【toto予想 結果:598回】2億の夢散る・・・

えーこれで2億出ちゃうのー?

70%越えの2つが波乱だったからキャリー出ると思ったのに・・・

2億の夢はまた来年へ持越し。

その前に的中率を上げろ、だよね?


toto598k.jpg  
    
 
     

 
 1 仙台 3-2 浦和 ・0
1枠からいきなり今節の注目カード
首位広島とその差は仙台が3、浦和は6と浦和にとってはここで負けると数字上かなり厳しくなる
仙台も負けられない試合になるだろうがより負けられないのは浦和の方だろう
仙台は菅井が出場停止とSBながら得点力のある選手の不在は少なからず影響があるだろう
過去の対戦成績を見ると浦和が9勝5分1敗と圧倒しているが今季の仙台はホームで負けたのはわずか1度だけ
だいたいこういう試合はドローになるのが多いが流石にシングルドローは怖いのでホームの仙台を抑える
→レッズとしては芝生の状態が良くなかったのもあるけど守備が良くなかったね


 2 大宮 1-1 新潟 1・
2枠も残留争いという観点で見れば注目カード
大宮はノヴァコビッチが代表招集を辞退するなどこの試合に万全の態勢で準備を進めているのに対し
新潟は東口が練習で負傷してしまい、今季の出場は不可能な状況になってしまった
何度も決定的なシュートを止めていたこの守護神が欠けることは大きな影響があるだろう
過去の対戦成績は全くの5分でホーム・アウェイの成績なども差はない
ここも結局ドローに終わりそうだが東口離脱の影響は大きいとみて新潟ハズし
→予想通りってことでいいのかな?


 3 川崎 2-3 G大阪 
どちらもボールを保持しながら攻撃が持ち味の両チーム
川崎はモチベーションが心配になる中位に位置しているがG大阪は降格圏内と残留のためにも勝ちが欲しい
川崎は中村、G大阪は遠藤と今野が代表で欧州から帰国したばかりとコンディションにやや不安を抱える
ただ両クラブとも怪我人が戻りつつあるのは良いニュースになるだろう
起用されるかどうかは不明だがここらへんも勝負を決する1つの要素になる可能性はある
打ち合いになるかもしれないがカウンターの掛け合いになることは予想しにくい
案外ロースコアで決着なんてことも考慮する必要があるかもしれない
G大阪は攻撃的な方がやりやすいとみて・・・
→ガンバもひどいけど川崎も相当守備ひどいね、お互いボール奪う気ある?って感じに見えるもん
予想は見事的中


 4 清水 1-1 神戸 1・
ナビスコではF東京に快勝し決勝進出を決めた清水、リーグの順位も4位に位置しておりチームの状態は良いだろう
神戸はここ6試合勝利がなく(2分4敗)降格圏も徐々に迫りつつある
伊野波、大久保が怪我で離脱するなど状況はより厳しい方に向かっている
このカード過去対戦成績は清水が大きく勝ち越しているがドローは36試合でわずか1回
清水は河井、神戸は北本が出場停止
本命は清水で決まりだが神戸は怪我人がいる方が結果出すこともあるのでシングルは怖い
→やっぱりきたか、神戸はなぜか怪我人が出ると頑張るんだよねw


  5 鳥栖 1-3 名古屋 1・0 2  
前節C大阪に敗れ今季初の連敗を喫した鳥栖、順位を8位にまで落としたが上位との勝ち点差はそれほどない
名古屋もここ3試合勝利がなく、優勝はかなり厳しくなり目標をACL圏内に下方修正を余儀なくされた
このカード対戦するのが今季初めてで前半戦は名古屋が1-0で勝利した
ただ鳥栖はホームで強さを見せるだけに互角以上の戦いが期待される
→うーんこれは予想外、闘利王の強さが純粋に出た感じかな?


