【toto予想 :第587回】若干(約200万)キャリーがまだ残ってるらしい・・・

前回は見事に2億円が2口も出た回でしたがその残りがまだあるようですw

これはモチベーションアップにな・・・・・・・・・・・・・るわけねえよw

まだ、一からコツコツと真面目に頑張りましょう


 toto587.jpg 
     

 
 1 清水vs浦和 0・2
ホームの清水はヨンアピンとイ・キジェが出場停止
吉田、小野も負傷で離脱しており苦しい台所事情
左SBにはまだ高校生の石毛、右SBには河井、CBには村松がスタメン予想されている
浦和との相性は特に近年良く6勝1分1敗と大きく勝ち越しているがやはりメンバー的につらいものがある
一応ホームでは強い清水なのでドロー抑えて本命は浦和


 2 鹿島vs新潟 1・0
鹿島は大迫、ドゥトラ、西の3選手が出場停止とこれはなかなか痛いがそこは層の厚い鹿島
そこまで影響はあまりなさそう、むしろ主力いない詐欺にご用心
ただ、ここ近年では新潟との相性は悪く1勝4分4敗という結果に終わっているのでドローは抑えたほうがいいかも


 
3 大宮vs仙台 2

前節はノヴァコビッチの得点で6試合ぶりに勝利した大宮
ここから巻き返しを図りたいところだが今節の相手は2位仙台
仙台もここ5試合勝利がなく、首位広島を追うためには是が否でも勝利が欲しいはず
ようやく怪我人が戻ってきていることもあって、ここから立て直しを図ってきそうな感はある


 4 G大阪vs札幌 1
前節は相手に退場者が出て優位な状況にはなったものの5得点をあげて大勝したG大阪
こういう試合の次の試合は難しくなるが対戦相手は札幌
守備に難を抱えるチームだけにホームの利を含めれば問題はなさそうだが・・・


  5 広島vsF東京 1・2
前節はアウェイで新潟に勝利し、2位仙台との勝ち点差を4に広げた広島
今節の対戦相手はあまり調子が上がらないF東京(リーグ5試合勝利なし)
直近の対戦成績では4勝1分という広島にとってはうれしいデータがある
F東京は広島対策の為か3バック(3-6-1)試す模様、完成度は広島に劣るであろうがポゼッション能力では分がある
toto的には波乱が非常においしいので広島本命ながらもF東京勝利も抑える


 6 柏vs磐田 1
ここ3試合連続引き分けと勝ちきれない試合が続いている柏
磐田は前節C大阪に4-3で勝利したものの、守備面での課題は多く、怪我人が多数いる状況も未だ続いている
シングルは怖いが予算の都合上ここは柏勝利で勝負


 7 川崎vs名古屋 1・2

この試合でまず最初に考慮しなければいけない情報は名古屋のCBだ
増川が前節レッドカードで退場してしまい今節は出場停止、同じくCBのダニエルも累積警告で出場停止
闘利王が出場停止から戻ってくるが1枚足りない
ダニルソンも怪我で離脱してしまい、CBの候補は阿倍、巻、吉村といったほとんどCBの経験がない選手ばかり
阿倍の起用が最有力のようだが果たして・・・・幸い空中戦よりも地上戦で真っ向勝負してくる川崎が相手だということ
ここも主力いない詐欺っぽい可能性もある
ただ過去の対戦成績をみると相性は川崎の方がいい
ここはどちらのシナリオになってもいいように両天秤


 8 神戸vs鳥栖 0
前節は札幌に4-2で勝利した神戸、対する鳥栖はホームで清水に0-1の惜敗
今季、神戸はホームでドローがわずか1、アウェイ合わせてもわずか2
鳥栖はアウェイであまり勝てていないが2勝4分4敗とドローは結構多い
どちらのデータが来るかと言われれば鳥栖の方が可能性は高いと予想
したがってシングルドロー・・・・(無謀w、他にダブルを使いたかったんです)


 9 鳥取vs徳島 1・2
鳥取は前々節は上位の千葉に勝利し、前節は好調の町田相手にドローと確実にチームの状態は上がってきている
徳島はここ2試合無得点と攻撃陣が鳴りを潜めており、勝利から遠ざかっている
2、3点とったかと思えば次の試合は0点に終わるなどいまだ波は大きいようだ
流れ的にはここ2試合無得点なので次あたり爆発しそうな気がする
しかし、鳥取も千葉戦で見せたようなカウンターは鋭いのでどっちにも転びそうな予感がする
その予感を信じて両天秤


10 湘南vs栃木 0
2試合連続引き分け中の湘南、守備はある程度安定しているだけに攻撃陣の爆発に期待したいところ
対する栃木は守備が売りのチームだけあってここ5試合はわずか3失点、しかも4試合はシャットアウト
ここもシングルドローで勝負したいが流石に2つは無謀かな?
いや、連戦のJ2はドローの確率がきっと高いはず、うんなんかドローになる気がしてきたw(無謀)


11 C大阪vs横浜M 0・2
前節は磐田相手に3-4で敗戦したC大阪、ここ2試合で6失点と守備に難を抱えている
横浜Mも15戦負けなしとはいえ、ここ3試合で6失点と守備が良くない
どちらも攻撃陣は好調だけに打ち合いの可能性が高いか?
しかし案外こういう時はドロー決着なんてこともよくある


12 甲府vs横浜C 1
前節CBを2人入れ替えながらも無失点で山形に引き分けた甲府、これで12試合負けなしと安定感が際立っている
横浜Cは中盤から一気に順位を上げ、現在9位とプレーオフ参加の6位まで十分射程圏内
アウェイでは9勝2分4敗と強さを見せるだけに山形戦に続いて甲府は気が抜けない試合になる
しかし、ここは首位の維持を見せて欲しい、主力を休ませてターンオーバーを引いた理由をここで証明せよ


13 愛媛vs岐阜 1
ここ9試合勝利がない愛媛(2分7敗)、特に毎試合失点しており持ち味の堅守があまりみられない
対する岐阜もここ9試合勝利から遠ざかっており、どちらも勝利へのモチベーションが高い試合になるはず
正直予想が難しいカードで決め手に欠く
ここは素直にホームの利がある愛媛で勝負


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第31節:横浜FC戦プレビュー】人生を賭けた思いを具現化した試合 | Home | 【J2第30節:山形戦レビュ-】白熱した試合は両者譲らず痛み分け

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する