2011年の総括「開幕前順位予想の振り返り」

ちょうどJリーグアウォーズ観終わって書いてます。
(もしかしたら時間かかって投稿するのは明日かも(;^ω^))

いろいろありましたけど楽しい1年でした。

残念ながら我が甲府は落ちてしまいましたけどベストイレブンに入ったマイクのお陰で
たくさんの夢を見させてくれました。

で、今日は開幕前にガッピルが予想した順位と実際の順位をどうだったか
検証してみたいと思います。


開幕前の予想順位の記事は→2011年Jリーグチーム分析 まとめ
(ブログを始めたばかりの時に書いたものです)
一応各チームごとの分析みたいなもの書いています。
結構当時予想した事とかけ離れている事も多々ありますが・・・・。


で予想と実際の結果は↓


    開幕前               実際の結果

 1 鹿島アントラーズ         柏レイソル
 2 名古屋グランパス         名古屋グランパス
 3 浦和レッズ             ガンバ大阪
 4 ガンバ大阪             ベガルタ仙台
 5 セレッソ大阪            横浜F・マリノス
 6 川崎フロンターレ         鹿島アントラーズ
 7 サンフレッチェ広島        サンフレッチェ広島
 8 柏レイソル             ジュビロ磐田
 9 横浜F・マリノス          ヴィッセル神戸
10 ジュビロ磐田            清水エスパレス
11 ベカルタ仙台            川崎フロンターレ
12 大宮アルディージャ       セレッソ大阪
13 ヴィッセル神戸          大宮アルディージャ
14 ヴァンフォーレ甲府        アルビレックス新潟
15 アルビレックス新潟        浦和レッズ
16 清水エスパレス          ヴァンフォレー甲府
17 モンテディオ山形          アビスパ福岡
18 アビスパ福岡            モンテディオ山形


うーん、とりあえずチームごとの印象を書いていくと・・・・・
(各チーム名にあるリンク先は開幕前に書いたチームの分析記事です)

1 柏レイソル・・・予想順位 8位 キーマン:レアンドロ
まずまずの成績は残すだろうとは思ったけどこんなにやるとは予想外だった。
昨季からの積み重ねと若手の成長が素晴らしかった。
特に酒井はJ2でもあまり試合に出ていませんでしたしこんなにできる選手とは
思わなかったです。あとは北嶋の復調、ワグネルの補強も大きかったかな。
キーマンにあげたレアンドロはやはり予想通りすごかった。

2 名古屋グランパス・・・予想順位 2位 キーマン:藤本
うん、ここは予想とぴったり同じだったね。
印象としては昨季とあまり変わらないけど昨季と違うところはACLとの兼ね合いに
苦労して取りこぼしが多かったかなあと思う。
昨季ののような勝負強さはあまりなかった。
藤本も中盤以降チームにフィットしたし補強もよかったと思う。
永井はもうちょっとやれたかな?

3 ガンバ大阪 ・・・予想順位 4位 キーマン;宇佐美
まあ、このくらいはやるでしょう。ただ最後まで優勝争いするとは思わなかった。
アドリアーノと宇佐美が抜けた中、すぐラフィーニャを獲得して穴を最小限に止め
安定した成績を残すあたりさすが。
ただ相変わらず失点の多さは修正できなかったようだね、
宇佐美に関してはやはり今期いっぱいまで日本にいてよかったのかなとは思う。

4 ベガルタ仙台・・・予想順位 11位 キーマン:マルキーニョス
いやーあっぱれの一言。
震災の影響があったにも関わらずこの成績だからね。
キーマンにマルキーニョスあげてるしw
まあ、なんといってもJリーグ最少失点だった堅い守備。
代表選手がいるわけでもないのにこの数字は本当に組織として
いい守備をしていた証拠だよね。
ってか代表に呼んでもよさそうな選手いるけど・・・・

5 横浜F・マリノス・・・予想順位 9位 キーマン:中村
昨年のあのゴタゴタな終わり方を考えればよくやった方かなと思う。
序盤は首位争いをしてたわけだし。
ほぼ日本人だけで今期シーズンを戦った事も評価できる。
キーマンにあげた俊輔に関してはやや消化不良。
いい試合もあれば完全に穴になっている試合も多かった。

6 鹿島アントラーズ・・・予想順位 1位 キーマン:カルロン
期待を裏切ってくれたチームその1。
大型補強した割には全く使えなかった選手がちらほら。
そこが一番の原因かな。特にキーマンにもあげたカルロンが全くJリーグに
適応できなかったのが痛い。
今期の鹿島の課題は決定力だったわけだし。

7 サンフレッチェ広島・・・予想順位 7位 キーマン:李忠成
どんぴしゃ的中2つ目。
良いチームなんだけど優勝に絡む様な結果までは出せなかった印象がある。
開幕直前に獲得したムジリ、トミッチがそこまで機能しなかったのも痛かった。
李に関してはアジアカップからの良い流れをリーグに持ち込み大きな飛躍を遂げた。

8 ジュビロ磐田・・・予想順位 10位 キーマン:前田
今期の磐田はなんといってもルーキー三銃士の活躍だっただろう。
上田、成岡の穴を補って余りある活躍だった。
前田も3年連続の得点王は逃したもののあいかわらずJ屈指の決定力の高さを
見せていた。

