【toto予想 結果:588回】1等への道のりはまだまだ長い・・・

惜しいじゃ意味がないんだ!!

もっと予算増やさなきゃダメか・・・

予想の時に上げたテーマで
守備のチームvs攻撃のチームは予想通り守備のチームが勝った



 toto588k.jpg  
     

 
 1 札幌 0-2 清水 
前節はG大阪に大敗した札幌、ここ最近ホームでは良い成績を残してるだけに今節は期待したいところ
ただ、いかんせん失点が多すぎる、得点がそこそことれるようになったのは良い傾向ではあるが
対する清水は前節急造DFがもろさを見せ浦和に0-2の敗戦
吉田はいまだ微妙な状態だがヨンアピンとイ・キジェの復帰は大きいだろう
アレックスが出場停止と攻撃で不安を抱えるが守備に難のある札幌相手ならあまり問題にならないだろう
大敗した札幌がどう修正してくるかが注目どころだが相性的には清水に大きなアドバンテージがある(9勝1分1敗)
予想は波乱なしで清水のシングル
→清水は両翼の2人が得点とれていればあまり問題になることはないね


 2 浦和 1-1 大宮  0
前半戦のさいたまダービーは大宮2-0で勝利しており、浦和としてはダブルは絶対に避けたいところ
浦和は今年ホームでわずか1敗であるところから考えても負けは予想しづらい
ドローを考慮するかどうかだがやはりダービーなのでそこは雌雄を決してもらいたい(個人的な願望w)
→浦和に期待した僕がバカでした・・・


 3 新潟 0-1 C大阪 0・
残留あらそいの真っただ中にいる両チーム
まず研究しなければいけないのはC大阪の監督交代
前節15戦負けなしだった横浜Mに良い形で勝利したのにもかかわらずこのタイミングでの人事は理解しにくい
さらにその後任は昨年まで指揮していたクルピ、即効性はあるだろうがフロントの浅はかな考えがうかがえる
フロントのごたごたに惑わされなければC大阪と予想するが新潟も守備は良いのでドローは結構ありそう
前節の内容から見て新潟勝利は一番可能性が低いと予想した
→柿谷の恩返し弾でクルピの復帰を勝利で祝福
ドローの可能性も高かったので予想としてはおk


 4 名古屋 1-0 柏 ・2
前節は阿部をCBに起用するという緊急事態の名古屋だったがなんとかその守備陣が奮闘して1-0の勝利
今節ダニエル、増川が復帰し、通常の最終ラインに戻るはず
柏は前節、近藤が早い時間で退場してしまい、多くの時間を10人で戦わなければいけなかった(結果は0-3の敗戦)
その近藤と累積警告で出場停止となったジョルジ・ワグネルが今節は出場できない
両者とも替えのきかない選手だけに苦しい戦いが予想される
ただ、名古屋も玉田が復帰して徐々に調子をあげてきてはいるがそこまで状態が良いというわけではない
レアンドロという試合を決めれる選手がいる柏だけに名古屋シングルはちょっと安易すぎると考えた
→名古屋の方が切り札的に使える選手が豊富だったかな?


  5 鳥栖 4-1 G大阪 ・0
今年初対戦となったこのカード、前半戦は鳥栖がアウェイで3-2で勝利した
まずホームの鳥栖はここ2試合無得点と攻撃が鳴りを潜めているが持ち前の守備は非常に安定している
対するG大阪はこの2試合で12得点と非常に好調だが相手に退場者が出るなどラッキーな部分があったことは否めない
焦点は守備の堅い鳥栖ディフェンス陣をG大阪が攻略できるかどうか
それぞれホームでわずか2敗、アウェイでわずか2勝というデータをみればやや鳥栖の方に優位があるのかもしれない
→鳥栖の快勝で結果的にドローを考慮する必要がなかった


 6 仙台 2-1 川崎 
やるサッカーに非常に特徴のあるクラブ同士の対戦
ハードワークが持ち味の仙台に対してショートパスを軸としたポゼッションサッカーの川崎
鳥栖vsG大阪ににも言えるが守備の安定しているクラブの方がこういう場合は有利だと個人的に思っている
さらに両クラブともホームで戦える利を考えればなおさら
→逆転勝利できる勝負強さがいかにも仙台らしい勝ち方、これで再度首位に立った


 7 鹿島 1-0 神戸 
実はこのカード、対戦成績では鹿島の22勝5分5敗で圧倒している。
これほどまでに開きがあると無視できないデータ
怖いのはドローだがどちらも今季ドローはあまり多くないため、シングル勝負で問題ないか?
→どちらに転んでもおしくはない試合だったけど大迫のゴラッソで鹿島が勝利をものにする
やっぱり相性はあったかもね


 8 磐田 1-1 広島 1・
上位対決も好カード
磐田はホームでわずか1敗、広島もアウェイでわずか2敗とお互いそれぞれホームとアウェイで強さをみせる
両天秤にしても良かったんだがこういうゲームは案外ドロー決着なんてことはよくある
問題はダブルをどっちに使うかだ、僕は直感で磐田を選んだ
→ズバリ、予想通り


 9 横浜C 1-3 栃木 0・
8位、9位の対決でその差は勝ち点1.プレーオフ&昇格争いのためにはどちらも絶対に勝ち点3が欲しい
このカードも攻撃の横浜Cか守備の栃木かという構図になりそう
今回のtotoは一環として守備のチーム推しでいってみる
→久しぶりに起用した選手が活躍するなど采配が的中した運も多少あったかな

10 北九州 2-0 熊本 
両クラブともここ数試合は負けなしで好調を維持している
しかし熊本は今季アウェイでわずか2勝しかできておらず内弁慶になっている
シングルはやや不安があるが北九州の前線は非常に個があるだけにそこに期待する
→北九州は勢いがあるね、これは終盤台風の芽になりそう


11 F東京 3-1 横浜M ・0
F東京は前節3バックにして広島に勝利したが今節はどんな布陣でくるのか?
横浜Mは15試合負けなしの記録が前節途絶え、この試合で切り替えてまた勝利を積み重ね行きたいところ
ここも磐田vs広島と同じく本命はドローでホームのチームをダブルで抑える
→うーんF東京が試合を支配すると思ったけどそこの予想は少し違った
ま、結果は当たっているので問題ないが


12 松本 0-2 草津  2
ここ7試合負けなしと好調の松本に対して草津も4試合負けなし
ただ両チームともドローが多く、勝ちきれていないゲームも多いようだ
前半戦も0-0のドローであり、いかにもドローを抑えたくなるカードだがここはあえてシングル勝負
→松本はホームで勝てんなあ
あの観客動員数はプラスに働かないのか?


13 富山 1-0 愛媛 
とにかく富山勝ってくれ、ただそれだけ
→よし、きっと思いが届いたんだな・・・(予想する意味ねえじゃん)


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :591回】腕の見せどころ!! | Home | 【J2第32節:大分戦プレビュー】勝ち点1よりも3を欲す貪欲さ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する