【開幕まであと13日】ガッピル選手名鑑2013(3)

ぞくぞく各雑誌の選手名鑑が発売されていますが対抗して僕も選手名鑑を作ってみました。
(クオリティは保証できません)

part3でーす。

gappir_sensyu_meikan2013-05.jpg
gappir_sensyu_meikan2013-06.jpg


ちなみに僕が毎年購入している選手名鑑は週刊サッカーダイジェストさんのところです。
明確な理由はとくにないですがいつもこれ買ってます。

J1&J2選手名鑑 2013 (NSK MOOK)
J1&J2選手名鑑 2013 (NSK MOOK)週刊サッカーダイジェスト

日本スポーツ企画出版社 2013-02-14
売り上げランキング : 77










画像が見れない方ように文字を下に置いときました。

ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

19 盛田 剛平

・189cm/86kg
・1976年 7月13日/36才
・愛知県/広島/2年目
・J1:114試合/3得点
・J2:115試合/8得点
・25試合/2176分/0得点

昨年広島を戦力外になり、甲府に加入することになったが空中戦の高さや粘り強い守備は
いまだ健在であることを証明してみせた。
最終ラインからのパス出しも非凡なものがあり、左利きという意味でCB陣の中では貴重な存在。
ラーメン屋になるにはまだ早い。


20 金子 昌広
・169cm/60kg
・1991年2月2日/22才
・埼玉県/国士舘大/1年目
・J1:0試合/0得点
・J2:0試合/0得点
・0試合/0分/0得点

同じ昇格組の湘南からもオファーがあったようだが最終的には甲府を選択した。
柏2世と言いたくなるほど体格や経歴、プレーの特徴など似ている部分が多い。
TMでは1トップにも入るなど攻撃的なポジションならどこでもやれそう。
体力テストではチーム2位の記録。


21 河田 晃兵

・184cm/76kg
・1987年 10月13日/25才
・大分県/福岡/1年目
・J1:0試合/0得点
・J2:10試合/0得点
・10試合/900分/0得点

G大阪からのレンタル移籍により加入。
実績は昨年福岡での10試合しかないがキックの精度やスローイングの技術などは荻よりも高いと思われる。
志向するサッカーから考えて河田が開幕のゴールマウスを守っても驚きはしない。


22 羽生 直剛

・167cm/63kg
・1979年 12月22日/33才
・千葉県/F東京/1年目
・J1:264試合/29得点
・J2:37試合/5得点
・13試合/702分/0得点

オシムジャパンのサッカーを体現し城福監督の申し子。
ピッチ上でのクオリティはもちろん期待されるがムービングフットボールの伝道者としても非常に重要な存在だ。
FC東京時代は中盤の低い位置での起用もあったが甲府では2列目に固定される可能性が高い。


23 林堂 眞

・178cm/74kg
・1989年 11月21日/23才
・大阪府/駒沢大/2年目
・J1:0試合/0得点
・J2:0試合/0得点
・0試合/0分/0得点

ベテランが多い甲府CBの中では唯一、若手と言える存在。
実績のある選手が加入し、さらに出場機会は限られてくる可能性もあるがそういった選手から
いろいろ盗むチャンスでもある。
キャンプにはボランチにも挑戦するなどプレーの幅を広げている。


24 堀米 勇輝

・168cm/62kg
・1992年 12月13日/20才
・山梨県/甲府U-18/4年目
・J1:3試合/0得点
・J2:21試合/1得点
・21試合/1092分/1得点

オフにはブラジルに短期留学し留学先から獲得オファー来るほど存在感をみせた。
水野や新人選手の加入により2列目はより、レギュラー争いは厳しくなったが技術の高さは全く引けをとらない。
90分戦える体力と得点力を高めれば主力になれる。


25 平本 一樹

・180cm/75kg
・1981年 8月18日/31才
・東京都/町田/1年目
・J1:163試合/26得点
・J2:152試合/36得点
・36試合/2900分/6得点

東京Vからのレンタル移籍だが昨季は降格した町田の中で1人気を吐いた存在だった。
前線からのプレス、ポストワークドリブル、シュートとこれといった穴がない。
これまでの実績、経験を含めて今の前線では一番計算できる選手である。


26 青山 直晃

・182cm/75kg
・1986年 7月18日/27才
・愛知県/横浜M/1年目
・J1:138試合/5得点
・J2:0試合/0得点
・7試合/374分/0得点

マリノス時代は中澤、栗原の陰に隠れ、出場時間がは限られていたが出場した際には一定以上のパフォーマンスを披露。
空中戦や個の強さは間違いないが組立が苦手なことや個人プレーになりがちになるのでコンビを組む選手と
上手く改善していきたい。

関連記事
【開幕まであと12日】ガッピル選手名鑑2013(4) | Home | 【2013プレシーズン】トレーニングマッチ6戦目(vs全日本大学選抜)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する