 6 札幌 0-0 鹿島  0 
前節大波乱を起こした札幌
降格は決まったものの来季を見据えた取り組みが功を奏した可能性はある
相手が好調の鹿島だけに今節も厳しい戦いが予想されるが果たして・・・
→鹿島さんここはきっちり勝ってよ、予算的にここのダブルは無理


 7 C大阪 1-1 F東京 1 2 0
 
C大阪は3連勝中で残留争いから1歩抜け出した感がある
それが影響したかどうかは不明だがケンぺスを契約解除し、若手に出番を与えるようだ
F東京は鹿島に1-5の敗戦を喫し、ナビスコでも清水に0-3の完敗と守備陣が思わしくない
その中で今節は森重が出場停止とより厳しい戦いが予想される
当初はC大阪のシングルで考えていたが複数失点が多いのと気の緩みがありそうなのでF東京も抑えることにした
→うーんドローを抑えるべきだったか、両天秤はことごとく裏目に出るなあ


 8 広島 1-2 柏  2
ここ5試合負けなしで好調を維持する首位広島
代表で佐藤寿人が急遽招集されたことが唯一の不安材料
出場機会はなかったものの久しぶりの代表招集でしかも長旅だったことを考えるとここは1つの注目ポイントだ
対する柏はレアンドロと近藤が負傷で離脱するなど攻守の柱を欠く
さらに藤田が出場停止と近藤の不在と合わせて最終ラインは苦しい台所事情だ
→あら、ここで足踏みですか?これは予想できないなあ


 9 山形 1-0 北九州 
山形はここ7試合勝利から遠ざかっており、なんとかPO争いの中に入っているが状況はより厳しくなった
対する北九州はクラブライセンスの関係で昇格へのチャンスがなくなり3連敗をしてしまったが前節は昇格争いをしている
横浜Cに勝利し、まだまだモチベーションを落とすことなく戦えることを示した
予想は山形のシングル、ここで勝てなかったらもう終戦だよ
→やっと山形勝ったか、信じてよかった


10 福岡 2-3 甲府 
両クラブとも昇格後1年での降格してしまった同士だが甲府は前節再度昇格を決めた
福岡は苦しい戦いが続いており、順位も17位となかなか浮上しないまま2012年のシーズンを終えようとしている
前節で昇格を決めた甲府だが今節勝利すれば優勝なのでモチベーションが落ちることは考えにくい
福岡はホームでドローが多いが甲府はアウェイでの成績が良い
ドローを抑えたいところだが予算の関係上あえなくシングル
→相変わらず危なっかしいけど優勝決めたからOK



11 横浜M 4-0 磐田 
9位横浜Mと5位磐田との対戦だが勝ち点差はわずか2
横浜Mが勝てばひっくり返る差という事を考えればまだまだACL圏内も可能性はある
横浜Mが小林が出場停止で栗原が代表帰りとなるが磐田は前田が負傷してしまいこの試合も欠場が予想されている
このカード過去52試合して引き分けは3回しかない(25勝3分2敗)
ホームではドローが多い横浜Mだが磐田はアウェイであまり勝てていない
やっぱり前田がいないとつらいよね?
→シングルは心配だったけどこれは良い予想だった



12 東京V 4-1 栃木 0・2 1
前節岡山に敗れた東京Vだがほかの上位陣も敗れるなど差は広がらずにすんだ
今節も昇格を争う栃木との対戦だが勝利が欲しいのは言うまでもない
ただ東京Vより崖っぷちなのは栃木の方でもう引き分けさえも厳しい状況だ
パウリーニョが出場停止なのは痛いが間違いなくこの試合にかける意気込みは相当強いはず
難しいカードだが波乱含めてまだまだPO争いはもつれる気がする
→東京Vは毎年良いルーキーが出てくるなあ(うらやましい)
栃木最後まで頑張ると思ったんだけどここで終戦かな



13 湘南 1-1 千葉 ・2
2位湘南と5位千葉ということでJ2おいての注目カードだが両クラブにとって今年最大の大一番かもしれない
湘南はここ5試合勝利がなく(2分3敗)千葉も(1勝2分2敗)と良い状態とは言えない
昨年まではこのカード過去引き分けが1度もなかったが今年前半戦の対戦で初のドローだった
予想は非常に難しいが今回はどうなるか?
まだまだPO争いはもつれるよね?
→ポゼッションは千葉だったけど展開的には湘南の試合だったかな?
どっちも負けられないからドローはまあ予想通りだよね



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :599回】一応まだキャリーは余ってるらしい(約3200万) | Home | 【J2第39節:福岡戦レビュー】らしい試合展開だったがなんとか勝ち切りJ2 初優勝!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する