【J2第37節:徳島戦レビュー】メンタルをコントロールする為に必要だった2失点

昇格までマジック2、優勝までマジック6
つまり次節、湘南戦で引き分け以上で昇格、甲府が勝利&京都が負ければJ2初優勝!!
                            

今日は昇格への王手が掛かる重要な試合だったが後半途中までは素晴らしい内容だった。

特に2列目の3人とダヴィとの関係性がよく、ダヴィの玉離れの良さもあってここ数試合稀に見る良い攻撃だった。
得点の取り方、時間帯もよくこれは久しぶりに圧勝するかなと思ったがそんなに甘くはなかった・・・

ただこの2失点は甲府にとって良い方に作用するんじゃないかと思う

これまで甲府はどこのチームとの対戦でもギリギリの試合が多く、課題を出しながら勝ち点を積み重ねていた。
誰もが「今日の試合は言うことなし」と満足する試合は1試合もなかった

でも、なかったからこそ今の不敗記録につながっているんだと思う。

どうしても3-0、4-0で勝つと満足感や達成感で満たされ次の試合へのアプローチが難しくなる。
今季はそう言った意味で常に接戦を演じ、課題を出しながらそれを次の試合で修正するという繰り返しでここまで来た。
だから最後の終盤でもそれをコントロールするために必要な2失点だったのではないかと思う。

もちろん選手や監督は失点したくてしたわけではないと思うが・・・

この2失点をポジティブに捉え、来週の大一番を迎えてもらいたい。





kofu-tokusima.jpg

  

採点(時間が少なく採点不能は省略)

荻・・・6.0
最終ラインの裏に出てくるボールの対応は良かったが相変わらずキックが下手

福田・・・6.5
積極的に上がりながら先制点のシーンでは粘ってダヴィにつなげた

津田・・・6.0
ドウグラスとの空中戦でミスマッチになっていた

盛田・・・6.0
CKでクリアできずにOGを誘発してしまった
個の強いFWに苦労した

佐々木・・・6.5
上がりはあまりなかったが安定したフィードと1対1の強さをみせた

山本・・・6.5
伊東とともにセカンド回収で中盤を支配した

伊東・・・6.5
時にはうしろに下がってボールをもらいサイドに散らすなど組立役としても貢献した

永里・・・6.5
先制点を奪ったことはもちろん、攻守においてハードワークが効いていた

柏・・・6.5
神出鬼没な動きで縦横無尽にピッチを動き回り、フェルナンジーニョと連携でチャンスをつくる
あとは決定力・・・

フェルナンジーニョ・・・7.0
待望の移籍後初ゴール
抜群のキープ力、ドリブルから多くの決定機をつくる

ダヴィ・・・7.0
1G2Aと全ての得点に絡んだ
特にワンタッチで落としたり横に流すなどこれまで課題だった球離れが今日は大きく改善した

高崎・・・5.5
サポートが少なかったという同情はあるが判断に迷ったり、粘り強さがなかったりとプレーが淡白

石原・・・6.0
終盤は劣勢になり、守備へのタスクが多かった

城福監督・・・6.0
ダヴィを早い段階で変えたのは良い判断だっと思うが高崎を起用するには高崎仕様にチームを変える必要があった
津田とドウグラスが前半からミスマッチになっていたので甲府の方のドウグラスを入れるなどしてケアが出来ていれば
少なくとも2失点目は対処できていたと思う


※今日は審判がひどかったね(うちとしては良かったんだけど・・・)



他の甲府サポの分析は↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:595回】やっかいな荒らしが出現 | Home | 【toto予想 :595回】最後まで何が起きるか分からない

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する