【toto予想 :602回】今季最後のtotoは再びJ2メイン!!

今週も変則的な日程でJ2が11試合、J1が2試合です。

J2は今節が最終節ですので必然と今季最後のtotoになります。

キャリーはなくなりましたが最後当てて有終の美を飾りたい!!

toto602-2.jpg     

      
     

 
 1 山形vs岡山 0・2
山形は前節の敗戦により、PO進出の望みがなくなった
最終戦なので勝って終わりたいところだが終盤のチーム状況は悪くなるばかりであまり期待は出来そうもない
対する岡山も消化試合ではあるがエースの川又が好調を維持してるなどチーム状態は悪くない
したがって予想は岡山寄り


 2 栃木vs北九州 1
こちらもPO進出の望みが絶たれた消化試合試合
栃木は終盤に来て持ち前の守備がほころびを見せ、チームの結果も悪くなった
昇格の望みが絶たれたからこそ、最後は自分たちの良さを出して終わりたい
そう言う意味で北九州は良い対戦相手になるだろう


 3 横浜Cvs岐阜 1
PO進出を決めた横浜Cだが京都、湘南、大分の結果によってはまだ自動昇格の望みはある
POの試合を有利に進める意味でも必ず勝利を狙って試合に望むだろう
対する岐阜も残留争いをしているチームの1つであり、町田が勝利しこの試合で敗れれば降格の可能性はある
岐阜も負けられない試合になるが3連勝中で勢いのある横浜Cということを考えれば、厳しい試合になるのは間違いない
今季はアウェイでわずか2勝しか挙げられていない事も考えれば必然と予想は横浜Cになる


 4 松本vs大分 2
前節、千葉に完敗した松本は今節大分をホームで迎え打つ
間違いなく相手のモチベーションが最高に高い状態の相手に対して怯むことなく出来るかが鍵になる
大分も横浜Cと同じく、自動昇格や順位を1つでも上げるべく勝利を間違いなく狙ってくる
土岐田出場停止は気になるところだがここ2試合は無失点と安定しており、チーム状態は良いので期待して良さそう


 5 京都vs甲府 0・2
勝てば昇格が決まる京都に対して、優勝・昇格がすでに決まった甲府
普通に考えれば京都勝利で良さそうだがそうとも言えない
モチベーションは間違いなく高く、甲府にとっては負けても問題ないのでプレッシャーも何もない
ダヴィ不在という不安はあるがある意味割り切りが出来るので必ずしもマイナスになるとも限らない
甲府としては真っ向勝負を挑む京都は対策しやすいが京都はいつもと異る戦いになりそうな甲府では対策もしにくい
甲府サポとしての願望もあるがここは波乱を狙っても面白いんじゃないかな?


  6 草津vs東京V 1・2
やはり気になる所は前節横浜Cに敗れPO進出の望みがなくなった東京V
モチベーションがなくなり、しかもアウェイではあっさり負ける可能性も高い
ただ、草津も2連敗中でしかも2試合とも3失点と守備が良くないので信用はできない


 7 町田vs湘南 2
どちらも勝利が絶対に必要な一戦だが特に町田は残留するには勝利が絶対に必要な条件
ただ、町田は致命的に得点力がないので攻撃力のある湘南に対して勝ちきれるかというと疑問
逆に勝ちたい気持ちが先走って、全体が前がかりになれば、湘南のカウンターが決まりやすくなる
予想は波乱なしと見てシングル勝負


 8 富山vs水戸 1
一時は残留が決まりそうだった富山だがここにきて3連敗と残留を決められないまま最終節を迎えた
対戦相手が消化試合になる水戸ということがまだ不幸中の幸い
黒部が出場停止なのは非常に痛いがホームの後押しも大きなチカラを貸してくれるだろう


 9 徳島vs千葉 0・2
ここ5試合2勝2分1敗と好調な徳島とPO進出を決めた千葉との対戦
まず千葉に関してはPO進出は決まったものの、自動昇格の可能性はなくなった
1つでも順位を上げるべく、勝利したいところだが負けてもドローでもとりあえずは問題ない
まあここ2試合安定した試合運びをしているので千葉勝利は抑えた方が無難
でもアウェイで取りこぼししそうな感もあるのでドローは押さえておく


10 熊本vs愛媛 1・0
どちらも消化試合になる一戦だが両クラブとも終盤は調子を上げ、波乱を起こしたチーム
熊本は福王と藤本が出場停止で愛媛は石井が出場停止
こういう試合はドローを押さえるのは必須だと思われるがホームに強い熊本、アウェイを苦手とする愛媛であることを
考えれば予想はさほど難しいものにはならないはず


11 鳥取vs福岡 0・2
鳥取はドロー以上で残留が決まる
ただ、ホームで数々の金星をあげてきた鳥取なので勝利を期待していいだろう
しかも福岡は監督も交代して、完全にモチベーションがなくなったのか3連敗中とチームの状態は良くない
鳥取シングル勝負でも良さそうだが試合展開によってはドローもありそうなので一応押さえる


12 横浜Mvs柏 1
3位浦和が調子を落とし、両クラブともACL圏内の可能性が出てきた
横浜Mは富澤が出場停止、柏は水野と近藤が負傷離脱しているがドミンゲスは復帰の可能性がある
ドミンゲスがいなくても攻撃は機能している柏だがCBがやや心もとなく、守備が不安定
6試合負けがない横浜Mに対して、攻撃が封じられると勝利は厳しいものになる
予想はシングル勝負だが予算に余裕があればドローを押さえた方が良いだろう


13 新潟vs川崎 1
まだ、降格圏内だが15位神戸との勝ち点差は2に縮まった
新潟は間違いなく勝利を目指すであろうが川崎がどのようなスタンスでくるのかやや読めない
このカード過去対戦成績は19勝1分11敗と新潟が勝ち越しており、川崎はビックスワンで未だ未勝利
前節レッズに勝利した事はやや驚異に感じるが若いチームなので波があるのがやはり気になる
ここは思い切ってシングル勝負で!!


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【J2第42節:京都戦レビュー】荻の奮闘もあり、不敗記録を24に伸ばし2012年を終える | Home | 【toto予想 結果:600回】珍しく順当回だったものの・・・

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する