【2013プレシーズン】トレーニングマッチ7戦目(vs広島)

2次キャンプ最後のトレーニングマッチ:広島戦の結果です。

【結果】 45分×4本
1本目 0-1 
2本目 0-0 
3本目 1-1 得点者:河本 
4本目 5-0 得点者:津田、金子、ソングン、河本、橋爪、堀米 

1本目                              3本目
20130217_hiroshima.jpg20130217_hiroshima2.jpg          
主力組は0-1の惜敗、控え組は7-1の大勝。
レギュラー組があまり点取れていないところは気になります守備から中盤にかけては
ある程度出来てきているようです。
ルーキーや若手のアピールは本当にこの2次キャンプ目立ちます。

【トレーニングマッチ7戦まとめ】
2/1 vs松本山雅 35×3本 △ 1-1 得点者:青山
2/7 vs徳島 30分×4本 ○ 4-0 得点者ウーゴ、水野、河本、林堂
2/8 vs富山 30分×2本 △ 0-0
2/10 vs横浜M 30分×4本 △ 2-2 得点者:ウーゴ、堀米
2/13 vs鳥取 45分×4本 ○ 5-1 得点者:羽生、石原、河本×3
2/15 vs全日本大学選抜 30分×3本 ● 1-2 得点者:河本
2/17 v広島 45分×4本 ○ 7-2 得点者:河本×2、津田、金子、ソングン、橋爪、堀米

計 855分 20得点 8失点 

時間に換算すると約10試合 平均すると得点は2点以上 失点は1以下

得点
7点 河本
2点 ウーゴ、堀米
1点 水野、林堂、羽生、石原、津田、金子、ソングン、橋爪

出場時間は分からないが河本は7戦で7点。
控え組として出ることも多かっただろうがこれだけとれるのは能力がある証拠。
早くプレーを観たいですね~。

長期離脱からの復帰組とこのキャンプで怪我をした山本らの状況は気がかりですが
大きな怪我人も出すことなく順調に終えることが出来たんじゃないでしょうか。

もちろん課題はまだまだたくさんあると思います。

ただ、前回も書きましたが

試合→課題→修正→試合 

このサイクルを1年どれだけ質の高いモノにできるか。
城福監督の言葉を借りると「日本一のトレーニング」、これは残留のために最も大事なことです。

その一歩としてこの2次キャンプは熾烈なレギュラー争いの中で非常に若手の活躍が目立った事は
実際に質の高いトレーニング出来ているということではないのでしょうか。

城福監督は常日ごろ
「同じ力をもったベテランと若手ならベテランを起用する。」
「ベテランはこのクラブの宝だ。」

と口にしています。

実際はアンダー世代の監督を務めるなど若手の育成に長けた監督ですが
このキャンプ中に結果を出している若手を今後どう起用していくのか非常に楽しみな1年となりそうです。

と合わせて若手の勢いに触発されたベテラン選手の奮闘も昨年以上に期待です。


※ところでレニーはどうなってんの?
暖かくなればパウちゃんみたいにキレキレになるのけ?



ブログランキング参加中です。
バナークリックによるご支援お願いします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2013戦力分析】湘南ベルマーレ・大分トリニータ | Home | 【開幕まであと12日】ガッピル選手名鑑2013(4)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する