【2012年の総括】データで振り返る2012年の甲府

某雑誌と某サイトのデータをまとめました。




2012data01.jpg

2012data02.gif2012data04.jpg 

2位湘南と勝ち点11も差を付け、昨年の優勝したF東京並みの成績で今年のJ2を制覇したわけだが
データをみると1位の項目が1つもない。


各データから読み取れる今年の甲府は

・ボール奪取はタックルやブロックではなくインターセプト
→読みや出足の良い選手が多い理由か?


・被攻撃回数、被シュート、被チャンス構築率、失点の値は高く、守備でのデータはリーグ1,2を争う。
→GKのセーブ数も少なく、相手の攻撃をしっかり断ち切れていると言える。


・攻撃回数は少ないもののシュート、チャンス構築率、コーナーキックの値はかなり高い。
→攻撃する場合はしっかりシュートかCKで終えている


・パス、クロス、ドリブルどれかに偏ることなくバランスが良い
→相手のマークを分散させられた要因か?



・前半戦、後半戦、ホーム、アウエイで得失点の差はあまり見られない
→大きな違いがあるのは負け数、システムも変わったがそこまで大きな変化なかった。


バランスの良さがとにかく目に付く。
どの相手に対しても苦手意識などを感じるような事はなかったのではないだろうか?
ホームでもアウェイでも成績が変わらないのも安定した戦いが出来た要因だろう。




データで観る甲府の印象はどうでしょうか?
1年間観てきた印象との差を考えてみるのもまた面白いです。



※あくまでも数値化したデータですのでこれが全てを表しているわけではありません。







前回の続き

水戸
橋本や岡本らの活躍により攻撃に上積みされ、昨年より順位を4つあげた。
特にホームでの強さが目立ち、勝点56の約70%はホームでの勝ち点だ。
ホームでの強さを維持しながら成績を上げていければJ1クラブライセンス取得の可能性は開けてくる。


熊本
ポゼッションを掲げてスタートしたものの序盤はなかなか機能せず苦しんだが終盤には5連勝するなど上位を苦しめた。
武富の去就次第になるが攻撃は北嶋や藤本のベテランに加えてスピードのある斎藤など力のある選手が揃っている
ので安定した守備を構築できれば上位を伺えそうだ。高木監督の後釜も気になるところではあるが・・・


徳島
監督交代や主力の入れ替わりなどが響き、昨年のような昇格争いに全く顔を出せなかった。
はまった時は3-0など完勝する試合も多い中、0-4など大敗する試合も少なくなく、非常に波のある1年だった。
ただ、小林監督にとって選手の見極めやスタイルを模索できた1年であったであろう。


愛媛
序盤は中位に位置していたものの夏場の13試合勝利無しが響きいた。
ただ、終盤は千葉や湘南、甲府とドローを演じるなど8試合負けなしと守備が安定し、存在感はみせた。
バルバリッチ監督は家庭の事情から今期限りの退任が決まっている。


草津
守備は御厨を中心とし、まずまずであったがシーズン途中でへベルチがC大阪へ移籍、リンコンが起用法を
めぐって退団と攻撃の核が2枚抜けてしまったのが痛かった。
個人的に草津はブラジル人の発掘が得意であると思われるので来季に期待したい。


福岡
まさか福岡がこの順位で終わるとは・・・誰しもが予想できなかったであろう。
前田監督が新しく就任し、スタイルの転換を試みた結果ではあるものの非常に厳しい1年となった。
来季はスロベニア出身のプシュニク氏が監督に決まった。


富山
なんとか残留したもののとにかく怪我に泣かされた。
サッカーのスタイルも守備を頑張りながらカウンターを狙うという安間監督の理想には全く手が付けらなかった。
終盤に主力が戻り始め、調子を取り戻し残留を決めたが本当に最低限の結果だった。


鳥取
リーグワーストの失点数ではあったがホームで勝負強く、勝ち点を伸ばした。
期待されたコスタリカ代表コンビは完全に不発に終わり、千葉からレンタルで久保を獲得するなど応急処置するも
なかなか上手くいかなかった。来季は小村新監督を迎えるが今季の反省を活かし的確な補強をしていきたい。


岐阜
7勝のうち6試合が1-0の勝利で、3-2で勝利した湘南戦は相手チームで退場者が出た試合。
間違いなく課題は攻撃面にあったワケだでシーズン途中のストライカー募金での補強も成功したとは言い難い。
残留できたことは良かったが来シーズンに向けての戦力アップの必要を感じているだろう。


町田
正直、甲府との対戦や他チームとの試合を観ても最下位になるようなひどいサッカーをしているわけではない。
前監督ポポヴィッチ監督のポゼッションサッカーを引き継ぎ、J2でも華麗なパスワークを披露したが
決定力に苦しみ、守備でも相手のカウンターを抑えるケアが出来なかった。 
良いサッカーはしてるが怖くはない、対策すれば問題ないと各チームに思われてしまった事も原因かもしれない。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2012年の総括】得点と失点の傾向 | Home | 【2012年の総括】J2を振り返る

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する