スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VFKがJFKにオファーを出した理由


 

城福・前F東京監督に来季監督オファー…甲府



jofuku.jpg 

先日このような噂が舞い込んできました。

クラブ関係者も認めていますので正式オファーしている事は明らかでしょう。

ではなせヴァンフォーレ甲府が城福監督を招集しようとしているのかを探ってみる。


・「ムービングフットボール」・・流動的なポゼッションサッカー


やはり城福監督というと一素人からの印象だとF東京で見せたポゼッションや
ショートパス指向の強いサッカーであろう。
2008年にF東京の監督に就任し、それまでカウンターが主流だったチームをを代え
2008年6位、2009年5位、ナビスコカップ優勝という結果を残してきた。
2010年は主力の大量離脱もあってか下位に沈みシーズン途中で解任された。

現在の甲府もある意味似ている状況かもしれない。
守備的な戦術でなかなか結果が出せなかった三浦監督が解任され佐久間GMが
引き継いだが前者の亡霊がとり付いているのか攻撃は個人の力によるカウンターだ。

佐久間監督自身の理論はあくまでも試合のイニシアチブを多く握ることを主とした
サッカーを指向しているが実際はそれほど上手くは入っていない。
上手くいった試合もあるがそれは中盤でのハードワークや組織だった守備が条件に
入ってくる。特に相手のプレスが厳しい場合はそれが顕著。

そこでターゲットにあげたのが城福監督というわけだ。

大木監督時代にポゼッション指向の強いサッカーで結果を残しただけに同じ匂いの
するこの監督はヴァンフォーレ甲府サポの間ではある一定の支持が得られるだろう。

欲を言えばもっともっと来て欲しい監督がいない事もないが現実を考えればベターな
選択と言っていいだろう。



最近僕が読んだサッカーの本に城福監督の言葉が載っていたのでそこから
どんな考え方をもっている監督なのかを考察してみる。

・「戦術リストランテ」から紐解く戦術論

Q1:「城福さんの目指しているサッカーはどういったものですか?」
A1
「僕がチーム作りにする時には、特化したいもの、捨てていいもの、選手の特徴
この3つの落とし所を探りながらチームに一番フィットするものを考えていきます。
その中でチームとしての最大値を目指す。」
この言葉からするとそれほど自分の持っている戦術を型にはめようとする考えは
それほどないようには思える。
もし今の甲府でポゼッションサッカーが合わないと思ったらもしかしたら
F東京で見せたサッカーとはまるっきり異なるサッカーになるかもしれない。
これは実際に監督に就任してから選手や佐久間GMなどとの話し合いで進められていく
と思われるががこれまでの甲府が辿ってきたの経緯を考えると可能性は低そう。


Q2:「城福さんが選手に戦術を伝える時に意識される事は何ですか?」
A2
「サッカーの現場で選手に何かを理解させるには、一種の”裏切り”が必要に
なってきます。ちょっとした驚きがないと選手の頭に入ってこない。」

さすが2002年から2007年までU世代の代表監督をしてきただけはあります。
若手の指導が上手いかどうかは分かりませんが選手に対してどう自分の考えを
伝えるかをよく考えている人かなと思います。


Q3:「選手を指導される時に、その局面ではこれが正解だよという前提で話をしますか?
それとも選手の力量によって決めていくんですか?」

A3
「どうしても短絡的な結果が欲しい時には、その局面での一般的な正解を伝える事は
あります。だけど基本はロジックだけわかっていればいい。
ロジックだけしっかり持っていればあとはお前らのアイディアでやっていい」。

やはりある程度柔軟な考えを持っている監督ですね。
ただしっかり基本に戻れるようにロジックだけはしっかりチームに植え付けることは
必要だと考えているようです。


A3の続きから
「ただし、トレーニングでやった動きをいちいち考えている時間は現代サッカーにはない。
無意識で下やれるようになるのが本当の力なんです。
Q4:無意識でやれるようになるのはどのくらいかかります?」

A4
プレシーズン含めて2ヶ月では絶対にできませんから、リーグ戦を戦っていきながら
それを求めていきます。だから僕は1週間のスケジュールのうち前々日の紅白戦の
中に対策をまぶして、あとは前日のセットプレーの確認という程度でした。
目の前の試合に勝つ事は監督を続けるためには必要。しかし、それ以上に選手達が
無意識でプレーできるよう体に染み込ませることを優先した。」

ここが今の甲府の現状と大きく異なる部分ですね。
今の甲府は目の前の勝利に対して考える事が優先でほぼ練習の全てが次の試合で
対戦する相手チームの対策に費やしているでしょう。
だからこそ、嵌った時にはガンバ大阪などの強豪クラブにもあっさり勝ち
嘘のように次の試合で負ける。
開幕からそういった積み重ねがあれば仮に下位に沈んだとしててもこんなにも
対戦相手によって波のあるチームにはなっていなかっただろう。




まだまだ、他にも書かれていますが全部紹介するのはあれなんで
詳しくは↓



4905349036戦術リストランテ
西部 謙司 フットボリスタ
ソルメディア  2011-09-09

by G-Tools





で結論、城福監督へのオファーは!!

しかしJ2に降格した場合の方がチームを立て直す意味ではベターなんじゃないかなと。
J1ではチーム力を考えるとどうしても守備に回る時間の方が多いですし
結果も求められます。
なかなか結果が出ない場合に昨季のF東京のように迷走する事も考えられる。
ただ、F東京と違う点はどうしても残留しなければいけないチームではないと言う事。

もちろんJ1に定着するのが目標だがチームの規模、戦力を考えるとまだまだ
定着するには時間が掛ると言わざるを得ない。
3年後を目標にチームを立て直すスタートがJ1でもJ2でも問題ないという事。
うれしい事に城福監督もJ1でもJ2でも問題ないという事で交渉しているようです。
むしろJ2に落ちてから大きく成長しJ1を旋風している柏やC大阪などの例もある。

今期の結果がどちらに転んだとしてもヴァンフォーレ甲府を成長させてくれそうな
いい監督にオファーを出したと思います。


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
北朝鮮vs日本 試合直後の雑感 | Home | 新ブログ開設しました!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。