勝負は厳しかったか


 3 大宮 1-0 清水 0・2 1
大宮はナビスコ新潟戦で3-4の敗戦、ベルデニック監督のもと守備の立て直しを図っているがなかなか結果に出てこない
清水はナビスコ鹿島戦に1-2で敗れたがナビスコでは基本若手中心、決勝TNも決まっていたので影響はないだろう
チーム状況から考えて清水優位と見てよさそうだが清水も問題がないわけじゃない(特に攻撃の部分で)
アウェイも苦手にしていることから考えると波乱はありそう
一応本命は清水だが1か0の波乱は抑えといたほうがいいと思われる
→フィフティーフィフティーを外したってことか?
清水はやっぱ得点力のなさが・・・・


 4 磐田 3-1 F東京 ・2
磐田はナビスコで仙台に0-4の敗戦を喫し、決勝TNも得失点差で敗れた
対するF東京も柏相手に0-1で敗れた、特に梶山、石川の不在が響いた印象だった
今節も両2名が出場できるか微妙な状況であり、F東京のほうが厳しい戦いが予想される
ただ、磐田もGKが2名(川口、八田)怪我で離脱しており代わりに出場している竹重はかなり心許ない
磐田本命ではあるがF東京も力のあるクラブなので予想は両天秤
→今年の磐田はよく点取るなあ、F東京は正念場かな


 5 C大阪 1-1 浦和 1・2 0
C大阪はナビスコで鳥栖に5-0の大勝、ブランキーニョ、ケンペスの両ブラジル人を休ませてこの結果は大きい
今節で清武が出場するの最後になるのでチームとして勝って送り出してあげたいところ
対する浦和はナビスコで広島に3-0の勝利、主力も半分以上休ませることができた
決してチーム状態が言いわけではないC大阪だが上記のようにモチベーションは高いはず
純粋な力関係で言えば浦和だとは思うがそこを考慮して予想は両天秤
→両天秤の予想をするとこれがあるからなあ・・・


 
6 川崎 0-1 神戸  2

川崎はナビスコは休みで通常の1週間を過ごせたはず
神戸はナビスコで横浜Mに3-2で勝利、これで公式戦3連勝と西野体制になって徐々に調子は上向き
ただ、今節は大久保が出場停止で田代もいまだ怪我で離脱中
予想としては川崎よりでみているが波乱を抑えるかどうかで悩む
ドローが少ない両クラブ(川崎2分・神戸0分)だけに悩んだ結果シングルで勝負
→ドローがなかったのはデータ通りだが結果は全く逆
ここは純粋に予想を外したかな


 7 新潟 1-1 鹿島 1・ 
新潟はナビスコ大宮戦で4-3の勝利、リーグ戦含めマルチ得点はおろか4点もとったのは久しぶりだろう
鹿島はナビスコ清水戦で2-1の勝利、主力の大半も休養できたことは大きい
予想を見てもらってわかると思うがこのカードは波乱予想の勝負どころ
魔のビックスワンを舐めたらアカンw
→ここは良い攻めの予想だったかな


8 G大阪 2-6 柏 
G大阪は前節名古屋に2-2のドロー、2点先行されてから追いついたことは評価できるがやはり守備に問題あり
対する柏はF東京に増嶋のロスタイム弾で勝利をもぎ取った、これで6試合負けなし(5勝1分)
どちらも中2日で厳しい日程ながらもホーム2連戦のG大阪とアウェイ2連戦の柏ではG大阪の方が多少優位か
ただ、柏は昨年見せた勝負強さが戻ってきており、むしろチームの調子は柏の方が断然良いはず
したがって予想は柏
→いきなり2点の劣勢をおってしまうのがデフォになるとこの先も厳しいぞ


 9 栃木 1-0 山形 ・2
今季初めての対戦で前半戦は山形が2-1で勝利した
両者共前節勝利しておりチームの状態は悪くないだろう
昇格争いに加わるため、あるいはそこから抜け出すため両クラブともモチベーションは高くかなりの好ゲームになりそう
予想も1・2の両天秤
→両天秤が良い方にもたらしたカード



10 福岡 1-0 愛媛 ・0
前節東京Vに勝利した愛媛だが大雨の影響が多分にあった
対戦相手の福岡は3試合連続ドロー中でいまいち波に乗れてこない
力関係で言えば福岡優位だと思われるがドローは十分ありそう(というかドローが本命)
→やっと福岡勝ちきったか、福岡はこの調子で後半戦上がって行きたいところ


11 鳥栖 1-0 札幌 
鳥栖はナビスコで0-5の大敗をしたが、前半2分で選手交代させるなど完全にリーグに比重を置いた采配だった
札幌は試合がなく休養に充てられたのは好材料だがチームの状態は最悪
怪我人が徐々に戻りつつあるのは良いが今節は河合が出場停止
予想は残留に並々ならぬ意思を感じる鳥栖を信じてシングル勝負
→水沼のロスタイム弾でなんとか鳥栖の勝利
際どかったがある意味予想通り、こういう粘りがあれば残留も問題ないと思われるが


12 町田 0-4 横浜C 
前半戦の戦いは町田が4-2で勝利したが今節もそのような戦いになるとは予想しづらい
借りをきっちり返してくるだろうと予想は横浜Cのシングル
→横浜Cは羨ましい限りの得点力で上位を伺える順位まであがってきた


13 甲府 0-0 岐阜  0
岐阜が徐々に調子を上げてきた感があるが力関係で言えば投票率通りだと思う
焦点はドローを抑えるかどうかだと思われるが・・・・
→どうやら↑フラグだったようだね・・・


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
ちいっちゃい若者→ちっちゃいおっさん | Home | 【J2第22節:岐阜戦レビュー】好きな映画でも毎週見せられては飽きてしまう

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する