【toto予想 結果:593回】大惨敗・・・

久しぶりの大惨敗です・・・

やっぱ終盤は難しいね><


toto593k.jpg  
 
     

 
 1 札幌 0-5 大宮 
前節はホームで鳥栖に1-0で勝利した大宮、残留争いのためにはここは是が非でも勝利が欲しいところ
札幌はもう降格ムードが漂っているがホームでは良い所を見せたいとモチベーションは低くないだろう
貯槽は大宮中心で考えて問題ないと思うがここ数試合マルチ得点がないのが気になる
余裕がある方はドローは抑えていいかもしれない
→ドローは不要で良かったようだね
札幌は最後Jリーグを面白くするためにも意地を見せてほしい



 2 鹿島 1-2 横浜M 1・0 2
鹿島は前節アウェイで川崎と2-2のドロー、横浜Mは不敗記録が止まってから3連敗と調子を落としている
横浜M特にここ数試合いずれも複数失点しており守備に問題を抱え、その守備の要、中沢も出場が微妙な状況
ドローはあっても横浜Mが勝利するのは想定しにくい
→横浜Mは中澤・栗原が不在の中、富澤と青山のCBボランチには19歳の熊谷アンドリュー
しかも前半で退場者が出たにもかかわらず・・・・・どういうことだってばよ



 3 仙台 2-1 神戸 
仙台は前節首位攻防戦に敗れ、首位を明け渡すこととなった
今節は3連敗中の神戸が相手でもあり、ホームの試合でもあり、連敗は避けたいところもあり勝利は必須
予想はそれを信じて仙台シングル
→先制されても全く苦にならないのが仙台のいいとこ


 4 浦和 0-5 G大阪  2
3連勝中と調子のいい3位の浦和に対して2試合勝利がなく16位のG大阪
昨年と立ち位置がまるっきり逆になってしまったが力のあるクラブ同士であることは間違いない
ただ、G大阪は前線のレアンドロと佐藤の状態が思わしくないのか出場できるか微妙な状況
ここは浦和シングルでいいかな?
→浦和に期待した僕がバカでした


  5 磐田 0-0 新潟  0 
野戦病院化している磐田だがなんとか結果を残しつつ順位は4位とACL圏内も見えてきた
新潟は前節G大阪に勝利できず17位の降格圏に落ちてしまった
磐田はホームでわずか1敗、新潟はアウェイでドローが少ない
よって予想は磐田のシングル勝負
→うーん、ドローかあ、新潟は惜しかったな


 6 F東京vs川崎 1・0 2
ポゼッションのパスサッカー対決になった多摩川クラシコ
F東京は3試合負けなしで川崎は6試合勝利がない
さらに川崎は井川と田中裕介が出場停止と最終ラインに不安を抱える
F東京シングルでもいいんだが一応ダービーでもあるのでドローはおさえてみる
→前半F東京が1点でも決めてればおそらく結果は違ったはず
内容的には予想通りだったのでしゃーない


 7 名古屋 1-2 広島  2
怪我人も復帰し、3連勝中の名古屋は優勝争いに加わるためにこの調子を維持したい
対する相手は首位攻防戦を制し首位に立った広島
名古屋は永井が出場停止だが玉田や金崎という同タイプの選手がいるのでほとんど影響ないだろう
広島は唯一の弱点である高さがそれが最大の強みになる名古屋ではやや分が悪い
対戦成績でも名古屋が上回り、ここ最近も負けが多い
ここは名古屋よりで考えて良いのではないだろうか?
→これが首位の底力か・・・
勝負強かった名古屋はどこにいったのだろうか?


 8 鳥栖 3-1 柏 0・2 1
鳥栖は前節アウェイで大宮相手に0-1の惜敗、ホームでは強さを見せるだけに連敗は避けたい
柏はホームで札幌に3-1で勝利し、少しでも上位を狙うために連勝していきたい
なかなか迷うカードだが鳥栖の豊田があまり状態がよくないのと無得点で終わる試合が多いこともあって
予想は柏寄りにしてみた 
→鳥栖の兄貴は残留が目標じゃないの?
このままだとACL圏内入っちゃうよ(^_^;)

 9 松本 7-1 鳥取 ・0
終盤にきて徐々に順位をあげてきた松本はこの調子で一桁順位を目指したい
対する鳥取は残留争いを繰り広げている中、上位陣から勝ち点を奪うなど番狂わせを演じている
他の残留争いをしているクラブも意地を見せているだけに順位を上げられていないがチームの調子は悪くないだろう
とはいえアウェイではあまり勝率が良くなくここまで2勝3分12敗
波乱があったとしてもドローまでか?
→こんなに大差がつくとは・・・これは逆に予想外
松本は中位だけど終盤に向けて要注意だね


10 大分 0-1 栃木 0・
前節、熊本に1-2で敗れ昇格を争ううえで痛い敗戦となった
ただ、ほかのクラブも敗れたため何とか3位を死守しているが勝ち点差はほとんどない
今節は同じく昇格を争う栃木
栃木はパウリーニョガ出場停止となった2試合はいずれも勝てなかったが今節から復帰予定
どちらが勝ってもおかしくはないがここはPO争いを面白くさせるために栃木に期待
→大分にとっては痛い敗戦、栃木はこれでPO圏内に大きく近づいた


11 C大阪 3-2 清水 ・2
このカードで注目すべきポイントはドローの少なさ
C大阪はホームの試合で引き分けはわずか1、清水はアウェイでいまだ0
過去の対戦成績をみても33試合で引き分け5つ
これはもう両天秤で良いっしょ?
→点の取り合いを制したのはC大阪、打ち合いはやっぱ強いね


12 草津 3-1 山形 0・2 1
前節は富山に敗れ2連敗中の草津、ややモチベーションを保つのに苦労があるか?
対する山形は昇格争いをする京都に敗れ、順位はPO圏外に落ちてしまった
山形としては絶対勝利が必要だが過去の対戦成績ではドローが多い
さらに山形は今季アウェイの試合ではなかなか勝ちきれずにドローが多いことも考えればドローは抑えたいところ
→山形にとっては痛い痛い敗戦だけど他ももたついてるのでまだまだチャンスはある
でも予想外の結果でちょっと驚いています


13 千葉 2-2 東京V 1・2 0 
5位千葉vs6位東京Vという昇格を占う上でどちらにとっても大事な試合
ただ千葉は2試合連続退場者をだし、不甲斐無い内容で敗れておりチームには悲壮感が漂う
対する東京Vは監督交代し、2試合負けなしと状態は上向き
正直どちらも力はあるので予想は難しい
ただ、願望としてドローなんてつまらん結果はやめてくれよw
→フラグを自分で立てるのはやめましょうw
でも試合内容は面白かった



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :594回】もはや順位は関係ない | Home | 【J2第35節:北九州戦レビュー】努力は決して裏切らない!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する