9 ヴィッセル神戸・・・予想順位 13位 キーマン:大久保
昨季の反省を生かして今期は安定した戦いを披露。一桁順位も立派な数字だ。
とりわけホームでの強さが光ったのとカウンターからの攻撃が目立った。
その中で大久保も大きな怪我もなく1シーズン戦えたし今期の大久保は人を
使うのがものすごく上手くなったなと思う。

10 清水エスパレス・・・予想順位 16位 キーマン:小野
おみそれしましたm(__)m
いやー、ゴトピがこんなに優秀な監督だったとは・・・。
シーズン途中でリュングベリ、ヨン・ア・ピンと補強も上手く行ったのも大きい。
キーマンであげた小野や高原もフルで貢献できたとは言えないが十分まだ
主力級として活躍できる力を見せた。

11 川崎フロンターレ・・・予想順位 6位 キーマン:中村
期待を裏切ってくれたチームその2。
やぱ新米監督には荷が重かったのかな?
憲豪は柴崎がボランチで定着した分もう少し得点に絡んで欲しかったので
やや不満の残るシーズンになったか。

12 セレッソ大阪・・・予想順位 5位 キーマン:乾
期待を裏切ってくれたチームその3。
でもACLの影響が大きかったかな。
乾、ピンパォンが移籍したものの清武、扇原の成長は大きなサプライズだった。
乾に関して移籍する前クルピ監督と衝突するなどやや残念な振る舞いがあった。

13 大宮アルディージャ・・・予想順位 12位 キーマン:ラファエル
今期も相変わらず残留のプロを証明したw
でもホームで僅か2勝ではサポーターから不満が出るだろうな。
ラファエルに関してももっとやれる選手だと思う。さすがに10得点では物足りない。

14 アルビレックス新潟・・・予想順位 15位 キーマン:ミシェウ
永田、西、マルシオと攻守の中心選手が抜けてこの成績だから一定の評価には
値するだろう。ブルーノ・ロペスもすぐにフィットしたことも大きかったか。
キーマンにあげたミシェウもブルーノ・ロペスと良いコンビを築けていた。

15 浦和レッズ・・・予想順位 3位 キーマン:柏木
まあ、今期一番迷走したチームだよね。(できればそのままJ2に・・・・)
いくら無能な監督でもあの戦力でこの成績はいい訳できない。
逆に言えばいかに監督が大事かという事。
柏木に関しては広島の方がよかったと思う。
ポゼッション指向でありながら勝つ時は結局のところカウンターサッカー。
チームに貢献はしていたがそこまで浦和のサッカーに合っていたとは思えない。


16 ヴァンフォーレ甲府・・・予想順位 15位 キーマン:養父
最後まで残留争いに絡んだものの残念ながら1年で降格。
一番の原因はやはり三浦監督のスタイルが合わなかった事だろう。
柏のように昨季の積み重ねを継続していればまた違った結果になっていたと思う。
この時もあえてキーマンに養父を選んだようにビルドアップの問題を一番
不安に思っていた。
マイク個人に関しては大きく飛躍した年になったはずだ。

17 アビスパ福岡・・・予想順位 18位 キーマン:城後
うーん、まあ開幕前の予想通り。
序盤の連敗がなければもう少し残留争いに絡めたと思う。
城後や岡本など前線の得点力はまずまずだったともうがいかんせん守備が
開幕から崩壊していたことが厳しかった。


18 モンテディオ山形・・・予想順位 17位 キーマン:長谷川
山形もこの成績は順当といえば順当だったかな。
増田、田代が抜けた影響はかなり大きかった。
守備は今期もよかったが福岡とは逆で得点力が非常に乏しかった。
そう言う意味ではキーマンにあげた長谷川の出来も不満の残るシ―ズンだった。

予想としては
順位がぴったり当たったクラブが2つ
誤差3位以内で当てたクラブが7つ
大きく予想から外れたクラブが9つ

うーん、まだまだやのぉ~(@_@;)

でも今年は結構波乱のシーズンだったと思う。

こうやって開幕前に予想した事を検証するって結構大事。

試合後の分析は誰でもできるけど試合前の予想をするのはなかなか難しい事。
結構勇気もいるしね。
もし大きく間違っていたら恥ずかしいし・・・・。

まあ今期一番感じた事は
良い選手を補強してもチームとして機能しなければ意味がない事。
特に監督の手腕が大きく問われたシーズンだったと思う。
と同時に良い監督を招集できるかフロントの方針、やり方も非常に注目された。

来季は各チームでその監督の交代が濃厚とされている。
ガンバの西野監督、広島のペトロヴィッチ、セレッソのクルピ監督
鹿島のオリヴェイラ監督、浦和の堀監督、磐田の柳下監督、昇格組のF東京まで。
もちろんJ2に降格した我が甲府も・・・・。

来季は今期以上に波乱が起こりそうだ。

第二の柏になるのはどこか?
浦和のように低迷してしまう強豪クラブはどこか?
仙台の躍進は来季も続くのか?

世界を見渡してもこれだけ力が拮抗しているリーグは他にあるだろうか?

確かに昔のように華やかな選手やプレーは無くなったかもしれないが
これは現代サッカーの潮流で別に日本だけに限った事ではない。

だからこそもっともっと多くの方にJリーグを観に来てもらいたい。

今年のマイナス分を取り戻す為にも。
(前回記事参照→2011年の総括「観客動員数」)



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
長谷部も入隊しているマガトブートキャンプにマイクの入隊決まる!? | Home | 2011年の総括「観客動員数」

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する